■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フィーレコ飯とは何か? − Field of Dining Sounds vol.5レヴュー  What Is Fieldrecording Rice ? − Review for "Field of Dining Sounds vol.5"
 金子智太郎出演ということで行ってきました新宿歌舞伎町。ネオンサインの入り乱れる演歌的情緒というより、ただただ原色溢れかえる汎アジア的エスニック色の濃厚さに窒息しそうになりながら、「DVDいらない?」、「DVDあるよ。48枚セット」等の頻繁な呼びかけをかわしつつ、よーやくたどり着いたBE-WAVE。会場は地下でまだ準備中とのことで、しばし1階の客席で強力な冷房に震えつつ待たせていただく。
 準備か整ったとて地下に降りると、「飯の友」の盛りつけ作業中。予想を遥かに上回る品目・内容の充実ぶり(20種類以上はあったかと)に驚く。金子智太郎や以前に虹釜ゼミでお会いした方(お顔を覚えてなくて申し訳ありませんでした)に挨拶しながら、「飯の友」の準備を今か今かと待ち受ける。この時点ですでにフィールドレコーディングのことは頭から消えていました。

 予定開始時刻をずいぶん回り、BE-WAVEオススメの大葉味噌(牛ひき肉の味噌味そぼろ)のまったりとした味わいをとともにようやく飯を噛み締めることができた時、すでに音楽が鳴っていることに気づく。主宰者によるtakuyaによるDJは、フィールドレコーディングされた野外の環境音であっても、おそらくは再生環境のせいもあり、風景としての視覚的なパースペクティヴを結ばない。マイクロフォンに衝突する空気の流れや塊が立てる衝撃音が、バラバラと降り掛かる。あるいは突如として挿入される説明のナレーション。声よりも先にマイクロフォンを直撃する息の力。そこには「フォノグラフィー」的なフィールドレコーディング作品が当然の前提としている「対象化のための距離の確保」が欠けていて、音像はいつも唐突に姿を現し、なかなか輪郭がはっきりしない。子どもたちの遊び回る声も、よく癒し系アンビエント・ミュージックで用いられているような、濾過された希薄なイメージではなく、何ともけたたましく騒々しい。マイクロフォンに向かって声を張り上げ、思いっきり歪ませるヤツまでいる。おそらくは子どもの声からの連想で‥ということだろう、聴き覚えのあるムーンドッグの曲(夫人が日本語で赤ん坊をあやすヤツ)が流れ、これ自体「異形」の作品とはいえ、フレームに収められ確かな輪郭を有する音響の手触りの確かさと安心感に束の間ほっとする。

 ご飯一杯目は、先の大葉味噌、ベーコンが入ったマッシュポテト(?)、生柴漬け、トマトの青山椒・塩漬け、カリフラワーとグリーン・アスパラガスのピクルス等の小鉢系おかずで平らげる。ケータリング担当の女性オススメの生柴漬けは調味液ではなく、塩水で茄子と赤紫蘇をじっくり乳酸発酵させたという逸品。ぬかみそ漬けも乳酸発酵だが、「ぬか」という媒介項が、食べる時点では洗い流されているとはいえ、だいぶ当たりをソフトに和らげていると思う。対してこちらはもっとストレート&ハード。それでも角の丸みからうまみが染み出てくる感じに、発酵食品の真髄を感じる。赤紫蘇を噛み締めた時のジュワッと感とか。2杯目は冷や汁かけご飯メインで、おかずは継続。3杯目はカレーがメインで、付け合わせを味噌漬けやラッキョウの醤油漬けにシフト。BE-WAVEスタッフの方に「よく食べますね」と言われる。確かに最近はこんなに飯をドカ食いすることってないなー。カレーはスパイシーなのはよいが、たぶんスパイス使い過ぎ。大正漢方胃腸薬を水なしで飲んだような感じが。

 DJはamephoneに交替。路傍からとらえたと思しき異国の空間が広がる。やはり再生環境のせいか、奥行き感は明確ではないが、スピーカーの向こうにここではない世界が開けている感覚。だがそれも次々に重ねられ取り替えられて姿を変えていく。流れる景色に耳をなぶらせているうちに、急に日本語が飛び込んで来て慌てる。聴けば「仰げば尊し」の合唱。どうも卒業式の光景らしい。こちらもtakuyaの子どもの遊び声同様、癒し系の夢幻的な希薄さはなく、生々しい限り。

 続いては金子智太郎のレクチャー。今回はtakuyaが聞き役を務め、1975年から79年にかけて音楽の友社から発行されていた「ロクハン」という雑誌の話。「ロクハン」=6.5ということで、フルレンジ・スピーカー、鉄道模型、ウェット・スーツと様々なものが該当するが、ここでは「ロケハン」=ロケーション・ハンティングのもじりで、「録音ハンティング」を指す。つまりはテープレコーダーによる「生録」をテーマとする雑誌。
 こうした雑誌が創刊された背景には、カセット・テープの登場、録音機器の小型化・軽量化・低価格化があり、「レジャーのお供にテープレコーダー」的な新たな趣味/ライフスタイルの確立による録音機器の販売促進があったのではないかとのこと。
 内容も鳥や虫の声、祭りの音、蒸気機関車の走行音といった、いかにもな「生録」の定番モノから、同じオーディオ系ながら本来は別流派のはずのステージ演奏の録音、さらにはBCL(短波放送受信)の録音、録音素材による作品づくり(その後の「宅録」につながる)など多岐に及び、簡単な紹介を許さないところがある。

 金子によれば、雑誌の編集方針も変遷があり、初期はアイドルのポスターこそ付属していたものの、ほのぼのイラストが表紙を飾っていた「趣味」の雑誌だったのに対し、後期には表紙がアイドルの写真に変わり、内容も迷走しつつ、シンセサイザーの普及等もあって、「宅録」的な方向に傾いていくという。それでも、いつの時期でもインドア/アウトドアという対立軸が微妙に入り混じっていたという指摘はその通りだろう。非常に興味深い点だ。

 レクチャーが始まる前に、「ロクハン」をパラパラとめくりながら金子といろいろな話をした。
 鳥の声だと、どの種はどんな鳴き方でどこにいて‥と、やはり対象を明確に切り取る、言わば「昆虫採集」型フィールドレコーディングが目指されている。音風景を丸ごととらえるという風にはなっていない。
 鳥の声にしろ、虫の声にしろ、それがどこにでもあるうちは意識されず、なくなってきた、あるいはなくなってしまうという危機感が、それを対象として浮かび上がらせる。蒸気機関車はまさにそうした象徴であり、「生録」ブームはそうした保存志向、ノスタルジー志向ではないのか。昨今のフィールドレコーディング作品にも、もともとそうした傾向はあり、Gruenrekorderレーベルの初期作品等を見ると、理系の学者による学術的な記録としての録音作品が結構ある。やはり「失われていく環境の記録」というかたちでその文化的価値が位置づけられ、たとえば補助金の交付等にもつながっていたのではないか。
 1970年に始まる国鉄の「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンが、日本国内における「田舎発見」のムーヴメントを生じさせた。「生録」ブームへの仕掛けがそれを意識して、乗っかろうとしたものであることは確かだろう。
 「生録」にはノスタルジー的なものも確かにある。祭りの音をとらえるにしても、訳の分からない混沌をとらえるというよりは、詩的な風景としてとらえる、たとえば遠くから聞こえてくる祭り囃子みたいなものに注目するということがある。かなり定型的になってしまう。
 蒸気機関車の録音が「喪われていくものの記録」だというのはまさにその通り。当時は写真撮影の対象としても熱かった。写真派と録音派の現場での対立とかもあったらしい。写真派は「録音してる奴らはどけ。フレームに入ってくるな」と言う訳だし、一方、録音派は「写真撮ってる奴らは無神経に音を立てるな」ということになる。遠くから近づいてくるSLを、しゅんしゅんと線路が鳴る音からとらえようとする時、そんな遠くだと被写体にならないからカメラ小僧はくっちゃべってるだろうし。
 1980年代からはマリー・シェーファーによるサウンドスケープの美学が入ってくる。あれってかなり伝統的というか古風な美意識な訳で、そこでますます「生録」がノスタルジックになっていくということはあったと思う。「ロクハン」終刊後はそっちへがーっと行っちゃうみたいな。

 さらに金子が紹介した音源として、当時、ソニーが主催していた「録音コンテスト」の入賞作品がある。もちろんソニーは録音機器の販売促進のためにこうしたコンテストを開催していた訳だが、さらには優秀作品を審査委員長の荻昌弘の解説とともに収めたテープを、販促グッズとして配布していたとのこと。これにはかなりびっくりした。
 内容もなかなか凄くて、現在にも通じるようなフォノグラフィー的あるいは生音を用いたミュジーク・コンクレート的作品なのかと思いきや、予想を見事に裏切るデタラメぶり。まずは英国ロンドンを訪れた際の記録なのだが、マーチング・バンドの隊列を追いかける本人の間抜けな実況(「ああ、見えてきました‥」とか)や隠しようもない荒い呼吸が前面に出た作品。最後には演奏が高らかに舞い上がるクライマックスを迎えるのだが、そこまでのプロセスがどーにもこーにも。だが審査委員長の荻は、これを優れたサウンド・ドキュメントだと誉め称える。続いては鈴鹿サーキットの様子をとらえたフォノグラフィー的作品「ヘアピン・カーブ」。これはカーブに突っ込んで来て抜けていくマシンのエンジン音、走行音、排気音、風切り音等を生々しくとらえており、背景の鳥の声等との対比でプレゼンテーションする巧みさも見せるが、前掲作の濃密な毒気の前にだいぶ影が薄くなってしまった。
 続いては「声態模写」と題して、テープ速度の変調により、司会を担当する男性がそのままアグネス・チャンを演じるというもの。これまた失笑モノのネタだが、荻はこれを賞賛する。「巧みな計算」との評価はいささか的外れにしても、次の紹介作品とあわせて見ると、彼の価値軸が見えてくる。その次作とは若夫婦の夜の会話を「交換日記」と称して録音したもの。子どもの成長を記録するために録音した歌声のテーブなどよりも、もっと徹底的に無価値でくだらない、何の聞きどころもないだらだらした会話が続く。「夫婦どっちがやろうって最初に言ったんだろう」と隣のテーブルのamephoneが漏らしていたが、そうした覗き見的な興味しか持ち得ない作品だ。だがこれを荻は、「録音の対象は我々の日常のどこにでもある」ことを気づかせてくれる作品と賞賛する。あるいはプロの真似をするのではない、アマチュアに徹した作品とも。前述のアグネス・チャンとも共通するのはこの点だろう。それは最初は写真館だけにカメラがあって、人生の節目だけに撮影していたものが、旅先にカメラを持っていき、あるいは子どもの成長をとらえ、さらには携帯電話と一体になって、日常のありとあらゆる瞬間の「○○なう」とのつぶやきに添えられるまでになった写真の流れを見越しているのかもしれない。

 だが、そこにある切断を見なければならない。たとえば録音は写真のようには普及しなかった。カセット・テープで4トラックの録音を可能とし、しかもピンポン録音によるMTRとして自宅における多重録音への道を開いたティアックのTASCAMが1984年の発売で、「宅録」はむしろプロとアマチュアの障壁を消去する方向に向かう。その傾向は、録音/編集がデスクトップで行われるようになり、さらにはノートPCでも可能になった現在、ますます強まっていると言えよう。「宅録」ミュージシャンたちは、トップ・スターがどんなソフトを使っているかを調べ上げ、それを導入することに血道を上げた。アプリケーションは多様化し、確実に「使いやすく」なっているだろう。誰でも手軽に「プロ並み」の作品が作れる‥というように。ヴォーカロイドはそのシンボルとでも言うべきものだ。そこにかつてのDIY精神は失われ、とんでもない誤用は姿を消す。エレクトロニカの発展の中で起こったグリッチやエラーへの注目も、結局は新しい音色やエフェクトの獲得以上のものではなかったのではないか。その点では私はJohn Zorn, Christian Marclay, David Moss, Elliott Sharpたちが繰り広げた「廃物」利用による自作楽器の制作をはじめとして推し進めた「フリー・ミュージックのリサイクル」の戦闘的姿勢を高く評価している。
 テクノロジーの強制してくる予定調和性は以前より強まっているだろう。それでもその裏をかくことはできる。たとえば画面中央を空っぽに抜くことで、デジタル・カメラの画像エンジンを空振りさせる多田雅範の写真。だがむしろ、強制されているのは社会的行動規範の方だ。スマホ画面上を忙しく滑る指の下でチェックされる大量の情報は、もはや写真抜きでは眼に留めてもらえない。だが、その写真も改めて注視されることはなく、一瞥の中でただ通過されるか、「いいね」を付して通過されるかのどちらかだ。もはや写真はインデックスですらなく、アイキャッチの目印、読み解かれることのない記号に過ぎない。逆に言えば一瞬で情報消費できないサウンド/聴覚情報の弱点とは、すなわち象徴的消費の潮流に抗う根拠であるはずだが、そもそも音自体がyoutubeで飛ばし聞きされ、MP3プレーヤーでながら聞きされるしかないのであれば、それもはなはだ怪しいものだ。
 かつて金子は「アンビエント・リサーチ」の第3回で、John HudakとJeph JermanによるデュオDomaine Poetiqueのカセット作品を採りあげ、メディアとしてのカセット・テープの特性を分析しながら、しかし、だからと言ってカセットに戻ればいいとか、カセットを使えば優れた作品ができるということではないと、その付可逆な切断を強調していた。ここでも、1970年代後半に未整理のままうずたかく積み上げられていた、様々な雑多な可能性に、今更憧れてみてもダメだと言うことだ。

 炊きたてのご飯が来たところで、早速、二口ほど食べてみる。やはり炊きたては香りや甘さが際立っている。うまいな。これ。それでは「締め」ということで、上州卵の卵掛けご飯を試みる。4杯目。こりゃうまいわ。

 続いてのDJはkuknacke。始めてからしばらくして、急に怒声が響く。「お前ら聴かないなら帰れよ」と。一瞬にして静まり返る場内。それでもスピーカーから放出される怒りは延々と続く。周囲の会話によると、どうもDJ企画「ギラギラナイト」時の岸野雄一による説教らしい。もちろんヤラセではなく、マジ怒っているのだが、それを後にCDにして販売したというから商魂たくましい。もちろん繰り返せば「ああ、あれか」と一瞬で片付けられてしまうネタには過ぎないにせよ、聴き手への働きかけ方の、あるいは聴き手としての音への対応の様々な可能性について考えながら、少々早めに会場を後にした。

Field of Dining Sound vol.5
2014年7月8日(火) 20:00〜24:00
新宿歌舞伎町BE-WAVE B1F
DJ:takuya,amephone,kuknacke
講義:金子智太郎
飯の友提供:タナカアスカ、BE-WAVE

フィーレコ飯0

フィーレコ飯01

追記:掲載写真を検索していてわかったのですが、このイヴェントの記念すべき第1回は名古屋スキヴィアスで開催されているんですね。さすが。takuya=田んBoyであることも、いま初めて知りました。不勉強でした。ごめんなさい。
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 22:01:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad