■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

不意討ちされて立ちすくむ  Standing Paralized by Unexpected Attack
【前口上】
 菊地雅章トリオ『サンライズ』には耳をそばだてさせられたが、それでもレヴューに記したように全編に渡ってではなかったし、いかんせん「ブルー・ノート東京」はジャズ・ファンでない者にとっては敷居が高すぎて(値段も)、菊地雅章TPTトリオの来日ライヴの情報を知ってはいたものの、会場に足を運ぶことはなかった(ピアノとギターの共演の難しさに関する先入観も影響したかもしれない)。
 その後、多田雅範や原田正夫がライヴの印象を書き留めているのを読んで、とびきりの演奏が繰り広げられたらしいことを知った。しかし両者とも「絶賛の嵐」というのとは違う。何か途轍もなく凄いもの、素晴らしいものが眼前を通り過ぎたことははっきりと知覚できているのに、どうしてもそれを言葉にできない‥‥と、そんな風なのだ。
 それはきっと思いもかけなかった響きに耳を不意討ちされ、立ちすくんだからにほかなるまい。今回はそのことについて考えを巡らしてみたい。


1.不意討ちされて立ちすくむ

 多田は菊地雅章TPTトリオの演奏の印象を「居合い抜きの連続、持続、能の集中した状態の微動する光速。破綻や緩みなど無く。言葉はもどかしいものだ。宇宙の一瞬に漂う、消失しそうな自我。忘我。」と書き散らしながら、その演奏の聴取/体験が極度の集中を要するものであることを強調している。2ステージを聴き通す演奏ではないと。そして評文の最後を次のように締めくくっている(*1)。
 「他の週のプログラム予告が流れる休憩時間。シュールに身体が冷えて硬くなってゆくのがわかる。だめだ、セカンドステージまで持たない。 」
 もともとステージごと入替制であり、そのため彼が聴いたのはそのうちファースト・ステージだったのだが、それだけのことならこうは書くまい。といって、このほとんど投げやりとも言える幕切れは、文章表現上の演出でもないだろう。聴いていて、身体が飽和してくる感覚というのはあるからだ。それは情報量が過多であるのとは違う。多田の言う通りむしろ集中の問題であり、同時に受容の問題である。音に不意討ちされることなく、耳にした音が次から次へと滞りなくそれなりの景色/構図に収まって、違和感なく消化されていくならば、たとえ飽きることはあっても飽和することはない。飽和を、そして持続し難い緊張をもたらすのは、不意討ちによる生(なま)な世界の露呈の連続である。それはまさに聴き手の生(せい)に揺さぶりをかけてくる。
*1 http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20120624

 まだ耳にしたことのない響きに、音の光景に、したたかに耳を不意討ちされ、たじろぎ、打ちのめされ、未曾有の事態にただ呆然と立ちすくむ。その一方で思考は懸命に言葉を、表現を手探りしている。眼前で起こっていることを何とか名指すために。ここで名指すとは切り分けることであり、輪郭/境界を見定めることであり、空間的/時間的順序を整理することにほかならない。それは生きていくための自己防衛(生な世界の耐え難い露呈を言葉によって和らげる)であると同時に、せわしないパニック反応でもあるだろう。
 ただ、そうした反応は単に一時の、事態をやり過ごすためだけのものでは終わらない。この未曾有の事態に強く惹きつけられ、むしろその深奥へと道なき道をかき分け、そこにぱっくりと口を開けた亀裂へと測鉛を垂らし、深みへと降りていくための目印、手がかり、足がかりとして、何とか言葉やイメージを手繰り寄せるということがある。それは決して流暢な文章や鮮明な映像などではあり得ない。切れ切れのなけなしの言葉。ふと耳元で響いた(ような気がした)誰かのつぶやき。音のない不鮮明なモノクロ映像の緩慢な明滅あるいは動いているかいないかのスローモーション(いずれにしてもごく短い断片)。脈絡なく思い浮かんだ小説や映画の題名。夢で見たのかもしれない茫漠とした風景。

 都合よく言葉に置き換え忘れ去ってしまうのでなければ(だから言葉に詰まり絶句することは、実に正確にして正当な事態への、そして世界への対応なのだ)、未曾有の事態は言葉にならない耳の光景として脳裏に、というより身体に刻まれ残っている。それが先に述べた当てのない手探りの果てに、何かの体験や言葉、イメージが引鉄となって、一瞬のうちに思考の霧を晴らし、事態に明確なかたちを与えることがある。ユリイカ!!
 あるいは一瞬のうちに開くことはなくとも、ことあるごとに思い出され(その度に細部の鮮明さを高めていくことも、まったく違ったかたちをしていることもある)、世界の豊かさを増していくこともある。
 こうした不意討ちの豊かさに対し、その場で語り得る言葉の範囲内に体験を縮小(シュリンク)させてしまうことの何と貧しいことか。言葉によって余すことなく仕分けられ、仕立てられた光景(デジタルな再構成?)へと体験を洗浄してしまわないこと。そんなことをすれば、後に残るのはチキン・ナゲットみたいに無味乾燥でバサバサな言葉の集積でしかない。

  
写真は多田雅範のブログから
緊張のあまり遠のいていく意識のように遠ざかる風景



2.「フリー」、「インプロヴィゼーション」、「即興」というマジック・ワード

 本来なら耳の不意討ちによって立ちすくむべき事態を凡庸に回避してしまうためのマジック・ワードとして用いられがちなのが「フリー」、「インプロヴィゼーション」、「即興(演奏)」等の語である。これらの語が何ら具体的な内実を伴わずに、言わば自分には縁のない「川向こう」を指し示すために用いられる時、耳の届かなさ、事態の不明さは語と共に運び去られ、便利に片付けられてしまう。
 これらの語は、未だに歴史の埒外に放っておかれたままの「番外地」としての影を引きずっている。それゆえに語の対照区画が厳密に測量されることなどなく、都合の良い「概念の違法投棄場」とされてしまっているのだ。
 逆に言えば、これらの語をご都合主義的にマジック・ワードとして用いる者たちは、これらの語により割り切れない過剰を外部へと一掃し(払われた厄は後ほど別の神殿に祀られることとなるのだが)、その結果として安全に掃き清められた内部は、これまでの歴史や言葉で一切が了解可能であり、割り切れ、語り尽くせると信じている。そんな馬鹿なことはない。実際にはそれらの過剰は、まさに演奏の、音楽の、音の核心部分に棲みついているのだ(これは別にこれらの語と関連性の深い「ジャズ」だけの話ではない)。先のマジック・ワードを弄する者たちの所業は必然的に足元から崩れ去るしかあるまい。

 別にこれは「フリー・インプロヴィゼーション」と呼ばれる演奏/音楽(たとえばデレク・ベイリー)を聴き知っていることの優位を主張するものではない。そんなことは優位でも何でもない。耳を不意討ちされた際に言葉に詰まり絶句することなく、内実の空疎なマジック・ワード(先の3つだけでなく、「前衛」とか「実験」とか)を安易に用いて何食わぬ顔でその場を切り抜け、事態をやり過ごし忘れ去ろうとするのであれば同じことだ。
 耳の感度(演奏の強度に対する)とは、耳が直面した事態をどれだけ効率よく流暢に言語化できるかではなく、どれだけ不意討ちされ、打ちのめされ、立ちすくむかによって決まる(このことは自戒を込めて書き付けておこう)。

 灰野敬二はオーレン・アンバーチ、スティーヴン・オマリーとの最近の共演(ideologic organからリリースされたばかり)において、トリオの命名を求められて『なぞらない』と名づけている。灰野自身は「〈即興〉じゃないってことだ」と説明しているが、これには補足が必要だろう。ここで「〈即興〉じゃない」とは、もちろんあらかじめ作曲されたとか、記譜されていることを意味しない。その一方で灰野は通常「即興」と呼ばれる演奏が、単に「あらかじめ作曲された(記譜された)もの」の裏返しに過ぎず、準備されていない、行き当たりばったりのものを容認することでしかない安易さを手厳しく批判している(「棺の蓋が覆われて初めて『奴はインプロヴァイザーだった』と言われるかどうかというくらい厳しいものだ」と彼は語っていた)。とすれば、「なぞらない」という語が、いかにも灰野流の絶妙な仕方で、即興演奏の在るべき姿を指し示していることがわかるだろう。彼もまた「即興」をマジック・ワードとしてしまうような仕方と闘っているのだ。


 『なぞらない Nazoranai』


 菊地雅章TPTトリオのライヴに関する原田正夫の文章(*2)では、トマス・モーガンの左手の指使いを巡っていささか唐突に平野威馬雄の自伝的エッセー『癊者の告白』(*3)の名が登場する。そこで原田は多くを語らないのだが、「混血児」という出自に悩み、ドラッグに溺れながら、語学の才を通じて同時に文学に打ち込み耽溺していくことで、人生を貫き通していったこの特異な文学者(その無頼さゆえに「ぶんがくしゃ」ではなく、「ぶんがくもの」と読みたいところだ)が、指先のフェティシズムにもまた浸っていたことを知れば、そこに多くのことが仮託されているのに気づくだろう。ネック上を滑らかに舞う指先の優雅で正確な動きにとどまらず、ここぞというツボを精密に探り当てる鋭敏さ、そして触れることと触れられることが相互に嵌入し甘美に溶け合う匂い立つエロティシズム‥‥。
 ここで思考は結論を急いでいない。当てのない連想を手繰り寄せ、また荷解きしながら、先に見たライヴの光景を見詰め続け、何度となく緩やかに反芻している。思わず顎が動き、じわりと唾が湧く。通り過ぎた美味の後姿を追うというより、後ろ髪を手放さぬまま、まだ飲み込んでしまうのが惜しいというように。
*2 http://timbre-and-tache.blogspot.jp/#!/2012/07/blog-post.html
*3 『癊者の告白』 話の特集社
   『陰者の告白』 ちくま文庫


写真は話の特集社版
カヴァーを取ると真っ黒な表紙に
小口3面も黒という凝った装丁

スポンサーサイト


批評/レヴューについて | 21:11:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad