■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サウンドスケープを聴くための「安心毛布」を記述する試み − バーニー・クラウス『野生のオーケストラが聴こえる − サウンドスケープ生態学と音楽の起源−』書評  Approach for Describing "Security Blanket" to Listen to Soundscapes − Book Review for "THE GREAT ANIMAL ORCHESTRA Finding the Origins of Music in the World's Wild Places" by Bernie Krause
 実際に野外で現地録音に臨み、数多くのフィールドレコーディング作品を制作しているアーティスト自身による著作ということで、大きな期待を持って読み始めた。実際、導入部分に出てくるフィールドレコーディングに初めて挑んだ際の体験描写には頷かされた。ここには「今までも聞こえていたはずなのにずっと聴いていなかった音」を発見し、世界がそのような注意の網の目をすり抜けてしまう響きに溢れていることに衝撃を受ける様が描かれているだけでなく、外部の音を聴くという行為自体において自分自身の身体を消し去ることはできず、常に自らの身体によって新たな書き込みを施されてしまった、言わば「汚染された音」しか聴くことができないという事実が明らかにされている。

 双眼鏡のように、マイクとヘッドフォンが音を拾って非常に近い距離まで引き寄せる。初めて聞く活き活きとした細かい音の数々が耳に迫ってきた。(中略)携帯用の録音機材を通して聞いていると、一定の距離を保って録音しているだけのような気がしない。むしろ、初めての空間に取り込まれて自分もこの経験の一部になってしまったように感じていた。(中略)レコーダーのそばにしゃがみ込み、音を立てないように一人で小さくなっていると、何か音がするたびに驚いてしまう。ステレオ・ヘッドフォンをつけているために周囲のどんな小さな音の質感も実際より大きくなって届く。しかもどんな小さな音も聞き逃さないようにわたしはヘッドフォンの受信レベルを上げていた。(中略)周囲の音響的雰囲気が細部に至るまで際立ち、自分の耳だけでは決してとらえられなかったはずの音が浮かび上がってくる − わたしの息遣い、座り心地が悪くて少し足の位置をずらしたときに立ててしまった音、鼻をすする音、近くに鳥が降り立ったときの落ち葉の音、何かに気がついてさっと羽ばたいて飛び立つときに空気が動く音。【15〜16ページ】

 だが、彼は「レコーダーはレコーダーなしでどう聞くかということを学ぶための道具と言える」【17ページ】と、こうした驚きと怖れをすぐに解消し、外部環境に対して自らを透明化してしまう。
 そして彼はサウンドスケープを、非生物による自然の音である「ジオフォニー」、人間以外の野生生物が発する「バイオフォニー」、そして人間が出している「アンソロフォニー」の3つに区分するのだが、このうちジオフォニーを無視し、バイオフォニーを特権化して、アンソロフォニーをこれに対する「ノイズ」と位置づける。書名に掲げられている「野生のオーケストラ」とは、このバイオフォニーにほかならない。ちなみに原題は「Great Animal Orchestra」。環境中に存在する多様な音響のうち、彼が何を前景化し、何を背景に押しやり、あるいは無視しようとしているかがよくわかる。
 彼は動物たちが交わす鳴き声が周波数帯を棲み分けていることに、ことさらに驚いて見せる。

 どの鳴き声もそれぞれ担当する音響帯域幅にうまく収まって聞こえる − あまりにぴったり収まっているので、優雅に構成されたモーツァルトの『交響曲第41番ハ長調 ジュピター』を思い出したほどだ。ウディ・アレンはかつてこの曲について、神の存在を表明したと評していた。【91ページ】

 鳴き声が生存に必要なシグナルのやりとりである以上、共棲の中で各自が自分たちのための生態学的ニッチを見出していくことはおよそ必然と言えよう(※)。当然、音響についても。それは必ずしも周波数帯上の棲み分けだけにとどまらないだろうが(周期や疎密のパターンによる差異化も想定される)。それはある種の「闘争」の産物であるはずだが、彼はそれを見ようとしない。また、前提として存在しているはずのジオフォニー(そこには雨や風、波しぶきの音だけでなく、それらが響く空間の音響特性も含まれる)も考慮されない。あたかも野生動物たちが、最初から平穏な調和に至ったかのように彼は語り、「神の生き物はみんなコーラスの一部(All God's Critters Got a Place in the Choir)」なる曲題を意味有りげに引いてみせる。動物たちはみな、人間のように賢しらではない神の忠実な被造物として、声を揃えて賛美歌を歌っているのだ。
※ニッチ理論について
 ニッチ理論は最近あまり評判がよくないようだが、それはニッチをあまりにも実体化し、数量的な分布曲線に従わせようとまでしたり、種間競争だけにフォーカスして(それはすなわち地形や気候、土壌など無生物や微生物がつくりだす環境を無視して、「主体」だけをクローズアップすることにほかならない)、それだけですべてを説明しようとし過ぎるからではないか。ジェームズ・J・ギブソンによるアフォーダンス理論からも生態学的ニッチの概念は要請されるのであり、グレゴリー・ベイトソンもインタラクションが生じる機会を主体(動物)間に限定しているわけではない(*)。
*主体(となりうる動物)だけにフォーカスする思考のどうしようもない了見の狭さについては、次の記事も参照のこと。それは結局、「人間中心主義」を薄めて自然界に投影した結果生じる「動物中心主義」に過ぎない。
 「金子智太郎さんの学会発表を聞いて考えたこと」
  http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

 「1980年代以降、人間の音楽のルーツは自然界のサウンドスケープにあるという考えがふたたび注目を集めている。」と、彼はバヤカ族(バベンゼレ・ピグミー)の例を採りあげ、「人間の音楽の起源」について語り始める。【143〜146ページ】
 この指摘自体は事態のある一面をとらえている。誰でもピグミー族の音楽実践を聴けば、それが熱帯雨林の湿った空気と密な植生がもたらす反響の豊かさ、あるいは発音体の姿が樹々に隠れて見えないこと、身体を浸す水との触れ合いの多さ等の産物であることを疑わないだろう。だが彼がそこで「森の音」として持ち出すのは、バイオフォニーであり、動物の音響構造だけなのだ。バヤカ族に対する彼の眼差しは、図らずして敬虔な動物たちを有り難そうに見詰める彼の身振りと重なり合ってくる。

 「第7章 ノイズの霧」、「第8章 ノイズとバイオフォニー 水と油」では、罪深い人間たちがつくりだすノイズが、いかにバイオフォニーの均整のとれた調和を脅かし、汚染し、破壊しているかが描き出される。そこでヘヴィ・メタル音楽、あるいは広大な自然の中を疾走するスノー・モービルやオフ・ロード車がとりわけ悪者扱いされるのはよく見る構図だ。彼によればノイズの害悪は人間にも向けられており、ストレスや機能障害をもたらしているという。だが、彼がバイオフォニーの調和を讃える際に持ち出すバッハやモーツァルトは、彼の愛する動物たちにとって、果たしてノイズではないのだろうか。
 「ノイズが環境の一部になると、わたしたちはそれをシャットアウトしたり除去したりするために相当なエネルギーを費やす。ところが、慣れ親しんだパターンで構成されたサウンドスケープが聞こえてくると、(時に非常に前向きに)耳を傾けることになる。」【222ページ】として、彼は亡くなった父の思い出を語りだす。認知症を患い、寝たきりになった父の90歳の誕生日パーティで「持参した心地のいいダンスミュージック」かけると、歩くことなどできないはずの父親は何と椅子から立ち上がり、ダンスフロアの真ん中まで出て行って、誰の介助もなしに孫たちと元気いっぱい踊り始めたという。こうした話は私も何度となく聞いており、きっと事実なのだろうと思う。だが、「持参した心地のいいダンスミュージック」はバイオフォニーにとってノイズではないのか。さらに彼はバヤカ族にとっての森の奥深くにある居住区のサウンドスケープと、ダンスミュージックが父親に与えた効果を「同じ影響」と評価する。人間のノイズによって傷つけられてしまうはずのバイオフォニーが、いつの間にか人間によってつくりだされた「心地よい」ノイズと同列に扱われ、人間に対する「治癒効果」によって評価されるようになってしまっている。
 こうした「ご都合主義」が最も典型的に現れている部分として、彼が所有しているコテージを訪れたはいいが、「静か過ぎる」として翌朝早くには都会へと引き揚げてしまうカップルのエピソード【246〜247ページ】がある。彼は哀れみと嘲笑をもって、彼らや、あるいは夜明けの豊かな環境音のコーラスの中にいながら、それに耳を傾けようともせず、携帯電話に何かをまくしたて続けるジョギング中の女性について語っている。彼によれば静穏さとは無音とは異なる、「健全な生物が肉体的、精神的に活力を感じるために必要とする基本的状態」【241ページ】であり、その実例として人間に平穏さの感覚を与える一群の音(息遣いや足音、心音、鳥の歌、コオロギの鳴き声、寄せる波、小川のせせらぎなど)、耳に聞こえるか聞こえないかの中間領域を挙げている。

 そうした陳腐な主張よりもずっと興味深いのは、彼がグランドキャニオンの底で入り込んだと言う無音体験である。私にとっては本書のハイライトと言うべき箇所なので、長いがそのまま以下に引用する。

 「静脈を流れる血の音以外に何も聞こえないことに急に気がついた。音響領域の一方の端には微かに脈打つ鈍い音が表われ(ママ)、反対側には聞いたこともない物悲しい音が表われた(ママ)。おそらく耳鳴りの初期症状だったのだろう。その他には寝袋を置く場所を探してわたしが立てるカサカサという音。しはらくの間、耳がおかしくなったと思っていた。周辺のレベルを確認するために音圧計をチェックすると、モニターには表示できる最低レベルである10調整デシベルが表示されていた。完全な静寂である。すぐにわたしはその完璧なる静けさに混乱し、頭のなかに響く血流の音や耳の奥でがんがんと響きながら大きくなっていく音以外の音を求めて、一人でしゃべったり歌を歌ったり、峡谷の壁に向かって石を投げたりした。聴覚への刺激が何もないことでおかしくなってしまいそうだった。すぐに機材を片付け、川のせせらぎが聞こえるところまで引き返した。離れたところを流れる川の音がとても嬉しく、おかげで方向感覚を取り戻すことができた。」【240〜241ページ】

 暗闇の中で眼を閉じているのに光が感じられるように、入力のない神経が勝手に信号をつくりだしてしまうことはよく知られている。これはそのことが聴覚に対して生じたものだと考えられる。このケージ的かつ啓示的体験から、彼は尻尾を巻いて一目散に逃げ出してしまう。散々、人間のノイズがバイオフォニーを汚染していると警告を発し、自分は人間のノイズがまだ触れない無垢のバイオフォニーを幾つも録音したと自画自賛しながら、彼自身は不安に絶えきれず、沈黙を暴力的に破壊しようとする。彼は人間を嫌い、人間の手が触れない自然を、動物たちを愛する。だがその姿は「ハワイは日本人だらけだ」と吐き捨てる日本人観光客に似てはいないだろうか。彼は単に自分の身体をマイクロフォンとレコーダーの陰に隠し、自らの存在を消滅させたつもりになっているだけではないのか。「森の中で一本の木が倒れたときにその音を聞く人間が周囲に一人もいなければ、それは音を立てたことになるのだろうか」というジョージ・バークレーの問題提起を、彼は「人間中心の限定的なものの見方」と批判しているが【249ページ】、彼自身、そこから逃れ得ているかははなはだ疑わしい。

 自然のサウンドスケープは細かなところまで鮮やかな情報が満載で、確かに写真は何千もの言葉に匹敵するかもしれないが、自然のサウンドスケープは何千枚もの写真に匹敵する。写真が表現するのはその時々の二次元の断片で、有効な光と影とレンズの範囲内に限定されるが、サウンドスケープは正しく録音すれば、三次元で、空間的な広がりと奥行きという効果を持ち、重層的に進行していく物語とともに細部に至るまでの特徴をあきらかにすることができる。それは視覚媒体だけでは望めないことである。しっかりと耳を澄まし、視野を広げたうえで細かい部分に注意を払えば、どんなごまかしも見破ることができる。【78ページ】

 自信に満ちあふれた宣言だ。確かマリー=シェーファーも「眼は世界の端に位置しているが、耳は必ず世界の中央に位置している」と言っていたっけ。だが、私たちの聴覚は視覚に従属する傾向が強く、「機械による知覚」である録音との間に致命的なズレを生じてしまう。そのことについて、彼自身、次のように言及している。

 視力に特に問題のない者は目に見えているものばかりに意識がいって、目に見えているものの音しか聞いていないのだ。視線が沖合で砕ける白波をとらえているときは、たいていの場合、距離感や力強さを伝える波の轟き、凄まじい音以外は、脳と耳で遮断している。岸辺の傾斜が洗う波の先頭を見つめているときは足元の砂の上で弾ける細かい泡の音を聞いていて、遠くで砕ける波の音は耳に入ってない。
 しかしマイクには目も脳もない。取捨選択することなく、設定範囲内にあるすべての音を拾う。ということは、海岸の音を表現するのであれば、水際から80メートルほど手前のところ、背の高いテンキグザを植えたところと水際のちょうど真ん中ぐらいのところ、そして水際、といった具合に異なる距離からさまざまなサンプルを録音する必要があるということだ。【19〜20ページ】

 これまでは耳をフィルターのように使ってノイズを閉め出していたが、豊富な情報を取り込むための入り口として使うべきだったのだ。【16ページ】

 この述懐もまた、マイクロフォンが明らかにした「機械の知覚」を、自らの知覚の「進化/深化」と安易に同一視してしまっている。知覚とは身体的行動のために、身体が世界から膨大な部分を差し引き制限するものであることを、改めて思い出そう。
 人間の知覚/機械の知覚という対比は、機械の知覚が「わたし」にバイオフォニーの豊かさを気づかせてくれたというだけで、その後、抹消されてしまう。まるで魔法の「鍵」は「わたし」へと手渡され、今も「わたし」の手の内にあるとでも言うように。
 結局、私は音の外部性(音が私の外部にあること)に畏れを抱かない彼の傲慢さ/鈍感さに我慢がならないのだろうか。それは葉擦れや雨音、密集した樹々への反響等が渾然一体となった熱帯雨林のサウンドスケープに、動物の鳴き交わししか聴こうとしない態度へのいらだちであり、主体間のコミュニケーションによって織り成されるバイオフォニーを、ジオフォニーの「地」の上に、「図」として浮かび上がらせることへの反発にほかならない。そこにはニューエイジ的な自然同化/自然礼賛に、キリスト教的な、神>人間>動物>植物 というヒエラルキーが忍び込んでいる。
 もうひとつには、私がフィールドレコーディングの可能性を、Francisco Lopezのサウンド・マター論の方位に見出していることが挙げられるだろう。これについては、ぜひ、彼の来日時のワークショップの記録を含む、以下の一連の記事を参照していただきたい。
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-123.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-124.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

 本書をあまりにも能天気な自然礼賛ぶりゆえに鼻で笑ったり、人間に対してノイズが悪影響を与える証拠を拾い集める際の「トンデモ」疑似科学ぶりをあげつらっても、本質的な批判にはなり得ない。むしろ本書はフィールドレコーディングという行為を通じて、多焦点的に茫漠と広がる環境音に耳の視線を向け、生成する音風景に耳を凝らす際にともすれば落ち込んでしまいやすい陥穽、尻尾を巻いて逃げ込んでしまいやすい居心地良く手放せない安心毛布を、あらかじめ指し示してくれるものとして読まれるべきではないかと思う。

野生のオーケストラ
スポンサーサイト


書評/書籍情報 | 23:34:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad