■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

stilllifeライヴ@水道橋Ftarri  Review for stilllife Live at Ftarri Suidobashi
 地下鉄の駅から出て、一本、裏通りへ入る。鬱蒼と暗い金刀比羅神社の木立の脇の路地に、何やら人だかりができている。祭りの準備か後片付けだろうか。向かいのビルの地下に降りてスタジオみたいな重い防音扉を開けると、天井の高いFtarri水道橋店の空間が広がる。店主の鈴木美幸に、もうですか、早いですねと声をかけられる。彼らもさっきセッティングを終えたところで、いま外に食事に行っていますと。見るとタイル・カーペット敷きの床に音具が並べられている。奥のデスクにはラップトップPCが置かれているから、本日は「封印」していたエレクトロニクスの使用もあるのだろうか。

 演奏はまず津田貴司のソロから。床に座り、木製のボードを前に据える。厚みがあり、角の丸い四辺形をしていて、さんご色の塗装が美しい。床に置いてあった小石をつまみ上げて、ボードの上に載せる。カツンという響きが室内に波紋を広げる。電気増幅がされているようだ。別の小石が載せられ、指先で回される。カラカラした響きが広がる。stilllifeも演奏で小石を用いるが、たとえば石と石を掌ですり合わせて立てる響きは乾いていて、きめ細かく目が詰んでおり、表面の様子が眼に浮かぶ感じがする。対して増幅された物音は黒く濡れていて輪郭が曖昧に滲んでおり、ちょっとぞっとするような虚ろな奥深さをたたえている。そう思い浮かべながら、それが小石の音ではなく、小石に打たれた木製ボードの音であることに改めて気づかされる。おそらくは中が中空になった共鳴体構造なのだろう。小石の衝突に耳がそばだてられ、接点へと絞り込まれた耳の焦点は、中空に共鳴し電気的に増幅された響きの広がりを取り逃がし、素早くズームを往復させるように、しかるべきフォーカスを手に入れる。すると津田は何度か試した小石の音響をサンプル&ホールドし、背後の壁面へと投影する。遠い響きの中で音の影が左右に移ろう。彼方で響く音は時に交錯し、間歇的な透かし彫り文様を描き出す。
 そうして空間を設えた後、津田が件のボードを裏返すと、そこには弦が張られていた。後で訊くとオート・ハープの鍵盤を外したものなのだと言う。弦の留め金部分を音叉でこする。かちゃかちゃとせわしない響きが中空に浮かび上がる。指が弦にアクトし、ゆるやかにハープの音色がたゆたう。ラジオからのホワイト・ノイズがそれに混ぜ合わされ、濁りやざらつきを備えたことでゆっくりと息が通い始めた密室の空気を、弦の弓弾きがゆるゆると渡って行く。

 デスクが中央に運ばれ、ラップトップに明かりが灯る。PCに向かう笹島を見るのは、初めての出会いとなった一昨年末のイヴェント『Study of Sonic』以来かもしれない。
 微かなざわめきが次第に大きくなって、さあーっと降り滴る水の薄い幕が、暗がりに沈む背後の壁面に引かれる。暗がりに耳が慣れ、軒先から滴る大きな水滴や石畳で弾ける飛沫が次第に像を結び、そこかしこに浮かび上がる。彼らしい端正なフォーカシングが、微細な飛沫が顔にかかるような繊細な肌触りを生み、閉じられた空間の正面の障子をぱあーっと開け放って、庭からの涼風を招き入れる。
 しかし、そうした涼やかな風景の生成のうちに、いつしか不穏さが芽生える。ホールのような天井の高いヴォリュームのある空間に生じる対流ノイズが静謐さを侵食し、ドンドンという低域の輪郭を結ばない不定形な高鳴りやしゅーしゅーと空気が漏れるような音響が平穏さをかき乱す。さらに金属片で石を擦るような冷ややかな肌触りの音響が加わる。開け放たれた障子の向こうへと開かれていた耳の見通しは、いつしか混濁し、彼方で小鳥がさえずっているように聴こえるが、響きの輪郭は曖昧で確固たる像を結ばず、電子音のようにも聴こえる。水の滴りがクローズアップされ、銅鑼らしき響きが静かにたゆたって、いよいよ空間は濃密さを増していく。浅瀬あるいは水たまりを渡る足音が横切るが、その軽やかさは眼の前にたちこめる「もやつき」(それは無数の鈴の音にも上空を通過する飛行機の飛行音にも似ている)に絡めとられ、粒子の運動、密度の勾配の変化として現れることになる。

 ここで前半が終了。幕間に鈴木がかけたLaurence Crane『Chamber Works 1992-2009』(another timbre)の、かつてのObscureレーベルの諸作を思わせる熱を帯びない典雅さと洗練された平坦さが、室内にこもった、ぴりぴりと励起された沈黙の「火照り」を冷ましていく。これまでの「予想外」の展開をたどり直してみる。
 津田はFacebookの書き込みで、最初考えたギターのソロはやめて違うことをすると言ってはいたが、「自然の事物の立てる物音を電気増幅する」とは思わなかった。というのは、それは彼らのPV(※)にも残されているように最初期のstilllifeの演奏アプローチであり、彼らが演奏を研ぎ澄ます中で切り捨ててきた「いつか来た道」なのだ。また、電気増幅を直接コンタクト・マイクで行うのではなく「裏返したオート・ハープ」という「反(半)楽器」を媒介とし、さらに演奏の後半はそれを改めて楽器として演奏すると言う「断層」を仕込みながら、むしろ演奏は途切れることなく、ゆるやかに降り積もり堆積していった。
 一方、笹島はこれまた「やりながらものすごく違和感、閉塞感を感じていた」と語っていたラップトップPCによる演奏を復活させ、かつフィールドレコーディング素材を用いた「フォノグラフィー・セッション」がテンプレートとするイメージ変容の流れや物語的な情景の喚起によらず、彼らしい精緻にとらえられた音景色を基調としながら、アブストラクトな操作を通じて生々しい肌触りの起伏を生み出してみせた。
 両者のアプローチは、互いのソロ作品の傾向とも、デュオであるstilllifeにおける「役割分担」とも異なっていた。

津田貴司のセッティング。裏返されたオート・ハープが見える。


 二人が向かい合って床に腰を下ろし、stilllifeの演奏が始まる。ちりちり。ちん。こーん。吊り下げられた金物がかそけく鳴らされ、音色が、空間が試されていく。
 階段を降りてFtarriの店内に入り、床に並べられた音具を見た時からぼんやりと感じていたのだが、この空間はおそらくこれまで私が聴いてきた中で、彼らにとって最も厳しい「アウェー」環境にほかなるまい。カーペットに覆われた床は響きを吸い込むだけでなく、音具を引きずって表面の質感が粒立つような響きを生み出すことができない。空間の揺らぎを可視化し、演奏者と聴衆を共通に包み込み照らし出すキャンドルもまた封印された。天井が高いのはいいが、閉ざされた密室で外の響きも空気も通わない。やはり外の音の入らない喫茶茶会記で行われた彼らのライヴの「息苦しさ」について、以前にレヴューしている(※)。そこから一部引用しよう。

 演奏の始まる前に、立川セプチマでしたのと同様に(というか基本的にはすべてのライヴで行っているのだが)、耳を環境にチューニングする。人の話し声等の「意味」のあるフローのレヴェルから、そこにもともと横たわっているざわめきのレヴェルへと身を沈めていく。椅子の軋み、フローリングの床を歩き回る足音、頭上を通り過ぎていく話し声、咳払いや鼻をすする音、隣室でのやりとり、携帯電話の着信音、空調の動作音‥‥。どうもこの辺が「底」のようで、これ以上潜って行けない。外の虫の声や雨音が聴こえてきたセプチマと異なり、路地の奥に位置した喫茶茶会記では、外を走るクルマの音すら聴こえない。耳の風景が開けきらないもどかしさ。(中略)巻貝の貝殻を床に転がし、キーホルダーのリングの触れ合いに耳を澄ますうちに、耳を浸し、身を沈め、触発されるべき微かなざわめきのたゆたいがここにはないことに、痛いほどに気づかされる。細く息が紡がれ続けるうちは明らかにならなかった沈黙の「貧しさ」が、息苦しく迫ってくる。皮膚感覚を研ぎ澄まし、耳の風景を開いて、「すでにそこにある響き」を借景としながら、そこに上書きするのではなく、その隙間に音を芽生えさせていく彼らの演奏にとって、そうした「景色」の不在はほとんど致命的な事態にほかなるまい。
※http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-260.html

 それでも喫茶茶会記では隣室の話し声や物音は聴こえた。Ftarriではそれすらも厚い防音ドアに閉ざされている。それゆえ「借景」となるべき下地が浮かび上がらない。細い金属棒が弓弾きされて倍音がたちのぼり、ミュートされた鈴がぽつりと音を滴下するが、思うように広がらない。動作がそのまま音になるだけで、すでにあるざわめきと重なり合いながら空間に滲んでいくことがない。ドライな潤いのない音。
 しかし、そこにあの息苦しさはない。彼らが焦燥感に駆られておらず、それが伝染してくることがないからか。彼らの振り撒き刻む音に耳を傾けるうち、上階の足音が降ってきて、空調の音(演奏開始前に、彼らは鈴木から空調を切るかどうか尋ねられ、断っている)の呼吸にも似た揺らぎが見えるようになってくる。水の入ったガラス瓶を揺らすコポコポ音が、空調の揺らぎの濃淡にはまり込み、浮き沈みを繰り返すようになる。小石を擦り合わせる音がそれをかがっていく。しばらく水音と石音だけのひっそりとしたシークウェンスが保たれ、持続の中で呼吸のリズムの手触りが確かなものとなっていく。彼らは淡々と行為を進めながら、ついに景色をつかんだ。
 カンテレの弦にe-bowが載せられ、持続音がどこまでも水平に伸びていく。中の水にガラスの粒を沈めたボトルが揺すられ、金属の粒の入った小さな金属缶が転がされる。下地となる呼吸の満ち引きが見出されたところで、一挙に響きが豊かになる。雨期の始まりを告げる一雨が伏流していた地下水脈を浮かび上がらせ、たちまちのうちに一面の花を咲きほころばせるように。再び細い金属棒が弓弾きされ、たちのぼる響きがe-bowの生み出す持続音と溶け合って、朝靄にけぶる魅惑的な響き(北欧トラッドを思わせる)をかたちづくる。

 stilllife第2部は、何と前半の各自のソロ演奏のセッティングに立ち戻ってのデュオ。
 津田が先ほどよりさらに間を空けてゆっくりと石を並べていく。その背景に、笹島が設えているのだろう、間歇的に鳴るちりちりとした物音が忍び込む。こちらの方が前景の物音よりも粒子が細かく解像度が高い。これに対し、裏返したオート・ハープの共鳴と電気増幅を介した前景の物音は、もっと粘性が高く、ある「かたち」を保ちながら、飴が溶けてテーブルクロスに染みをつくるように、空間に滲みを広げる。一方、彼方に希薄に広がるつぶやきと泡立ちは、一向に密度を高める様子がなく、さらさらと流動を繰り返して、かたちを結ばない。津田の指先もまた物に触れ動かすが、ほとんど音にならない。メッセージの形をした音やアクションが取り交わされることなく、集中だけが深まり、沈黙が濃密さを増していく。キーという高域の響きが一筋ふと浮かび上がり、隣の客の息音を浮かび上がらせる。耳の覚醒を高め、厚い沈黙を掻き分けて響きを探ろうとする私たちが、対象であるはずの音に照らし出されているように感じられる。いつの間にか細い水音が静寂の底を洗っている。津田がオート・ハープの弦にふーっと息を吹きかける。

 どうもありがとうございました‥‥演奏を終えて、津田が聴衆に挨拶を述べている。けれど現在リリースを待っているstilllife初のフルレングスCDの予告もなければ、店内に結構置いてあるstilllifeや二人のソロ作品の案内もせずに終わってしまう。いぶかしく思って声をかけに行き、そのことを告げると「ああ‥」と茫洋とした反応が返ってきた。喫茶茶会記での「苦闘」の後は、憔悴はしていたがこんなことはなかった。
 翌日の彼からのメールには「さすがにソロ+ソロ+スティルライフというのは気を抜けず、終演後は自分でも何喋ってるかわからない感じになってしまいました。うっかりCDの宣伝も忘れてしまいました」とあった。「魂を抜かれる」って本当にあるんだ。
 しかし、それにしてもstilllifeの二人はたくましくなったものだと、今更ながらに感心するほかはない。彼らについて、「聴くこと」=リスナーシップの確立に軸足を置くことによって、「空間恐怖」的に音を振り撒いて沈黙を塗りつぶさずにはいられない「演奏する身体」を離れることについて記してはきたが、それでも空白があれば強迫的に音を出し、音を出せばこれまた強迫的にそれを加速し切り刻まずにはいられないのがプレーヤーシップというものだ。今回の「アウェー」の過酷さに、彼らは目まぐるしい試行錯誤の慌ただしさではなく、沈思黙考をもって応えた。それゆえに限界を超えた集中が引き出され、「魂を抜かれる」ことになったのかもしれない。ライヴ時のアナウンスでは「ソロを先にやってしまうと、その分、stilllifeでやれることが狭まってしまってヤバいな‥と」と話して聴衆の笑いを誘っていた彼らだが、先に触れた翌日のメールには「たしかに地下の密室ということで、どうなるかと思いましたが、石神井氷川神社のあとでは室内ならどこも同じかな、という割り切りができたかもしれません」と書かれていた。

 「割り切り」を促した要因は他にもあるだろう。たとえば先に触れた初のフルレングスCDの制作の過程で、彼らは初期に録りためたフィールドレコーディング音源、富士山や益子での野外での演奏をすべて切り捨てている。もちろん、それが不出来だからではない。1枚のCDに収める音源の取捨選択との視点に立って、自らを客観視した結果である。そうした「切断」が、これまで切り捨て遠ざけてきた電気増幅やラップトップPCの使用を、改めて可能にしたのだ。そこで「過去」はオブジェ化されて可能な選択肢の一つとなり、「ポスト○○(○○後の世界)」の視界が開ける。いったん閉域の外に出ることができるのだ。
 1年以上に渡るフィールドレコーディング体験は、過酷にして濃密な、どれも他に代え難く貴重なものであるだろう。しかし、「ああもあり得た、こうもあり得た」可能世界の限り無ない広がりをぎゅっと縮減し、「こうとしかなり得なかった、こうでしかあり得なかった」運命的必然を導くことが、そこでは求められる。そしてこれはありとあらゆる「即興的瞬間」に課せられた掟なのだ。「即興的瞬間」においては、ありとあらゆる可能性が眼の前に開かれていながら、具現化するのはそのうちのほんの一つに過ぎない。この残酷さと向き合うことのない演奏は、単に見果てぬ夢を追うだけのとめどのない、弛緩しきったものと成り果てる。それはだらだらと続く人生の、果てしなく繰り返される他と何の変わりもないひとコマに過ぎない。もちろん、ただ一つを選べばよいわけではない。そこでの選択はまさに運命を決定するにほかならないのだから。

8月23日(土)午後7時30分開場、8時開演

津田貴司ソロ、笹島裕樹ソロ、スティルライフ(津田貴司 + 笹島裕樹)
会場:Ftarri水道橋店
主催:Ftarri


こちらは8月30日、阿佐ヶ谷ギャラリー白線におけるstilllifeライヴからの写真。
珍しくまだ陽の高いうちの演奏。

なお、写真はすべて津田貴司FBページから転載しました。
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:32:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad