■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ディスク・レヴュー 2012年10月〜12月 vol.2  Disk Review Oct.−Dec. 2012 vol.2
 2012年第4四半期ディスク・レヴュー第2弾はフィールドレコーディング、サウンドスケープ系からの7枚をお届けしたい。



Yann Novak / Paradise & Winchester
Unfathormless U14
Yann Novak(fieldrecordings)
試聴:https://soundcloud.com/yann-novak/paradise-winchester-excerpt
 水平に広がる圧縮されたアンビエンスの中に、口笛に似た響きやヴォイスの断片がかろうじて聴き取れるが像を結ぶには至らない。そのうちに飛行機の排気音を思わせる低音のドローンが次第に浮かび上がり、中高音域の摩擦音との間にスクリーンを張り渡し、そこに交通騒音やサイレンの音、アナウンス等がピンホール・カメラの映像のようにぼんやりと映し出され、慌ただしく行き交い始める。ゆっくりと幾重にも波紋を広げる希薄なアンビエンスと、その向こうに蜃気楼のように浮き沈みする曖昧で断片的な光景。夢うつつの耳のための都市のサウンドトラック。確かな耳の視線の強度と抑制された構築が風景の内面化/心象風景化を遠ざけ、硬質な手触りを生んでいる。このレーベルの作品は本当にみな水準が高い。200枚限定。


Richard Garet / Silver
obs 033
Richard Garet(fieldrecordings)
試聴:http://abser1.narod2.ru/silver_mix.mp3
 音の輪郭が高速で微細に振動し、それが波紋を生じ、何千何万の小魚の群れが渦を巻くように空間を銀色の波動で埋め尽くす。鈍い金属音も、探索のためのソナーを思わせる正弦波も、交信状態の悪い無線のようなヴォイスも、皆それらの波動に呑み込まれ、次第に輪郭を曖昧にしながら視界から遠ざかっていく。いやむしろ、耳の視界は奥行き方向への深さを持たず、聴き手の身体を照らし出しながらゆるゆると膨張し、こちらに迫り出してくるようにすら感じられる。陰影を侵食し、輪郭を溶かし、すべてを包み込んでさらさらとした砂粒に変えてしまう、まぶしさのない柔らかく冷ややかな光。300枚限定。


Anthea Caddy, Thembi Soddell / Host
room40 rm448
Anthea Caddy(cello), Thembi Soddell(fieldrecordings,sampler)
試聴:https://soundcloud.com/experimedia/anthea-caddy-thembi-soddell
 冒頭、彼方で水の滴り落ちる奥深く光の射さない地下空間が提示され、そこにチェロの軋みが舞い降りる。弦は灼き切れんばかりに弓に苛まれ、楽器は身をよじって悲鳴を上げる。エレクトロニクス操作が惨劇をクローズアップし、すぐに別の空間へとキャメラを切り替えたかと思うと、暗闇にストロボが輝くように一瞬だけチェロを網膜に焼き付け、その反転した残像がしばらく視界に浮かぶに任せる。無音や街頭の喧噪をカットアップし、すぐまた元の暗い地下の澱んだ空気へと舞い戻る空間操作と、聴き手に襲いかからんばかりに眼前を圧し、あるいは視界の隅にひっそりと佇み、冷たい床を這うようにひたひたと満ちてくるチェロ演奏は、互いにオーヴァーラップしながら、音に対峙する聴き手の身体に、いや「聴くこと」自体に激しく揺さぶりをかける。そうした空間/音響の流動状態の突き詰めた凄まじさゆえに、本作を器楽的な即興演奏の枠ではなく、サウンドスケープ的な構築の枠で選定した次第。想像を遥かに上回るハードコア。


Rolf Julius / Raining
Western Vinyl Small Music no.3
Rolf Julius(sound installation)
試聴:https://soundcloud.com/experimedia/rolf-julius-raining-album
 せせらぎの水音、重々しくゆっくりと回転する水車の軋み、鳴き交わす小鳥たち、風が遠くから運んでくる牛の鳴き声、木立ちの幹や枝に反射する響き、風に揺らぎちらつく木漏れ日‥‥。覆い繁る下生えや木々の幹に巻き付く蔓植物の緑に遮られ、見通しの効かない深い森の情景は、実際にはカヴァーの写真が示すように、ほとんどすべて、自然環境のあちらこちらに配置されたスビーカーから流れる、あらかじめ構成された電子音のインスタレーションなのだ。互いに同期しないループのレイヤーを敷き重ねることにより、もつれながら生成してくる風景/空間。そこにはもやもやと濁り幻惑するような奥行きや音と音の隙間さえもが現出するよう組み立てられている。あるレイヤーが取り除かれる際の、耳の視界の一部が一瞬欠け落ちたような不思議な宙吊り感が、音響のプールに水没していた意識をふと引き戻す。


Robert McDougall / Unfinished Studies
Angklung Editions ANG01
Robert McDougall
試聴:http://robertmcdougall.bandcamp.com/album/unfinished-studies
 打ち鳴らされる金属のくぐもった響きが空間を渡っていく。小さな泉となって湧き出る電子音と左右で揺れる金属音が溶け合う中に、金属をこすり合わせる音が浮き沈みし、さらに砂利を踏むような摩擦音が加えられる。その感触は前掲作『Raining』にどことなく似ている(音素材の編み込み方の繊細さ)。フィールドレコーディングされた環境音、楽器音、電子音等のレイヤーの敷き重ねによる構築において、選ばれている音色の好みはやや甘口だが、周期のずれた反復の抑制の効いた使用が、作品に聴き心地のよさだけでなく、確かな強度をもたらしている。LPは300枚限定(DL版の販売あり)。


Francisco Meirino, Brent Gutzeit / Five Years Of Work For A Strange Result
Trust Lost 008
Francisco Meirino, Brent Gutzeit
試聴:http://www.franciscomeirino.com/fmbg
   http://www.art-into-life.com/product/2801
 Francisco MeirinoとBrent Gutzeitの2人が5年に及ぶサウンド・ファイルの交換を経てつくりあげた本作は、緻密なプロセッシングによる隙のない構築ぶりを見せている。砂利道を踏む足音と上空を通過する飛行機のジェット音が重ね合わされる冒頭から、統一的なパースペクティヴを欠いたまま切り刻まれたサウンドスケープが凄まじい速度で交代し、ざらついた電子音が視界を傷つけ、凄まじいハーシュ・ノイズが機銃掃射される。こうした過剰な放射が情動の垂れ流しに陥ること、冷徹にコントロールされ尽くしているところが本作の特筆すべき点と言えよう。それゆえ「押し」の場面だけでなく、「引き」の場面(たとえば9曲目の奥深くしめやかな空間)でもテンションが緩むことはない。Francisco Meirinoはソロ名義による『Undetected(untreated recordings from on-site testimonies archives』では金属板に雪が降り積もる音を録音して聴かせたりもしており、そうした凝視の強度が高速カットアップによる本作にも感じられる。


Patrick Farmer / Like Falling Out of Trees into Collectors' Albums
Consumer Waste cw04
Patrick Farmer(fieldrecordings)
試聴:http://www.youtube.com/watch?v=PB8kd_8Kg6I
 以前に2011年第4四半期のディスク。レヴューで「その素晴らしさを言葉にする術をうまく探り当てることができ」ないとして掲載を断念した本作を改めて採りあげることにしたい。今回の執筆に当たっては、前回レヴューした同じくConsumer WasteからのリリースであるSarah Hughes&Kostis Kilymis『The Good Life』の聴取体験が導きの糸となった。
 添えられた説明によれば、最初のトラックはプールに張った氷が溶けていく様をとらえている。だが耳にもたらされるのは手前で漏らされる低く乾いたつぶやきが、風の音と混じり合う様に過ぎない。そこに視覚的イメージが浮かぶことはなく、パースペクティヴも存在しない。突如として上空を飛行機が通過し、その音がサーチライトのように周囲の光景と聴いている私の身体を照らし出す。それまでの「包囲光」的なアンビエンスが浮かび上がらせていた、輪郭を持たず端からさらさらと崩れていく軽やかなざわめきとは異なる視界(放射された音がかたちづくる円錐形の空間以外の認知が相対的に弱まる)がそこに開ける。冷たい風に揺らぐ一面枯れ草で覆われた野原を思わせる響きの向こうに開ける別の世界。
 頭上に張り渡された送電線の唸りをフェンスの振動を介して収録した2曲目において、音響はよりシンプルな振動に収斂した見かけをしているが、覗き込むほどに、顕微鏡の倍率が上がるように新たな視界が開かれていく感覚を覚えずにはいられない。3曲目は竹の中に巣を作る蜂の生態をとらえたものだが、対象に顕微鏡的にフォーカスするのではなく、たっぷりと余白を取っていることが、沈黙のざらつきを聴かせる結果となっている。100枚限定。


スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 23:42:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad