■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「耳の枠はずし」第3回 明日開催します
福島恵一音盤レクチャー in Sound Cafe dzumi「耳の枠はずし」第3回「アンフォルム 空間の侵食」を、明日4月25日(日)15:00~18:00に開催します。どうぞご参加ください。まだ、お席に余裕はございますが、予約していただいた方が確実です。
予約方法ははこちらをご覧ください。http://www.dzumi.jp/info/02.html

さて、今回は「フリー・ミュージックのハードコア」の最終回ということで、前回、自然のざわめきへと深く身を沈めながら、繊細にして過酷な「息の柱」奏法へと至ったMichel Donedaのその後の道行きを追うことから始めます。その時、これまでは音に近接して音だけに集中していた聴取が、音との間の「距離」に向き合わされることとなるでしょう。距離/空間に苛まれ、ぼろぼろに穴だらけになっていく音。同じ音の姿をDerek Bailey&Min Tanakaにも見ることができます。Michel Donedaは果たしてそこにどのような可能性を見出したのか。その先に広がる不定形の聴取の世界とは‥。
これまで同様、音盤だけでなく、ヴィジュアル資料も駆使しながら、ジャンル横断、感覚混交のうちに、バタイユ~クラウス/ボワによるアンフォルム、視覚/聴覚/触覚の関係、沈黙/ドローン等のトピックを経巡ります。
予定音源;Michel Doneda,Derek Bailey, P.D. ,Ariel Kalma&Richard Tinti,Morton Feldman...
「ここでこれがかかるか!」というようなサプライズ音源や動画も用意したいと思います。乞うご期待!

なお、第4回「複数のことば① 清水俊彦を聴く」は5月9日(日)開催です。


これだけで何だかわかったらスゴイ。


スポンサーサイト


レクチャー内容 | 09:41:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad