■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

吉祥寺回遊
音盤レクチャー「耳の枠はずし」については2/24の記事(カテゴリー:レクチャー日程)をご覧ください。

以前から眼を着けていた吉祥寺の古書店2店へ、音盤レクチャーのちらしを置いてもらいに行きました。音楽書ということもあるけど、今回のレクチャーは結構シュルレアリスムやアンフォルメルなど、美術関係の話をする予定なので、そういうことに興味・関心がある方にも情報を届けたいな‥ということで。
 1店目は東急そばの2階にある「百年」。大きな画集もいっぱいあります。お店のHPで見つけておいたジャン・デュビュッフェの作品集(と思ったら研究書でした。その方がいいんだけど)を購入。すごく探させてしまって、何だか申し訳ない気持ちに。2店目は吉祥寺駅南口駅前の通りを右に行った(Sound Cafe dzumiの方)ところの「BASARA」。こちらはかわいらしいお店。ちらしはどちらもOKしてくださいました。ありがとうございます。
 続いて、せっかくなのでSound Cafe dzumiに寄って一休み。お客さんとなぜかテオ・アンゲロプロスのサウンドトラックの話になる。かつて「ジャズ批評」でレヴューした「ビー・キーパー」の2枚組LPが、何と1500円でディスクユニオンのエサ箱に眠っているという耳寄り情報も。この作品はヤン・ガルバレクの最高傑作ではと密かに思っているのに。
 そのディスクユニオン吉祥寺ジャズ館へちらしを置いていただいているご挨拶にうかがう。せっかくだから激安中古CDを1枚買って、「実は私‥」と切り出そうとしたら、ちょうど店員さんが私のレクチャーのちらしを袋に封入しようとしていて、思わず笑ってしまいました。
 皆さんの支えで何とかやっております。多謝。





スポンサーサイト
レクチャー関連 | 23:35:07 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad