■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「公園喫茶」を知っていますか  Do You Know "Park Cafe" ?
 「公園喫茶」という音楽サイト(※)をご存知だろうか。このブログの左側に掲げたリンク蘭にも掲載しているので、ぜひ訪れてみてほしい。そのリンク表示でも「公園喫茶(pastel records)」と表記しているように、pastel records店主の寺田兼之が始めた音楽紹介ページなのだが、彼自身は「公園喫茶」を始めたいきさつを次のように説明している。
※http://www.pastelrecords.com/koencafe/

はじめまして、
この「公園喫茶」WEBを運営している、寺田と申します。
2013年まで、pastel recordsというCD/レコードショップを運営しておりました。
現在は、販売活動をひとまずお休みして、この「公園喫茶」を中心に、自分自身の気になる「音楽」、「人」、「もの」、「こと」を、気ままに発信したいと思ってます。
ここで取り上げることにつきましては、私自身の価値観が基準となっています。
それは、pastel recordsと同じ価値観でもある、美しく、個性的で、心がこもっていて、気取っていない、日々の生活の中でも、やわらかな刺激を与えてくれる心地よい音楽を紹介する…というのがベースとなっています。基本、音楽が中心となっていきますが、音楽のみに特化したいとも思っておりません。
レコードショップを運営していていつも違和感を感じていたことは、
音楽というのは、なんて中途半端な立ち位置になったんだろう?ということです。
あくまで自分の思っていることなんで、反論は遠慮してほしいのですが、
なんだか境界線がやたら多いのです。
もっといろんな人に自分の知っている音楽や周りの人を知ってほしい。
損得勘定なく紹介するには、pastel recordsでは商売過ぎる。
まず買ってもらうことよりも、知ってもらうことが先じゃないかな…と。
身内ノリも入ってくるかもしれませんが、きっと皆さんが知らなくても、ちょっと興味をもってやろうじゃない、と思っていただけるような紹介を心掛けてまいります。

 穏やかな口調、柔らかな声音からの、「商売抜きで、自分の気に入ったものしか取り扱わないぞ」という彼の強い決意が聞こえてくる。いや「○○ないぞ」といった頑な否定形の言明は彼にはおよそふさわしくない。正しくは「自分が気に入ったものは、何が何でも採りあげるぞ」だ。
 実際、彼は単にネット上のリリース情報を転載したり、プレス・シートを丸写ししたり、Facebookで「いいね」がたくさん付いたコメントを引用したりすることはない。ブログにありがちな個人的な感想/印象の書きなぐりもしない。そうしたやっつけ仕事の代わりに、彼は注意深く音に耳を傾け、歌詞を読み込み、様々な想いや考えを巡らして、的確なレヴューをしたためたり、あるいは労を惜しまずミュージシャンにアクセスし、よく練られたインタヴューを試みる。
 インタヴューと言っても、よく音楽雑誌に載っている、新作の意図とツアー予定を尋ねて終わりみたいな、TVドラマの番宣みたいなものではない。彼のインタヴューは常に音楽への驚きと畏れと愛情に満ちている。そしてアーティストへの暖かい理解にも。だから問いを投げかけられたアーティストたちは、決まって実に楽しそうに、また興味深そうに答えている。聴き手の視線が外側からとらえた像が投げかけられることにより、また思考の新たな扉が開かれるのだろう。そこでアーティストたちは「自らが創造主であり、自分たちだけが正解を知っている」わけではないことに、自然と気づかされている。自らの作品/演奏が投げかけた波紋が、また戻ってきて、自身の身体を柔らかく揺り動かすことを楽しんでいる。それは寺田の問いかけが、作品への深い理解と愛情に支えられ、しかも正解主義や権威主義に縛られることなく軽やかに想像の翼をはためかせているからだ。

 たとえば現在のところ最新記事であるFederico Durandへのインタヴューでは、彼の幼時からの音楽体験の記憶を引き出して、現在の彼が演奏制作している音楽が、そこから香るように柔らかくたちのぼってくる印象を与える。こうしたやりとりを可能とした理由のひとつは、寺田の「あなたの最初のフェイバリットな音楽体験は何でしたか?」という質問の仕方にあるだろう。受けてきた音楽教育の履歴とか、活動経歴ではなく、影響を受けたミュージシャンや音楽遍歴でもなく、あるいは「音楽との初めての出会い」といった抽象的な訊き方でもなく。経歴やルーツ、あるいは始まりを尋ねることはひとを身構えさせる。それゆえひとはこれに決まりきった紋切り型か、さもなくば伝説化によって答える。「フェイバリットな体験」の問いかけがひとを武装解除し、想起の流れにゆったりと身を浸し、楽しかった「あの日・あの頃」の思い出に向けて、ゆるやかに遡ることを可能にする。
 さらに固有名詞の注(具体的にはミュージシャンの紹介)を文章で付すだけでなく、参考となる音源を探してリンクを張ってくれているのもありがたい。実に誠実でていねいな編集だ。
 もうひとつ付け加えれば、Durandの友人であるTomoyoshi Dateから聞いたとして、Durandのフェイバリット・ミュージシャンだというPopol Vuhのことを訊いてくれているのも個人的にはうれしい。DurandとPopol Vuhの両方を知っている人がどのくらいいるかわからないけれど、確かに『In Den Garten Pharaos』とか近いかもね‥と思うとそうではなくて、Werner Herzog監督作品のサウンドトラックが好きだというのだ。例として挙げられているのが『Herz Aus Glas』だからわからなくはないけれど、Herzogの熱に浮かされたような幻惑的なアクの強い映像を間に挿むと、Durandのゆったりと牧歌的でそよ風に揺れるようなサウンドの手触りとはなかなか結びつかない。

 一方、鳥取ボルゾイ・レコードにも平置きされていた『かけがえのない』を題材とした西森千明へのインタヴューで寺田は、「『かけがえのない』での西森さんの歌唱とピアノには、懐かしさと同時に、音楽の持つ優しさ、喜びが、聴く者の気持ちを前に向かせてくれる。懐かしさというものは、小さい頃から青年期の感受性を通して染み込んだ風景、そして自分自身を取り巻く環境の変化の中で過ぎ去った年月は二度と戻らないという諦念みたいなものが底辺に流れているような気がするのですが、『かけがえのない』はそんな在りし日を偲ぶようなノスタルジーな作品でもない。なぜなら、この作品には、希望を抱き、勇気を持って前へと進んだ、その先の風景が描かれているから。」という強い感慨を胸に抱いて、「“青葉”という明治時代の文部省唱歌を取り上げてらっしゃって、西森さんのうたう、曲の魅力に、無限定な永遠を心で見た気がします。この曲は『かけがえのない』を生み出すきっかけとなっているでしょうか?」といきなり核心に踏み込み、彼女から「はい。とても大事な歌です。」との答を引き出している。これも決して問いつめるわけではないのに作品の本質にひたひたと迫り、音の姿かたち、佇まいを自然と浮かび上がらせる素晴らしいインタヴューだ。

 もうひとつ、Aspidistraflyのインタヴューに触れておきたい。実はこのインタヴューは「公園喫茶」がかげもかたちもなかった2011年の冬に行われ、以前にpastel recordsのページに掲載されている。最近になってAspidistraflyの作品が再発されたことに合わせて、「公園喫茶」に改めて再録されたものなのだが、読んでみれば、「公園喫茶」の他の記事と何の違和感もなく読めることに気づくだろう(ここでも参考音源あるいは映像へのリンクがうれしい。特に冒頭で掲げられている古い映画のサウンドトラックへの参照はありがたい)。逆に言えば寺田は、「公園喫茶」の視点をpastel records当時から変わることなく持ち続けていることになる。
公園喫茶2_convert_20140928164241


 先の引用で述べられていたように、pastel recordsは2013年末に「閉店」の憂き目を見た。寺田はそこで音楽に関わることを止めてしまうかもしれなかった。そのことを知った時は大層ショックを受け、ブログに次のように書いた。2013年10月末のことだ。

 たびたびお世話になっていた奈良の通販CDショップpastel records(*)から、年内に閉店とのお知らせが届いた。これまで導いてくれた貴重な耳の道しるべが、またひとつなくなってしまうことになった。
*http://www.pastelrecords.com
 以前にpastel records紹介の記事(※)を書いたことがあるが、ただただ新譜を大量に仕入れて‥でもなく、「売り」のジャンルに照準を絞り込むのでもなく、ポップ・ミュージックの大海原に漕ぎ出して、その卓越した耳の力を頼りに、新譜・旧譜問わずこれはという獲物を採ってきてくれる点で、何よりも「聴き手」の存在を感じさせるお店だった。
 一応、取り扱いジャンルはエレクトロニカ、フォーク、ネオ・クラシカルあたりが中心ということになっていて、店名とあわせてほんわりと耳に優しく暖かな、それこそ「パステル」調のイメージが思い浮かぶが、決してそれだけにとどまらず、さらに広い範囲を深くまで見通していた。それは私が当店を通じて知ったアーティストの名前を挙げていけば明らかだろう。中には他所では名前を見かけなかったものもある。Richard Skelton / A Broken Consort, Tomoko Sauvage, Annelies Monsere, Federico Durand, Aspidistrafly, Julianna Barwick, Kath Bloom & Loren Conners, Mark Fly(活動再開後の), Squares on Both Sides, Movietone, Balmorhea, Efterklang, Masayoshi Fujita / El Fog, Talons', Tia Blake, Susanna, Lisa O Piu, Cuushe, Satomimagae ....すぐには思い出せないだけで、まだまだたくさんあるだろう。
※http://miminowakuhazushi.dtiblog.com/blog-entry-13.html
 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
 すべての作品に試聴ファイルが設けられており、実際に聴いて選ぶことができるのも大きかったが、各作品に丁寧に付されたコメントが素晴らしく的確で、pastel recordsを支える確かな耳の存在が感じられた。音楽誌に掲載されるディスク・レヴューが加速度的に「リリース情報として公開されるプレス・シートの丸写し」となっていくのに対し、pastel recordsのこうした揺るぎない姿勢は、単にショップとしての「誠実さ」の範囲を超えて、聴き手としての誇りをたたえていた。「自分が聴きたいと思う作品を提供する」とはよく言われることだが、それを実際に貫くのは極めて難しい。
 大型店舗と異なり、仕入れられる作品数も限られていただろうに、Loren Mazzacane Conners(実は彼の作品を探していて、ここにたどり着いたのだった)やMorton Feldmanを並べていたことも評価したい。それは単に「マニアックな品揃え」を目指したものではない。店主である寺田は「サイケデリック」とか「インプロヴィゼーション」とか「現代音楽」とか、ポップ・ミュージックの聴き手にとっていかにも敷居が高そうなジャンルの壁を超えて、pastel recordsが店頭に並べるエレクトロニカやフォーク作品(先に掲げたリストを参照)と共通する、密やかな「ざわめき」や「さざめき」、あるいはふうわりと漂い香るようにたちこめる希薄さをそこに聴き取っていたのではないか。聴いてみなければわからない、響きの手触りの類似性を手がかりとした横断的な道筋。(後略)

 その時、最後に記した「少し休養したら、また好きな音楽、おすすめの音楽について、ぜひ語ってください。待ってます。」との願い/祈りが天に通じたのか(笑)、彼は翌2014年2月から、前述の「公園喫茶」を開設してくれた。そこには先に掲げたような彼の強い決意が刻まれており、その後、今に至るまで順調な活動が続いていることを喜びたい。むしろ「2014年2月開設」と確認して、「えー、今年に入ってからだっけ」と改めて驚かされた次第。何だかずーっと前からあるような気がするのだ。
公園喫茶1_convert_20140928164212


 それにしても「公園喫茶」とはよくも名付けたりと思う。月光茶房店主原田正夫によれば、「カフェ」が外に開いているのに対し、「喫茶店」は内に閉じている。外界といったん遮断することにより、閉じた親密な空間をつくりだし、それが居心地の良さや自由な夢想を生み出す。対して公園とはまさに開かれた、誰でもがそこを訪れ得る、言わば往来の空間であり、鳥の声や樹々のざわめき、水音、あるいは子どもの遊ぶ声に洗われる場所である。と同時に大通りや商店街とは異なって、都市の中にありながら喧噪を離れた緑深き憩いの場でもある。すなわち、「公園」と「喫茶」は居心地の良い憩いの場であることを共通項としながら、「外に開かれてあること」と「内に閉じること」を架橋している。このバランス感覚こそが寺田の真骨頂なのだ。耳を貪欲に外に向けて開きながら、情報の洪水に押し流されてしまうことなく、聴くことを深く自らの内面に問う力強さを持っている。聴き手としての確かなコアが感じられるのだ。そうした聴き手は「音楽評論家」と呼ばれる人たちにも実は少ないように思う。
 旧pastel recordsを引き継いだヴィジュアルの素晴らしさも、「公園喫茶」の特質である。それは単に趣味の良さというだけでなく、「音楽は耳だけで聴くものではない」という寺田の信念に基づいているように思われる。それは常に五感と戯れるものであり、たとえば視覚は音の相同物を求めてさまよい、イメージをあれこれ探し求めてやまない。旧pastel recordsの頃からヴィジュアルに気を配り、ジャケット写真とアーティスト写真(ギョーカイ用語で言うところの「ジャケ写」と「アー写」)で事足れりとしない姿勢は一貫している。ちなみに今回の掲載写真は、すべて「公園喫茶」のページから転載させていただいた。

 音楽に、あるいは批評に、興味関心があるならば、ぜひ一度、「公園喫茶」を訪れてみてほしい。軽やかな鋭敏さと肚の座った揺るぎなさを兼ね備えた確かな耳の持ち主が、商売っ気抜きでいいものを教えてくれるまたとない場。たとえ関心のあるジャンルが違っても、きっと得るところがあるはずだ。それは保証する。
公園喫茶3_convert_20140928164306
スポンサーサイト


批評/レヴューについて | 16:48:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad