■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

響きに追いつき、音に書き込む  Catching up Sounds, Writing on Notes
 演奏を聴いていて、意識がその場に参加し、次の音が視えることがある。激しいブロウの応酬になって「イケイケ」で盛り上がる時や、場面を転換する決定的なステートメントが発されて、次の情景がありありと眼前に浮かぶというような場面ももちろんあるが、そうではなくて、演奏者間の水面下の探り合いに引き込まれ、こちらの耳も水中に没し、水の動きを全身の皮膚で感じながら次の音が視えてくることがある。もちろんそれは一種のデジャヴュ現象かも知れず、すでに鳴ってしまった音に対して、あたかも自分が事前にそれをありありと思い浮かべていたかのような錯誤に陥っているだけなのかもしれないが。
 それでも前述のように演奏者の交感に耳が引き込まれ、演奏の場の深さ/奥行きに間違いなく耳が届いていると感じられる時がある。事前に何の取り決めもない即興演奏であるにもかかわらず、発せられる音がことごとくそれでしかあり得ない必然と感じられ、痛いほどに身体に突き刺さってくることがある。そうした意識のフォーカスがぴしりと合った瞬間は必ずしも長く続かない。意識と音がずれ始めるというより、先ほどまでの痛いような音の手応えが身体の奥に残っていることで、その瞬間の終わりにぼんやりと気づくことになる(そこまでは深く突き刺さらない音の手ごたえの薄さに)。あるいは周期的に焦点が合ったり外れたり、あるいは専ら一人の奏者にのみ意識が同期して、その肩越しに覗いたカメラ・アイのようないささか偏った音場が広がることもある。


 Msabumi Kikuchi Trio『Sunrise』(ECM)のディスク・レヴューで次のように書いた(*)。
*http://miminowakuhazushi.dtiblog.com/blog-entry-171.html


 しんと張り詰めた闇から、その闇をいささかも揺らすことなく、月光に照らし出された冷ややかな打鍵がふと浮かび上がり(吐息が白く映るように)、響きが尾を引いて、束の間、闇の底を白く照らし出す。重ねられた音は「和音」と呼ぶべき磐石さを持たず、宙に浮かび、そのまま着地することなく消えていく。それとすれ違いにブラシの一打が姿を現す。音は互いに触れ合うことなく、一瞥すら交わさずに、黙ったまま行き違う。
 ピアノ自体も同様に、次に現れた打鍵は先に放たれた打鍵と音もなくすれ違う。両者の間を線で結ぶことはできない。間を置いて打ち鳴らされる音はフレーズを編み上げない。そこに受け渡されるものはなく、ただ、余韻だけを残して現れては消えていく音。その只中に突き立てられたベースの一撃が、それらがやがて星座を描くかもしれないとの直感を呼び覚ます。
 ジャン=リュック・ゴダール『気狂いピエロ』冒頭のタイトル・クレジットは、クレジットの各単語がそれを構成するアルファベットの単位に分解され、A・B・C‥‥と順に映し出されていく。だが、そうした「コロンブスの卵」的な単純な仕掛けに気づいたのは、始まってしばらくしてからで、最初のうちはそれがクレジットであることにすら気がつかず、モールス信号を思わせる離散的な配置で、赤い布石や青の石組みが、間を置いてすっと画面に現れていくのを、はらはらしながら、ただ黙って見詰めていることしかできなかった。原色によるフォントのオフビートな明滅に、観ている自分が次第に照らし出されていく感覚がそこにはあった。『Sunrise』冒頭曲の始まりの部分は、その時の張り詰めた気分を思い出させる。

 出来上がりの絵柄に向けて(彼らは寸分違わず同じ「景色」を見ている)、各演奏者が一筆ずつ、セザンヌにも似た矩形の筆触を並べていく。その順序は決してものの輪郭に沿っているわけではなく、連ねられて線を描くわけでもなく、まさにゴダール『気狂いピエロ』冒頭の、あの明滅の感覚で筆は置かれていく。もちろん音は虚空に吸い込まれ、スクリーンに映し出されるフォントのように積み重なることがない。しかし、それでも消えていく余韻を追い、それとすれ違いに現れる次の音の響きを心にとどめることを繰り返せば(通常これはゆったりと引き伸ばされた旋律を追う時のやり方だが)、ピアノの打鍵、ドラムの一打、ベースの一撃が互いに離散的な網の目をかたちづくりながら、それをレイヤーとして重ね合わせている様が見えてくる。
 「網の目」と言い、「レイヤー」と言い、いかにも緊密な組織がそこにあるように感じられてしまうとしたら、それは違う。繰り替えすが、音はフレーズを紡ぐことがない。別の言い方をすれば、閉じたブロックを形成しない。ピアノの、ドラムの、ベースの、それぞれ先に放たれた音とこれから放たれる音の間は、常に外に向けて風通しよく開かれていて、幾らでも他の音が入り込めるし、実際入り込んでくる。しかし、そこでは線が交錯することはない。もともと彼らは線など描かないからだ。


 この作品の冒頭部分の冷ややかに静謐で、空気をかき乱すことのないほどに緩やかでありながら、同時に揺るぎなく緻密に描き出された風景の提示と、その細部を巡る簡潔にして緊密な探り合いに思わず耳が引き込まれ、透き通った水に身を沈め、全身で響きを感じ取っている様、身体の表面/内部で交錯する様々な感覚の束を、拙いながらも何とか書き記そうとした部分だ。
 これに対し、原田正夫氏から次のようなコメントをいただいた。


 「そこでは線が交錯することはない。もともと彼らは線など描かないからだ。」という『サンライズ』に関するブログの一節にはどきりとします。『サンライズ』に最初に接した時はこのまさにピアノが「線を描かない」ことに戸惑いを覚えたのだと思います、自分。ベーシストのベースにも同様の戸惑いを覚えましたが、ベース音が前面に出ているので、ピアノ・トリオ盤の録音によくあるウッド・ベースの音の気持ちよさに助けられるところがあって、まだピアノほどの戸惑いは無かったかもしれません。
 「それでも消えていく余韻を追い、それとすれ違いに現れる次の音の響きを心にとどめることを繰り返せば(通常これはゆったりと引き伸ばされた旋律を追う時の やり方だが)、ピアノの打鍵、ドラムの一打、ベースの一撃が互いに離散的な網の目をかたちづくりながら、それをレイヤーとして重ね合わせている様が見えて くる。」
 このくだりはまさに、『サンライズ』の冒頭を集中して聴いている時の自分の心の動きを言い当てられたかのような気になります。
実際、自分も聴いていて、はっきりとした形に像を結ばないけれど、演奏にある眼差しが感じられて、その視線の先に自分が導かれていく感覚に陥ります。

 もうひとつ須川さんの文章(註:Jazz Tokyo掲載の菊地雅章TPTトリオのライヴのクロス・レヴュー※)で面白かったのが以下の部分。
 「あるいは、たった今放たれた音を同様に聴く。これが高次元で連続的に展開されてできあがってゆく音楽のうねりは、一つの現在進行形で制作されては消えてゆく芸術作品だけに、一聴するとかなり難しく聴こえるかもしれない。しかし、それと対面してジッと絵画を見つめるように集中して聴いていると、魂が揺さぶられる瞬間が訪れてその背後に音楽が成してゆく自然なフォースが見えてくる。こうなると、聴き手にもプレイヤーと似たような楽しみを与えてくれる。と私は思っているが、(後略)」
 わたしは『サンライズ』の一曲目を集中して聴いた時にそんな感覚に襲われました。福島さんが書かれていた「出来上がりの絵柄に向けて(彼らは寸分違わず同じ「景色」を見ている)、各演奏者が一筆ずつ、セザンヌにも似た矩形の筆触を並べていく」感覚で、自分も演奏の中に入って一音置いてみるような感覚です。こういう感覚、ライヴでは、ごくまれに訪れることがあります。聴いている音 (演奏) が自分の中で自由に動きだすような感覚、そしてその音の生成に自分も参加しているような感覚です。

※http://www.jazztokyo.com/live_report/report450.html
 なお多田雅範による次のレヴューも参照のこと。
 http://www.jazztokyo.com/live_report/report448.html


 1枚のディスクには様々な瞬間が詰まっている。『Sunrise』のレヴューでは特に冒頭2曲にスポットを当てたから対象は限られている。それでも、この描写が全編を通じた一般的な(言わば平均的にならした)ものではなく、冒頭部分の引き込まれ沈み込んでいく感じ、聴き手に音を置くことを求める感覚を指し示したものであることを直ちに看て取られたのには正直言って驚いた。もちろん文中に様々なヒントは散りばめられてはいるが、原田氏の「読み」は「これしかない」という力強い直感に支えられているように思う。あたかも二人が同じ眺めを共有しているかのように。
 このディスク・レヴューでは演奏者たちが寸分違わぬ同じ風景を見詰めていることが、この簡潔にして緊密極まりない演奏を成り立たせていると論じているが、それは聴き手にも感染してくるもののようだ。もちろん「寸分違わぬ」と言いながら、それはスクリーンに投影されるように現れるわけでは必ずしもなく、むしろ演奏者の「あいだ」に空気の流れや澱み、肌触り、温度感、色合い、匂いのように存在するものかもしれないし、聴き手が見ている風景と演奏者が感じ取っている風景はずいぶん異なっているかもしれない。しかし、にもかかわらず、そうした同期が生じることによって、危うく切り立った音楽のあり方が、そして演奏と聴取が、かろうじて可能となるのだ。


Masabumi Kikuchi Trio『Sunrise』


文中に登場するゴダール『気狂いピエロ』のオープニング・クレジット

  
原田正夫、多田雅範は菊地雅章TPTトリオの来日公演を聴いてコメントしてくれている。

   
ポール・セザンヌによる筆触の例。彼はこの色彩の小区画について、面(プラン)という語をよく用いた。
スポンサーサイト


批評/レヴューについて | 10:33:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad