■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ミュージシャンシップとは − 「タダマス15」リポート  What Is Musicianship ? − Review for "TADA-MASU 15"
 NYダウンタウン・シーンにフォーカスした「定点観測」を通じて、音楽の地層変動を触知していこうという「四谷音盤茶会」の試みは、初期の「ここにもある、あそこにもある」的な〈指差し確認〉段階を完了して、一方では突出した作品の強度に耳をそばだてながら、もう一方では起こりつつある事態をいかに的確に剔出するかという、批評的視線の強度を遺憾なく発揮している。
 歴史を語るとは、すでに確立されてしまった現在を前提にして、安全地帯からの高みの見物で「あれもあった、これもある」とトリヴィアを掘り起こすことではない。来るべき未来に向けて、現在を再編成することなのだ。当然そこでは「すでに確立されてしまった現在」こそが俎上に載せられ、ずたずたに切り刻まれることになる。

 今回のプログラムでは、演奏の強度の炸裂(対象作品のラインナップがNY以外からの来日組であったり、やや以前の録音のリリースだったりしているのが興味深い)と批評的視線の強度の屹立が、見事に拮抗していたように感じられた。そこにはゲスト蛯子健太郎の「図書館派」(?)らしい卓越した心象風景語り(この演奏にはコレと推薦図書が出てきそうな)も大きく貢献していたように思う。

 さて、いつものことながら、以下に記すのは私自身の興味関心に引き付けて再構成したリポートなので、当日の全貌を客観的に報告するものではないことをお断りしておく。当日のプレイリストについては、以下のURLを参照していただきたい。
http://gekkasha.jugem.jp/?cid=43767
ライブラリ0_convert_20141030160056


 前々回にBrad MehldauとのデュオMehlianaが採りあげられた話題のMark Guilianaで開幕。ここは続くJim Black Trio, John Hollenbeck参加のAnna Webberと最初3枚を並べてとらえたい。それが益子の選盤の意図でもあろう。
 揺れたり走ったり二の足を踏んだり‥‥Guilianaの「不整脈ドラム」に対し、その上に漂うキーボードはほんわかしたメロディを「ベタ」に奏でている。リズムの揺らぎは上モノに何ら影響を及ぼさない。これは前回の冒頭に採りあけられたJose Jamesにおけるドラムとヴォーカルの関係に等しい。無論、前回のヴォーカルに比べ、今回のキーボードは遥かに存在感が希薄で、それゆえに不整合が目立つ結果となっているのだが。いずれにしても私の耳には「マニエリスティックな操作」と聴こえてしまう。感想を問われた蛯子が「音楽を外したところで共有しているギリギリ感」を指摘していたのが興味深い。
 続くJim Blackは彼独特の踏み外しながら打ち込んでいくドラムとピアノの打鍵が、ボクシングのスパーリングのパンチとミットのようにぱしぱしと呼応し、ジグザクのピースが見事にはまり合っていく快感。ここでBlackによる「作曲」とは、フレーズではなく、まさにこの高速で転がりながら自らを形成していく、この立体パズルのピースの「組織」のことであるだろう。息つく暇もない目まぐるしい疾走感覚が常に保たれているのが素晴らしい。蛯子による「木漏れ陽」「ピントが合わない」との表現も、このちらつき感覚を指しているように思う。前々回の時にMehlianaについて多田が「CDはつまらない。でもyoutubeのライヴは素晴らしい」と行っていたが、ライヴ演奏でMehldauとGuilianaが繰り広げる丁々発止「のるかそるか」のやりとりの緊迫感は、このトリオの演奏に近いように思う。
 これがAnna Webberまで行ってしまうと、点在する明滅が増殖し、次第に音数を増やして瞬く組織体をつくりあげる様は、Hollenbeck印のブランド品を眺めているような気分になってくる。もちろん益子の言うように、打撃の余韻の短さ、音色の軽さが香らせるオモチャ感覚など、独自のスタイルは感じられるのだが、どうしてもそれがブランド確立のためのマニュアルにしか感じられないのだ。これはとりわけ彼の崇拝者であるAnna Webberの視線のせいかもしれない。その点、蛯子の「子ども時代に触れた本物の手触り」という感想には、噛み締めたい豊かな含みが感じられる。
 ここで並べられた三つの作品は、ドラムのリズムの不均衡/不整合を基軸とした構成と言う点で共通しているが、手づくり感溢れるアマチュアな実験(Guiliana)から、プロフェッショナルによるライヴな構築(Black)を経て、ブランド品製造管理マニュアル(Webber/Hollenbeck)に至るスタンスの幅を示している。個人的にはBlackの疾走感が好ましかったが、逆に言うといつも通りで意外性や新鮮さには乏しく、演奏の強度という点からはどれも採れないように思われた。そうした必ずしも傑出しない作品を並べて、潜在するある「ライン」の存在を浮かび上がらせる、益子の編集の妙が光るとする所以である。
もうひとつ興味深かったのは、蛯子が見せる個人的な物語へと向かう想像力である。彼の言う「要は『人』だ」という発言には、最初警戒したのだが、彼の話を聞いていると、作者の意図ばかりを詮索し、その拠って立つところを個人の経歴や人間関係に求め、結局すべてを「人生」に解消してしまう「人」派の悪習は感じられない。むしろ演奏者の脳裏に映っている景色をヴィヴィッドに描き出す印象がある。これについては後ほど詳述する。
ライブラリ2_convert_20141030160405 ライブラリ3_convert_20141030160433


 来日時のライヴ会場で益子が本人から直接購入したというJoachim Badenhorst『Forest//Mori』が続く。1点ごと異なるという手づくりのカヴァーが美しい。音はと言えば、何物とも知れぬ不穏な物音が不明瞭な輪郭とともに立ち現れ、管楽器の音と言われても、そうかもしれないし、そうでないかもしれないと判断を保留しそうな「うめき」や「軋み」、「破裂音」等が正体不明のまま立ち騒ぐ、音の「心霊写真」とでも言うべきシロモノ。にもかかわらず会場のウケは良かった。多田は前半から早くも登場した「ダークサイド」に「何かを表現しているということではない」と興奮し、感想をと振られた津田貴司は「民族音楽的なものと関係があるのだろうか。背後に何かを感じる」と答える。蛯子は「異なる場所で録音された」との但し書きに注目し、場所との交感を暗示する。総じて聴き手はこれまでの作品とは異なる演奏の強度に注目し、それを「新しさ」ととらえたようだった。
 「いろいろな場所で録音」と明記し、環境の違いをフィーチャーしながら「名所絵」的な「風景と私」という構図をきっぱりと遠ざけている点に、確信犯的な意志の強さを感じずにはいられない。クラリネットは息の破裂や管の軋み、倍音の揺らぎへと「本来の」音色の輪郭を解体し、メロディをくぐもった声それ自体の重みで崩壊させ、周囲の物音(おそらくは本人の足音等も含まれていよう)と融通無碍に相互浸透を許し、それらを丸ごとオフでとらえる。これが写真だとしたら、一体何を写しているんだかわからない茫漠とした画面の広がりの中に、場の「生地」が露呈している。唯一のデュオ曲では、楽器としての輪郭がわからなくなるほど管に接近し、二本の管楽器から放たれるうなり声と管の鳴りとリードの軋みが統合失調を来したまま、ひたすら混じり合う様をまんじりともせずに見詰め続け、内部から何か得体の知れないものが「でろり」と溢れ出てきたとの印象を与える。エクトプラズム? そう、やはりこの音像は「心霊写真」的なのだ。見ていなかった、そこにはないはずの何かの映り込み。誰の眼差しでもない防犯カメラの視覚がとらえた不可思議な現象。ここまで三つ続いた演奏が、不安定な揺らぎを扱うようでいて、確固たるプレイヤーシップを踏みしめていたのに対し、ここでは技術や意図は輪郭を失って、ただ聴きたいという「リスナーシップ」的な欲望と感覚の鋭敏さが突出している。
 益子によればBadenhorstはベルギー出身ながら、NYダウンタウン・シーンでも多くの作品にバス・クラリネット奏者として参加しているという。しかし、どんな演奏だったか、まるで思い出せないとも。「個性」を殺し、アンサンブルの裏方に徹する彼の内にたぎる欲望とは何なのだろうか。

 Hugues Vincentと森重靖宗のデュオもまた、前者の来日を契機として、ここに登場した盤。来日ライヴを聴いた益子が「ライヴよりCDの方がいい」という理由として、CDでは単に音や響きとして聴けるものが、ライヴだと「あんな風にして音を出しているのか」と見えてしまって、「特殊奏法の結果としての音や響き」から離れられなくなってしまうとしていたのが興味深い。我々の五感は生存のための感覚であり、適切な行為を導くためにある。つまり耳は音の正体をつかむまでは注意深くそばだてられるものの、正体が判明し「逃げなくても安全」とわかりさえすれば、もうその音に注意を払わなくなってしまうのだ。
 演奏自体は音が生き物のように、あるいは自然現象のように、つまりは向かい合う二人の演奏者と言う固定したフレームを超えて、ぶつかりあい、すれ違い、溶け合い滲んでいく素晴らしいもの。その音/響きの次元への徹底した没入により、ひとり孤高を歩むように見える森重が、このように双子の赤ん坊が睦み合うような親密さを手に入れることは珍しい。二人の共演歴の長さだけでなく、本質的な相性の良さを感じる。様々な異なる音色の間を彷徨しながら、より滑らかに音を紡ぎ続けるVincentに対し、よりストイックに削り込まれた集中を見せ、より多く聴き沈黙を恐れない森重という違いはあるものの。

 「タダマス」常連の一人「バンジョーのSteve Vai」ことBrandon Seabrookが花火のようにサウンドを吹き上げ、希薄に拡散しながら星々を輝かせるVinnie Sperrazza『Apocryphal』からの楽曲は、「最近のLee Konitz的」と益子が評する通りの、とぼとぼとそぞろ歩くようなLoren Stillmanのアルトを得て、単に爆裂的に弾けているだけではない、「しみじみと、とっ散らかった」絶妙な空間の様相を提示してみせた(それゆえ私には、演奏というよりサウンド・インスタレーションのように聴こえた。不思議な話だが)。自ら袋小路にはまり込んでいくようなベース、急に刻みが変わるドラムのねじれた絡みも素晴らしい。
 続けて「それでは口直しに‥」と益子が最後にかけたのがNate Radley『Morphoses』。才女Kris Davisの夫君だというRadleyの、どことなくBill Frisellを思わせるギターが緩く響く。以前、締めにBon Iverをかけたのと同趣向のウェルメイドなエンディングととらえていたら、蛯子が意外なほど鋭い突っ込みを見せる。「鬱血した感じ。四方を壁て囲まれていて、紙飛行機を飛ばしてもまっすぐ飛んでいけず、すぐ壁にぶつかってしまうみたいな‥」。
 私には蛯子の指摘が冒頭の「音楽を外したところで共有しているギリギリ感」からまっすぐつながっているように感じられた。ここでアンサンブルはFrisell的な「アメリカーナ」を下絵として、それを「はみ出さないように」内側から怖々となぞっている。もともとVan Dyke Parksが織り上げたアパラチアン・ミュージックのコラージュにしても、John Faheyによるブルースやブルーグラスの換骨奪胎にしても、いや、そもそも「アメリカーナ」自体が捏造であり、神話なのだ。そして神話の語り部たちは、自らがそれを心から信じることで神話を成立せしめる。そうでなければただの詐欺師だ。Radleyが自分のアイデアを信じてないくせに、それを中途半端に演じている覚悟のなさを、蛯子は厳しく突いている。これはとてもクリエイター的な視点だと思う。「ミュージシャン的」とあえて言わなかったのは、ミュージシャンには「自分がいい演奏が出来さえすればそれでいい」という、プレイヤーシップに寄りかかった自己完結的なところがあるように感じているからだ。一ミュージシャンとして入って、バッキング付けてソロ取って終わりで、全体については関与しない仕事の機会が多いからかもしれない。

 蛯子のグループである図書館系ジャズユニット「ライブラリ」のCDを会場で購入した。もともと詩人である三角みづ紀は歌うだけでなく、詩を読み語る。蛯子の操作する電子音が空間を震わせる。アレンジメントは多彩というより、劇や映画の各場面に付されたように、それぞれが異なる場所にひとりぽつんと立っている。だがそれは単にバラバラということではない。サックスの艶やかな響きとうつむいた翳りが、ピアノの冷ややかなきらめきと暖かく懐深い包容力が、ドラムのつくりだす空間の広がりと引き絞られた焦点の濃密さが、ヴォイスの落ち着いた歩みと歌声の不安定な傷つきやすさが、それぞれを魅惑的にとらえたアングルの中に浮かび上がりながら、それらを連ねるまだ語られぬ物語の存在を暗示している。それとも、そうした間テクスト的な物語が芽生えるべき空間として、図書館が名指されているのか。
 「ライブラリ」のウェブページを見ると、次のように書いてある。

 リーダーである蛯子健太郎が、「どのような気持ちでメンバーを率い、音を出したか?」がほぼ全てと言ってよいライブ。「結果オーライ」ということは存在しない、「結果失敗」は可能性としてはあり得る。もちろん全力で避けるが。ご来場下さる方の、貴重な時間とお金を費やして頂くに値する、コミュニケーションを達成したいと思います!

 これは不思議な宣言だ。少なくとも絶対的な「親分」としてグループを掌握しているリーダーは述べそうにない言葉だ。蛯子はグループ・リーダーというより、プロジェクト・リーダーなのだろう。まず人選から始め、メンバー間の人間関係/役割分担をつくりあげ、彼らが抜擢にふさわしい能力を発揮できる環境の整備に奔走する。「ライブラリ」のメンバーたちは固定されているものの、演奏の度ごとに改めて選び直されるのだろう。そこでメンバーひとりひとりは独立した人格/個性というより、複数の性格の異なるテクストの束であり、蛯子はそれを読み直し、取捨選択し、関係の線を張り巡らし、戦略的な配置を試みる。これはとりわけ日本という、単一民族/単一文化というあからさまな嘘を敷き詰め、階級もなく平等だと偽り、個人/個性の揺るぎなさを賞賛し、誰もが意思を通じ理解し合えるとばかりに亀裂を封じ込める風土においては、極めて異例な取り組みだろう。こうしたことを発想できる背景には彼の滞米生活体験が活きているのかもしれないし、ジャズを知らず、楽器演奏経験も乏しく、自前の楽器すらないにもかかわらず、ビックバンドのオーディションにも、チャーリー・ヘイデンの個人レッスンのセレクションにも通ってしまうのには、プレイヤーシップでもミュージシャンシップでもない何かを、人が彼のうちに看取ってしまうからなのだろう。
 蛯子健太郎と「ライブラリ」、注目すべき存在である。幸い、来月末に喫茶茶会記でライヴの予定があるようだ。


図書館系ジャズユニット「ライブラリ」ライヴ
11月28日(金)  open 19:30 start 20:00
於 四谷三丁目綜合藝術茶房喫茶茶会記
ライブラリ 蛯子健太郎(wb), 三角みづ紀(vo), 橋爪亮督(sax), 飯尾登志(p), 井谷享志(perc)
料金 2500円

ライブラリ1
        ライブラリ/ライト


スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 16:13:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad