■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

扉を開けるために − ポルタ・キウーザ+森重靖宗ライヴ@喫茶茶会記  To Open the Door − Live Review for Porta Chiusa & Yasumune Morishige at Kissa Sakaiki

 正面の壁の前に背もたれの高い椅子が三脚並び、その左脇にもう一脚の椅子とチェロが置かれ、反対側にはそれとシンメトリカルに長いバス・クラリネットがスタンドに立てられている。その均整のとれた配置はインスタレーションを思わせた。この緻密さはクラリネット三本が絡み合うコンポジションを映しているのではないかと、森重に尋ねると「私も勘違いして、てっきり彼らのコンポジションに参加するとばかり思っていたら、今日はすべてインプロヴィゼーションを演奏するとのことです」との意外な返事が返ってきた。実際、演奏が始まる直前に、バス・クラリネットのリードの調整にやってきたHans Kochは、三脚の椅子をすべて壁際に片してしまい、彼らは三人ともみな立って演奏を始めた。

 左からPaed Conca、Michael Thieke、Hans Kochの並び。左の二人はずっとクラリネットを、Kochは前半はソプラノ・サックス、後半はバス・クラリネットを演奏した。
 息音の肌理のある手触りを上層にフロートさせながら、その下から正弦波に似た純粋な音がふーっと浮かび上がる。この重なりの持続がふと途切れると、その陰からずっと鳴っていたもうひとつのややくぐもった響きが姿を現す。水平なたなびきに弦の掠れが重ねられる。Kochは音を出さずに、しばし響きに耳を澄まし続ける。
 Kochがソプラノをくわえたまま、ベルを天井に向け高くかざし、ぶつぶつと唾を泡立てる。その音は息音と混じり合い、弦の掠れが重ねられて厚みを増した水平なたなびきへと沁み込んでいく。ゆったりと続く重層的な響きは、雲の動きを思わせるゆるやかな流動を内部に秘めていて、僅かに色合いや温度、密度、固さの異なる音色が巡るように浮き沈みしながら、部屋の中にいて陽射しの翳りを感じるように、ゆっくりと明暗を映し出していく。彼らは聴こえるか聴こえないかというぎりぎりの弱音だけを弄んでいるのでは決してない。クラリネットが息を揺らし、チェロがテールピースより下を弓弾きして剛直な響きを引き出してもなお、先の音の雲はそのゆるやかな動きを変えることがない。

 息がふと止んで、音が空中に吸い込まれると、ひとつのシークェンスがさっと終わり、淀みなく次へと赴く。Thiekeがぴちゃぴちゃとリードを鳴らし、Kochがポンポンと軽い破裂音を立てると、森重が弓で胴を擦る。Concaは音を出さない。先ほどと異なり空けられた間に、外の工事の作業音(金槌の打撃音)が入り込んでくる。Thiekeがそれに呼応するようにキーを鳴らし、森重が黙り込んで、Concaが息を揺らさない尺八を思わせる太い音で入ってくる。音を止めたThiekeと入れ替わった森重が弦をネックごと掌で擦り、Concaがさらに息を強め、高鳴りからピーッと呼び子のように管を震わせ、Kochがノンブレス・マルチフォニックスによるつぶやきでこれを裏打ちする。

 手を伸ばせば隣の肩にすぐ触れられるほど近くに並んで奏する彼らは、ひとつの小さなゲーム・テーブルを囲んでトランプをしているみたいに、すっすっと淀みなく事を運ぶ。舞台上の登場人物がすっと入れ替わり、照明が切り替わり、背景が差し替えられて、いつの間にか別の話になっている。そこにシークェンスの切り替えはあっても、「切断」はない。ここで彼らが繰り広げている演奏においては、「沈黙」は決して前後を隔てる掘り割りではない。「無音」とは光のない暗闇ではなく、いつもどこからともなく薄明かりに照らされ、さっきまで鳴っていた響きの残り香の漂う、うっすらと色づいた時間に他ならない。

 同じクラリネット・トリオの編成のThe Clarinets(Chris Speed, Oscar Noriega, Anthony Burr)との大きな違いがここにある。Chris Speedたちが精密工学的な操作により、弱音の果ての無重力状態に音を押しやって、コントロール不能の状態で音が混じり合う様を見詰めようとするのに対し、彼らPorta Chiusaは息の暖かさや個々人の声音の違いを手放そうとしない。The Clarinetsにおいて沈黙とは、弱音の向こうに開ける、まさに何も見えない真っ暗な虚空であり、そのように盲いてあるからこそ、その手前で繰り広げられる演奏からぶつぶつざらざらとした手触りが特権的に浮かび上がり、触覚の次元がフォーカスされる。これに対しPorta Chiusaにおける「沈黙」は、そのような遠い彼方の「彼岸」たる消失点ではなく、いまここと地続きの空間であり、さっきまで誰かが座っていた温もりの残る場所である。それゆえ触覚よりも、匂い、明るさ、色合い、温度感など、様々な諸感覚が滲むようにつながりあって触発されることになる。

 「自然は真空を嫌う」(アリストテレス)のと同じく、インプロヴィゼーションは沈黙を嫌う、いや恐れる傾向がある。沈黙が流れや運動に切断をもたらし、次の一音の生成に過大な圧力をかけるからだ。それゆえ即興演奏者たちは、僅かでも隙間を見つけると反射的に音を投げ込まずにはいられない。それはもはや強迫観念と言ってよい。この国に蔓延する付和雷同型の即興演奏では事態はもっと深刻で、まるで見えないのをいいことに暗がりからヤジを飛ばし物を投げ込む群衆のように、皆、他の演奏者の陰に隠れるように一斉に音を出し、顔を見合わせ、思惑を気配を場の空気を懸命に探ろうとする。だが、そうした浅ましさは、この日の彼らの演奏には微塵もなかった。集団が自立・自律した個人の集まりであることは自明の前提であり、盲目的な他への追従は一時も見られない。だからこそ、肩を寄せ合う狭さの中に、広々とした空間が張り巡らされる。と同時に、音響の中に自己が埋没・溶解することを嫌わない。それゆえにふと音が止んだ時にそこにいるような動きや、響きのたゆたいのうちに自他未分のまま漂うことができるのだ。さらに付け加えるならば、彼らは(森重も含め)、音を出さずにいることを恐れない。音を出していない時は演奏の外側にいて、音を出すことにより演奏の内側へと入り込んでいくという、ありがちな参入/離脱の動きではなく、彼らは音を出さずとも常にそこにいて耳を澄まし、身体と楽器を音にさらしている。そうして自らの場を温めて続けていることが、「切断」感覚のなさを生み出す。

 さほど長くはないシークェンスが連ねられていく構成は、おそらくコンポジションの演奏を通じて身につけたマナーなのだろう。ひとつのシークェンスの中での奏法や音色の限定、役割の配分が、決して足かせとは感じられない空間の広がりが常に保たれている。それを可能にしているのは、先に述べた肩の触れ合う狭さにおける親密さの感覚であり、余白へと滲んでいく響きの隅々にまで行き届いた鋭敏さである。すっと、さっと、ふっと繰り広げられる入れ替わりの、切断や急変を感じさせない「さりげない」素早さには恐れ入るばかりだ。

 しばらくの休憩を挿んだ後半は、Kochがバス・クラリネットに持ち替え、さらに音色の幅と奥行きが拡大した。Kochが低音を一気に沸き上がらせると、Thiekeが最高域の高周波的な音色で応じ、上から下までピンと張られた空間にConcaが加わると、Thiekeが音を揺らし始める。まるで膜が呼吸するようにうごめき、浅くなったり深くなったり、サウンドの奥行きが変化する。
 それがふっと一息ついたところに森重が入り、Thiekeとの最弱音による点描的なデュオとなる。その典型的な在りように飽き足らないのか、Kochが楽器のマウスピース部分に髭をすりつけてゾリゾリと音を立て、二人の張り詰めた静謐なやりとりに傷を付ける。いつの間にかThiekeは楽器を加えたまま「がなる」ようなノイジーな音色に移行し、森重も駒より下の部分を強く圧しながら弾いてノイズにさらに圧縮された軋轢を加える。ConcaとKochが重なり合うように吹き始め、森重が弦の上を滑走するようなフラジオで舞い上がると、Concaが楽器が張り裂けんばかりに息を吹き込んで、天高く昇り詰め、ゆっくりと弧を描き、それが着地した瞬間、Thiekeがマウスピースを外した管に息を吹き込み、エアースプレーのような噴射音を奏で、森重は膝に乗せたチェロのエンドピンを弓奏する。
 こうした一見ダダ的なパフォーマティヴな演奏も、ここでは異化や切断をもたらさない。やりとりは常にサウンドの次元で繰り広げられ、それを生み出した意図や思惑は詮索されない。だから彼らは互いに顔を見合わせることもなければ、他の動きを目で追うこともしない。そのようにして意図や思惑から解き放たれた音は、互いに自由に混じり合い溶け合う。隣室の話し声や外から響いてくる工事の作業音とも。
 溶け合い混じり合った全体から、ある一部分が浮かび上がり、また沈んでかたちをおぼろにしていく。表面の毛羽立ちや皺、折り目に焦点が合うかと思えば、奥の方に沈んだ手触りが浮上し、また入れ替わって表層の肌理や風合いが前景化し、息音のあえかな結び合いの向こうに、隣室の声が像を結ぶ。


 
 終演後に尋ねると、Porta Chiusaとはイタリア語で「閉じた(閉ざされた)扉」を意味し、異なる文化をはじめ「知らないこと」を締め出してしまう現代の状況を批判的にテーマ化したものであるようだ。Paed Concaが命名したとのこと。教えられた彼のHP(※)を見ると、Porta Chiusaがグループ名であると同時にプロジェクト名であり、フィルムや朗読、演奏等を含んだマルチ・メディア的なコンポジション/パフォーマンスであることがわかる。そこには目隠しした男が素通しのガラスのドアを塗りつぶしていく‥‥という、プロジェクト名にちなんだ象徴的なパフォーマンスも含まれている。このパフォーマンスについては、その時も説明してくれていた。
※http://www.paed.ch/portachiusa.html
 確かに「異文化間の無理解」という以前に、他者に対して眼を塞ぎ、「扉を閉ざして」、見ようとも知ろうともしないことが、どのような軋轢と齟齬を生み出しているかについては、スイスに生まれ、現在はレバノンで暮らすPaed Concaが三人のうちで最も肌身に感じていることだろう。

 ここで三人が「扉を開いて」交感することができたのは、ヨーロッパ、それもドイツ語圏の生まれと言う共通の文化基盤、コンポジション演奏を通じた相互理解の深まりに加え、抽象化により引き算的に共約言語をつくりだすDerek Bailey以来のフリー・インプロヴィゼーションの方法論の採用に拠っている。森重がそこに加わることができたのも、まずはこの最後の要因による。
 だがそれだけではない。レヴュー中で繰り返し述べたように、自らの都合に合わせて出入りを繰り返すのではなく、ずっとそこに居続け、音を出さない時も身体を音に浸し、耳を肌を澄まし続けること、そして見えない意図を詮索するのではなく、こうして聴こえる/聴き取った音に基づいて行動することが、このような親密な交感を、共演を可能にした事実を、声を大にして指摘しておきたい。この点で森重靖宗という人選はまったく的確なものだったと言えよう。そして彼が期待通りの素晴らしい演奏をしてくれたことを心から喜びたい。


2014年10月18日(土)
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
Porta Chiusa(Paed Conca, Michael Thieke, Hans Koch)+森重靖宗


スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 22:52:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad