■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

音ほぐし@四谷三丁目綜合藝術茶房喫茶茶記/20131123
 この週末は、このライヴに出かける予定。会場は四半期ごとの四谷音盤茶会=TADA-MASUに通う喫茶茶会記。意欲的なブッキングが目立つ点で、いまやライヴハウス以上の重要スポットとなっている。

 このライヴのことを知ったのは、近々ニュー・アルバムのリリースが予定されている津田貴司/hofliから届いたお知らせで、笹島裕樹とのデュオstilllifeで出演するとある。茶会記のライヴ・スペースは、決して高くはない天井、ステージ部分と段差なくつながり、照明に柔らかく照らし出される客席のあり方、落ち着いた内装や調度品により、あたかも友人の家のリヴィングに招かれて演奏を楽しむ風情がある(通常ライヴハウスにありがちなコンクリート打ち放し&配管剥き出しの仕様とは一線を画している)。部屋の音響特性も決して響きすぎず、話し声がごく自然に聞こえる。こうした居心地の良い、極めて「室内」的な空間に、「外」の音に耳を澄ますstilllifeの演奏がどう響くか、とても興味を惹かれるところだ。なお、立川セプチマのライヴで入手した、彼らが制作中のアルバムからの「先行シングル」については、近日中にディスク・レヴューを掲載したい。

 笹島がプログラムしたという他の出演者も関心をそそる。ハーディ・ガーディ奏者である赤石拓海については、凝った装釘の第1作をブログでレヴューしたし(※)、藤田陽介は何より「手製のパイプ・オルガン」という概念自体がとても刺激的だ。彼のブログに掲載されている写真も、寺山修司の映像を思わせる神話的な想像喚起力に満ちている。
 ※http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-223.html

   



 以下にFacebookのイヴェント案内から一部転載しておく。前回企画ではmori-shigeこと森重靖宗が、久方ぶりにソロでチェロとピアノを演奏したと言う。とまれ常に要注目のイヴェント・シリーズである。


日時:2013年11月23日(土)19時より
料金:2,000円(軽食・ドリンク代込)
会場:喫茶茶会記(四谷三丁目)

出演:
西松布咏

藤田陽介

赤石拓海

stilllife

軽食(フィンガーフード ベジタリアンOK):
杉田志保


出演者紹介:
西松布咏
邦楽家、西松流家元
6歳より長唄、三味線の手ほどきをうけ小唄・富本節・端唄・俗曲・新内・作詞作曲を修行1981年地唄の名人といわれた西松文一師に見出され地唄の修行を始める。
90年布咏の名で西松流を継承、地唄舞の地方として舞台で活躍する傍ら古典邦楽の普及に努め、各地で「江戸情緒の夕べ」を展開。海外においても精力的に活動しアメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国で好評を博している。
http://www17.ocn.ne.jp/~misa5/index3/profl_2.html

藤田陽介
音楽家
2009年、空想を具現化した完全自作のパイプオルガンを製作。自作楽器「11's Moon Organ」(和名/管鳴-くだなり-)である。ふいごからパイプまで全てを一人で作り上げたそのオルガンは、その構造や演奏方法の全てが特異であり、鍵盤すら持たない。この世に一台限り実在する空想楽器である。
http://fujita-yosuke.moo.jp/index.html

赤石拓海
ハーディガーディ奏者
弦楽器ハーディガーディの演奏。
2012年1stLP「music for hurdy gurdy」を制作
http://www.art-into-life.com/product/2250
2013年オムニバスLP「音のエスペランサ」に参加
http://hakanairorecords.web.fc2.com/
近日、2作目の作品がカセットテープにてリリース予定。

stilllife
非楽器・非即興・非アンサンブルという抑制の果てに立ち現れる、気配と静謐のフラグメント。フィールドレコーディングに基づく活動をしてきたサウンドアーティスト、津田貴司と笹島裕樹が2013年に立ち上げたユニット「スティルライフ」。彼らの描く土のフォークロアは、音が音楽になる瞬間・音楽が音に還ってゆく瞬間を往還し、おととみみのあいだ・聴くことと奏でることのあいだの水際をたゆたう。
https://www.facebook.com/photo.php?v=10200791630970411


音ほぐし(冷泉 淳/依藤貴大/笹島裕樹)



スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 21:59:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad