■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

余白の重ね合わせ - 「タダマス8」レヴュー(補足2)  Layer of Blanks - Review for “TADA-MASU 8” (supplement 2)
 前々回の「タダマス8」レヴューの補足の補足ということで、レイヤー指向に基づく「余白の重ね合わせ」等について少し述べておきたい。


1.余白の重ね合わせ

 通常のオブジェクト指向によるサウンド・コラージュでは、楽器音であれ、ヴォイスであれ、物音であれ、そこで対象としてとらえられている音が貼り合わされる。対称に付随している音や背景に潜んでいる音は無視されるか、あるいはできるだけ消去される。すなわち可能な限りそうした「対象の輪郭をはみ出した音」の存在しないシークェンスを採用するか、あるいはイコライザー処理等により余分な音を消去/希薄化する。これはグラフィックなコラージュにおいて、目的の図像を輪郭に沿って切り抜いたり、他の図像や背景を塗りつぶしたり(マックス・エルンスト「主の寝室」参照)することに等しい。コラージュの台紙は、別途、平坦で一様な白紙や背景の切抜きが用いられる。サウンド・コラージュでは沈黙か、あらかじめ用意したBGMや環境音等がこの役割を果たすことになる。

 レイヤー指向の重ね合わせにおいては、対象となる音の「図像」部分だけでなく、「余白」に含まれる付随音や背景音もまた注目される。「タダマス8」の席上でホストのひとりである多田雅範が「最近こんなものを聴いている」と言って、鉄道路線の実況録音CDをかけた。多くの録音は列車の車内/車外で聴かれる走行音や駅のアナウンス、沿線の音風景等であるようだが、ここで多田が選んだのは到着予定駅や次の駅への到着を告げる車内アナウンスを編集したトラックだった。アナウンスを担当しているのは同じ車掌なのだろうが、背景となる列車の走行音の違いにより幾分声音が変化して聴こえる。また、周囲の環境音や乗客の話し声がふと通り過ぎる。車内アナウンスだけに着目して抜粋編集していることが、かえって音背景の唐突な切り替わりや予想だにしない音の侵入/通過をもたらし、その結果、おそらくは制作者の意図とは別に、思いがけず秀逸なサウンド・コラージュ足りえていた。

 いま触れたのは意図しない「余白の重ね合わせ」の結果だが、そうしたレイヤー指向の空間構築を意図的に展開しているアーティストの代表がフランシスコ・ロペスである。彼は「何もない」空間にマイクロフォンを向ける。そばだてられた機械の耳が照らし出すがらんとした空っぽの部屋。壁に遮られてほとんど聴こえない外部の物音。建物の微かな軋み。平行な壁面の間に生じる定在波や滞留音。温度の不均衡がもたらす対流ノイズ。あるいは付近を走る地下鉄の連れてくる輪郭の不確かなもやもやとした超低域の揺らぎ。これら暗騒音=バックグラウンド・ノイズとひとくくりに呼ばれるざわめきは、いま見たように雑多な成分を含んだ本来的に複数的/多元的なものである。マイクロフォンの感度を限界まで高めれば、沈黙を満たすざわめきはざらついた金属質の輝きへと姿を変え、不穏さで耳を傷つけることだろう。
 こうした録音を再生すると、そこには何の対象も存在しないにもかかわらず、広がりや深さが触知され、パースペクティヴが浮かび上がり、空っぽな空間それ自体が姿を現す。月のない暗い夜道で彼方にぽつんと灯りが見えるように、「ああ、あそこには空間がある」という確かな手触りが感じられる。それは前方に小さく浮かぶこともあれば、身体を包み込むように立ち上がることもある。いずれにしても録音が再生されている現実の空間(聴き手の身体が存在している空間)とは別のパースベクティヴを有し(フレームは必然的に多重化される)、時には現実空間に存在する壁面を取り払ったように広大なイメージを結ぶことすらある。
 そこに作動する巨大な機械が眼前を圧して現れる。放たれる轟音は虚空へと吸い込まれ、周囲の空間は天窓から射し込む光に沿ってはるか上方に焦点を結ぶ。空間/パースペクティヴは多重化され、時に入れ子状となり、時に垂直に交わり、時に同じ軸線上に重ねあわされて強迫性を極限まで高める。

 ガスター・デル・ソルで活動し、ファウスト『リエン』のミックスを担当した頃のジム・オルークもまた、そうした空間編集マイスターのひとりだった。
 彼の場合には、形象はみな脆くて移ろいやすく、その輪郭はさらさらと崩れかたちを変えていく銀色の砂粒の集まりや、どろりとした粘性をたたえたゲル状の原形質がたまたま凍りついた束の間のものに過ぎない。一方、空間は、砂粒や原形質の絶え間ない流動として常に変形を繰り返し、揺らぎたゆたい続ける。それは自身パースペクティヴを持たない茫漠とした広がりであり、尽きることなく滾々と湧き出す混じりけのない持続である。彼が多くの作品で「水」をイメージしていたことは、このことと無関係ではあるまい。そこで耳は水没し、溶け広がり、響き/振動と一体となる。
 それゆえ音の眺めはずっと同じようでいて、ふと気がつくと変わっている。媒質のゆるやかなメタモルフォーゼに耳が溶け、流動にゆっくりと運ばれて、そこから切り離され目覚めた瞬間に風景が構成される。移り変わる夢の継ぎ目は曖昧でよくわからない。

  
マックス・エルンスト「主の寝室」 左掲作品の素材となった図像集

 
2.Nurse with Wound 関係参照先

 前回の補足として音源等の参照先を掲げておく。前回掲げた6作品のうち、第1作~第5作はbandcampで試聴・購入できる。

Chance Meeting on a Dissecting Table of a Sewing Machine and an Umbrella
http://nursewithwound1.bandcamp.com/album/chance-meeting-on-a-dissecting-table-of-a-sewing-machine-and-an-umbrella

To the Quiet Men from a Tiny Girl
http://nursewithwound1.bandcamp.com/album/to-the-quiet-men-from-a-tiny-girl

Merzbild Schwet
http://nursewithwound1.bandcamp.com/album/merzbild-schwet

Insect and Individual Silence
http://nursewithwound1.bandcamp.com/album/insect-and-individual-silence

Homotopie to Marie
http://nursewithwound1.bandcamp.com/album/homotopy-to-marie

The Sylvie and Babs Hi-Fi Companionについては以下を参照していただきたい。
http://www.youtube.com/watch?v=pbVr8ievW-0
http://www.youtube.com/watch?v=N2254QQS9Ho

Nurse with Wound Listについては以下を参照していただきたい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Nurse_with_Wound_list



写真:多田雅範
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Reviewより転載
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 21:05:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad