■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

益子音紀行 その2 − 益子里山の家コンサート 内田輝 & stilllife  Sound Travel Writing of Mashiko vol.2 − Akira Uchida & stilllife Concert at Satoyama Woodland House in Mashiko
 ワークショップを終えてコンサート会場に向かう。日が暮れて、空気が急速に冷えていく。広い敷地に立つかわいい「小屋」のような自宅の隣にコンサート会場が建っている。冷えた身体にたき火がありがたい。熱や煙とともにぱちぱちと爆ぜる音が身体にしみ込んでくる。
 会場に入ると柔らかな材質の木の床と壁が、音をやさしく散乱させる。夏に裸足で歩いたら気持ち良さそうだ。すでにクラヴィコードとstilllifeの音具がセッティングされている。さほど広くはないが、天井が張られていない分、エアーのヴォリュームはそれなりにある。防寒対策のためにしっかり入れられた断熱材のせいなのか、外の物音はあまりしない。それでもたき火の方から話し声や子どもの歓声が聴こえてくる。それとストーブから聴こえるぱちぱち音。耳を澄ましていた緊張とはまったく別の空気にしばしまどろむ。
益子21 益子22


 外が暗くなり、たき火を囲んで歓談していた参加者たちが会場に入り始める。ワークショップ参加者以外にも大勢。たぶん益子在住の方たちなのだろう。みんな着込んでいるので、きっと音を吸い込むだろうな。
 明かりが消えると、いつの間にかキャンドルが灯されている。まだ演奏者たちは誰も会場内にいない。シャーンと鈴の音が外で響く。甲高い笛の音、ちーんと金属を叩く音。少し離れたところからサキソフォンが聴こえ、背後の壁越しの「演奏」に気を取られていると、いきなり鉄板を叩く音に驚かされる。音のした左手側に注意を向けると、大きな音の後に残された静寂から、ぱちぱちとたき火の音が浮かび上がる。
 引き戸が開く音がして誰かが室内に入ってくる。stilllifeの二人が床に腰を下ろし、素焼きのパイプを掌で転がし、床で金物を引きずる。壁際の椅子に腰掛け、あるいは床に座り、彼らを取り巻く聴衆の身体に音を吸われて、音は大きく響くことがない。いよいよ演奏の音は慎ましくなり、聴衆が立てる物音、衣擦れや呼吸音、腹の鳴る音に埋もれていく。外には里山の豊かな自然が広がっているにもかかわらず、びっくりするほど音は入ってこない。立川セプティマでひとつのカギとなっていた床の軋みもしない。聴衆の立てるもぞもぞとした暗騒音にストーブの音が浮き沈みし、時折、風が窓ガラスを揺する。
 津田が管の息の流れを滑らせていると、笹島がそれを断ち切るように金属音を響かせる。津田はそのまま止めることなく吹き続け、そこにある「衝突」が浮かび上がる。やがて笹島は石を手に取り、石笛の要領でそれを吹き始める。「出」の強い息の流れがぶつかり合い、そこに混濁/変容した「戦闘状態」が開かれる。津田が尺八のムラ息の要領で荒々しく息を放つ。stilllifeの演奏にあって、こうしたことは珍しい。二人は互いに隙間の多い、あるいは髪の毛のように細い音を用いて透過性の高いレイヤーをかたちづくり、敷き重ねてもすでにある響きをマスクしてしまわないようにしていた。
 最初はバックグラウンドノイズに身を潜めるようにして始まった演奏は、ここで激しくクレッシェンドし、むしろいつもより大きな音量となった。

 彼らが活動のごく初期に収録したPV(*1)を観ると、コンタクト・マイクで音を拾うなどして、一つ一つの音を立たせようとしているのがわかる。ある音色(音高やアクションではなく)による空間の占有。それらをモザイク状に組み立てることで演奏が成立している。私が彼らのライヴを体験した時にはすでに、彼らはマイクロフォンも電気増幅も手放していた。音を「立てる」よりも、すでにその場に存在している音(それはたいてい「沈黙」と呼ばれる)に自ら沈潜/浸透し、音を差し込み溶け合わせて変容させること。自分や共演者の放つ音だけでなく、環境音や空間の響きや聴衆の立てる物音も等価にとらえ、そのようにして浮かび上がる響きのテクスチャーの総体を「演奏」していくこと。彼らが「先行シングル」としてリリースした『indigo』は、充満する虫の音の中に身を横たえ、その響きの隙間から音を芽吹かせようとする彼らの姿をとらえている。

 だから、ここで音が大きくなり、演奏者の間で音の強度を打ち付け合うことは、「音が響かない」、「音が聴こえてこない」ことへの苛立ちからではないかと最初思ったことを白状しておこう。しかし響きは、そうした心情が逃れ難く囚われる八方塞がりの膠着状態に陥ることなく、軽やかに結び目を解きながら先へと歩みを進めていった。その時、彼らの耳には、昼間経巡った益子の森の音の記憶、風のうなりや鳥の声、ひとつに溶け合った車の音とチェーンソー‥‥が響いていたのではないだろうか。それらを深く深く聴き込んだ「耳のほてり」をそのままにして。
*1 http://www.youtube.com/watch?v=vOal4g0wIh8
  https://www.facebook.com/pages/スティルライフ/575989065782158


 結果として、この日のstilllifeの演奏はいつも以上に「物音系インプロヴィゼーション」に近づいていたと言えるかもしれない。音具の選択や用いる音色に関しては、stilllifeのは試みはJeph JermanたちによるAminist Orchestra(*2)と類似している。だが彼らはむしろ聴覚から触覚を切り離し、音を聞かずに注意を手元だけに集中しているように思われる。音を聞かないのは「引き込み」による同調を回避するためであり、アコースティックで隙間だらけの微細な物音が、そこここで間歇的に不揃いのまま生成を続けることにより、幾らでも見通し可能な目の粗いテクスチャーを織り上げることができる。全員が異なる周期のリフを演奏するポリリズムの音色フェティッシュ版とでも言えようか。
 stilllifeの演奏は彼らと大きく異なる。二人は「音を出す」ことよりも「音を聴く」ことに注力する。虫の音に、せせらぎに、風の唸りに身を浸し、あるいは暗闇に潜む気配に肌を総毛立たせる。彼らが楽器を用いないのは、触覚にフォーカスしているからではなく、楽器の音がもともと「地」に対する「図」として浮かび上がるようにかたちづくられているからにほかならない。いくら無名性の獲得に向けて息音を多用しても、誰もがMichel Donedaになれるわけではない。二人は「みみをすます」で目指された「図」と「地」の区別や階層構造の無いテクスチャーの生成を目指す。
 それは身体動作と音、動きと聴くことを切り離すことでもある。フリー・ジャズやそこから由来するフリー・インプロヴィゼーションは、向かい合う二つの身体を基本的な枠組みとし(それはソロ演奏においても「自分との共演」とか「楽器との対話」へとパラフレーズされる)、身振り/動作の結果として音をとらえる。互いに強迫観念をいや増しながら昂進しあう二つの身体は、鏡像と向かい合うことによって増幅するヒステリーでもある。動作の結果として音をとらえるのではなく、さらに上流に遡って意図(無意識を含む)の産物として音をとらえるのでもなく、接点や材質、振動と減衰、共鳴や共振、伝播や反射等、多様な力動のかたちづくる変容のプロセスとしてとらえること。そこにはある種の切断が求められる。
 音が強くなれば、それだけ身体動作との結びつきが強まり、音の印象は単色化して、本来持っている多様さ/多彩さをとらえられなくなる。演奏は自然と音域やダイナミクス、音色や持続の大きな対比に頼りがちになり、耳が細部に目覚めていく機会を奪うことに鳴りやすい。その時、聴き手は与えられたものを通過させるだけの「受け身の消費者」となる。stilllifeの二人が求めているのはそうしたものではないはずだ。
*2 http://www.youtube.com/watch?v=MDxxsiQkvyw&list=PLC26EC59233F95544
https://ia700409.us.archive.org/11/items/KEXPSonarchyRadio_AnimistOrchestra_0/AnimistOrchestra.mp3


 やがて演奏は消え入るように小さくなり、内田のクラヴィコードに引き継がれた。細く張り詰めながら、柔らかく空気に溶ける響き。音色やフレーズの香りはウードをもっと繊細にしたように感じられる。とぎれとぎれに吐く息のように、断片的なフレーズが空中に綴れ織られる。フレーズの最後の一音が小首を傾げるように僅かに上ずり、「はらい」とともに筆の穂先が揃って静寂に吸い込まれていく消え際が何とも美しい。だから音が密集してくると、それが聴こえずもったいない気がした。
 内田の演奏が終わると、津田がクラヴィコードの説明をするよう内田を促す。それによるとクラヴィコードは14世紀に生まれた楽器で、弦が緩く張られており(ピアノの200kgに対して3kg)、ピアノのハンマーに当たる部分が釘状になっていて、一瞬だけ打つのではなく押すように打つために、鍵盤の操作で張られた弦をチョーキングのように撓ませて音高を少し上げることができるのだという。また、張られた弦同士の共鳴により、音が減衰するにつれて響きが純正調に揃っていくのだそうだ。先の印象はそうしたことによるのだろう。実際、楽器の内部を見せてもらうと細い弦が隙間無く張られている。ハンマー部分の位置が鍵盤によってずれているため、最初は共鳴専用の弦があるのかと思ったほどだ。楽器というよりは、空気の微細な振動を感知する受信機/検出器。

 演奏が再開され、今度は内田のソロから。カーヴド・ソプラノ・サックスをクラヴィコードの弦に向けて吹き、響きのさざ波を乗せる。クラヴィコードの躯体を叩き、香りを舞い上がらせる。Rhodri Daviesがハープで、Christoph Schillerがスピネットで行っているような演奏、すなわちe-bowを含む様々な音具で楽器の各部を鳴らし分けるやり方をクラヴィコードに適用することも可能だろう。演奏はstilllifeに引き継がれ、次第に「弱さ」を増しながら続けられた。


 コンサートが終わり、外へ出ると空気がすっかり凍り付いている。道路に出るまでが真っ暗でとまどう。多田雅範に益子フォレストインまで送ってもらい、そこで別れる。彼と益子博之はこれから東京へ戻るのだ。部屋に荷物を置いて、持ってきたパンをかじり(コンサートの後で配られた2種類のピタパン・サンドはきっと地元のオーガニックな素材を使っているのだろう、大層おいしかったが、あれだけでは寝る前に腹が空きそうだった)、しばらくしてから星を観に外へ出てみた。
 この施設には実は天体観測設備もあるようなのだが、5名以上の予約が必要なので利用できなかった。幸い空は晴れているが、せいぜいオリオン座の小三ツ星やおうし座の「すばる」らしきもやが見える程度で、期待したほどではない。周囲が明るすぎるせいかと思い、昼間の草原に行ってみることにした。

 背後から照らされて影が長く伸び、その先が森の中へと吸い込まれていく。星はやはりそれほど見えない。ふと耳を澄ませてみる。かさっと草むらで音がしたような気がして振り返り、そちらをじっと見詰めるが何も起こらない。カエルの声が聴こえたような気がしてそちらを見るが、やはり続かない。この寒空のしたにカエルなんていないことぐらい、考えなくてもわかりそうなものだが、やはり薄暗い不安に思わず耳をそばだててしまう。発電用設備なのだろうか、フォレストインのタービン音がずっと鳴っていて、それに遠くを走る車の音が混じる。人の笑い声が風に乗って耳元に届いた気がした。
 さすがに森に踏み込む勇気はなかったので、昼間行かなかった方へ草原を横切ってみる。そちらに広がる森の木立の暗がりに耳を傾けるが、何も聴こえない。あきらめて帰ろうとすると、どこかから水の音がする。探すとそばにかなり大きめの雨水マスがあって、グレーチングで蓋がされていて、水の音はその中から聴こえてくる。暗すぎて中の様子はまったくわからない。どれほどとも知れない深みから水が流れ滴る音が響いてくるだけ。昼間、森の中で見たせせらぎが流れ着く先がここなのかもしれない。

 しばらくしゃがみこんで響きをじっと見詰めた。子どもの頃に正体の知れない音がたいそう怖かったことを思い出していた。最近の住宅、特にマンションは音がしない。昔の木造の日本家屋はいろいろな音がした。たとえ誰もいなくても床や階段がみしっと軋み、障子や雨戸ががたんと揺すられ、窓ガラスやガラス戸が急にがたがたと鳴り出し、天井裏をとっとっとっとネズミが走っていく。外の音もしょっちゅう入ってきた。車の音、救急車のサイレン、テレビの音、水銀灯の唸り、子どもの歓声や泣き声、雨や風の音、雷。窓を開けていればなおのこと、虫や鳥の声、風鈴の響き、庭木の葉擦れ、さやさやとした竹やぶ、枯葉の舞う乾いた響き。寝床の中で得体の知れない不気味な音が気になり始めると、注意がますますそれに引きつけられ、響きはさらに大きくなり心臓の鼓動や首筋の脈が蕎麦殻枕に響かせるリズムとひとつになって迫ってきて、私は小さな身体をますますこわばらせたものだった。

 身体が冷えて、思わず身震いしながら顔を上げると、遠く走る姿の見えない列車の音だけが眼の前を通り過ぎた。
益子2 益子23
撮影:多田雅範 ブログから転載しました。
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 18:12:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad