■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

世界の歪みから生えるポプラの樹  Aspens Growing Out of This World's Distortions
 Farmers by Nature「Out of This World's Distortions」を早速手に入れ、自宅で聴き込んでみた。そこでの幾つかの発見についてレヴューしておきたい。

 「タダマス2」でもリポートした冒頭の「For Fred Anderson」。ピアノのけぶるような和音がそっと置き放たれるうちに、次第に気配を連ねてなだらかな丘の起伏をつくりだし、深々としたベースの弓弾きが、ふとあえかなフラジオに裏返って、はらはらとほぐれ落ち、また、どこからか清水が湧き出るように空間を満たしていく。両者の絡みはとても情景的だが、足元をひんやりとした水が浸し、遠い丘に雲が影を落とすように、見渡せる同じひとつの眺め/世界のうちにありながら、そこでは同じ時間が生きられてはいない。弦楽四重奏が鼻息でアンサンブルを合わせるような、同じ空気を呼吸する、測るような息遣いが感じられない。そのことは幕開けから2分を過ぎて、しゃらしゃらと暗がりに鳴り物がたなびくあたりから、いよいよ明らかとなる。ピアノの単音は、朝日に輝く山々の稜線のように、くっきりと硬質な輪郭を際立たせながら、目映いばかりの「音の柱」を打ち立てていく。「音の柱」はもはや先ほどのように気配を連ねることなどなく、ただただ凛と屹立する。その傍らをどこまでも水平にたなびくベースの弓弾きが、震えながら通り過ぎ、時間を自在に引き延ばしてみせる。一方、濾過されて響きだけとなったパーカッションが、闇のうちに沈みながら、かすかなきらめきで空間を照らし出し、その縁をなぞりながら、やはり暗がりに身を潜めた、かげろうのようにおぼろなピアノの左手とすれ違う。息も凍るほどしんと張り詰めた空間を共有し、肌が触れ合う至近距離で交錯しながら(ここで彼らは決して音域で棲み分けることをしない)、彼らは同じ時間を生きてはいない。と言うより、「同じ時間を呼吸しない」ことを、ここで彼らは唯一のルールとして共有しているかのように見える。それが同志フレッド・アンダーソンへの追悼にあたり尽くされた「礼」のかたちなのかどうかは知らない。しかし、この演奏に比類なき強度(全編で随一)を与えているのは、やはりこの決意であるだろう。

 この異形のアンサンブルに比べると、プレイヤー・ピアノにも似たランダムな打鍵で始まる「Tail's Traced Traits」における音数の多い「フリー・ジャズ」的な演奏では、サウンドが稠密となる分、それだけ平均化し、三人が「異なる時間を生きる」ことのスリリングさはいささか目減りするように思う。とは言え、「フリー・ジャズ」特有の自我の肥大=サウンドの飽和が演奏を停滞させてしまうことを回避するため、ピアノとドラムスがリズム・フィギュアを幾何学的に絞込み、常に明澄さ/明晰さを保つよう仕向けていることは見逃せない。クレイグ・テイボーンによるグリッド的な構築(ジャズ的なリズムのシンコペーションを用いず、グリッド上へのON/OFFの配分による)を、ジェラルド・クリーヴァーもまた採用しているのだろう。特に後半における両者の「多形倒錯」的な絡み(複雑な幾何学的モザイクを思わせる)は見事だ。こうした幾何学的アプローチは、「Cutting's Gait」における、ピアノの素早い上昇下降フレーズから音のかけらを振りまくような散乱/モザイク構築に至る進行、あるいは「Mud.Mapped」での三者が各々リフレインを執拗に繰り出し、互いに縒り合わせながら演奏をかたちづくり、ピアノ・ソロがそうしたリフレインを幾何学的に切り開き「展開」するなど、彼らの「フリー・ジャズ」的な、一見放埓にも見える演奏の随所に仕込まれている。

 「For Fred Anderson」により近いのは「Out of This World's Distortions Grow Aspens and Other Beautiful Things」の音世界だろうか。それは小杉武久が「惑星」と呼んだという(このことは多田雅範から教えられた)ウィリアム・パーカーの、確かに惑星の運行を思わせる、何物にも動じない力強さをたたえたベース・ソロで始まる。突然に骨太の歌が沸きあがり、突如としてリズミックなリフレインが踊りだす演奏の流れ(それはもともと豊富な倍音を持ち、打弦の強さにより倍音構成が不揃いになりやすいというコントラバスの生理を活かしたもので、テイボーンたちのグリッドによる構築の対極にあるわけだが)に、ピアノとドラムスが薄絹を垂らすように寄り添ううち、テイボーンが和旋法や全音音階のフレーズの響きを試し、パーカーが高域でつぶやく3分半過ぎあたりから、三人が別々の時間を生きる様が明確になり始める。彼らは互いに背を向け合い、各々の手元の作業に専念する。彼らは異なる時間意識で音を刻み、意識の焦点をそれぞれ異なる方向に向ける。異なる時間を呼吸しながらも至近距離で交錯しあった「For Fred Anderson」と違い、ここで彼らは層を棲み分けているように感じられる。隣接した層/空間が、ある「綴じ目」へと引き絞られて歪み、その「綴じ目」に生じた「綻び」によって辛うじて通底しているとでも言うような。その隔たりが独特の静謐な強度を生み出す。

 だが、それにしても、曲題「この世界の歪みからポプラの樹やほかの美しいものが生まれてくる」(冒頭部分はそのままCDのタイトルとなっている)とは、何とすばらしい直感/ヴィジョンなのだろうか。醒めた諦観に根差しながら、世界の根源的な力強さへのゆるぎない信頼と明日への確かな希望が、そこには確かにあるように思われる。

 末尾ながら、素晴らしい作品を紹介してくれた「タダマス」の二人、益子博之と多田雅範に感謝したい。



この幽玄な風景に長谷川等伯「松林図屏風」や
Telje Rypdal / Wavesを思い浮かべたのは、
何とも正しい直感だったと自画自賛。



Farmers by Natureのメンバーたち
  
スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 00:12:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad