■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

沈黙を洗う波の音 − 『チェレンコフ光 vol.1』ライヴ・レヴュー  I Can Hear the Sound of Waves Lapping on Silence − Live Review for "Cherenkov Radiation vol.1"
 stilllife(津田貴司+笹島裕樹)の企画・主催によるイヴェント・シリーズは、開演の遅れというアクシデントに見舞われながらも、演奏が進むにつれ、物思いに耽るような沈黙が次第にその色合いを濃くしていった点で成功と言えよう。今後は通常のライヴ・プログラムだけでなく、ワークショップやレクチャーも組み込む予定とのこと。期待したい。


 まずは、あおやままさしによるエレクトリック・ギターのソロ。聴衆の方を見ようともせず、黙々とチューニングを繰り返すステージ・マナーは前回(※)と変わりないが、スリー・フィンガーの生み出す響きは違っていた。前回のような光の欠片を打ち付け合うようなまぶしさはなく、ほどよく残響に包まれた柔らかな響きが流れ出す。手前で編み上げられる繊細な格子細工の向こうから、ゆっくりと立ちのぼり頭上を渡っていく雲の流れ。時折強迫的に差し挟まれるチューニングの時間を除いては、演奏は切れ目なく展開し、流れる景色がゆるやかに移り変わっていく。後半、調弦のせいなのか、昼下がりの柔らかな陽射しが少し翳り、色彩感を曇らせたのが気になった。
※以下のライヴ・レヴューを参照。
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-252.html


 続いてはTAMARUによるエレクトリック・ベース・ソロ。弾かれた弦の響きがゆらりと立ち上って部屋を満たし、別の弦の響きに揺すられて色合いを変える。岸辺にもやう小舟がゆらゆらと揺れるような演奏は、時にシタールのアーラーブを思わせる。ただし、ここにはあの香の匂い立つようなきらびやかさはなく、禁欲的なモノクロームのたゆたいが広がっているだけなのだが。そうTAMARUの演奏は不思議なほどドローン的でも瞑想的でもない。音の芯のソリッドな硬質さが最後まで揺るぎないからか。あるいは「さわり」の剛直さによるものか。
 後半は「物理シンセサイザー」の演奏。ホームセンターとかで売っていそうなスチール・ワイヤー製のトレイ(もし違ったらごめんなさい)を幾つも重ねたキューブ状のものを、小型発振器で振動させ、共振/共鳴とダンプや相互干渉のバランスを、トレイを動かしながらコントロールする。発想的にはHugh Daviesや広瀬淳二の自作楽器に近いが、彼らと異なりTAMARUの「楽器」にはコンタクト・マイクやピックアップが装着されておらず、「楽器」そのままの振動が空中に放たれる。また、彼はトレイの位置関係や重心を操作し、全体の振動の平衡/非平衡状態をコントロールするだけで、「楽器」を叩いたり擦ったりして直接音を出すことはない。音具によるプリペアドも行われないが、これは微妙な操作による微妙な変化を楽しむのであって、特徴的な付加音により色づけを施すのではないとのポリシーによるものだろう。それゆえ音量は小さく、思わず耳で覗き込みたくなる愛らしさがある。愛すべきサウンド・ガジェット。


 トリは津田貴司と笹島裕樹によるstilllife。以前から思っていたのだが、ユニット名の真ん中に3本並んだ小文字のLが蒸気船の煙突みたいに見える(左右対称っぽいし)。例によって照明を落とし、キャンドルだけを灯して演奏が始まる。次第に暗闇に眼が慣れていくように、耳もまた感度を高め、かそけき音のかけらを拾い上げ、あるいは耳の眼差しを演奏者の手元にまで差し向けて、素焼きの管の手触りを楽しむ。
 ふと波の音が微かに漂う。それは津田の操るオレンジ色のミニ・ラジオからこぼれ落ちる局間ノイズだった。こうしたインプロヴィゼーションにおいて、ラジオが不確定性や雑色性のあからさまな導入としてではなく用いられることは珍しい。津田が床に置かれたコンクリート柱を金属パイプでなぞれば、笹島は掌に収まる小型の金属打楽器を木の床に引きずる。互いに互いを照らし出す響きの粒立ち。
 外から降ってくる飛行機の通過音。もう虫の音は聴こえない。床の軋みに演奏が呼応する。金属のパイプを転がし、石を擦り合わせ、素焼きの管を手探る。遠くで子どもの声。自動車が低い音を立てて通り過ぎる。
 笛に吹き込まれる息はメロディを見ていない。するすると編み棒から滑り落ちる毛糸の軌跡がそれでも模様を編み上げ始める。全体をぼんやりととらえながら手元へと集中し、ある方向へと流れを誘導することを目指さず、いま触れている部分に限定する。彼らの掲げる「非楽器・非即興・非アンサンブルという抑制」とは、この眼差し/手触りの倫理のことにほかならない。
 この日は前回(*1)、前々回(*2)より少々長めの演奏だったせいか、複数の音が同時に並行して演奏されたり、前に手に取ったのと同じ音具に立ち戻ったりする様が見られた。
 笛に吹き込まれるというより、管をならすことなく、ただその表面を撫でながら滑っていく細い息のもつれ。ゆっくりと間を空けて弾かれたカンテレの弦の、冷ややかな震えを耳で慈しむ。夜が更けていくにつれ深まりを増す静寂。前の道を通る車の振動が窓ガラスを揺すり、手に捧げ持った試験管に息が吹き込まれる。再び沈黙を波の音が洗う。
*1 「濃密で錯乱的な一夜」
  http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-260.html
*2 「ああ、まだ虫が鳴いていますね 外は雨が降っているのに」
  http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-252.html


『チェレンコフ光 vol.1』
2013年12月8日(土) 立川gallery SEPTIMA
あおやままさし、TAMARU、stilllife

131208チェレンコフ光
笹島裕樹のFBから転載
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 22:06:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad