■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

震えを探る指先の軌跡  Traces of Fingers Exploring Vibrations
 やはり益子博之が主催する企画としてもうひとつ継続しているのが、橋爪亮督とのデュオ/トリオを組織して響きの触覚を探るライヴ・シリーズ「tactile sounds」であり、ここで益子はプロデューサーに徹している。
 「四谷音盤茶会」と同じ空間でライヴ演奏を聴くことは、友人宅のリヴィング・ルームに招かれたような親密な距離の中で生の響きと触れ合うことのできる、とても貴重で贅沢な時間の過ごし方だ。まるで音楽の方からドアをノックして、わざわざ自室を訪ねてくれたような。
 これまで心を惹かれ続けながら、第1回に出かけて以来、ずっとご無沙汰していた企画に今回久方ぶりに参加してみようと思い立ったのは、やはり森重靖宗の存在が大きい。チェロから空間を鋭く切り裂く響きを放ちながら、あるいはもうすでに聴き取りようもなく空気に溶けてしまったピアノの余韻にそれでも耳を傾けながら、森重の指先はチェロの弦の、胴の、ネックの震えを尋ねてさまよい続け、押し下げられたピアノの鍵盤を通じて、内部に張られた弦の振動をまさぐることを止めようとしない。
 そうした彼の指先が、橋爪の常にメロディと共にあり、そしてメロディとともに霧散してしまう響き(まるで冷え込む夜に吐く白い息のように)と、どのように触れ合い重なりあうのかを思い浮かべるだけで、肌に震えが走る。これは聴かねばなるまい。


 以下は益子による「tactile sounds」(※)ページからの転載。
※http://tactilesounds.blog.fc2.com


tactile sounds vol. 14
2014年 2月 22日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
森重靖宗 - cello
中村 真 - piano

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tel:03-3351-7904(15:00~23:00)
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 14としてください)


tactile sounds 14 茶会記案内図
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 00:30:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad