■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

響きの到来を待ち望む − Tactile Sounds vol.14 ライヴ・レヴュー  Waiting for Arrival of Sounds − Live Review for Tactile Sounds vol.14
 「あれ、そら、でしたっけ‥」
 橋爪亮督が次の曲は森重靖宗が提案したアイディアに基づくと紹介するや否や、ピアノの中村真は振り向いてそう確認すると、それに答える森重の言葉が届かぬうちに鍵盤を叩き始めた。隣り合う音階が間を置いて鳴り響き、空中に座標をプロットしていく。ああ、「空」ではなくて「ソ・ラ」のことだったかと、ようやく事態を理解した私の、眼の前に広がる空間にぽつんぽつんと穿たれた音と音の狭い隙間は、ちょうどアルペン・スキーの旗門のように見える。それらの配置が浮かんだところで、森重が眼をつぶったまま弓を手に取り、開けられた音の隙間へ急加速して斜めに突っ込んでいく。弦が引き絞られ圧縮された響きが走り抜ける。返す弓が切り立ったエッジを見せつけながら、逆向きに鋭く舵を切って、次々に隙間を縫い取っていく。鮮やかな軌跡を描いて線が駆け抜け、これによりぱらぱらと振り撒かれていたピアノの音は俄然いきいきと息づき、輝きを放ち始める。橋爪が後に続く。だが森重と異なり、彼はサウンドの加速/圧縮を選ばず、口元から漏れる息とリードの振動と管の鳴りがそれぞれにかたちづくる音色の層の重なり合いに微細なコントロールを施し、「オリエント」風に音程を微妙に上下させながら、サウンドをたゆたわせる。揺らぎながら色合いを移り変わらせていくテナーの響きに包み込まれ、ピアノはますます間合いの自由度を高め、時間軸上の跳躍を繰り返し、打楽器としての本性を明らかにして、リズミックなインプロヴィゼーションに没入していく。今や二つの音の交替はチェロの弦の上に写し取られ、森重はひとときそれをキープして空間に投影しながら、頃合いを見計らって再び鋭い音色で切り込みにかかる。

 優れた演奏者の手にかかると、本当に簡素な仕掛けが思わぬ新たな扉を開き、遥かな深み/高みへと到達できることがある。作曲とはつまるところ人を動かすための「きっかけ」に過ぎず、それはある制限を与えることにより、それを超える動きを生み出すことなのだと思うのはそんな時だ。「手を使ってはならない」という簡単な制約が、サッカーの妙技を、予想だにしなかったボールと人の動きをつくりだすように。
 それはこの日後半の3曲目のことだった。一陣のつむじ風を思わせる演奏が終了し、高揚が落ち着いたところで、森重と中村が最後に演奏する曲の譜面を取り出す。橋爪が二人に小声で「それではなくて‥」と囁きかけ、興奮に頬を紅潮させた聴衆に、本日最後の演奏はインプロヴィゼーションによることを告げる。テナー・サックスとチェロの揺らぎが溶け合う中、ぱらぱらと高域のピアノが振り撒かれ、チェロが花の香りをたたえたリリカルなピチカートへと移行する。

 「いつもならアンコールに応じるところですが、今日はもう僕らがお腹いっぱいなので、これで終了させていただきます」との橋爪のアナウンスに、後半から席を変わって私の隣にいた多田雅範と「これはすごいものを聴いてしまった」と顔を見合わせると、多田が「いやー、何なんですか、これは。この後半は。もう浅田真央状態というか‥」と口走り、益子博之に「多田さん、じゃあ前半は良くなかったってことですか」と突っ込まれて絶句し、場内がどっと沸いた。
 もちろん、そんなことはない。前半だって素晴らしかった。が、インプロヴィゼーション→テーマのあるコンポジション→インプロヴィゼーションと切れ目なく続いた冒頭の3曲は、まさにそのように聴こえてしまったし、続く前半最後のコンポジション「フラグメンツ」も、モチーフのみを提示して、その間に広がる「無音」を楽しむという説明通りの演奏になってしまっていたのも事実だ。インプロヴィゼーション部分では森重の圧縮された音色 − ちょうど走行中の車のフロントグラスに映る景色の移り変わりをぎゅっと固めてスペクトルにしたような − の強度が演奏をリードし、コンポジションではECM風の冷ややかな透明感が押し出されてくる。テナーとチェロのユニゾンによるテーマ演奏など、中低音が豊かでありながら、全体としてはソリッドな響きが実に肌に心地よかったし、チェロに装着された補助的なアンプリファイが実に効果的で、アルコによるフラジオやピチカートで絶妙な滲み具合を生み出すなど、新たな発見も多かったが。
 いずれにしても、演奏の可能性を弦と管の引き伸ばされたピッチの揺らぎに見出していた感のある前半の演奏は「ピアノにとって完全アウェー」(多田雅範)ということになろう。それでも中村はミニマルな繰り返しを挿入したり、打鍵をコントロールして多彩な音色を使い分けたりと健闘していた。今回のメンバーでは、まず橋爪と森重の共演が決まり、3人目を誰にしようか‥となって、「トーンやテクスチャーへの関心を共有している」中村が浮かんだと橋爪が説明していたが、まさにフレージングのレヴェルに終始しない演奏を聴かせた。しかし、前半は橋爪/森重デュオの周囲を旋回していたようにも聴こえた。

 多田の言う通り、後半になって変化が訪れる。1曲目で音色の斑紋を浮かべていくテナーに対し、チェロとピアノがそれぞれに色を挿していく場面、ピアノの音数が増え音列へと連なると、チェロはアルコに移行し、ミラー・イメージで演奏が進みかけると、ピアノが音を止める等、チェロとピアノの直接的なやりとりが増え始める。続く2曲目の「トーンやテクスチャーを重視した」(橋爪)コンポジション「サイツ」でも、軸を成すテナーのフレージングに対し、チェロとピアノが左右から切り込みを入れ、そのままデュオに移行し、直接交感する場面が見られた。いつどこの場面でも、コードやパッセージがのっぺりとした分厚い不透明な「層」を形成してしまわないよう、細やかな配慮が中村に見られたことは強調しておきたい。響きを膨らませず、音と音の隙間を空けて見通しを確保し、トーンやテクスチャーを浮かび上がらせる工夫(往々にしてピアノ奏者は無神経にこれを塗りつぶしてしまう)。そして冒頭に描いた後半3曲目に至る。

 中村真は自身のブログで次のように書いている。

フリージャズは即興か??否。はっきりと否と言える。
山下洋輔さんは素晴らしい音楽家だと、僕は思ってますが、彼のクラスターや、フリーっぽいことは、あれはフリー音楽用のイディオムの羅列だ。
セシルテイラーだろうが、オーネットコールマンだろうが、意地悪くいえば、フリーにはフリーのイディオムがある。
(中略)
山下氏もセシル氏もオーネットコールマンも、その精神が即興の息吹に溢れているからこそ、フリージャズをやっても即興なのである。
フリージャズをやるからこそ即興なのではない。

 山下洋輔が素晴らしいかどうかはさて措くとして、他の部分は全く同意できる。ノン・イディオマティック・インプロヴィゼーションを唱えたデレク・ベイリーの演奏にしても、「語法」や「ヴォキャプラリー」のレヴェルでとらえれば、ヘンリー・カイザーが実演で示したようにイディオムは存在する、というか抽出することができる。ベイリーの場合には、それを演奏の現場でどう解体/構築していくかが、インプロヴィゼーションにほかならなかった。だから私が幾度となく振り返るベイリーの演奏は、彼が「語法」の確立に向けて試行錯誤を繰り返していた1970年代のソロ演奏である。

 基本的にコンポジションを演奏する場である「Tactile Sounds」において、この日は大きくインプロヴィゼーションに踏み出した演奏が試みられた。と言って、譜面が用意されないことをもって「インプロヴィゼーション」とみなしているわけではない。フレーズよりもさらにミクロな局面を眼差し、一音一音を見詰めながら、音色に耳をそばだてるというより、音と沈黙の狭間へと耳の測鉛を深々と降ろし、肌を総毛立たせて響きの到来を待つという点において。

 そうした変化を促したのはやはり森重の参加にほかなるまい。橋爪自身、「引き合わせてくれる人がいなかったら、決して出会わないと思われている」と彼を紹介していた。にもかかわらず、彼がほのめかしていたように親近性はある。それは橋爪が三人目に中村を選んだ理由として彼が挙げていた「トーンやテクスチャーへの注目」であり、さらに言えばそれを越えた響き自体への感覚、演奏者の意識/身体間での音の受け渡しを離れた、空間と音の関係 - 音の交錯や衝突、ジャクソン・ポロックやマーク・ロスコ的なレイヤーの敷き重ね、滲みや揺らぎといった空間を渡る音の変容の過程等への注目 - であるだろう。

 インプロヴィゼーションで本領を発揮しただけでなく、コンポジション演奏においても、見事に磨き上げられた音色で新たな扉を開いた森重靖宗、難しい役回りにもかかわらず、トーンやテクスチャーへの鋭敏な感性を、タッチへの細やかな配慮とリズミックなインプロヴィゼーションにおける鮮やかな達成へと昇華させた中村真に、そしてもちろん企画者・主催者・演奏者を務め、果敢な挑戦を成功させた橋爪亮督に、そして彼の挑戦を後押ししたであろう益子博之に、惜しみない拍手を送りたい。




tactile sounds vol. 14
2014年 2月 22日(土) open 19:00/start 19:30
綜合藝術茶房喫茶茶会記

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
森重靖宗 - cello
中村 真 - piano

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:56:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad