■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『松籟夜話』第九夜へのお誘い  Invitation to Listening Event "Syorai Yawa" the Ninth Night
松籟夜話第九夜原田写真縮小
撮影:原田正夫


 今週末、6月11日(日)開催の『松籟夜話』第九夜について、もう直前になってしまったが、簡単にご案内しておきたい。

 今回は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第二回。 「音響都市の生成」と題し、「子どもの路地遊びや路傍の芸の街頭録音を入り口に、都市のざわめきそのものに深々と身を沈め、異なる時間/空間の交錯を透視する耳のパースペクティブを描き出す」ことを狙いとしている。

 今回のシリーズは、第七夜でAMEPHONEを特集したことを踏まえ、『松籟夜話』の背骨とも言うべき「現地録音」に、真正面から向き合いフォーカスしたシリーズをやろう‥というところから生まれた。「それなら是非コレをかけたい」という音源を津田と私が持ち寄り、『イザイホー』を核とした民俗学的深さと、Christina KubischやGilles Aubryらがつくりだす都市空間的広がりが対比的に浮かび上がった。シンボリックに言えば、前者は異質な「声」がぶつかりあいながら澄み渡っていく閉ざされた世界であり、後者は人工物を含め、ありとあらゆる音響が、かつ消えかつ結びつつ無際限に増殖していく空間である。
 歌声にとどまらぬ声の位相は、かねてからぜひ採りあげたいと思っていた主題だったし、ともすれば「自然讃歌」に傾きやすいフィールドレコーディングを扱う以上、「都市的なるもの」は避けては通れない論点だった。そのようにして第八夜・第九夜の企画方針はすんなりと決まった。
東京都渋谷区神南縮小
東京都渋谷区神南 撮影:原田正夫


 実際には、明確なイメージを描けていたはずの第八夜の企画は、その後、「南島文化」の多様性、民俗学の奥深さ、沖縄を巡る思考の広がりと驚くべき鋭いエッジ等との格闘となり、ずぶずぶと深みへと引き込まれていくことになる。もちろん、その分、得たものもまた大きかったのだが。第九夜の企画もまた、検討段階で大きく揺さぶられることとなった。
 都市のフィールドレコーディングを主題とすることから、先に挙げたChristina KubischやGilles Aubryの音源を聴き込む。一つひとつは断片に過ぎないスナップショットの集積が、モザイク画状に浮かび上がらせる都市イメージと、茫漠とした混沌が揺らぎ渦巻く暗闇を凝視するうち、いつの間にか街中に佇む自分自身を発見する瞬間。両者は対照的なアプローチのように見えるが、実のところ、一望では全体像をとらえることのできない「見えない都市」という認識を、共通の基盤としている。これらを第九夜の二つの極としてとらえることとしよう。
 これに対し、同じ「見えなさ」は、都市の巨大さ・複雑さ、多様な時間・空間が折り重なる多層性等によってだけではなく、突発的事態、例えば革命や内戦がもたらす「超」流動化によっても生じ得る。これをイントロダクションに置こう。
 さらに様々な音源を聴き進めるうちに、先の「スナップショット」と「凝視」がどちらも通常の目線の高さや周囲の物音(アフォーダンスを提唱したJ.J.ギブソンが創造した概念「包囲光」にならって「包囲音」と呼びたいところだ)に対する身体感覚を前提にしているのに対し、俯瞰的・鳥瞰的な視点から全貌をとらえようとしたり(実際には全体像は決して耳の視角には収まりきらないのだが)、あるいは「その場」に聴き手の身体を瞬間移動させるようなヴァーチャル・リアリティ的音響空間を構築したりする作品の一群が浮上してきた。これらを先の両極の間に置くこととしよう。

 当初から、都市の音響のもうひとつ欠かせない、重要な要素として、大道芸人やストリート・ミュージシャンの存在が挙げられていた。都市の日常に祝祭に彩りを与える路傍の芸。これを新たな視点として追加しよう。‥‥と、ここで大きな問題が生じた。先に触れた各パートの作品に拮抗し得る大道芸人やストリート・ミュージシャンの「現地録音」が意外とないのだ。これは決して、彼らの演奏の水準が低いことを意味しない。むしろ逆で、「ストリートにもステージで演奏するアーティストに比肩し得る、あるいはそれを上回る優れたミュージシャンが存在する」といった対抗的視点が災いして、彼らの演奏を彼らが活動する都市の空間ごと、まるごととらえた録音が少ないのだ。さもなくば都市の一風物として「音の絵葉書」化されてしまうか、アウトサイダーの一生として「人生哀歌」がフィーチャーされてしまうか‥‥。のっぺりとした一枚絵に平面化してしまうのではなく、都市は背景たる書き割りに過ぎないと片付けてしまうのでもなく、演奏者と場所の関係性にフォーカスし、そののっぴきならぬ必然性を明らかにする録音‥‥。ようやく選定の視点が定まり、狭義の街頭演奏/録音の範疇にこだわらずに、素晴らしい演奏を聴いていただくことができるようになった。
 ここでの葛藤の副産物は、改めて宮里千里の「耳力」(眼力の聴覚版)の確かさに打たれることを通じて、都市とは言い難い久高島を舞台に演じられるイザイホーの録音を、都市のフィールドレコーディングを聴く耳で聴いてみたらどうだろうかと思いついたことだった。前回の『松籟夜話』第八夜に対すると私と津田の一番の反省点は、披露した音源中、最も豊かで深い『イザイホー』をプログラムの最初に置いてしまったがゆえに、参加者にその強度をじゅうぶんに感じ取っていただけなかったのではないか‥‥ということなのだ。多層の積み重なりがその場で生成するもの、演奏者と場所との関係性への注視、時間・空間を濾過せずまるごととらえるといった特徴は、両者に共通している。今回、『イザイホー』を新たな耳で聴き直すことにより、南島文化、民俗学といった枠組みから解き放たれた、学術的/文化遺産的などではない、生々しい力を体験していただけることと思う。それはまた、都市へと向かう耳の視線を、大いに励起してくれることだろう。
沖縄久高島縮小
沖縄久高島海岸 撮影:津田貴司


 あまりネタバレになるのもどうかと思い、いささか抽象的な話を書き連ねてしまったが、当日、体験していただければ、「なるほど、そういうことか」と納得していただけるのではないかと思う。もちろん、『松籟夜話』はリスニング・イヴェントであり、こうした企画者側の用意した「プロット」は、所詮は下絵の線、あるいは単なる口実(プレテクスト)に過ぎない。ここでの聴覚、視覚、さらにはそれをはみ出す身体感覚の体験は、そうしたあらかじめ書かれた「プロット」を簡単に上回り、裏切ることになるだろう。いや、そうでなければならない。
 映画作品をプロットの整合性や社会現実との照応性(正しいとか正しくないとか)で評価したがる輩がいる。とんでもないことだ。映画とは次々に身体を襲う視覚・聴覚体験の連続であり、プロットやテーマはそれを射出するためのカタパルトに過ぎない。先日、國村準が特別俳優賞を受賞したことで話題の韓国映画『哭声(コクソン)』を観る機会があったが、ここでもプロットの整合性や顛末の解決は思い切りよく「二の次」になっている。ストーリーなどショットと音響の連鎖のうちに切れ切れに浮かび上がり、束の間の持続を確保すればよいのであって、ストーリーをなぞるために映像や音響を、ましてや俳優の演技やセリフを配するのではない。そんなに文字で綴られた物語が大事なら、原作やシナリオのページをキャメラで撮ればいいのだ。

 閑話休題。案内と言いながら、主催者自ら参加のためのハードルを上げてしまってはしょうがない(苦笑)。改めて準備運動を続けよう。今回の『松籟夜話』第九夜が都市のフィールドレコーディングを特集しながら、どのようなアプローチを採らないでいるかを説明すれば、意外とイメージが伝わるのではないかと思う。
 都市を近/現代、モダニズムのシンボルととらえ、その表象を音/音楽に見ようとするアプローチは採らない。例えばルイジ・ルッソロらイタリア未来主義が、機械の騒音と都市の速度/喧噪を顕彰して制作に勤しんだ音響詩やイントナルモーリによる騒音音楽。ヴァルター・ルットマンによる実験映画『伯林大都会交響楽』もまた、都市の音響に対する美術史的視点からは欠かせない達成だろう。だが、機械の規則正しい高速運動やこれと同期したきびきびしたカット割りが生み出す「都市のリズム」も、今回は同様に採りあげない(付された音楽は言わずもがな)。
  「見えない都市」、すなわち都市の一望性の喪失/崩壊を前提として、そこから浮かび上がる(視覚ではなく)聴覚による都市の把握、都市像の生成をモチーフとしているので、まさに一望性の産物である「地図」的なアプローチは採らない。この結果として、教会や学校の鐘、灯台の霧笛、より現代的場面ならば録音や合成音響がつくりだす音響サイン等への注視は行わない。マリー・シェーファーによる「サウンドスケープ」の視点も今回は採らない。
 金子智太郎から以前に教えてもらったトニー・シュヴァルツ(Tony Schwaltz)が進めた「都市の音響図鑑」的なアプローチも採らない。これは図鑑が掲載するのは「その場」から切り離した標本/オブジェに過ぎず、対してスナップショットには「避けがたく背景も写ってしまう」全体的なものであるとの理解からである。もっともムーンドッグ(Moondog)の路上演奏の街頭録音のように、彼にはそれだけにはとどまらない達成があることは強調しておきたい。

 どの程度、表題にふさわしい「お誘い」たり得ているか、はなはだ心もとないのだが、いつもと同様、ハードコアかつディープであることは保証する。今回もまた音源だけの紹介ではなく、テクスト(参考文集)の配布や映像からのアプローチを絡めたいと考えている。「横断的」であることにより「入口」を多数設けるという配慮もさることながら、音響と映像とテクストが交錯/衝突することによって、初めて「都市」という対象に迫り得るという思いがある。蛇足ながら、制作側の意図の詮索や歌詞の解釈等、結局のところ、テクストの内部に閉じこもって音楽批評のあり方への反発も。
 『あなたの知らない世界』的な「怖いもの見たさ(レア音源聴きたさ?)」で、どうぞ気軽に参加していただければと思う。ただし、事前のご予約をお忘れなく。
松籟夜話第九夜ちらし縮小
デザイン:川本要



『松籟夜話』第九夜

◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第九夜は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第二回。 「音響都市の生成」と題し、子どもの路地遊びや路傍の芸の街頭録音を入り口に、都市のざわめきそのものに深々と身を沈め、異なる時間/空間の交錯を透視する耳のパースペクティブを描き出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2017年6月11日(日)18:00~(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
お席を用意する都合上、予約制とします。開催日前日までに、お名前・人数・当日連絡先を明記の上、下記までお申し込みください。
gekko_sabou@me.com(月光茶房)

会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
03-3402-7537
http://gekkosaboh.com/




スポンサーサイト
ライヴ/イヴェント告知 | 02:11:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
タダマス、スティーヴン・キング「幸運の25セント硬貨」を読む  "TADA-MASU" Reads a Short Story "Luckey Quarter" by Stephen King
 益子博之と多田雅範が主宰するNYダウンタウン・シーンの定点観測「四谷音盤茶会」(通称「タダマス」)も、すでに6シーズン継続しており、この週末にいよいよ7年目に足を踏み入れる。長期に渡り、マンネリ化に陥ることなく活動を継続していられる理由は、毎回のゲストの多彩な顔触れを別にすれば、まずは益子の貪欲な聴取 ― 当初設定していたNYやジャズという土俵を果敢にはみ出していく ― にあるだろう。だが、決してそれだけではない。相方を務める多田の、常に新たな面をさらし続ける「切断力」が大きなカギを握っているのだ。

 先日、今回の「タダマス25」に向けた打合せを終えたばかりの二人と、少し話す機会があった。「多田さんは打合せの時の話の流れをいつも忘れている」とツッコミを入れる益子に対し、「いや、それはですね‥‥」とボケまくる多田という、いつもながらの漫才トークを聞かせてくれたのだが、事前の評価や周辺情報を即座にリセットして(忘却力!)、いまここで再生されている音源だけに聴取を賭ける、賭け切るというのは、実はなかなか出来ることではない。その証拠に、インターネット上に溢れるディスク・レヴューは、ほとんどすべて制作者側が提供したプレス・シートの劣化したコピーに過ぎないではないか。
 多田がもたらす想定外の揺らぎを、決して益子は「なかったこと」にして、事前に描いた予定調和に回収しようとしない。ズレやすれ違い、踏み外し、あるいは眼にも止まらぬ疾走や奔放な飛躍が、「録音物の再生」という、一見、差異など生じようもない行為に、熱く息を吹き込む。いや、実際異なるのだ。「他者と共に聴く」によって。他の耳の眼差しを意識し、他なる言葉に伴われた聴取は、音を、いや「聴くこと」自体を変容させる。

 先の二人との会話は、打ち解けた雑談だったから、「最近の料理はインスタを意識して、やたらスマホ写りのよいものになってきている」というような「最近流行事情」にも話が及んだ。SNSに写真をアップする際には、結局盛り上がるようなキャプション/コメントしか付けないから、「フォトジェニック」な料理は露出が増え、味とは無関係に絶賛が躍ることになる。何とも情けないが、まあ、流行とはそうしたものだ。そこにあるのは承認欲求を介した単なる同調圧力に過ぎない。

 先に述べたように「タダマス」はその対極にある。もっともらしいキャッチ・コピーや押しつけがましい評文の下に聴取を束ねてしまうのではなく、自分とは違う聴き方に気付くことにより、多様な聴取の可能性を解き放つこと。
 今週末の「タダマス25」では、果たしてどんな「別の聴き方」に出会えるだろうか。

繧ソ繝€繝槭せ・抵シ輔ヵ繝ゥ繧、繝、_convert_20170421230827


masuko x tada yotsuya tea party vol. 25: information
益子博之×多田雅範=四谷音盤茶会 vol. 25

2017年4月23日(日) open 18:30/start 19:00/end 22:00(予定)
綜合藝術茶房喫茶茶会記 
新宿区大京町2-4 1F(丸の内線四谷三丁目駅 徒歩3分) 
03-3351-7904

ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:大村亘(ドラム・タブラ奏者/作曲家)
参加費:¥1,300 (1ドリンク付き)

今回は、2017年第1 四半期(1~3月)に入手したニューヨーク ダウンタウン~ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDをご紹介します。
ゲストには、ドラム・タブラ奏者/作曲家の大村 亘さんをお迎えします。ジャズの世界で幅広く活躍し、インド古典音楽にも深い造詣をお持ちの大村さんは、現在のニューヨークを中心としたシーンの動向をどのように聴くのでしょうか。お楽しみに。(益子博之)

ライヴ/イヴェント告知 | 23:17:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
不思議な蝋石の珠 ―― 『松籟夜話』第八夜へのお誘い  A Marvelous Pyrophyllite Ball ―― Invitation for the Eighth Night of "Syorai Yawa" a.k.a "Night Stories As Pine Tree Leaves Rustling in the Wind"
 今週末の日曜、2月5日の夜は、また特別の一夜になるに違いない。そんな風に落ち着いて思いを巡らすことができるのは、どれくらいぶりだろう。
 民族(民俗)音楽の現地録音としてのフィールドレコーディングに狙いを定め、3回シリーズの初回として今回のテーマを確定した昨年11月には、いろいろとあてもなく空想を巡らす余裕があった。とりあえず沖縄久高島イザイホーから始めて、これまで真正面から採りあげてこなかった「声」をやろう。美声とか巧みな歌唱、力強い叫び、個性的な声音等を追い求めるのではなく、もっと「根」に向かってに掘り下げていこう。ジャンルとしてのルーツ・ミュージックではなく、無名性/原初性の方へ。舞台上で皆の視線を一身に浴びるひとりの卓越した芸能者ではなく。複数による多声の集合体に耳を浸そうと。

 テーマを見据えていた時から、奄美や宮古、八重山、さらには台湾や中国から東南アジアにかけての少数民族の歌は、なんとなく視界には入っていた。第七夜でAMEPHONEを採りあげた時にも、トン族の蝉歌をかけていたわけだし。そこに豊かな鉱脈が広がっていることは明らかだった。

 素材は溢れるほど揃っている。あとはどう選択/配列するかだ。イザイホーの現地録音を聴いて、何となくではあるが、津田も私も「揃わない/同期しない」ことが重要なのではないかという直感を抱いていた。作業を効率化するためのワーク・ソング等、同じリズムを循環させ、動作のタイミングを合わせるための歌は、今回はちょっと違うかな。だからフライヤーの惹句は「聖なる場所に集う声」とした。声の集合性が、そのまま複数性/多声性を生きる様をとらえるには、日常の中の「仕事」ではない、別の側面に着目する必要があるのではないか。あえて「聖なる場所」とした背景には、そんな着想があった。別に宗教的な祭儀だけに局面を限定する考えはなかった。人が集まって、声の身体を触れ合わせれば、そこに日常とは別の時間/空間が開けるはずだ。そんな確信もあった。

 手持ちの音源を掘り返していった。沖縄/琉球の音楽に聴き親しんでいない私は、津田に教えてもらって、El Sur Recordsまで出かけて、南嶋シリーズを買い込んだりした。耳の旅路は、琉球弧から台湾を経て、さらに南へと進み、島尾敏雄言うところの「ヤポネシア」をくっきりと浮かび上がらせた。
  


 その一方で、それでいいのかという思いも当然あった。これでは地域文化研究ではないか。すでに指し示されている連関を検証するだけにとどまらず、想像力を奔放に(かついささか無責任に)飛躍させてみたかった。あらかじめ描かれた囲いの線を破って、その外へとすばやく走り出る線を引きたかった。まったくの当てずっぽうではあるけれど、何本か補助線の案は浮かんでいた。しかし、それが外部へと至る「逃走線」足り得るか確かめるためには、「あらかじめ描かれた囲いの線」を知る必要があった。

 ざっと一瞥したところでも、柳田國男、折口信夫、伊波普猷、金田一京助、谷川健一、島尾敏雄、岡本太郎、吉本隆明‥‥、南島、沖縄、琉球、先島、琉球弧、台湾(特に「蕃族」)、アイヌ、海上の道、ヤポネシア、イザイホー、ノロ、ユタ、聞得大君、カンカカリヤ、カンダーリ、御嶽(うたき)‥‥、鳥居龍蔵、東松照明、中平卓馬、比嘉康雄、クリス・マルケル、仲里効‥‥。そこにはめくるめく世界が開けていた。文化人類学こそ少々かじってみたことがあるものの、民俗学/民族学にはこれまでほとんど手を着けてこなかった。津田に薦められて読んだ金子遊『辺境のフォークロア』(河出書房新社)でニコライ・ネフスキーの存在を知った。柳田や折口自身によるテクスト(特に後者)は取っ付きにくく、柳田批判や折口研究を経由したが、二人の「偉大さ」というよりは、鋭い感受性とそれに反応して不可避的に起動されてしまう想像力の激しさ(ほとんど「激震」と言ってよい)に、改めて気づかされることとなった。これではカルチャー・スタディーズや表象論はもとより、谷川や吉本も到底かなわないだろう(あくまでも私見)。他方、いろいろと悪評高い岡本太郎の沖縄文化論は、核心を鋭く突いていると感じた。
   


 その間、着々と作業を進めていた津田は、琉球弧から耳の旅路を東西南北へと伸ばし(何と台湾少数民族8部族すべてをカヴァー)、そこから「もうひとつのポリフォニー」のあり方を浮かび上がらせていた。私が引こうとしていた補助線も、音楽史や建築史、宗教学等に首を突っ込んで仮説を補強した結果、気がついてみれば同じ可能性を目指すものとなっていた。
そうした可能性のありかをわかりやすく示すために、『松籟夜話』第八夜では、第三夜の「熱帯雨林」特集以来久しぶりに、映像とテクストも用いることにした。「百聞は一見に如かず」で聴取の持つ可能性が視覚イメージに抑圧されたり、確立された権威に頼るだけになったりする恐れもあるのだが、心配ばかりしていても始まらない。主催者の当初の意図を超えた「発見」に期待しよう。これまでの七夜でも、それは必ず起こってきたのだから。
   


 最後に今回の準備作業中に出会った、興味深いエピソードを紹介したい。私は渡辺哲夫『祝祭性と狂気』(岩波書店)で知ったのだが、柳田國男「故郷七十年」に少年時代(13歳から2年間)を過ごした布川での不思議な思い出が綴られている。その家にあった祠の中に何が入っているのか気になって、こっそり開けてみたら、丸くきれいな蝋石の珠が出てきたという。そしてその時、柳田は昼の空に輝く何十もの星を見たのだと。柳田自身、それを異常心理だったと見做している。突然、ヒヨドリがピーッと鳴いたので我に返ったが、もしあの時、鳴き声が聞こえなかったら、そのまま戻らなかったのではないかと。
 これについて精神科医である渡辺哲夫も「瞬間の狂気」としている。渡辺は同書で、宮古のカンカカリヤ、カンダーリについて採りあげ(有名な谷川健一「神に追われて」よりも面白いと思う)、こうした「瞬間の狂気」がこの地では文化としての根を持っていると記している。そうした文化的な根から切断された不幸な例として、アメリカに移住したベラ・バルトークの不幸な晩年に触れながら。
さらに続けて、小林秀雄がある講演で、柳田のこのエピソードを紹介し、ムクドリが鳴かなかったら発狂したかもしれない彼の感受性を、彼の弟子たちは受け継がなかったが、それなしには民俗学など出来はすまいと語ったことを書いている。もちろん小林一流の与太には違いないのだが、それでも狂気を催すかどうかはともかくとして、祠から出てきた「丸くきれいな蝋石の珠」に激しく揺さぶられる感受性が、彼の民俗学を支えていたのは確かなように思う。
   


 『松籟夜話』第八夜においでくださる方たちは、そこで披露される音盤や映像やテクストに向かい合い、その扉を開いて、どのような「蝋石の珠」を見出してくれるだろうか。そんな出会いに向けて、拙い間違いだらけの思考ではあるけれど、懸命に発信していきたいと思う。

 どうぞおいでください。

松籟夜話第八夜縮小


ライヴ/イヴェント告知 | 00:54:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
タダマス『二十四の瞳』を読んで涙する  Sakae Tsuboi's Novel "Twenty-four Eyes" Moves "TADA-MASU" to Tears
 益子博之と多田雅範の二人がナヴィゲートするNYダウンタウン・シーンを中心とした現代ジャズの定点観測「四谷音盤茶会(通称「タダマス」)」が、1月22日(日)の開催で24回目を迎える。振り返ると初回開催は2011年4月16日。私自身によるレヴュー(※)を見ると、「益子博之の選ぶ2010年の10枚」を題材として、シーンの先端をヴィヴィッドに突き動かす「変容」を、例えば「フレーズからトーンへ」、「ジャズの解体/再構築に向けて」といった鋭い切り口から生々しくとらえていることがわかる。以来、四半期×24=6年間が経過しているわけだが、こうした視点設定、選択と分析、問題提起は古びるどころか、ますます孤高の輝きを増しているように思われる。
※http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-104.html

 彼の地の「最新モード」を要領よくパッケージして持ち帰り、壇の上から物知り顔で講釈を垂れる「流行通信」的な行き方(「ヒョーロンカ」の標準的姿勢はこれ)を彼らはきっぱりと拒絶し、常に二人が貪欲な聴き手として未知の魅力に打ちのめされ、不可解な謎にとまどう作品をこそ、迷うことなく俎上に上げてしまう。このいさぎよい覚悟こそが、批評の倫理にほかならない。だから、あらかじめ自分たちの選んだ曲をプレイしながら、「いまここ」に流れた音に改めて新鮮に反応し、これまで気づかなかった新たな発見をまくしたて、あるいは予定と異なる違和感に口ごもるのが、「ダダマス」の最高にスリリングな瞬間である。
だからこそ、各回に招かれたゲストたちは、そこが初めての場所であるにもかかわらず、彼らと胸襟を開いて話し合える。ホスト側があらかじめ正解を隠し持っている「目隠しジュークボックス」と違うのはここだ。だから、ここで試されているのは、トリヴィアルな蘊蓄でも楽理の知識でも、ましてや多彩な交流関係でもなく、眼の前の音に頭から飛び込み、深く潜って行ける潜水能力なのだ。この時、会場である綜合藝術茶房喫茶茶会記Lルームは、決して益子・多田のホームであるわけではなく、二人とゲスト、そして我々参加者全員が、皆対等にテーブルに着くプラットフォームにほかなるまい。

前回のゲストは、井谷享志が2回目の登場とあって、「いよいよ二巡目に突入したか」と思ったが、今回はまた初登場の新ゲスト。このブログでは高岡大祐とのトリオ「歌女」のメンバーとして何度となく登場していただいているドラム・打楽器奏者の藤巻鉄郎である。ソロ作『奏像』で打撃の瞬間に眼を凝らし、そこから弾け飛ぶ音粒の軌跡、たちのぼる響きの揺らぎに耳を澄ます彼は、果たして「タダマス」音源をどう聴くのだろう。

タダマス24縮小


以下は益子による今回の案内文。

masuko x tada yotsuya tea party vol. 24: information
益子博之×多田雅範=四谷音盤茶会 vol. 24

2017年1月22日(日) 
open 18:30/start 19:00/end 22:00(予定)
会場:綜合藝術茶房喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 1F(丸の内線四谷三丁目駅から徒歩3分)
ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:藤巻鉄郎(ドラム・打楽器奏者)
参加費:¥1,300 (1ドリンク付き)

今回は、2016年第4 四半期(10~12月)に入手したニューヨーク ダウンタウン~ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDと、2016年の年間ベスト10をご紹介します。
ゲストには、ドラム・打楽器奏者の藤巻鉄郎さんをお迎えします。歌物からジャズ、完全即興まで幅広い領域で活躍する藤巻さんは、現在のニューヨークを中心としたシーンの動向をどのように聴くのでしょうか。お楽しみに。

最新の情報は下記をご覧ください。
topic・tadamasu:http://gekkasha.modalbeats.com/?eid=954584




ライヴ/イヴェント告知 | 23:05:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
聖なる場所に集う声 - 『松籟夜話』第八夜へのお誘い  Gathering Voices in Sacred Sites - Invitations to the Listening Event "Syorai Yawa" the Eighth Night
 ご好評をいただいているリスニング・イヴェント『松籟夜話』は、来年2月5日(日)開催予定の次回第八夜より、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』へと突入する。これまで『松籟夜話』では、自然の、あるいは都市の音風景を記録したサウンドスケープも、日々の営みとして、あるいは祭儀として演じられる民族音楽を生活の場に立ち入って収めたサウンド・ドキュメンタリーも、さらには音響的/器楽的を問わず即興的に演奏/発音されたフリー・インプロヴィゼーションのレコーディングも、音響の生成する現場を、それを取り巻く環境ごととらえた「現地録音」(広義のフィールドレコーディング)として聴き続けてきた。しかし、これまでの旅程は常に、ミッシェル・ドネダMichel Doneda、デヴィッド・トゥープDavid Toop、フランシスコ・ロペスFrancisco Lopez、スティルライフstilllife、ジム・オルークJim O'Rourke、タマルTAMARU、アメフォンAMEPHONEらを、行く手を照らし出す灯台としてきた。今回からは違う。名もなき市井の人々、その集合性、多声性が導き手となるだろう。それは聴くことの深淵への沈潜であると同時に、輪郭の溶けた不定形がざわざわと渦巻く「原初」への遡行となるだろう。

 その点で、柳田国男、折口信夫、ニコライ・ネフスキー、島尾敏雄、谷川健一、岡本太郎、吉本隆明らが、やはり「原初」として眼差した「南島」を出発点とすることは、必然的なのかもしれない。しかし、それはあくまで偶然の帰結に過ぎない。
 前回、第七夜でアメフォンを灯台とした一夜を編むにあたり、Kink GongことLaurent Jeanneauの録音作品をはじめ、アジアを中心にSublime FrequenciesやDust to Digitalといった諸レーベルの作品を聴いていて、こうした現地録音作品を聴いていく企画をぜひやりたいと津田貴司と話し合っていた。その後、珈琲を飲みながらダベりつつ、企画のアタリをつけようという茶話会@ビブリオテカ・ムタツミンダ(月光茶房隣接のスペース)の際に、二人ともが最近リリースされた沖縄久高島イザイホーの音源を持ち寄り、そこからの話の展開(幾度もの「話は変わりますが」という飛躍を含みながら)が、居並ぶ原田正夫や川本要の賛同も得られたところから、今回の三回シリーズの青写真が固まっていったのだった。SP盤の復刻を含め、膨大なサウンド・アーカイヴの大海に、何の目印もなく飛び込んでいくのは無謀に過ぎるし、ただ優れた音源を観光ガイドよろしく紹介したり、あるいは背景となる文化を「お勉強」したりするのでは、およそ『松籟夜話』らしくない‥‥と危惧していたので、こうした方向性を得られたのは幸運だった。

 もとより、そこは『松籟夜話』のこと、民族音楽学、民俗学、文化人類学、言語学、精神医学等の知見を借用するにしても、そのままおとなしくアカデミックな正統に沿って旅するわけではない。「沖縄」を採りあげるにしても島唄や三線、琉球音階等といった「定型」ではなく、言わば想像的な「祖型」を、音楽や芸能以前の生活の匂いの立ち込める空間が、ひとりの卓越したアーティスト、芸能者に集約されることなく、複数にばらけたまま、原初へと遡り、聖なるものへと通底する瞬間を見詰めたい。その視線はさらに宮古や八重山へと琉球弧をたどり、台湾から東南アジアへと水平に線を伸ばす一方で、聴覚のアナロジー(それこそはネフスキーの方法論にほかならなかった)を頼りに、思いがけない方位から射し込む光を得て、一気に垂直に潜航し、場所と交感する耳の、いや身体の在処を照らし出していくだろう。そこはもはや国境や文化圏すらはるかにはみ出した「異界」にほかなるまい。それゆえ、可能ならば今回はそのことを明らかにするために、第三夜で熱帯雨林の視覚/言語表象を採りあげたように、音響だけでなく、映像や文章を通じても、ことの核心へと迫りたいと考えている。

 いずれにしても、これまで以上に聴くことの深淵へとずぶずぶと沈んでいくことは必定。歸山幸輔特製スピーカーも、常に予想を上回るその潜在能力をさらに発揮してくれることだろう。現世へと回帰するためのサルヴェージ音源を慎重に選ばないと、本当に帰還不能になりそう(笑)。乞うご期待。

松籟夜話第八夜縮小
デザイン:川本要  今回は冬の星座をあしらって


◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第八夜は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第一回。 「聖なる場所に集う声」と題し、沖縄久高島から琉球弧を背骨に、さらに思いがけない方位から射し込む光を得て、場所と交感する耳の在処を照らし出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2017年2月5日(日)18:00~(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
予約:お名前・人数・当日連絡先を明記の上,下記までお申し込みください。
gekko_sabou@me.com(月光茶房)
会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
http://gekkosaboh.com/

ライヴ/イヴェント告知 | 22:44:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad