■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

特定の場との共同作業 − 小川敦生・津田貴司デュオ ライヴ・レヴュー  Collaboration With Specific Site − Live Review for Atsuo Ogawa & Takashi Tsuda Duo
えじき2_convert_20150214154725
 初めて行く黄金町「試聴室」は京浜急行黄金町から日の出町へ少し戻った高架下にあった。中に入ると一部の建て組みは木材で出来ていて、斜め天井に設けられた天窓の外に高架との隙間からマンションが覗いている。ステージ側は本日のプログラム『黄金のえじき』のために、4台のTVモニタが床に積み上げられ、サウンド・インスタレーションを構成する長いスプリングが壁から張り渡され、さらにそこから映写機のリールに釣り糸がつながれている。雑然とした空間に張り巡らされた様々な仕掛け。
 ステージに向かって右側は狭い側道をはさんですぐに建物が並んでいるのだが、左側は幅の広い歩道と車道を経て大岡川に面して開けている。しかし、人通りは少なく、思ったより音は聴こえてこない。もちろん高架下なので上を走る列車の通過音が響くのだが、JRの高架下に比べるとはるかに静かで、構造物により騒音がかなりの程度濾過されて聴こえる。特に高音成分は少なく、レールの軋みや鳴り、ブレーキング・ノイズ等は聴こえない。それでも上から頻繁に降ってくる通過音や隣接するアトリエから響いてくる作業の物音等は、天井に向けた空間の倉庫めいたがらんとした広がりと相俟って、ここが半分「外」であるような感じを与えていた。


えじき1_convert_20150214154654
 用意された4つの演目のうち3つ目が終了したところで、事情により退出してしまったので、観たうちで最も印象に残った2番目の小川敦生と津田貴司のデュオについてリポートすることにしたい。

 最初のプログラムの終了後に、Gunvor Grudel Nelsonによるモノクロのフィルム(youtubeからの動画ファイル)『My Name Is Oona』がスクリーンに映し出された。金髪の幼い少女の姿が、移動する視線により、様々な角度からとらえられる。少女は外を歩き、友達と転げ回り、白馬にまたがる。映像は時に白黒を反転させ、二重露光によって重ね合わされて、ちらつきさざめきながら変容する明暗のハレーションと何物かの姿/影を絶え間なく往復する。そうした視覚的流動に、少女による「My name is Oona」というつぶやきを、スティーヴ・ライヒ『Come Out』と同様の位相差変調が施され、声はたなびきながら旋回し、やがて輪郭を失ってくぐもったうなりと化し、強迫的に反復される。この「音響化」は視覚にも強く働きかけ、映像の抽象化/脱・意味化を促進せずにはおかない。少女の肢体に向けられた明らかにエロティックな視線(フィルムの制作者は女性とのことだが、だからそこにエロスがないとは言えまい)は、脱水機にかけたように取り除かれてしまう(だがむしろ眼差しの手触りの「記憶」としてまざまざと残される)。エンドロールのクレジットにはライヒの名前があり、手法の借用ではなく、本人の仕事だったかと驚かされる。
 後で、この作品を選んだ小川に聴いたところによると、制作にはロサンジェルス・テープ・センターが絡んでおり、60年代の当センターは、(テープ)音楽だけにとどまらず、様々なアート領域の交差点として機能しており、越境的な共同作業により様々な興味深い取り組みがなされたのだと言う。

 やはり小川選曲のBGMに続き、小川と津田のデュオが始まる。あらかじめFacebook上で「互いのソロが重なったり重ならなかったりする形態での演奏を予定しています」と事前告知されていた通り、ステージ前にはパイプ椅子に座りバンジョーを抱えた小川ひとり。傍らにスネア・ドラムのスタンドが設置され、ドラムの打面には何やら白い円盤状の物体が置かれ、マイクロフォンがセットされている。
 小川が弦に触れる。ごく短いフレーズがふっと空間に放たれる。しばらくして、また思い出したように弦が爪弾かれ、やはり短いフレーズ、あるいは二つ三つ、あるいはただ一つの音が響く。インプロヴィゼーションではないだろう。演奏は淡々と進められ、即興演奏特有の集中がもたらす強迫性は感じられない。冬の陽だまりの中で昔を思い出すようにわずかな音が爪弾かれ、それが思い出に吸い込まれてしまうと、それをまた懐かしむように、弦の響きが置かれる。
 どこからかチャイムの音がするのにふと気がつく。天井から降ってくるようにも聴こえるが、はっきりとはわからない。駅から風に乗って届けられるのかとも思うが、他の騒音は聴こえない。一度気がついてしまうと、間を置いて鳴るそのチャイムの音は、小川の演奏に重ね合わされ、関係づけられずにはいない。しかし、小川はチャイムの音に合わせて演奏している訳ではない。降り始めたばかりの雪のひとひらのように、ふっと空中に現れる音は、小川の肩にかかり、あるいは足元に落ちる。身をかわしているようにも見えない。彼にはチャイムの音は聴こえていないのだろうか。いずれにしても、チャイムの音に「合わせない」ことにより、そこには多様な関係性が生まれている。
 どこからか潮騒が過る。いぶかしく思って、それとなくあたりの様子をうかがうが、これもまたどこから聴こえてくるのかわからない。二、三度繰り返すうちに、津田が『十二ヶ月のフラジャイル』でも使っていたラジオのホワイト・ノイズだと気づく。柱の向こうにちらりと津田の姿が見える。ラジオの向きを変えながら、客席を静かに歩き回っているようだ。音は遠ざかり、揺らめき、方向を変えて、周波数成分が違って聴こえ、あたりの音と溶け合う。いつの間にか気にならなくなっていたが、ずっと続いている列車の通過音。客席の椅子の音。背後の厨房の物音。スタッフがファンヒーターにタンクをセットして点火する物音。隣接するアトリエの話し声。前列の女性が袋をぱりぱりと鳴らしながら「あられ」を食べる音(彼女の頭の中では、きっと口の中で「あられ」が砕ける音が一番大きく響いていたことだろう)。バンジョーとチャイム、ホワイト・ノイズが浮かび上がらせる陽炎のような音のかげ。
 増幅度が高く、解像度の低い聴取モードの中にたゆたっていたら、急にこぽこぽと鮮明な水音が響いて驚かされる。すぐ横に巻貝を持った津田が立っていた。巻貝に水を入れて傾け、回しながら音を立てるという、小杉武久の演奏に触発されたやり方は、これまで何度となくスティルライフや彼のソロで聴いてきたのだが、こんな鮮明に粒立った響きは聴いたことがなかった。ひとつには音源との距離があるだろうが、それだけではなく、聴取のモードが関係しているのではないか。水音は遠ざかり、柱の向こうを回る時には一層小さくなった。水音が加わることにより、音の配置が生成する空間の様相は、さらに豊かで複雑なものとなった。一様な空間の中に点在する各種の音源が、個々に音響を放出しているというサウンド・インスタレーションの等質性とはまた違った、襞や折り目のようなものが感じられる。
 津田がステージ前にたどり着き、しばらくは巻貝を揺すり続ける。やがて音叉を手に取り、叩いた音叉を押し付けてくぐもった呻きを立てる。一方、小川はバンジョーを抱きかかえて、眼を瞑っている。津田がオートハープを手に取り、弓を操って弦を軋ませ、響きを立ち上らせていく。バンジョーの音が止み、いつの間にかチャイムも聴こえなくなった空間を、弦の響きがねじれながらゆっくりと渡り、匂うように渦巻きながら空間を満たしていく。その水位の上下する合間に様々な物音が姿を覗かせ、列車が通過していく。

 終演後に小川に尋ねたら、スネア・ドラムの上に置かれた円盤は、オルゴールのロール・ペーパーなのだと言う。本来、曲に合わせて穴をパンチし、円盤がモーターで回転するにつれ、パンチ穴の位置に合わせてオルゴールが鳴り、曲が演奏する仕掛けなのだが、それを1周に2つの音しかパンチしなかったとのこと。これにより、間を置いて、周期を意識させずに音を発することができる。不思議なチャイム音の正体はこれだった。また、円盤の摩擦音やモーターの動作音といった微弱な響きが、スネア・ドラムのスキンを震わせ、またマイクロフォンで拾われて室内に流れることにより、うっすらとしたドローンをかたちづくっていたこともわかった。ちなみにオルゴールのスイッチはバンジョーの演奏を終了した時点でオフにしたとのこと。
 バンジョー演奏については、以前につくった曲をあるルールの下で演奏したと言う。ここで彼が定めたルールは次の通り。

1.一つの動作(たとえば一つのストローク)で演奏できるところまで演奏して、そこで一区切りとする。
2.一区切りで演奏した音の残響が完全に聴こえなくなるまで、次の音は出さない。
3.オルゴールの音は聴かないようにし、それとは無関係に演奏する。

 それまでメール等をやりとりしたことはあったものの、直接あったのはこの日が初めてだという小川と津田の二人は、それぞれの仕方でこの場の特性と可能性を探り、単に背景として利用するのではなく、共同作業の相手として活かすことに努めていた。そして試みは成功したと言えるだろう。なぜなら、そのことがこの場の空間を仲立ちとした二人のデュオを、結果として素晴らしいものとしたのだから。


 途中退出により、小川の凝りまくった選曲によるBGMを全部聴けなかったのは、返す返すも残念でならない。彼のFacebookから選曲リストと各トラックの解説を転載しておきたい。
えじき3_convert_20150214154754
Gualbertoはスペインのファズ・サイケSmashのVo。あまりにふやけてネジの飛んだアシッドフォークな内容から、レーベル・コンピレーションと抱き合わせで発売された1stソロから。
Hugues Le Barsは、人声のループに器楽音重ねて、歪んでポップな舞台音楽拵えるフランスの奇才。
PtoseはフランスのResidents?いや、Renaldo and The Loaf(笑)。
Philemon Arthurはスウェーデンのアシッドフォーク…いや、近隣住民との総意と創意で唄う戯れ歌。
Jaakko Kangosjarviは、ポストパンクの衝動に駆られて鳴らす、フィンランドのトイ歌謡。
Dogliottiはカドンベのリズムに乗ってラウンジ奏でるウルグアイのオルガン奏者。Ruben Radaをはじめ、El Kintoの曲を何曲かカヴァーしています。
Anton Bruhinは、日本では口琴奏者として知られているだろうスイスのダダイスト。その1stはタガの外れたトラッドフォーク。
Human Skabは、当時10歳の少年によるDIYパンク。妙にブルースがかった唄い回しが味。
Toupidek Limonadeは、ノスタルジックな旋律をガタガタと辿るフランスの玩具シャンソン・バンド。
TFLU282のメンバーにして低速カントリー・バンドU.S. Saucer率いるMr. Hagemanのソロは、一向にチューニングが合わないラジオから聞こえるカントリー。
元HomosexualsのAmos率いる数あるユニットのひとつL. Voagも、やはりふやけにふやけたアヴァンポップ。
Hagler – Hausermann – Schutzは、スイスの越境的ジャズマン3人による、トイ・セッション。
8 Oder 9は、Curd Ducaが在籍していた、余興で鳴らしているのかと思わされるオーストリアの脱力ポストパンク。
Danielle Lemaireは、世界をドールハウスの中に収めんとする乙女計画目論むオランダのアーティスト。
Point Of Yuccaという名コンピ・シリーズをリリースしていたYucca Tree Record主宰するスイスのDiledadafishは、キーボードによる即興でサイケにぐらぐらするアンビエントを拵える。
Rene Bertholoは、ポルトガルのアーティストにして、自作の電子楽器をバージョンアップし続けた人物。
元The Static / Theoretical GirlsのBarbara Ess含む女性トリオY Pantsは、トイピアノ・ポストパンク!
名インプロバイザーRudiger Carl含むトリオBlankは、ガチャガチャとしたガラクタの中からオブジェクティブなリズムや旋律見出す頓智セッション。
Simon Wickham-SmithとRichard Young2人の演奏は、即興ともコンポーズとも言い難い、楽器の遠投競っている内に出来た代物ぽい。
Les Granulesは、カナダの名コンビRene LussierとJean Deromeによる、オーバーダブなしのロックアンサンブル。
MarsのMark CunninghamとLucy Hamiltonによるブラス・プロジェクトDon Kingは、ドラムをArto Lindsayが兄ちゃんと一緒に叩いています。ちなみにこの曲のリミックスはClint Ruin (Jim Foetus)とRoli Mosimann…つまりWisebloodが担当。


2015年2月11日(水・祝) 黄金町『試聴室』
『黄金のえじき』第1回 
企画:佐藤実、小川敦生
出演者(出演順)
 minoru sato -m/s
 小川敦生・津田貴司デュオ
 SUISUI吸い吹(古池寿浩tb、戸井安代cl、長谷川真子fg、川松桐子tb)
 佐藤貴宏(TVバンド)


『My Name Is Oona』(1969)
えじき4_convert_20150214154830https://www.youtube.com/watch?v=_oWKuLC3jus
http://www.dailymotion.com/video/x1flb3_my-name-is-oona-1969_shortfilms

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 15:53:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad