■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

タダマスの四大元素  The Four Elements of “TADA-MASU”
 四半期に一度、恒例のNYジャズ最前線定点観測の機会「四谷音盤茶会(yotsuya tea party)」第4回がやってくる。今回は2011年度第四期のセレクト作品に加え、益子博之選による年間ベスト10も明らかにされるという。
 これまでの3回で紹介された作品には、Farmers By NatureやThe Clarinettesなど、思わず耳を開かされる作品も多くあった。また、本来聴き手であるホスト2人(益子博之と多田雅範=”タダマス”)に現役ミュージシャンをゲストに迎える編成の妙に加え、フロアからの発言も交えながら、常に多視点から事態を浮かび上がらせる進行の仕方は、「流行」を追うのでもなく、ただ演奏者の表現/人生に耳を傾けるのでもなく、サウンド/空間の次元で起こりつつある重大な変化(それは誰でも眼にしうる表面に露呈されていながら、多面的な指摘/分析によって初めて明らかになる性質のものだ)をとらえるために、今や必要不可欠なものと言えるだろう。
 これまで各回の話題にのぼらないことのなかったシーンのキー・パーソン、ポール・モチアンの逝去もあり、また、年間ベストの紹介もあって、これまでの「まとめ」の要素が強くなるのではないか‥と思われる今回、大河ドラマを年末放映の総集編だけで済ませた、忙しいあなたにもオススメです。


masuko/tada yotsuya tea party vol. 04: information
益子博之=多田雅範 四谷音盤茶会 vol. 04

2012年1月29日(日) open 18:00/start 18:30/end 21:00(予定)
会 場:綜合藝術茶房 喫茶茶会記(http://sakaiki.modalbeats.com/)
ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:橋本 学(ドラマー/作曲家)
参加費:1,200 (1ドリンク付き)

 イヴェントとしての認知も徐々にではありますが、浸透してきております。第四回の内容は、2011年第4 四半期(10~12月)に入手したニューヨーク ダウンタウン~ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDのご紹介と、益子=多田による2011年 年間ベストCD選出です。巨星・ポール・モティアンの逝去の影響を排除することはできないでしょう。何故か、ここのところモティアン曲集がいくつか出てきたところでもあります。
 そこで今回のゲストは、ドラマーの橋本 学さんです。タイム・キーピングに囚われない、パーカッション的なドラミングで、ジャズに留まらない幅広い分野で活躍中です。先日の橋爪亮督グループ@新宿ピットインでは、更に音楽の深層に触れる素晴らしい演奏を披露してくれました。進化中の彼の演奏観を含めて興味深いお話が聞けると思います。お楽しみに。(益子博之)

詳しくは http://gekkasha.jugem.jp/?cid=43767 を参照してください。


yotsuya tea party vol.4 flyer
クリックで拡大されます

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 14:22:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad