■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

野坂操壽・沢井一恵デュオ・コンサート・レヴュー-華やかな音色の宴、原初の響きへの幻想  Live Review for Souju Nosaka and Kazue Sawai Duo Concert-A Gorgeous Party of Notes, An Imagination for the Birth of Raw Sounds
 小野寺唯主催の「Stydying of Sonic」における金子智太郎との共同レクチャー「The Way to Ambient Music」の準備等があり、ずいぶん間が空いてしまったが、遅ればせながら前々回掲載の「沢井一恵ライヴ@ロゴバ」で予告した野坂操壽と沢井のデュオ・コンサート「変絃自在 [箏]-ふたりのマエストロ」について、感銘を受けた演目を採りあげ、その印象を記すことでライヴ・レヴューしたい。


1.華やかな音色の宴

 沢井忠夫の作品はいつも大輪の花の艶やかさ、華やかさをたたえている。たとえば沢井一恵が平河町ミュージックス第1回でベーゼンドルファー「インペリアル」を十二分に鳴らしきるように演奏した「華になる」の、色とりどりの響きの花々の咲き誇る様を思い出す。プログラム・ノートによれば曲名に「花(の名前)」が登場することも多いというから、彼の作曲家としての本来的資質であると同時に、彼自身そのことをよく知っていて、狙いを定めていたのだろう。今回は彼の作曲作品が2曲演奏された。まずはそれに触れておきたい。

 3曲目の「百花譜-春、夏、秋、冬-」は、野坂の箏と沢井の十七絃によって奏される四季の情景。野坂による高音のアルペジオのサントゥールの舞にも似た優美な散乱ははらはらと散り落ちる春の花びらであり、それを沢井の豊かな低音が柔らかくしなやかにドライヴする(そこにはドロシー・アシュビー的なジャジーさすら感じられる)。あるいは低音の太い響きが夏の空高く昇り詰め、重くのしかかるまどろみのうちに濃密な時間がゆっくりと過ぎていく。絵になる情景が蒔絵のように散りばめられ、きらびやかな王朝美学のうちに奥深い秋の典雅さを匂い立たせれば、一転、輪郭を失った響きが吹き荒れ、渦巻く激しい流動と化した冬将軍が到来する。音色やフレーズのシンボリズムだけによるのではなく、響きの手触りや移ろい、あるいは濃度や速度、質感の千変万化を尽くして、お決まりの題目を新鮮に描ききった彼の筆力に圧倒された。
 対してフィナーレとなる6曲目「二つの群の為に」は二人と総勢17人に及ぶ若手男声箏奏者との共演。次々と箏が運び込まれ並べられるうちに、たちまち舞台は桐の木目が寄せては返し、白い箏柱の波頭を閃かせる一面の大海原となる。曲題通り、二人のソロとオーケストラ的な群の対比であり、グループを分割する線が様々に引かれ、各群に異なる運動状態(それは同時にパーカッシヴな打絃をはじめ、ピクチャレスクなよく映えるフレーズでもある)が配分される。そうした写像的操作によって構築されているにもかかわらず、噴き上がるような激しい華麗さと強靭にして優雅なドライヴを決して失わないあたりが、彼の真骨頂と言えるだろう。


2.きらめきの綴れ織り

 2曲目は野坂のソロによる「五段幻想」。暗闇にすっと落とされた一条のピンスポットが、白く輝く二十五絃箏を真上から照らし出す。野坂の両手のさざめきが織り成す細密な響きの綴れ織りは、そのまぶしさのないミクロな輝きにより、螺鈿細工の緻密さを浮かび上がらせ、ほのかにエキゾティシズムの香るフレージングが東と西を結ぶあたり、アラビアやペルシア、マジャールやアナトリアの幻想をさまよう。芳しい余韻が鼻腔をくすぐる。ぴんと張られた細い絃の、箏らしいたわみのない響きは、むしろヴァージナルやクラヴサンの清冽なきらめきを思わせた。


3.原初へと記憶を遡る響き

 コンサート冒頭、静まり返った漆黒の闇の中(非常口への誘導灯も消灯する旨、あらかじめ注意のアナウンスがあった)、何も見えない舞台から沢井のつぶやきが響いてくる。低いモノローグの中で、彼女は十七絃の響きを想像の力で原初へと遡らせる。この地球に初めて鳴り響いた絃は乾燥した草木の蔓だっただろうか、その音の主はきっと北京原人だったに違いない‥‥と。かつて彼女とジョエル・レアンドルの共演『organic-Mineral』(In Situ)において、箏とコントラバスが共に木の板に弦を張り渡しただけの祭具へと変貌するのを目撃し、ミッシェル・ドネダ、ベニャト・アシアリとの『Temps Couche』(Victo)には壮大なギリシャ悲劇にも似た古代劇を想起した私にとって、そうしたあてのない妄想を沢井自身から肯定してもらった気がして、大層うれしかった。
 時折、絃が弾かれて音がホールの天井高く放り上げられ、またゆっくりと落ちてくる。次第に響きは水平な広がりを見せ、暗く重い水を押しながら舞台からの距離をゆるゆると渡ってくる。
 ほのかに明かりが灯り、沢井のソロによる「六段」が始まる。昨年のCD『The Kazue Sawai』に収録された演奏と同じく十七絃によるものであり、平河町ミュージックス第1回の箏による演奏がそのストレス・フリーな伸びやかさによりふと交錯する金銀、緋、錦の鯉の群れを思わせたのに対し、深い水の中を歩むように感じられる。速度を落としたフレーズは重く深く空間を掘り刻みながら、しかし少しも粘ることなく絃を離れ、眼に見える揺らぎとなってゆっくりとこちらへと近づいてくる。ホール内の空気の密度が何倍にも高まった気がする。
 きりきりと張り渡された絃の中央部分と端部を弾き分け、音色のテンションをさりげなく操ることにより、絃の震えは、その都度異なる羽色の鳥を一羽一羽産み落とし巣立たせる。左手による絃の押し引きは倍音成分を連続的に変化させ、響きの裳裾をオンド・マルトノのようにひらめかせる。後半、音の間が詰んできて、ようやく交錯が姿を現す。「箏の音」ではなく、絃の生な震えを初めて聴いた気がした。それは確かに「2001年宇宙のた旅」で黒く巨大なモノリスの周囲に集った猿人たちが耳にした響きに似ているのかもしれない。


  
「変絃自在 [箏]-ふたりのマエストロ」
2012年12月6日(木) さくらホール(渋谷区文化総合センター大和田4F)
野坂操壽(箏、二十五絃箏)
沢井一恵(十七絃)
若手男性箏奏者17名(箏、十七絃)

  

   左:野坂   右:沢井       沢井による十七絃ソロ


スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 13:03:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad