■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

hofli -「Studying of Sonic」がもたらしてくれた素晴らしき出会い1  hofli - “Studying of Sonic” Brought Me Wonderful Encounters Volume 1
 先日、金子智太郎との共同レクチャー「The Way to Ambient Music」で参加させていただいたイヴェント「Studying of Sonic」のライヴで、初めて聴くhofli(津田貴司)の生み出す細やかな温もりをたたえた音に耳が惹きつけられた。ふゆのやわらかなひざしがつくりだすちっぽけなひだまりのうつろい。彼は今回の出演者中、私が唯一予備知識を全く持たない演奏者でもあった。その後の短い立ち話で、ライヴの冒頭に奏でた水を入れた巻貝は小杉武久の演奏に着想を得ていること、Michel Doneda『Gaycre』や『Montagne Noir』にとらえられた、演奏(マイクロフォンの「演奏」を含む)によって浮かび上がる自然環境の生成変化ぶりに関心を持っていることを知った。喜ばしい出会いのしるしに、店舗流通では西荻窪「雨と休日」だけに卸しているという、彼の自主制作CDを2枚購入して帰った。今回はそれについて書いてみたい。


 軽いボール紙製の薄い箱型パッケージ、CDの入った長方形の薄い紙袋、淡い水彩の挿し色や深い青に映える星座の図案、封入されたリーフレットの柔らかな色味と手触りが織り成す稲垣足穂(むしろhofliの音と響きあうよう「タルホ」と表記すべきか)的、あるいはジョセフ・コーネル的な「永遠の少年」のロマンティシズム。だがそこにコーネルの「箱」が醸し出さずにはおかないネクロフィリアの匂いはない。漂うのは薄荷や林檎の香り。寒さに肩をすくめながらざわめきに耳を澄ます姿が浮かんでくる。

 彼のつくりだす音は、いつもすべすべした丸みを帯びて、まぶしさのないうす曇りの視界に浮かび上がる。こぽこぽ。たぷたぷ。ミクロな揺らぎがシャボン玉のようにはじけていく。

 それらは新たに音風景を構成するというより、広がる風景の中の埋もれた一点景にほのかな光を当てる。彼は背景を塗りつぶしにかからない。耳の視界の片隅に何か小さな取るに足らないものを見出し、あるいはそっと付け加える。寒々とした風景に淡い色合いとわずかばかりの温もりが加わる。それらは何か見慣れた「もの」の形をしていたり、あるいは日常から切り取られたさりげない一場面だったりする。


                 ☆
晴れ渡った夜空にまたたく、明るい冬の星座の星々に耳を傾ける。
                ☆☆
風の強い夜、小さな木立の葉枝の鳴りにどこまでも続くうっそうとした森林を思い浮かべる。
                ☆☆☆
眠れない夜、冷蔵庫のコンプレッサーの低いうなりと水道管の立てるこぽこぽした水音の間の空いた会話に耳を浸す。
               ☆☆☆☆
ベッドサイドのスタンドを灯し、机の隅に置かれた小さな鉢植えや家族の写真をぼんやりと照らし出す。
               ☆☆☆☆☆
しんしんと雪の降った翌朝、軒先から滴る雪融け水のしずくに、ベッドの中でまどろみながら耳を澄ます。
              ☆☆☆☆☆☆


 昨年の前作『水の記憶』が、まるで林の中に「庭」をつくるように響きの点景を配置するのに対し、今年の『雑木林と流星群』(タルホ的!)では、ひとつひとつ置かれた簡素な音が、ゆっくりと辺りを照らし出していく。
 CD購入時にもらったリーフレットにインタヴューが掲載されていて、そこで彼は「みみをすます」というワークショップ開催の話題とともに、『雑木林と流星群』では環境音のフィールドレコーディングと対話しながら音を重ね、できあがった音源からから元の環境音を消去するという「引き算」の発想で音楽をつくっていったことを語っている。足の下でぱりぱりと砕ける落ち葉の感触が、その響きの広がりに耳を澄ますことが、自分の身体の滲みこんだ空間のパースペクティヴを与える。

 素晴らしい出会いをもたらしてくれた「Studying of Sonic」に、またはるばる新潟からおいでいただいたというhofliの友人であり、『雑木林と流星群』のライナーノーツを執筆し、また先のリーフレットでインタヴューワーを務めた藤井友行氏(のみの音楽舎)に感謝したい。


  
『水の記憶』
試聴:http://shop.ameto.biz/?pid=26718667


  
『雑木林と流星群』
試聴:http://shop.ameto.biz/?pid=52409168


hofli WEB SITE:http://hoflisound.exblog.jp/
hofli sound diary:http://d.hatena.ne.jp/hofli/

のみの音楽舎:http://fleaongak.blogspot.jp/

西荻窪「雨と休日」:http://shop.ameto.biz/


スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 15:01:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad