■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

冬の空気に耳を澄ます  Whisper of Winter Atmosphere
 振り返れば2013年はstilllifeの二人、津田貴司と笹島裕樹にナヴィゲートしてもらった1年だった。ちょうど一昨年のクリスマスの頃、小野寺唯主催のリスニング・イヴェントStudy of Sonicで、私は金子智太郎といっしょに前半のレクチャーを担当した。津田は後半のライヴに登場した(この時はhofli名義)。その時の様子はイヴェント・レヴューとしてブログに掲載したところである(*1)。そこから少々抜粋しよう。

 sawakoのPCからカラカラ、コトコトと小石を踏みしめて歩くような感触の音の細片が振りまかれ、一方hofliは少し水を入れた巻貝をゆったりと揺すりながら客席を巡り、ステージに到着してからもそれを続け、あるいはやはり水を入れたガラス壜を叩いた音を拡散させる。ミュート加減の丸みのある音が気泡のようにゆっくりとたちのぼる。後に続くアーティスト・トークでsawakoが語った通り、森を散策するようなゆるやかな眺めの変化が魅力的。会場内に8基がランダムに配置された無指向性スピーカーKAMOMEの「散在する点音源」としての特性を最も効果的に活かしていたのは、このペアかもしれない。各スピーカーは覗き込めば響きが湧き出す泉と化していた。聴衆が最も頻繁かつ流動的に会場内を歩き回っていたのも、このペアの時だった。もちろん一番手だったし、しかも演奏者であるhofliが率先して歩き回った性もあるだろうが、通常はコンサートで主催者がいくら「どうぞご自由に歩き回ってください」と呼びかけても、ほとんど動かないのが日本の観客である。それをこれだけ動かしたのは、やはり二人の演奏の魅力ゆえではないか。

 ライヴに感銘を覚えた私は、会場で愛らしいパッケージに包まれたhofliのCD2点を購入して帰る。それをすぐに自宅で聴いて、その耳の確かさに舌を巻いた私は、すぐさまディスク・レヴューを執筆している(*2)。これも少し抜粋してみよう。

彼のつくりだす音は、いつもすべすべした丸みを帯びて、まぶしさのないうす曇りの視界に浮かび上がる。こぽこぽ。たぷたぷ。ミクロな揺らぎがシャボン玉のようにはじけていく。

 それらは新たに音風景を構成するというより、広がる風景の中の埋もれた一点景にほのかな光を当てる。彼は背景を塗りつぶしにかからない。耳の視界の片隅に何か小さな取るに足らないものを見出し、あるいはそっと付け加える。寒々とした風景に淡い色合いとわずかばかりの温もりが加わる。それらは何か見慣れた「もの」の形をしていたり、あるいは日常から切り取られたさりげない一場面だったりする。

                 ☆
晴れ渡った夜空にまたたく、明るい冬の星座の星々に耳を傾ける。
                ☆☆
風の強い夜、小さな木立の葉枝の鳴りにどこまでも続くうっそうとした森林を思い浮かべる。
                ☆☆☆
眠れない夜、冷蔵庫のコンプレッサーの低いうなりと水道管の立てるこぽこぽした水音の間の空いた会話に耳を浸す。
               ☆☆☆☆
ベッドサイドのスタンドを灯し、机の隅に置かれた小さな鉢植えや家族の写真をぼんやりと照らし出す。
               ☆☆☆☆☆
しんしんと雪の降った翌朝、軒先から滴る雪融け水のしずくに、ベッドの中でまどろみながら耳を澄ます。
              ☆☆☆☆☆☆

 昨年の前作『水の記憶』が、まるで林の中に「庭」をつくるように響きの点景を配置するのに対し、今年の『雑木林と流星群』(タルホ的!)では、ひとつひとつ置かれた簡素な音が、ゆっくりと辺りを照らし出していく。


*1 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-206.html
*2 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

 音が景色や物語を呼び覚ますことは多いが、音に耳を傾けている場面、聴き手を含めた物語を浮かび上がらせることは滅多に無い。これは貴重な出会いだと感じた。
 その後しばらくして、彼から新作CDについて文章を書いてほしいと依頼を受けた。「まずは音を聴いてから」といつも通りの流儀で回答を保留して(失礼な話ではあるが)、早速、デモ音源を送ってもらった。聴いてみると、それはまた『雑木林と流星群』とはまったく異なる達成だったが、耳の眼差しの強さ、そしてそれゆえの響きに対する優しく繊細名手つきは一貫していた。これも音を聴きすぐさま執筆した紹介文を載せておこう。

hofliの前作『雑木林と流星群』が眼を閉じて外に耳を澄まし、そこに結ぶ景色を浮かび上がらせたのに対し、今回の『LOST AND FOUND』は眼を開き外を見つめながら、内へと耳を凝らし、血流の脈動や神経の高鳴り、思考や感情の移り変わりを音のつぶやきとしてとらえている。だからそこに風景が結ぶことはない。寄り添うべき枠組みはなく、代わりに五感を触発する響きが戯れ、聴き手は一人ひとり景色のない物語を編み上げることになる。指先に触れてくる電子音、鼻腔をつんとくすぐるギター、がらんとした空間に滲む暗さ、枯れ葉を踏む足音の向こう鳥が囀り、ゆっくりと日が暮れていく。ぜひ窓を開けて、外から入り込んでくる音とともに聴いてほしい。

 開けられた窓から入り込む音と混じり合い、聴き手のたてる物音や聴き手の身体の内部の響きとひとつになることによって、『LOST AND FOUND』から『雑木林と流星群』へと新たな回路が開かれ、聴き手の耳に別のスイッチが入ることだろう。

 私は彼にライヴの予定があれば連絡してほしいとお願いした。すると驚いたことに、届いたのは笹島裕樹とのユニットstilllifeによるライヴの知らせだった。というのは、以前から密かにフィールドレコーディング・アーティストHiroki Sasajimaに注目していたからにほかならない。Takahisa Hiraoとの『Hidden Bird's Nest』(3 Leaves)やJames MacDougallとの『Injya』(Unfathomless)はすでに聴いていたし、彼の単独名義による『Bells』には特に引き込まれて2012年にディスク・レヴューを書いている(*3)。これも引用しておこう。

 フィールドレコーディングした自然/環境音をあまり加工しないフォノグラフィー(=音による〈写真〉)的な作家ととらえていた笹島裕樹には珍しく(?)、分厚いドローンが前面に展開されており、物音はその向こうで暗闇を透かし見るようにかそけき響きを立てるばかりで、ほとんど現実の音とは思われない。まだ幼い頃、海で遊んでいて気付かぬうちに浜辺から遠く離れてしまい、懸命にもがく足先に深みに淀む冷たい水が触れた瞬間の、重苦しくまとわりつき、粘っこく引きずり込むような、底知れぬ〈虚無〉の感覚がここには宿っている。美麗にきらめくドローン・アンビエントが多数を占める中で、この胸にのしかかる重さ(「金縛り」時の息苦しさを思わせる)はほとんど異様と言ってよい。これまで数作聴いてきた彼の作品で最も素晴らしい。やはり40分以上に及ぶ1トラックのみ。ちなみにベルらしき音は聞こえない。
*3 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-148.html

 そのように注目していた二人のアーティストが、広い意味では「フィールドレコーディング系」とくくれもしようが、しかし資質的には全く異なるととらえていた二人が組んで、しかも非楽器・非即興・非アンサンブルという抑制の下、気配と静謐を奏でるという。これは器楽的インプロヴィゼーション、エレクトロ・アコースティックなインプロヴィゼーション、物音や背景音はじめ音風景/空間をとらえたフィールドレコーディングのトライアングルを設定し、その三者が滲み浸透しあうアンフォルムかつオールオーヴァーな様相を聴き取ることに可能性を見出そうとしていた私にとって、まるで良く出来た冗談みたいに事の核心を突いていた。

 そこから二人を追いかけているのは最近のブログの通りである。これに益子博之と多田雅範が見つめている景色を重ね合わせると、さらにいろいろな可能性のあり方が鮮やかに浮かび上がってくることだろう。

 stilllifeの二人に制作中というCDのことを尋ねると、「夜中、山でフィールドレコーディングしていたら、鹿が出てきた」なんていう話をしてくれる。彼らの本質は、それこそ山間の谷川のほとりか何かで、夜中から夜明けまで5時間ぶっ通しで演奏してもらうぐらいのことをしないと明らかにならないのではないかと、かなり本気で思っている。なので、今度、益子の里山に広がる自然の中での演奏にはとても期待している。立川で戸外の虫の音や床の軋みに耳を澄ましたり、こちらは都会の片隅「喫茶茶会記」でキャンドルの炎の揺らめきがかざされたガラス瓶の水の動きに溶け広がるのを眺めるのも楽しかったが。

 というわけでライヴのフライヤーを転載しておく。なお、ライヴに先立つ第1部ではワークショップ「みみをすます」が開催される。
益子5
益子1
 詳細はhttp://www.malplan.com/satoyama/で確認していただきたい。

ライヴ会場は建築家である主催者の自宅とのこと。次のURLに写真があります。う〜ん。すてきですね。http://100life.jp/feature/5528/
 ちなみに私も参加予定。すでに当日の宿も予約済み。公共の宿泊施設のようなのだが、曲線が美しい。内藤廣の設計とのこと。
益子2

ちなみにこれらの施設の設計が内藤廣。
益子3 益子4
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 00:48:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad