■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

歌女との二度目の遭遇  My Second Encounter with Kajo
1.池袋バレルハウス
バレル1_convert_20150224233712
 Facebook上で池袋駅C1出口からの道筋を示してくれた原田正夫の絶妙のナヴィゲートにより、初めての場所にもかかわらず、珍しく迷うことなくたどり着く。目指す場所は1階が中華料理屋の雑居ビルの2階(ちなみに3階はタイ式マッサージ)という絶妙なロケーションに位置していた。店のウェブページでは予約を受け付けていないことと狭さが強調されていたため、用心して開場時間の少し前に行くと、さすがに誰もまだ並んではおらず、店主が親切に店内に入れてくれる。おかげで開演前のリハーサルの様子を垣間見ることができた。
バレル2_convert_20150224233744
 すでに「歌女」のトレードマークというべきセパレート・ドラム・キットはほぼセッティングが終了していて、藤巻はまだ来ていなかったから、スキンの張りを確かめている石原が持ち運びとセッティングを担当しているのだろう。横置きにしたバス・ドラムのまわりにスネアとフロア・タムが配置され、打面や床の上に金属ボウルが幾つも置いてあるのは水道橋Ftarriの時と同じだが、シンバルの枚数が多かったり、大型のタンバリンが取り付けられていたりと、微妙な違いが見受けられる。
 セッティングの仕上げにかかる石原をよそに、高岡がピアノ用の椅子に腰掛け、ひとり壁に向かってチューバの音を出し始める。循環呼吸により、息継ぎによる休止のないロングトーンやフレーズが海原に向けてはえ縄を繰り出すように紡がれていく。それは運指練習というより、チューバの各部と部屋の鳴りを探りながら、複雑に折り畳まれたチューバの管の中の空気の動きと重みを確かめているように思われた。
 この後、少しして原田が到着し、新しく購入したザブンバ(ブラジルの大太鼓様の打楽器)を携えた藤巻が現れ、さらには「タダマス」の二人(多田と益子)までカウンターに揃うという思いがけない展開となり、高岡による非常に興味深い打楽器やマイク/録音に関する話が出たりするのだが、それらは演奏の様子と絡めて紹介することとしよう。


2.歌女@バレルハウス20150214(前半)
バレル3_convert_20150224233824
 演奏はまず藤巻のソロから始まった。フロア・タムの打面に置いたシンバルを揺らし、両手に持った小マラカスを振りながらドラムの各部をヒットし、あるいは擦って、右足では床に置いた円筒状のマラカスを転がす。可能な限り多くの音を異なる場所から繰り出すせわしない動きは、やがて収斂し、音を空間の各所へと分散配置しながらも、それぞれの音出しは効果的に絞り込まれ、納まるべきところへと納まって、熱帯雨林を思わせる音風景を描き上げるに至る。それがグルーヴにまで収斂してしまわないのは、リフがあっても周期をずらすなど、音の生成の多元性/多層性が保たれているからにほかなるまい。これは眼を瞑った方が楽しめる音だ。
 高岡がボウルを拾い上げ、その底にマウスピースを逆向きに押し付けて吹き鳴らす。細く甲高い響きが空間を突き刺し、さらには高速のフラッターへと転じる。息の強さやボウルの底とマウスピースの圧着具合を変えて、息漏れを生じさせたのだろう。量子化された響きとシンバルの打撃の余韻が重なり合う。続いてはチューバに柔らかく吹き込まれた息が寸断されたあえかな震えをつくりだし、フロア・タムのスキンの震えやフレームの鳴り/軋みと響き合う。息に泡立ちが混じり、ミクロでこわれやすい息の景色が膨らんでいく。循環呼吸による継ぎ目のないロングトーンは鳴るか鳴らぬかの水面ぎりぎりを飛行し、絶えざる息の流れのもつれ/乱れや、立ち上がる「息の柱」のふらつきを明らかにしながら、電子音的なドローンへと至り、指の腹で打面を擦る震えと溶け合っていく。

 ここで石原が加わり、フレーム・ドラムの打面に粘着テープを貼っては剥がしを繰り返す。打楽器奏者が二人に増えて音数を増しながら、破片を生み出すばかりで流れをかたちづくるには至らず、総体として高岡のつくりだすドローンにたゆたい浮き沈みする演奏は、いささか澱んだ膠着状況を抜け出させずにいた。
 高岡ふっと吹くのを止め、足元にあったボウルを蹴飛ばし、藤巻にパスし、なおも足先で弄ぶ。裸の金属音が、ドローンの消え去った空間に剥き出しのまま響く。石原が小シンバルでバス・ドラムの打面を擦ル。高岡が再びチューバを抱き、ベルにボウルを突っ込んで息を吹き込む。吹き上げられたボウルが踊り、吹奏とあいまって破れ鐘のような音を立てる。藤巻がフロア・タムを両面から叩き、新鮮な音色を付け加えると、チューバがそれを煽って音の密度が再度高まるが、もう音は澱むことなく流れ始めている。今度は二つのボウルがチューバに投げ込まれ、息の震えでぶつかり合い、虫の音を拡大したようなLucio Capece的音響を放出する。
 この日は三人のみの演奏であり、Leo Dupleixによる持続が緩衝材として働いた水道橋Ftarriの時とは異なる。それゆえ、このように流れが滞る場面が時折見られた。だが、そんな時、ここに描き出したように、高岡が大きな身振りで全体をコンダクトし、二人に「気づき」を与える。水路が組み替えられ、新たな掘り割りに水が再び滔々と流れ始める。
 ノンブレスによる滔々たる息の流れは、ホラ貝に似た吹き鳴らしを経てさらにうねり、石原と藤巻による連打の重ね合わせを導き出す。打点をコントロールし、振動を巧みにミュートして鳴りっ放しにせず、音と音の隙間をくっきりと保つところが、フリー・ジャズ的な放埒さと彼らの演奏を分つ大きな違いだ。ビートも注意深く収斂を回避し、より分散的な方向を目指している。だからこそ、細かな打撃の網の目が重なり合っても、それを通して、高岡による連続した音響のスペクトルが透けて見えるのだ。ここでチューバは珍しくフレーズの枝から枝へと飛び移るような多弁なソロを聴かせ、高らかにさえずってみせる。フレーム・ドラムでミュートしスキンの振動を加えた霧笛を思わせる響き。吹きながら、ボウルで床を叩くことを忘れない。


3.インターミッション1
バレル4_convert_20150224233907
 開演前に高岡は、藤巻が手に入れたザブンバの軽さや大きさからは想像できないほどの低音の伸びについて、あるいは石原がこれも最近入手した中古のティンパニ・セットについて、さらには60インチ(1.5m)口径の大太鼓を吊るすフレームが大きすぎて車に乗らないため購入を見合わせた話等をしていて、原田が「打楽器奏者が三人いるみたいだ」と感心していた。高岡自身、打楽器に対する関心の高さや共演者に打楽器奏者が多いことをブログ等で述べている。前回の「歌女」レヴューでも少し触れたが、彼の視点は「メロディ担当の管楽器奏者がリズム担当の打楽器奏者を見る」というのとは違うように思う。彼の演奏自体が、吹奏パルスやボウル叩き等によるパーカッシヴなものの創出を、ふんだんに含んでいることを思い出そう。彼の打楽器への関心は、そのまま「歌女」の「アンサンブル」の基本である「透明性/透過性の確保」に結果しているように思う。すなわち、パーカッシヴなものの力能が最大限に発揮されるのは、多方向から多元的に射出される音響の衝突においてであり、かつそこで生み出される音響の網の目の重ね合わせが、決して「網の目」をつぶしてしまうことなく、向こう側が透けて見える「透明性/透過性」を確保しなければならないという音響哲学だ。ここで音と空間が緊張関係の下にとらえられていることに注意しよう。

 開演前にもうひとつ話題になっていたのは、高岡が録音を担当したJohn Butcherの新譜『Nigemizu(逃げ水)』だった。話はコルグのワンビット・レコーダーからマイクロフォンへと至り、ワンポイント録音のマイク・セッティングの話となった。私がドキリしたのは、彼がヒュー・トレイシーをはじめ、1950〜60年代の民族音楽の現地録音が好きだと言い、無指向性マイクロフォン2本により空間を丸ごととらえる仕方を賞賛したことだった。これは現在の録音方式の主流である、指向性の強いマイクロフォンを多数立てて、それらの間のバランスをミックスの際に取り直すマルチ・マイクロフォンのセッティングと対極にあるだけでなく、やはり指向性の強いガン・マイクにより、鳥の鳴き声を種を同定可能な、つまりは他の音響を可能な限り排して対象を背景の前にくっきりと鮮やかに浮かび上がらせるフィールドレコーディングの仕方とも異なっている。
 むしろそれは、私たちがECM録音の響きの滲みについて、Derek Bailey & Min Tanaka『Music and Dance』で聴くことのできる空間に侵食されぼろぼろになった音響について、Francisco Lopez『La Selva』の眼の眩むようなオールオーヴァネスについて、クォーツ録音の「in situ」性について、あるいは『松籟夜話』で音響・即興・環境の三題噺について語ってきたこととまっすぐにつながる。実際、『Nigemizu(逃げ水)』の録音は、John Butcherの素晴らしい演奏を、周囲の空間に沸き立つ響きの香り/手触りごととらえた、それはそれは見事なものなのだ。


4.インターミッション2
バレル5_convert_20150224233937
 歌女のCD『盲声(Blind Voices)』について、原田が高岡に最近購入してから毎日聴いているのに全然飽きないという話をする。ヒュンヒュンというスティックの風切り音とか、クリシェというか、いかにも「ああやってるな」という音が出てくるのに、他と違って全然鼻につかない‥‥と。それはやはり覚えられないような演奏をしてるから‥‥と高岡。傍らで聞いていて、そうなのかなと思う。
 確かに歌女の演奏にフリー・インプロヴィゼーションの決まり文句を見つけるのはたやすい。だが、そのことは演奏が新しい局面を開いているかどうかとは、差し当たり関係がないのではないか。例えば小説家は聞いたこともない珍奇な表現や耳慣れぬ新造語で埋め尽くさなければ、新たな境地を切り開く作品を書けないだろうか。そんなことはない。フリー・インプロヴィゼーションの領域でも、超絶技巧や創作楽器による楽器の表現領域の拡大や、非正規的な使用によるノイズの創出が盛んにもてはやされたことがあった(と言うより依然としてそうした傾向は強い)。しかし、そうした新奇な表現もまたすぐにクリシェ化する。それは、新奇な音の「新奇さ」に演奏の成立を委ねてしまうからだ。より具体的に言えば、ソロの強度を保つための「飛び道具」として使うからにほかならない。
 歌女において、各演奏者が放つ音響、紡ぐフレーズは、すべて他の演奏者の音響/フレーズと重ね合わされることを前提にしている。そこにソロとバッキングという階層的な役割分担は存在しない。それは複数のソロの応酬でもない。なぜなら各演奏者は自らの音を閉域へと囲い込まず、境界を開け放ち、音響を「共有地」たる空間へと解き放つからだ。そのために彼らはみな、自らの音に「空所」を用意する。それは打撃と打撃の間にくっきりと刻まれた間であったり、継ぎ目のない吹奏の向こうが見透かせる希薄さであったり、得体の知れない吐息やつぶやきのようなものであったりする。それらが演奏を聴き届ける耳に重ね合わせを要求する。私たちはチューバによるドローンの薄いヴェール越しに弓弾きされたシンバルの倍音に耳を澄まし、両側から押し寄せるドラム各部の連打の嵐の中にくっきりと保たれた空隙から逆巻く息の流れを覗き込む。そこで対象はさっきまでとは全然別の姿をしている。すべては混ざり合い、揺れ動き、化学変化を起こしながら、自らを更新していく流動変転のうちにある。


5.歌女@バレルハウス20150214(後半)
バレル6_convert_20150224234007
バレル7_convert_20150224234040
 後半の演奏は、フレーム・ドラムの打面にマウスピースを押し当てて吹き鳴らすことから始まった。押し当てる位置や強さにより、スキンのテンションや息の漏れ具合が変化し、サウンドの風合いが変わっていく。さらにフレーム・ドラムにボウルを載せてプリペアすると、何だか飲茶屋の給仕のような姿になる。バス・ドラムとザブンバの打面を擦る藤巻も、腰に下げた袋(様々なスティックや音具が入っている)のせいで、指物職人のようにしか見えない。そして、あちこちで沸き立ち泡立ち、大きく傾き揺らぐグループ・サウンドは、やはり午餐時の中華料理屋の慌ただしい厨房のようだし、手を伸ばし腰を屈め、床から何かを拾い上げたり、頭にかざしたり、並べて叩いて調子を見たり、ぽいと放って受け渡したりしながら、頻繁に位置を変え、姿勢の移り変わる三つの身体の連携は、どうしたって大工や左官屋の動きを思わせる。
 高岡がマウスピースを外したままのチューバに息を吹き込む。草笛やブーブー紙の鳴りに似た震えがゆっくりと空間を渡り、渡りながら次第に解け、希薄に滲み広がって、遠くから風に乗って切れ切れに聴こえてくる葬送のブラスバンドを思い浮かべさせる。そのうち息は鋭さを増し、倍音の多い笛の音に似た輪郭は解体され、シュシュシュシューと弾けほとばしる息の流れが剥き出しになり、電子音に似たちらつきを身にまといながら疾走する。量子化する息の流れ、追憶のブラスバンド、ほら貝のうなり、ドップラー効果とモジュレーション、豊かな倍音をはらんで息むらがそのままそそり立つようなテーグム(韓国の横笛)の太い音色‥‥走馬灯のように音色が巡るうち、つい最近、耳に刻み直したばかりの音色がふいに立ち現れ、いきなり後頭部を殴られたような衝撃を受ける。『松籟夜話』でかけたニューギニアの魔法の笛だ。押し引きの繰り返しを通じて、もう一本の笛とさらには二本の笛を包む空間と息遣いを合わせていくプロセスを、チューバの複雑に曲がりくねった管の中で、あるいは開口部と吹き口の交感の中で行っているのだろうか。そもそも高岡は、あの笛の音を聴いたことがあるのだろうか。

 記述が高岡の演奏だけにフォーカスしてしまったが、別に彼がソロを取っていたわけではない。打楽器奏者二人はその間も黙々と作業に勤しみ、尽きることのない流れを生み出し続けている。しかし、その流れは高岡の生み出す響きを切り裂いて、地表へと噴き出すことはない。むしろ、川石を転がす底流となって、あるいは脈動するマグマとなって、さらにはグラウンドに様々な起伏や傾斜を編み上げ、高岡の息の流れと一つに溶け合いながら、たゆまぬ前進のための駆動力を提供していく。それゆえ高岡の息が、チューバの鳴りが、影絵のように滑らかなメタモルフォーズを連ねていけるのだ。
 マウスピースを装着したチューバは、まず破裂音を試した後、ターンテーブルのスクラッチに似た掠れでビートを侵食し、コブラの笛となって頭をもたげ、爪先立って畳の縁を歩むような調子で低音を徘徊する。次第に打楽器の音の密度が高まり、ラウドになっていくところで高岡が吹き止め、ビートの機械仕掛けをいったん水面上に露わにしたうえで、改めて微弱音のロングトーンを沁み込ませる。チューバがホーミーを思わせる音色へとねじれていく中から、ロールの高鳴りが姿を現す。ロールがさらに高まり、速度を増して疾走し、張り詰めたスネアとたわみによるタイムラグが生じるタムを対比させながら天井知らずに密度を高めていく流れに、チューバがバリバリと咳き込みながら乱入し、さらに熱く息を吹き込む。フェードアウト。
バレル8_convert_20150224234114


6.アフターアワーズ
 原田が事前に高岡の許可を得て撮影した写真を見ると、何だかとんでもないものが写っている。流動変転に巻き込まれ共に移動する過程においては、うんうんとうなずき続けるほかはない必然性の連続だった三者の動きが、ある時間断面で切り取ると、自分は何を観ていたのかと頭を抱えるほどよくわからないものに化けてしまう。それは「瞬間」の不自然さの成せる業なのかもしれない。すなわち、写真が登場する以前のイメージに基づいてつくられたロダンによる彫像の男の歩く姿に比べ、写真がとらえた「男の歩くプロセスの一断面」が信じられないほど不自然で滑稽に見えるのと同じなのではないだろうか。
 そう言えば、写真撮影許可を求められた高岡は確か「勝手に写真を撮ってるヤツに手を振ったり、指差したりして、『やめろっ』って言ってもわからないんですよ。ヤツらファインダーの中しか見てないから。写真家は対象を直接によく見てますよね。まわりも見る。全体を見てる。」と言っていた。ここでも『松籟夜話』第二夜で語った「in situ」の話との不思議な符合にびくっとした。
 原田、多田、益子たちと連れ立っての帰路、多田が「店の入口にある水槽の音が聴こえてきて、それが歌女の演奏と溶け合って、もう桃源郷だった‥」と漏らしていたのが強く印象に残っている。あらゆる環境音を演奏の流れに溶かし込む歌女、恐るべし。

※ライヴの写真はすべて原田正夫撮影。


7.Moore, 藤巻, 瀬尾, 高岡@The Foxhole20150218
 シンガポールで開催されたフェスティヴァルへの参加について綴った一連の文章の中で、高岡が絶賛していたDaren Mooreを迎えてのセッション。最初は藤巻、次がMooreとドラマーが入れ替わった二つのトリオ演奏の後、全員での演奏。
 藤巻が一瞬に鋭く弾ける閃光のような「叩き」を駆使して、硬質なサウンドをつくりあげた一方で、Mooreは弓でシンバルを弾き、スティックでスネアの打面を擦り、さらには打面に「ささら」を押し付けてブチブチと鳴らすなど、音具を用いた音色寄りの演奏を多用しながら、背中を蹴飛ばされたようなダッシュでパワフルな連打を繰り出すなど、ダイナミクスの幅を一杯に活かした演奏をした。瀬尾もまた、他の三人に比べ小柄な体躯をものともせず、やはりダイナミックに弦にアクトし、切れ味鋭い音を稠密に張り巡らした。
 演奏の奔放さがフリー・ジャズ的な放埒に至ることを恐れない他の三人の演奏に比べ、高岡の演奏は、あるいはどこか中途半端な煮え切らないものに見えたかもしれない。彼は他の三人より一歩下がって背景となる音を提供し、あるいは音量を絞って物陰に沈んでいくようにすら見えたのではないか。だが、私には、高岡がこの場に感じている「違和感」がはっきりと手触れるように思われた。
 弦の上を飛び回る指がぶりぶりと音を発出し、周囲に結界を巡らせるコントラバスの傍らで、チューバはむしろそっと浮かべるように音を出し、音を漂わせ、くゆらせながら、次第に遠ざかっていく。音を切り刻み、鮮やかに断ち切ることで推進力を生み出す藤巻と瀬尾に対し、彼は途切れることのないロングトーンのうちに、くぐもった暗めの音色を移り変わらせた。煎り豆が爆ぜるように弾けまくるドラムに対し、ことさらにゆっくりと歩み、かすかな息漏れだけで伴走した。最大音量の疾走と微弱音量のたゆたいを往復し、いや、その両極へと二極分解し、色彩のスペクトルを極端に狭めてしまう他の三人に対し、淡彩ながら様々な色合いを試み、つぶやくような泡立ちを添え、どもり、つっかえながら訥々と語り、最低音域で黙祷を捧げた。
 高岡は他の三人といっしょに速度を競い、音量を高め、一転して急減速し低空を飛行することをしなかった。彼はただ、その場に欠けているものを静かに差し出しているように見えた。ここには、歌女の演奏に特徴的な、音を重ね合わせることを最初から前提とし、自らの音に「空所」を仕込む仕方は見られなかった。演奏は重なり合い、浸透しあい、混じり合うことなく、それぞれに燃え盛り、明るさを、華やかさを競った。それは決して悪い演奏ではなかった。しかし、彼が思い描いているものと違うのは明らかだった。私は彼の孤独を思った。


8.Roger Turner/高岡大祐デュオ
 Roger Turner(dr,perc)が来日ツアーを展開している。John Russel(g)とのデュオ等、言わばJohn StevensやSpontaneous Music Ensembleの近傍、英国フリー・ミュージックの幹の部分から活動を始めながら、Phil Mintonの崇高にして下品極まる多彩な声との共同作業や、Lol Coxhill(ss), Mike Cooper(g)とのチープなエレクトロニクスにまみれ、ダブすら採り入れたThe Recedentsの活動等を通じて、そこから果てしなく漂流し、さらにはThomas Lehn(syn), Tin Hodgkinson(g,reeds)との音響パンク的なKonk Packに至る彼の経歴は、実に興味深いものだ。ガラクタかつオモチャな小パーカッションや音具の使用、擬音/効果音的な音色を含むサウンド・パレットの拡張、エレクトロニクスによる雑色性の導入、瞑想性や格調高さとは程遠いカチャカチャと落ち着きのないせわしなさ、気まぐれな疾走、ポップな感度とヒューモアへの眼差し‥‥彼がいなかったらSteve Nobleは(そしておそらくDaren Mooreも)出てこなかったのではないだろうか。
 そんな彼のツアー・プログラムの中で、私が最も惹きつけられたのが、高岡とのデュオだった。というわけで、大阪に行ってきます。いやー、ミッシェル・ドネダ/カン・テーファン以来だなー、こんなこと。あの時はやはり東京から出かけてきた大里俊晴とばったり出くわしたっけ。
  


2015年2月14日(土) 池袋バレルハウス
歌女:藤巻鉄郎・石原雄治(separate drum kit,perc), 高岡大祐(tuba)

2015年2月18日(木) 吉祥寺The Foxhole
Darren Moore(dr,perc), 藤巻鉄郎(dr,perc), 瀬尾高志(cb), 高岡大祐(tuba)

2015年2月26日(木) 大阪コモンカフェ
Roger Turner(dr,perc), 高岡大祐(tuba)
http://ompasha.blog.shinobi.jp/Entry/239/

バレル9_convert_20150224234150
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:59:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad