■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Ftarriインタヴュー(続編)-百聞は一見に如かず  Interview of Ftarri(continued) - Seeing Is Believing
 前回のFtarriインタヴュー記事に応えて、鈴木美幸さんからFtarri水道橋店の店内の写真が送られてきましたので、さっそく掲載させていただきます。



まずは入口の二重ドアを開けて、店内のショップ・スペースを見込んだところ。
この左側にカウンターがあります。
キチネットもあってちょっとバー・スペースぽいですが、
ライヴ時のドリンク等の提供は行っていません。
CDが並んでいる棚の下段には茶道具等が並べられていて、
不思議に落ち着いた雰囲気をつくりだしています。
写真の左側にはTシャツが壁に掛けられていたりするのですが。
左奥のヒョウタンの右側には、100円均一の文庫本コーナーのカゴが置いてあります。
ここだけちょっと露店感覚。




さらに進んで手前にある平置台を含め、ショップ・スペースの全体をとらえた1枚。
よく見れば何のCDが並んでいるか、ジャケット・デザインでわかる方もいるはず。



さらに一歩進んで、真横からショップ・スペースをとらえた1枚。
ちょうど背中側がライヴ・スペースに当たります。
そのライヴ・スペースでのライヴの様子はたとえば下の写真のような感じ。



スポンサーサイト


インタヴュー/取材 | 15:43:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad