■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「タダマス4」レヴュー-ジャズのヘテロトピックな空間  Review for "TADA-MASU4"-Jazz As Heterotopic Spaces
 益子博之と多田雅範のホスト2人が現役ミュージシャンをゲストに招いて、NYジャズ・シーンを多角的に語る「四谷音盤茶話会」も4回目を迎え、季節を一巡りした。年間ベスト10の発表等もあった一区切りの会が、10名以上の聴衆を得て「盛会」だったことをまずは喜びたい。
 繰り返しとなるが、我々の周りには情報が溢れているようでいて、その多くはマーケットが用意したものの薄まったコピーに過ぎず、「ある視点」を獲得したものはほとんどない。他の領域も幅広く踏査しながら、毎年渡米してまでNYジャズ・シーンの定点観測を粘り強く続ける益子と、糸の切れた小惑星のようにふらふらと漂いながら、NYジャズからECMの迷宮世界、果てはJ-POPやK-POPからフリー・インプロヴィゼーションまで聴き倒す多田の2人は、そうした「ある視点」を獲得していながら、それを外部へと開き、他の視点との闘争にさらそうとする。「帰朝者」として、あるいは「事情通」として、単に大所高所から情報を配給するのではなく、あえてそうした面倒を引き受ける背景には、事態を複数の耳の視点からとらえるという確固たる信念が横たわっているのだろう。
 そうした場にさらされてはじめて、音盤から再生されたサウンドやそれに付された(時に、あるいはしばしば大きく脱線する)コメントは、無味無臭な〈情報〉であることを止め、聴衆の参加を促す〈テクスト〉となることができる。と同時に、同じ時間空間を共有し、同じ再生装置で同じ音盤を聴きながら、実際には一人ひとりが「違ったこと」を聴いている事実を、まざまざと知ることにもなる。これが〈批評〉の出発点でなくて何だというのか。

 今回披露された音盤は、2011年第4四半期から選ばれた10枚と年間ベスト10作品(一部重複)。これまでの第1回~第3回で披露された中から自分なりの注目盤にレヴューで触れてきているが、年間ベスト10の1~6がそれと重なっており、さらに最も衝撃を受けたFarmers by Nature『Out of This World's Distortion』が、(おそらくは不動の)1位ということに「やはりいいものはいい」との意を強くした。

■2011年間ベスト10(1~6位)
1. Farmers by Nature『Out of This World's Distortions』
2. Tony Malaby's Novela『Novela』
3. Steve Coleman and Five Elements『The Mancy of Sound』
4. Tyshawn Sorey『Oblique - I』
5. Okkyung Lee『Noisy Love Songs』
6. The Clarinets『Keep on Going Like This』
※年間ベスト10及び当日プレイされた音源の詳しいリストは次を参照のこと。
http://gekkasha.jugem.jp/?cid=43767

 今回の話題は昨年末に死去したポール・モティアンをひとつの(隠された?)焦点として展開しており、益子・多田とも、彼への評価の高さ(と思い入れの強さ)ゆえに、コメントがブレイした音盤を離れることが多かった。ゲストの橋本学もまた、実に率直にコメントを語ってくれた。「ミュージシャンもまた一人の聴き手に過ぎない」という彼の発言は全くその通りだが、そこには後で触れるように、やはり事態に別の角度から照明を当てることのできる力があった。こうした事情から、議論は「モティアン以降のシーン」を巡って多くなされたが、それがトレンドの力学や若手の有望株などといった「業界話」方向へ走ることなく、興味深い論点を数多く散りばめながら、決定的なステートメントへと至らずオープン・エンドになっていたことも、この四谷音盤茶話会らしく感じられた。
 私が多く触発されたのも、今回は音盤以上に、これまでの3回の議論とつながりながら、かつ「モティアン以降」を論じることで浮上してきた事態、あるいはそれをとらえる視点のあり方であった。それらについて簡単に述べることにしたい。


1.音によって描き上げられる〈風景〉

 Michael Bates『Acrobat』からの1曲「Some Wounds」において、左右に振り分けられた音数の少ないシンバルの間に張られたスクリーンの中を、Chris Speedの細く絞り込まれたサックスの音色がゆっくりと沈み込んでいく。途中、厳かに終わりを歌い上げるトランペットとすれちがう際に、しばし響きを溶け合わせて余韻をたなびかせながら。フィックスでとらえた暮れなずむ空を思わせる、こうしたまさに「絵に描いた」ような〈風景〉の中を、ピアノが斜めに駆け抜け、そこに音楽の推進力/駆動力をもたらす。
 「音楽に前に進む力がある。やっぱりお国柄なのかな。彼らは最初に音楽に推進力を与えるにはどうしたらよいか、という練習をいっぱいやる。日本だともっと情景描写的/喚起的になるんじゃないか」と橋本が指摘する。多田が「神曲」と呼ぶ橋爪亮督グループの「十五夜」で、橋本は作曲者である橋爪から「虫」の役柄を割り振られたという。
 そぼふる雨音を背景として、弦のオスティナートがゆっくりと巡らしていく視線と時の歩みに、様々な楽器音が現れては雨空に滲むように物音化していくOkkyung Lee『Noisy Love Song』の水墨画的情景にたたずむ静寂と、The Clarinets『Keep on Going Like This』がもたらす顕微鏡下でふるふると震えるバクテリアの繊毛を見詰めているような沈黙の違いを、多田は前者が「たくさん説明し過ぎている」と指摘する。後者はもう何度となく聴き返したのに、前者はそうした気にならないとも。「向こうからこちらへ来てくれる音楽と聴き手が向こうへ出かけて中に入っていかなくてはいけない音楽がある。The Clarinetsは後者。一般的にはジャズは前者が多いのではないか」と益子が補足する。
 耳は眼と異なり前方だけの音を拾うわけではない。眼が世界をとらえる時、眼はその世界の端に位置せざるを得ないが、耳は中央にいる。それゆえ、音による風景は自らとともに生成してくるものととらえることが可能だ。しかし、あえて「音の風景」とか、「音が描きあげる風景」という時、視覚的な語彙である〈風景〉に引きずられて、こちらに視点があって、それとは切り離されたあちら(窓の向こう側)に対象化された風景があると、我々は考えてしまいがちだ。

  

Michael Bates『Acrobat』  Okkyung Lee『Noisy Love Songs』 The Clarinets『Keep on Going Like This』


2.〈触覚〉の浮上

 Chris Speedの「最初から斜めになって登場する不機嫌トーン」や「棒読み」のフレージングについて語る多田。フレージングからトーンへの転換により、演奏者の「系譜読み」が通用しなくなったことを指摘する益子。これらについては、ジャズ・コミュニティの中で共有されつつ更新されてきた「ジャズ的カッコよさの基準」としての語法=筆法を採用せず、それとは別のやり方を探求することが「棒読み」を生んでいるのではないか。だとすれば、フレージングからトーンへの変化は、フォルムからマチエールへの変化に相当することになるとの仮説を以前に述べておいた。そしてフレージング/フォルムよりもトーン/マチエールの方が、明らかに〈触覚的〉というか、触覚に訴える面を持つ。The Clarinetsの演奏には、互いの響きの皮膚をいかにすり合わせるかだけに集中した、言わば〈触覚的演奏〉による場面が多く見られる。そこでは、おずおずと伸ばす指先の動きや、触れ合った感触に驚いた手のぴくりとした震えの軌跡が、そのまま(ミクロな)フレージングとなるだろう。益子が指摘する「NYジャズ・シーンにおけるクラリネットの復権」の背景には、こうした〈触覚的演奏〉への試行錯誤があるのではないだろうか。


3.フロント・ラインの消失によりさまよう視線

 ポール・モティアンの演奏の特色を訊かれて、橋本は「ドラムで景色をつくる感じ。フロントの演奏をなぞらない。フロントが盛り上がるとドラムもいっしょにうわーと盛り上げるやり方はよくあるけど、彼はそうしない。彼はもういないけれど、彼の語法やアプローチは脈々と継承されていくと思う」と答えていた。多田は「モティアンの後は誰が継ぐんだ。実はオレなんじゃないかと思った」と発言して皆にたしなめられていたが(笑)、ロラン・バルトがシューマンの楽曲を分析し、そこから演奏における「打つこと」の決定的重要性を抽出して「最もシューマン的なピアニスト、それは私だ」と書いたことが思い出された。音楽技法に分解することができない決定的な質が、モティアンの演奏にはあるということなのだろう。Motian Sickness『The Music of Paul Motian』を聴くと、彼の作曲作品にも同じ種類の質が存在しているであろうことがわかる。もつれていくドラムの足取りの上で、ノスタルジックな思い出が切れ切れに浮かび、思い切り減速したヴィオラがこれをリセットして、馨しい芳香を放ちながら腐り果てていく。「ヴィオラの演奏が全然現代音楽的でないところを聴いてほしい」という多田を受けて、「即興部分のフレージングを見ても、ほとんどテーマをなぞるだけになっている。彼の楽曲はモンクの作品のような強い引力を持っているんだと思う」という橋本に、「モンクの曲を演奏したことがあるが、半音進行とか全く受け付けない。ものすごく強い作品世界を持っている」と益子が答える。この3人なら、時間さえ許せば「モティアンから見たジャズ」を語れたことだろう。
 その一方で、有望な若手をスカウトして自分のグループでデビューさせ、育成したモティアンの功績が語られる。あるいはJoe LovanoやBill Frisellとのトリオの先見性をはじめ、彼の周囲で起こった数々の変革について。もう、そうした場は無くなってしまった‥と。それはすなわち、そこを見ていればNYジャズ・シーンの最先端のヴィヴィッドな変化が見て取れるような〈フロントライン〉が無くなって(見えなくなって)しまったということだろう。しかし、これまで四谷音盤茶話会に参加してきて思うのは、もはやシーンが一枚岩で、あるモードから異なるモードに移行する‥というような存在の仕方をしていないことだ。もちろん、かつてだって、たとえばフリー・ジャズの時代だって、全員が全員フリー・ジャズを演奏していたわけではなかった。しかし、言わば前衛/中間/後衛といった構造は、おそらく見やすかったろう。しかし今は違う。同じ一人のトランペット奏者が部屋いっぱいにエレクトロニクスを充満させ、あるいは「音響派」よろしく息音を切れ切れに放ち、さらにはフォー・ビートでいかしたソロを取る時代なのだ。変革は様々なところで、様々な方向に向けて日々起こっている(我々の眼に見える大きさ/かたちにまで達しないものを含めて)。それを感じ取るには、シーンの風景の中へと入り込むことが必要だろう。もちろん現地に行けばわかるというものではない。複数の視点から観察/分析し、それを突き合わせ、仮説を立て、補助線を引き、他に(音楽以外の他領域を含めて)似たようなかたちや動きを探し出して類推する‥そうした取り組みが求められるだろう。
 これまで四谷音盤茶話会でプレイされた作品について、たとえばSteve Coleman and Five Elements『The Mancy of Sound』について、ステレオラブによるレイヤー的構築との類似性を、また、Tyshawn Sorey『Oblique-I』について、やはりHenry Cow(特にドラミングにおけるChris Cutler)との類似性を以前に指摘したが、これらは言わば無理やり2次元に平面化した〈音楽地図〉上の話であって、3次元で見れば、もっと別の方向に向かっているのかもしれないし、またシーン全体がそちらへ動いているわけでもない。所詮それらひとつひとつは「考えるためのヒント」でしかない。

  
    Motian Sickness  Steve Coleman and Five Elements  Tyshawn Sorey
『The Music of Paul Motian』   『The Mancy of Sound』       『Oblique - I』


4.共存のための〈空間〉

 Farmers by Nature『Out of This World's Distortion』をはじめ、年間ベスト10の作品の多くに共通する質として「合っているような、合っていないような感じ」が指摘されていた。これもジャズの音楽語法の中でだけ考えれば、同期/非同期の技法論にとどまってしまうだろうが、フィールドレーディングやこれを活用したエレクトロ・アコースティック作品等を視野に入れるならば、演奏者(のコントロール)にすべてを委ねない音楽のあり方が浮かんでくる。そして、一度そうした補助線を引いてしまえば、補助線を引く前とは世界に対する認識が変化し、様々な作品の至るところに制作者の意図(的コントロール)を外れた要素を見出すことができる(たとえば映画作品の中の風に揺れる風景)。
 「何でも取り込んで生き続けるジャズのたくましさ」を橋本が指摘し、「NYというシーンの中で人と人とが新たに出会っていく可能性」について益子が語った。「ジャンルとしてのジャズなんて、もうどうでもいいことだ」と多田は常々話しているように思う(もし違ったらごめんなさい)。様々な地点で様々な方向に変革の動きが進められようとしているとして、それらが排除しあうのでもなく、一本化を強制されるのでもなく、互いに共存し、時に結び合うためのヘテロトピックな〈空間〉をもし〈ジャズ〉と呼べるのであるならば、まったくジャズ・ファンではない私も、〈ジャズ〉の未来を祝福したいと心から思わずにはいられない。

 
    Farmers by Nature      Tony Malaby's Novela
『Out of This World's Distortions』    『Novela』

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 01:25:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad