■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第1回「耳の枠はずし」プレイリスト
3月28日(日)開催の「耳の枠はずし」第1回は、おかげさまで好評のうちに無事終了しました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
個人的にはLPの音の良さを再認識しました。特に下にジャケットを掲げたCramps盤! 演奏・録音ともいいと評価していましたが、抜群でした。Sound Cafe dzumiのオーディオ様々です。
当日、プレイした音盤のリストを掲げておきます。
プロジェクタで音盤のジャケットや参照すべき絵画や写真など、ヴィジュアル系資料の紹介にトライしてみたのですが、こちらも評判がよく、うれしかったです。ふだん、どうしても聴覚は視覚に従わされてしまいます。聴覚から視覚へとイメージを広げることは、今回のレクチャーのテーマのひとつと考えています。

第2回は来週の日曜日、4月4日です。
テーマは「野生の耳がとらえる音景」。
今回のレクチャーの第1~3回は、自分なりに「フリー・ミュージックのハードコア」ととらえています。
第1回は「音響」以降と言われている演奏と、Derek Bailey,Hugh Davies,Gruppo di Improvvisazione Nuova Consonanza等との演奏の類縁性を指摘し、ある水脈を浮かび上がらせてみました。
彼らが内省を通じて、沈黙に渦巻くざわめきの力動に触れていたとすれば、第2回で取り扱うのは、自然のたゆまぬ生成のざわめきに耳を凝らし、やはり同じ力動に接続していった演奏者たちです。Michel Doneda,Ninh Le Quan,Dominique Regef,Benat Achiary,Kazue Sawai,Kim Suk-Chul等の音源を紹介します。どうぞご参加ください。

4月4日(日) 15:00~18:00
第2回 野生の耳がとらえる音景

なお、各回定員25名のため、予約をおすすめします。
料金:各回1000円(1ドリンク付き)
会場:Sound Cafe dzumi
   武蔵野市御殿山1-2-3 キヨノビル7F
   JR吉祥寺駅南口から徒歩5分
   電話:0422-72-7822
予約先:event@dzumi.jp
    件名「耳の枠はずし:日付」、本文「氏名、人数、電話番号」
    をメールで送付してください。


福島恵一音盤レクチャー in Sound Cafe dzumi〈耳の枠はずし-不定形の聴取に向けて〉
第1回 デレク・ベイリーと「音響」以降 音盤プレイリスト

1.ぶつかりあう音の軌跡
■Derek Bailey/Guitar Solos vol.1(Incus) 1971
■Phosphor/PhosphorⅡ(Potlatch) 2006
■Phil Durrant,Thomas Lehn,Radu Malfatti/Beinhaltung(Fringes) 1997
■Toot/Two(Another Timbre) 2008
■Phil Minton/A Doughnut In One Hand(FMP) 1998
■Speak Easy/Backchats(Creative Sources) 2008

2.ベイリーの語法の確立
■Derek Bailey/Pieces for Guitar(Tzadik) 1966-67
■Derek Bailey/Public and Domestic Pieces(Emanem) 1975-76
■Derek Bailey/Improvisation(Cramps) 1975
■Derek Bailey/Notes(Incus) 1985
■Derek Bailey/Carpal Tunnel(Tzadik) 2005
■Spontaneous Music Ensemble/Karyobin(Island) 1968
■Company/Company1(Incus) 1976
■Company/Epiphany(Incus) 1982

3.フリー・ミュージックの複数性
■Derek Bailey&Han Bennink/Live At Verity's Place(Incus) 1972
■Evan Parker,Derek Bailey,Han Bennink/Topography of the Lungs(Incus) 1970
■Peter Brotzmann/Machine Gun(FMP) 1968

4.「力の即興」の水脈
■Hugh Davies/Performances 1969-1977(Another Timbre) 1969
■Chris Burn's Ensemble/Ensemble at Musica Genera 2002(MooMusic) 2002
■Evan Parker&Paul Lytton/At The Unity Theatre(Incus) 1975
■Evan Parker&Lawrence Casserley/Solar Wind(Touch) 1997
■John Butcher/Invisible Ear(Fringes) 2002
■Rohdri Davies/Trem(Confront) 2001
■Gruppo di Improvvisazione Nuova Consonanza/Azioni 1967-69 (Die Schachtel)

※主要参考文献
□デレク・ベイリー「インプロヴィゼーション」 工作舎
□清水俊彦「ジャズ・アヴァンギャルド」 青土社
□椹木野依「へルター・スケルター」 トレヴィル
□宮川淳「アンフォルメル以降」 宮川淳「美術史とその言説」 水声社
□今橋映子「〈パリ写真〉の世紀」 白水社
□尾崎信一郎「絵画論を超えて」 東信堂
□ロラン・バルト「第三の意味」 みすず書房
□ジョナサン・クレーリー「知覚の宙吊り―注意、スペクタクル、近代文化」 平凡社
□ヴァルター・ベンヤミン「ベンヤミン・コレクション① 近代の意味」ちくま学芸文庫
□Derek Bailey "Improvisation(second edition)" Da Capo Press
□Clive Bell "New London Silence" The Wire issue 260,Oct. 2005







スポンサーサイト


レクチャー内容 | 21:41:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad