■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

木村充揮(憂歌団)と「逆襲のシャア」 − 第12回四谷音盤茶会リポート  Atsuki Kimura(from "Yukadan") vs "Char's Counterattack"
 何か事情があったようで、今回の「タダマス」は巨大なALTECのスピーカーが鎮座ましますいつもの部屋を離れ、2階のサロン・スペースへ。粗く塗られた白い壁と天井(ブラインドやカーテンも白で統一)にグレーのタイル・カーペット敷きの、モダンに洗練されたショー・ルーム風の空間では、いつもはカフェ・スペースの暗がりに身を潜めているグルンディッヒ+シーメンスという独逸産ヴィンテージ・ユニットを収めたエンクロージャーが、本来の美しいプロポーションと木目も露わに出迎えてくれていた。マッキントッシュの青い瞳も麗しい。開演前のBGMとしてかけられたAya Nishina『Flora』(Tzadik)は、前回聴いた時に感じた微粒子が震えるようなアンビエントな希薄さよりも、それぞれのヴォイスの織り上げるレイヤーが重なり合いながら、一切の摩擦を感じさせることなく、するすると滑っていくなめらかさで皮膚感覚に触れてくるように思われた。
タダマス12-1
撮影 原田正夫


タダマス12-2 先に結論を言ってしまえば、今回はこれまで12回を数える「タダマス」の歴史(歴史だって! でも、うち11回は参加しているのだから、ちょっとくらい語ったっていいよね)でも出色の回となった。
 これにはゲスト外山明の貢献が大きい。ずいぶん前に姿を見かけた時に、空き時間にもドラム練習用のパッドをスティックで叩き続けていた印象が強烈で、「リズム職人」とばかり思い込んでいたのだが(告知記事の時も、そうしたイメージに基づいて紹介している)、実はそうではなく、リズムをひとつの回路として、演奏から録音再生まで、音の感触からアンサンブルの組織論まで、言葉に言葉をつなぐのではなく、感覚の糸をたどるようにして、はるかな深みまで降りていける人だった。
 まあ、すぐれたミュージシャンはみな、そうして深みへと至る術を持っているわけだが、それを積極的に言葉にしようとする者は少ない。それがふだんからの姿かどうかはわからないが(たぶん違うだろう。私は彼の言葉に「この場では語らなければならない」という強い使命感を感じた)、この日の彼は縦横無尽によく語った。
 そのハスキーで力強い、ちょっとやんちゃさを感じさせる声は、かぶっていたハンチングと相俟って、「憂歌団」の木村充揮のかつての姿を私に思い出させた。そういえば横顔も少し似ている気がする。外山と「内外」でデュオしている内橋和久に昔インタヴューした時、「好きなギター奏者は?」という質問に、木村充揮の名前を挙げられて、思わず「内田勘太郎ではなくて?」と訊き返したことがある。内橋は「いや木村さんがいいんです。ごきっごきっとまるでしゃべるように弾く。すごい」と話してくれたっけ。
 そうした外山と我らが「タダマス」の二人が見事なシンクロぶりを見せ、すかさず応じるとともに、彼の話を見事に引き出していたことも見逃せない。1階のカフェ・スペースに場所を移したアフターアワーズのトーク・セッションも大いに盛り上がったようだ(私は本編が終了次第、早々に失礼してしまったのだけど)。
撮影 原田正夫

 というわけで今回のリポートはいつものような自分の視点からの理論的な再構成ではなく、印象に残った場面の抜粋(それすら、とてもこなしきれないのだが)へのコメントとした。この回の、そしてこの会の素晴らしさを伝えるには、少なくとも今回に限ってはその方がずっと適切だと感じたから。なお、当日のプレイリストは次のURLを参照。
http://gekkasha.jugem.jp/?eid=954209



タダマス12-4 しんと静まり返った石庭を思わせる響きの点在。冷ややかにきらめき、揺らめきながら滑り落ちていく無調なピアノのつぶやき。モノクロームに沈んだヴァイブの閃きがぼうっと暗い染みに重なって空間に広がる中から、次第に管の振動が姿を現す。たとえアルトのブロウに至っても演奏は決して熱を帯びることなく、ただ影だけが通り過ぎる。「響きのブレンド感」を真っ先に挙げた多田と「鳴っている音自体よりも、音の気配や景色が浮かぶのが楽しい」と語る外山の耳は、同じ光景をとらえている。「ヴァイブの倍音をぶつけてモジュレーションを起こさせているが、ここでモジュレーションとはヴィジュアルで言えば『モワレ』のことではないか」と指摘する益子は、同じ光景を、それを織り成すレイヤーの重なりを透かして見詰めている。いきなり1曲目のTim Berne's Snakeoil「Son of not so Sure」(『Shadow Man』から)から3人のフェーズが揃い、すでに細やかな感覚の受け渡しが始まっている。「都会の公園的」との指摘は、アフリカはじめ現地でエスニック・ミュージックに触れてきた外山らしい。「リズムだけとか、役割を分担してしまうとイメージが浮かばない」との同じく外山による発言は、それの裏返しで彼らが「役割分担」による各々の役割に引きこもらず、そこから外へと踏み出して繁茂し、野生には至らない「都会の公園」であるとはいえ、自由に絡み合っていることを評価しているものととらえられよう。景色とはまさにイメージにほかならないのだから。


タダマス12-5 その反対に、「『これをやってます』感がして、湯に浸かっていて少しのぼせた、もういいなと感じた」と評されたのが橋爪亮督グループ「十五夜」(『Visible / Invisible』から)。その原因の一端は、以前に多田が明らかにしていたところの「役割分担としてのコンポジション」(「お前は虫、お前はススキ、お前は‥‥」)によるのかもしれない。だがむしろ、私はこの演奏に関して多田が表明していた「急いでいる感」に注目したい。以前に多田から聴かされた初期のライヴ・バージョン(多田が激賞していたもの)では、演奏者たちの姿は深い闇に沈み、演奏は盲いたまま腕を伸ばして空間を探索するように、まさに「手探り」で繰り広げられていた。それゆえ闇は匂うほどに濃密さを増し、行く手を阻まれた時はその流れを緩め、空間はねっとりとたゆたうこととなる。だからこそ黒い雲の向こうから顔をのぞかせるサックスのメロディが、あれほどまでに目映く浮かび上がるのだ。そうした迂回と逡巡に満ちた混沌たる闇が姿を消し、互いの姿がくっきりと浮かぶ透明な空間で演奏される「十五夜」は思わず先を急いでしまい、「虫になること」を求めて暗中模索した道程は「虫を演じるメソッド」に置き換わって、互いの役割分担の境界をまざまざと示してしまったのではないか。私には音が点景的で空間への滲みが少ないように感じられた(これはおそらく録音の問題ではない)。それにしても外山と多田のシンクロ率の高さには驚かされる。なお、ここでは「十五夜」の演奏としてはかつてこれを上回る奇跡的名演(の非公式録音)が存在した‥と言っているだけで、『Visible / Invisible』に収められた各演奏の素晴らしさは、改めて保証したい。


タダマス12-6 益子と外山のシンクロも負けてはいない。Mary Halvorson Trio「Of Colorful White Finds」(『Ghost Loop』から)に関しての外山のコメント「いっしょにやったら面白いかな」は、たぶんこの日一番の賛辞ではないか。その後、益子の「おいおい、そっちへ行くか‥‥という『はぐらかし』がある」との発言に、外山が「『はぐらかし』とは聴こえない。嘘とか作為ではない」と応じて、一見、二人の意見が食い違っているように思われるかもしれないが、その後の外山の「欲望による音楽の生成のプロセスがあり、出来上がった形はそのある時点での断面に過ぎない」とか、「教えたり、まねしたりできるのは、その出来上がった形の方」、あるいは「天然と養殖の違い」といった発言を聞けば、彼の指摘が、気持ちよさ、ずれていく(いってしまう)、触覚や皮膚感覚、同期/不同期といったキーワードを巡って展開されてきた益子の耳の軌跡とぴたりと重なり合うことがわかるだろう。益子の言う「はぐらかし」とは演奏者側の意図や戦略ではなく、聴き手の側の身体的反応を指しているにほかなるまい。私も彼女のこれまでの作品にもまして「踏み外し」感を強く感じた。音数が絞り込まれ、メロディがポップになっている分、「断層」での「踏み外し」が身体を強烈に揺さぶるのだ。足が空を蹴り、瞬間、身体が宙に浮く。


タダマス12-7 タダマス12-8
 このポップさも興味深い論点だ。これまでにも益子は「タダマス」の中で、NYダウンタウン・シーンの「ポップ化」を指摘していたが、私の耳にはそれほどポップには聴こえず、あくまでも「ジャズ」という枠の中の話のように思われた。だが、この日は違った。続いてかけられたBen Allisonや最後を飾ったRJ Millerは言わば「ジャズ」の一線を鮮やかに踏み越えて、晴れ晴れと吹っ切れたポップさをたたえていた。しかも前者であれば、あり得ない方向に陰影が付いて立体がねじれていくような感触、後者であればトイ・ピアノやオモチャの鉄琴へと解体され、改めてブリコラージュされるサウンドの只中を、あり得ない不思議な光のもやが心霊現象のように移ろう‥‥といった、これまで「タダマス」が指摘してきた「あの感触」を保ったままで。


タダマス12-9 タダマス12-10
 この日の参加者には、Kris Davis「Ten Exorcists」(『Massive Threads』から)が高評価だったようだが、彼女のピアノをリトル・パーカッションの集合体へと異化するプリペアドよりも、私としてはJakob Bro「Tree House」(『December Song』から)における響きの掛け合わせの妙を採りたい。Jakob Broは「Tabornのピアノを前提に曲を作った」と語っているとのことだが、これまでのTabornの演奏で聞かれた、グリッドが精密に積み上げられていく感じ(これは最後に今年のベスト10入選作品として紹介された彼のピアノ・トリオ作『Chants』にもしっかりと聴きとれた)がとらえられないのだ。Jakob BroとBill Frisellのギターが中空で溶け合ってつくりだす柔らかな広がり、不確実に漂う輪郭の移ろいの陰で、揺らぎ、もやつき、崩れていき、決して積み重ならないピアノの響き。最初からラインを描いて横にずれていくピアノではなく、垂直に積み重なるTabornを選びながら、あえて積み重ならないように崩していくことにより、崩壊感覚をさらに強めようとしたのだろうか。実際、二人のギターがつくりだす、ほわほわのエンジェル・ヘアーのかたまりに、ピアノの響きが淡いかげを施していく様には、本当に聴き惚れてしまった。暮れなずむ西の空に、それでもすでに太陽自体は沈んでしまい、あたりにはもう闇が迫りながら、空に広がる白く柔らかな雲には、まだ夕日の色合いが絵筆の跡のように残っている‥‥とでも言うような。本来なら軋み音をたてずにはいない古い木の階段を、音を立てずに一歩一歩確実に踏みしめながら昇っていくThomas Morganのベースも実に素晴らしい。彼にしか成し得ない演奏と言えよう。だからLee Konitzのアルトがしっかりとした足取りで揺らぐことのないメロディを運んできてしまうと、夢うつつから揺り起こされたような気分になってしまうのだが。


 「『これがジャズだ』と思って聴いてきた音楽の集積が、その人にとっての『ジャズ』だ」という加藤総夫による定義はオールマイティで便利だが、何によって「ジャズ」であるかないかを判断するかでちがってくる。通常は特徴あるフレーズやリズム、コード感等の集積としてだろう。ヴォキャブラリーやイディオムとしてのジャズ。けれど益子や多田、外山は、彼らがジャズについて語っていると仮定しての話だが、それを演奏者間の関係性のあり方において見ている。外山による「おでんのだし汁に具材の味が溶け出して混じり、それがまた別の具材にしみ込む。だからうまいんで、仕切りをしていたら混ざらない」という話は、まさにこのことを指している。もちろん、それは音楽のイロハの「イ」だということもできる。その一方で、クリック・ガイドだけを頼りにバラバラに演奏した音響を、プロ・トゥールスで重ね合わせ、化学調味料を振りかけただけの音楽も山のようにある。
 演奏者が互いに感応しあい、触発しあう様子を、しかもミュージシャンの身体の意識の動きを超えて、響きにフォーカスして聴き取ること。時間だけでなく空間に注目し、楽器音以上に響きへと耳をそばだて、いや全身の皮膚をすら「ぞぞけ立」たせて。それを彼らは実践し続けている。そこにこそフリー・インプロヴィゼーション、エレクトロ・アコースティック・ミュージック、トラッドやエスニック・ミュージック、ヴォイスの様々な変容、ドローン、フィールドレコーディング等が重なり合う「綴じ目/結び目」への回路が開けているのではないか。私はそう感じながら、「タダマス」に通い続けている。彼らと同じ光景を別の方向から見詰めている気がして。ジャズ・センター? 冗談じゃない。「ジャズ」というジャンル自体にはほとんど何の価値も置いていない私を惹き付け続けているのはそんなものではない。20年前? 何を細かいことを言っているんだ。Derek Baileyの言う通り、人類最初の音楽演奏はフリー・インプロヴィゼーションでしかあり得なかった。400万年は前のことになるだろうか。そして録音技術こそまだないものの、あたかもいま我々がフィールドレコーディングを聴くように、原哺乳類が空間の響きに耳を澄ましたのは2億年以上も前のことだったはずだ。

※この日の参加者はみなそれぞれに感銘を受けたようで、すでにFacebook等にもリポートが載っています。どうぞご覧になってみてください。ホストのひとり、多田雅範による次の覚え書きもぜひお読みください。
http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20140126
http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20140127
http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20140128


タダマス12-3
「逆襲のシャア」ならぬ
「逆光のタダ」  
撮影 原田正夫
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:00:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad