■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2011年の10枚(選:福島恵一)  10 CDs of 2011 (compiled by Keiichi Fukushima)
 自分のブログに掲載した四半期ごと及びこれに追加して時に応じて執筆したディスク・レヴュー掲載作品およそ60点から、さらに10点を選んだものを、多田雅範・堀内宏公両氏の主催する音楽サイトmusicircusに、昨年に引き続き掲載していただきました(※)。
※http://homepage3.nifty.com/musicircus/main/2011_10/
 そちらには改めてジャケット写真と簡単なレヴューがアップされていますので、こちらには英文リストのみ掲載いたします。私以外にも、このブログにもよく登場する多田雅範、原田正夫、益子博之の各氏をはじめとして、堀内宏公、若林 恵、長井明日香、岡島豊樹と錚々たる面々が執筆していらっしゃいます。musicircus「2011年に聴いた10枚」、ぜひ、ご覧になってみてください。


1.Kazue Sawai / The Sawai Kazue -17 Strings- (Hogaku Journal HJCD0006 )
  Kazue Sawai(17 strings koto,5 strings koto),Hikaru Sawai(koto),Tetsu Saito(bass)

2.Masayuki Takayanagi / Meta Improvisation (Jinyadisc B-25)
  Masayuki Takayanagi(guitar,tape,electronics)

3.Barre Phillips,Catherine Jauniaux,Malcom Goldstein / Birds Abide (Victo cd 119)
  Barre Phillips(contrabass), Catherine Jauniaux(voice), Malcom Goldstein(violin)

4.Farmers by Nature / Out of This World's Distortion (AUM Fidelity 067)
  Craig Taborn(piano), William Parker(bass), Gerald Cleaver(drums)

5.Keiji Haino / Un autre chemin vers l'Ultime(Prele Records prl007)
  Keiji Haino(ether)

6.Anthea Caddy, Magda Mayas / Schatten (Dromos dromos007)
  Anthea Caddy(cello), Magda Mayas(piano)

7.Christian Munthe, Christine Sehnaoui / Yardangs (Mandorla MAN CD002)
  Christian Munthe(acoustic guitar), Christine Sehnaoui(alto saxophone)

8.Kang Tae Hwan / Soreia (Audioguy Records AGCD0031)
  Kang Tae Hwan(alto saxophone)

9.Michel Doneda , Jonas Kocher, Christoph Schiller / /// Grape Skin (Another Timbre at42)
  Michel Doneda (soprano saxophone & radio),
  Jonas Kocher (acoordion & objects),
  Christoph Schiller (spinet & preparations)

10.Mark Fry, The A. Lords / I Lived in Trees (Second Langage SL013)
  MarkFry(vocals,acoustic guitar,cello),
  Nicholas Parmer(Spanish guitar,piano,harmonium,accordion,
  recorders,autoharp,bouzouki,clarinet,bells,percussion)
  Michael Tanner(mellotron,12-string guitar,banjo),
  Aine O'Dwyer(harp),
  Jess Sweetman(flute),
  Steve Bentley-Klein(viola,violin,cello)

extra.Cornelius Cardew / The Great Learning (Bolt BR1008)


 もともと「2011年に聴いた10枚」なので、2011年にリリースされた作品だけではなく、2011年に出会った、2011年に繰り返し聴いた作品も入ってくるため、対象範囲はそれだけ幅広くなり、収斂しないのですが、それにしても各人の選定した盤がほとんど重なってないのにはびっくり。多田・益子両氏による「四谷音盤茶会」には4回皆勤し、原田氏とも結構メールのやりとりなどさせていただいているんですけど、私の選盤で他の方と一致したのは、沢井一恵『The Sawai Kazue』とFarmers by Nature『Out of This World's Distortion』の2枚のみ。
 それにしても、皆さん、力の入った長文レヴューが読み応えがありますね。必ずしも音盤自体の紹介や分析評価ではなく、どのような問題関心の下でその盤と出会い聴いたか、あるいはその盤に耳が触れることで思考や聴き方がどう変化したかに重点が置かれています。そうした「個人としての視点/軌跡」なしに、ただトレンド・ウォッチャーとして「いま何が新しい」とか、「次は何が来る」みたいな聴き方って、もうほとんど成り立たなくなってきていると思います。もちろん、それこそが販売促進には必要だから、CDショップのPR誌や音楽雑誌(いまや両者の違いはほとんどない)には、常にそうした記事が掲載されているけど、実質的にはとっくに失効しているでしょう。
 だからこそ、そうした「個人としての視点/軌跡」をぶつけ、重ね合わせて、互いに触発しあっていく必要があると思うんですよね。「どれが一番いいか」とか、「アレよりコレが優れている」とかじゃなくて。そもそもそうしたセレクションの前提となっているはずの「1年間のうちに国内盤が発売された米国ロック」なんて枠組みには、もうほとんど意味なんてないんだから。ヒョーロンカのセンセイ方によるベスト10選考のための協議だって、「ギョーカイのジョーシキ」を前提にしなければ、成立しようがないのは明らかだもんね。



私の選んだ10枚の中で、他の選者と重複した2枚。
今年のベスト・オヴ・ベストか!!

    
       沢井一恵             Farmers by Nature
The Sawai Kazue--十七弦-  Out of This World's Distortion

スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 23:07:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad