■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ポップ再構築への視点(補足)− Nurse with wound ノイズ・ミュージックのサンプルとしてではなく  A View Point for Reconstruction of Pop Music(Supplement) − Nurse with Wound;Not As a Sample of Noise Music
1 初期NWWの可能性 ノイズ・ミュージックのサンプルとしてではなく
 当時(あるいは今でも)、Nurse with Woundはノイズ・ミュージックの周縁としてとらえられているようだ。このことは『銀星倶楽部』ノイズ特集号に彼らが紹介されていることからも知られよう。
 現在まで続くノイズ・ミュージックの流れにおいて、そのコアと目される部分は「絶叫とハーシュ・ノイズの過剰な放出」というヘビメタ並みの陳腐極まりない様式音楽へと退落しているが、初期の彼らはまったく違っていた。彼らは様式性に走らず、またThrobbing Giristle(後のPsychic TV)やSPKのように社会学的/文化人類学的な儀式性にも傾くことなく、偏執的な音響構築に耽溺し続けた。その背後には、彼らがそれまで聴き込んできた異端/変態音楽の膨大な集積がある(その一部は「NWWリスト」として知られている)。この点で彼らの実践をリスナーシップの優越を超えた、そのほとんど病状的な肥大と位置づけることができるだろう。
また、彼らの音楽はハードディスク録音普及以前としては信じられないほど整地な音響編集の産物である。そこでは音自体だけではなく、残響や音像の加工、アナログな歪みやフィードバックによる曖昧化、腐食処理等が何重にも施され、不定形にただれ溶解した音響が浮き沈みする余白/沈黙部分を、ぞっとするほど暗く、また底が知れないほど深いものとしている。そこに彼らが標榜するシュルレアリスムの末裔としての姿(父祖の偉大さを遠く離れ、精神分析の闇に迷い込んでしまっているが)を見出すことも可能かもしれない。いずれにしてもそこではポスト・プロダクションの過程が腫瘍のように増殖し、音楽産出に関するすべてを呑み込んでしまっている(ほぼ同時期に活動を開始したThis Heatが即興演奏のプロセスを練り込み、ポスト・プロダクションからプリ・プロダクションに至るループを構築したのと比べてみること)
 初期の彼らの周辺にはCoilやCurrent 93がいたし、音響構築におけるサウンドの類縁性は初期Nocturnal EmissionsやLaughing Hands、Hafler Trio、P16.D4(及び前身のP.D.)、Strafe Fur Ribellion、後のHirsche Nicht Aufs Sofa、Mirror等にも見出せるかもしれない。だがその精密極まりない音響加工がどこまでもビザールでフェティッシュな精神の闇に捧げられ、バタイユ的な不定形性へと向かい続ける点で、初期の彼らは後の彼ら(あるいはStapleton)自身にも届かない孤高の存在のように思われてならない。


2 初期NWWの音響構築

 Steve Stapletonは録音の機会を手に入れ、彼と同様にジャーマン・ロックを愛好していた友人を誘ってスタジオ入りする。この時点では彼らはまだバンドの形態をしており(といっても通常のリズム・セクションを有していないが)、作品の内容について何の構想も持っていなかった。その結果、第1作に収められた音は、掻きむしられ、ささくれ引きつり、あるいはうねうねと尾をくねらせる金属質の神経症的ギターの重ね合わせを基本としており、それがやがてスペーシーに変貌していくあたりに、後の彼らの姿が認められる。タイトル『Chance Meeting on a Dissecting Table of a Sewing Machine and an Umbrella』は言わずと知れたロートレアモン『マルドロールの唄』からの引用だが、彼らとシュルレアリスムのつながりを示すというより、むしろジャケットにおいてStapletonによるSM的なグラフィック・イメージがすでに確立されていることとの落差においてとらえたい。

 1979年に第1作を500枚限定で自身が設立した自主レーベルUnited Dairiesからリリースした彼らは、2作目の制作に取りかかる。『To the Quiet Men from the Tiny Girl』と題されたこの作品では、前作でサウンドの基軸を成していたエレクトリック・ギターの交錯は、ひとつの場面あるいはエピソードを構成するに過ぎなくなり、金属を擦り合わせ打ち合わせる音が空間を開き、突如として数人の話し声が流れ出し、耳障りな高周波が響き、チープな電子音やテープ加工されたヴォイス(まるで嘔吐するような怪物化された呻き声)やフリーキーなサックスのブロウイングといったアナクロなサウンド・イメージが前景化してくる。
 特にJac Berrocalを迎えたB面「Ostranenie」(ロシア語で「異化」を意味する)では、テープ・ミュージック的手法が全面化される。Berrocalのくぐもったトランペットが低空をたなびく中、チベット密教的な金属打楽器等の音の層が水平に重ねられ、音像が移動し、ピッチが揺らぎ、サウンドが寸断され、多種多様なヴォイス素材が貼り合わされる。ギターの余韻が本体から切り離して配置され、キリキリしたねじ巻き音と共に張りつめたオルゴールの音色がクローズアップされ、それに加工された笑い声がかぶさるあたりは、これまでかろうじて前提となってきたスタジオ・セッション的なライヴ空間がすでに消失してしまっていることを明らかにしている。

 2作目と同時に1980年にリリースされることになる3作目『Merzbild Schwet』の片面全部を占める「Dada X」では、酩酊したテナーと引きずるようなビートに高速振動するギターや腺病質のオルガンが配合され、こうして出来上がったどろどろのアマルガムにさらに日本の歌謡曲(!?)の恨み節(台詞や笑い声を含む)が何重にも重ねられる。これに続く胆汁質のどす黒い電子音や、フリーなピアノ演奏とブザーのような音色の組合せ等、この後ますます明らかになる彼らの(というよりはStapletonの)ビザール趣味が見事に確立されている。
 一方、反対面を占める「Futurismo」では、サックスの遠吠え、ピアノの余韻、シンバルの高鳴り等がレイヤー状に操作/構築される。あえてここで初めて「レイヤー」の語を用いるのは、これらのサウンドが間を空けて配置され、その間の余白/沈黙と目される部分がうっすらとさざめくように蠕動し、表情を変えながらひたひたと満ちてくるからである。明らかにここでは、前回指摘した、音自体ではなく、それが響く空間の重ね合わせ、オブジェクト指向ではなくレイヤー指向の音響操作が行われている。そのことは挿入されるトーキング・ヴォイスの断片が偏執狂的に異なるエコー処理を施されていることからも看て取れる。彼らはどこまでも白く平坦な台紙の上にサウンドをコラージュしていくのではなく、基層自体を切り刻んで、その音が響き広がり滲む多種多様な質の空間をモザイク状に構築する視点をすでに手に入れているのだ。

 この後、Nurse with WoundはStapletonの単身プロジェクトであることを明確にし、4作目『Insect & Individual Silence』(1981年)、5作目『Homotopie to Marie』(1982年)とその歩みを進めていく。前者は連打されるエスニックなパーカッションやブラシによるドラム演奏に、様々な既成音楽やトーキング・ヴォイス、接触不良ノイズ等の断片が空間恐怖的にせわしなくコラージュされる電子音楽的展開。ソロ・プロジェクトとなり演奏の次元をあからさまに欠いたことで、フェティッシュの対象がサウンドそれ自体よりも切り刻み貼り合わせる手つき、すなわち彼にとっての演奏であるテープ編集のマニエリスムへと移行しているのが感じられる。一方、後者ではケチャや韓国巫楽らしき断片が聴かれ、それに瞑想的な金属打楽器や映画から採られたとおぼしきヴォイスの断片が重ねられる。音響操作は静謐を極め、切り刻み、あるいは歪め変形させるよりも、深淵を覗き込みながら化学的な変容や浸透の成果をじっと待ち続ける。たとえば虫の音を思わせるざらついた電子音に真夜中のブランコのような軋みが加えられ、虚ろなコーラスをゆっくりと溶かしていく場面。

 これ以降の作品でもうひとつ触れておかねばならないのが、ダブル・ジャケットの豪華な装釘で1985年にリリースされた『The Sylvie and Babs Hi-Fi Companion』である。モノクロの時代がかったジャケットを開くと、フランク・ザッパの作品で知られるカル・シェンケルを思わせる毒々しい極彩色のコラージュ・ワークが姿を現す。甘く儚いポップスの断片だけで構築された本作は、前述の4作目・5作目で民族音楽、中世音楽、電子音楽等による硬質な構築を試みたStapletonが、3作目の「Dada X」で見られたような卑俗な猥雑さを決して手放していないことを如実に物語っている。と同時に彼のコラージュ・ワークの基礎にあるのが、職人的なマニエリスムと束の間の快楽をむさぼる貪欲な耳の緊張関係であることがわかる。強靭な二つの力に引き裂かれて音は熱にうかされた悪夢の軌跡を描く。彼のビザールな美学とシュルレアリスムが関係を持つとしたら、むしろシュルレアリスム映画が追求したこの領域においてではないか。音の手触りや味覚が暗示するイマジナリーな線に沿って、空間が接合されサウンドを切断し、響きは変容を繰り返しながら、甘美な毒を滴るほどに分泌して止まない。

  
 『Chance Meeting on ‥』    『To the Quiet Men ‥』      『Merzbild Schwet』

  
『Insect & Individual Silence』   『Homotopie to Marie』    『The Sylvie and Babs ‥』
スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 21:43:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad