■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「タダマス」の第六感  The Sixth Sense for “TADA-MASU”
 来る7月22日(日)、綜合藝術茶房四谷茶会記(四谷三丁目)において、益子博之・多田雅範(私の呼ぶところの音楽批評ユニット「タダマス」)による四谷音盤茶会第6回が開催される。今回は6月末から「定点観測」のためにニューヨークへと旅立った益子による帰朝報告が聞けることだろう。それだけでも注目のイヴェントである。さらにゲストは益子と組んでライヴ・シリーズ「tactile sounds」を展開する橋爪亮督。本ブログでも先月に彼のグループの最新作『Acoustic Fluid』のディスク・レヴューを掲載したところだ(*1)。彼のコメントにも注目したい。
 そしてもうひとりの主催者である多田は、つい先日、菊地雅章TPTトリオのブルーノート東京ライヴのレヴュー(*2)を、遠のく意識の中で絶句するという超荒業で締めくくっており、未知の耳の領域へと日々踏み外していく(*3)彼の発言からも眼が離せない。批評的感性とは語ることの出来る範囲内に体験を縮小してしまうことではなく、まさに未曾有の体験に不意討ちされ、それを表すべき言葉を自らの内外に探し求めるところにあるのだから。
*1 流動化された音響-橋爪亮督グループ『Acoustic Fluid』ディスク・レヴュー
   http://miminowakuhazushi.dtiblog.com/blog-entry-165.html
*2 菊地雅章TPTトリオ@ブルーノート東京ファーストステージ
   http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20120624
*3 勢いあまって踏み外す-多田雅範の耳の旅路がとらえた風景-
   http://miminowakuhazushi.dtiblog.com/blog-entry-169.html

 以下に四谷音盤茶会(yotsuya tea party)サイト(*4)よりの情報を転載しておく。なお、今回の開催については、すでに多田自身による言及(*5)のほか、私同様、第1回から皆勤を続けている月光茶房店主原田正夫によるコメント(*6)がアップされている。ぜひあわせてご参照いただきたい。
*4 http://gekkasha.jugem.jp/?cid=43767
*5 http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20120705
*6 http://timbre-and-tache.blogspot.jp/#!/2012/07/yn.html


四谷音盤茶会第6回ちらし
会場地図はこちらを参照のこと



【イヴェント情報】

2012年7月22日(日) open 18:00/start 18:30/end 21:00(予定)
ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:橋爪亮督(サックス奏者/作曲家)
参加費:1,200 (1ドリンク付き)


今回は、2012年第2 四半期(4~6月)に入手したニューヨーク ダウンタウン~ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDのご紹介です。今回の注目ポイントは、いよいよ明瞭になってきた近年のジャズにおける「サウンド・スケープ志向」の潮流でしょうか。この人達まで、こんなサウンドを出すようになったのか、という驚きと納得感を同時に味わっていただきましょう。

ゲストは、サックス奏者/作曲家の橋爪亮督さんをお迎えすることになりました。グループとしては4年ぶりのアルバムをリリースしたばかり。益子とは、ここ喫茶 茶会記でライヴ・シリーズ「tactile sounds」の共同企画もしています。アルバム発売に当たって創設したレーベル名は「tactilesound records」。今回も多数を占める「触覚」を刺激する音源に対して、どのようなコメントを寄せてくれるでしょうか? お楽しみに。(益子博之)

****************************************

橋爪亮督(はしづめ・りょうすけ)

1970年生まれ。15歳からアルトサックスを始める。 岡山大学在学中20歳の時にボストン・バークリー音楽大学から奨学金を受け渡米。 在学中にテナーに転向、1996年同校Jazz作曲科卒業。同年初のリーダー作となる「And Then You Heard Tales(HAO Record 428)」をアメリカ国内でリリース。 翌年2枚目のリーダー作「In A Stranger's Hand(HAO Record 429)」をリリース。

1997年帰国。2006年 POLYSTAR JAZZ LIBRARYより国内初となるリーダー作「WORDLESS」(P.J.L. MTCJ-3031) をリリース。2008年 BounDEE JAZZ LIBRARY より国内2作目となる「AS WE BREATHE」(B.J.L. DDCJ-7004) をリリース。2009年 Grapes Record より国内初のライブ録音となる「Needful Things」(GPS1206) をリリース。2012年 tactilesound records より「ACOUSTIC FLUID」(TS-001)リリース。

現在は全曲オリジナルによる自身のグループを中心に新宿ピットインを始め首都圏ライブハウス等で活動中。

公式サイト: http://www.ryohashizume.com/

****************************************

益子博之(ますこ・ひろゆき)
1965年、東京生まれ。ニューヨークのダウンタウン~ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。毎年6月頃、1週間程NYに滞在してシーンを定点観測。「ジャズけものみちを往く」を『ジャズ批評』120~125号に連載した。共著に『ジャズ・サックス(ディスク・ガイド・シリーズ NO. 33)』『ジャズ・ピアノ(ディスク・ガイド・シリーズ NO. 38)』(シンコーミュージック)等がある。音楽サイト com-post.jp 同人。

多田雅範(ただ・まさのり)
1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『OutThere』の編集に携わる。音楽サイト musicircus を堀内宏公と主宰。音楽日記 Niseko-RossyPi-Pikoe Review。音楽サイト JAZZ TOKYO コントリビューター。共著に『ECM catalog』(東京キララ社)がある。
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 17:20:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad