■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

高島正志は彼のコンポジションとインプロヴィゼーションを演奏する  Masashi Takashima Plays His Composition and Improvisation
 Ftarri水道橋店のライヴ・スケジュールに、珍しく店主鈴木美幸による長文の案内が載っていた。以下に全文を引用する。

 ドラマーの高島正志は、過去に関西や東京で活動した後、現在は福島市に暮らしながら、時折東京でもライヴをおこなっている。Ftarri にも3ヶ月に一度ぐらいの割合で出演してくれるのだが、無名に近いだけにお客さんの入りはよくない。正直、彼のドラミングに感嘆するわけでもない。ところが、出演者全体で生み出される演奏は素晴らしいのだ。3~4人のメンバーで、図形楽譜を使った彼の作曲作品や即興演奏をおこなうのだが、共演メンバーは変わっても、常に高島の音楽になる。いわゆるエレクトロアコースティック即興演奏と言っていいだろう。個々の音と響きが絡み合って振幅しながら進行する様は、現在の日本の即興音楽シーンではなかなか聴けない類いのものだ。去年11月、Ftarri での高島、長沢、影山トリオの演奏がとても素晴らしかったので、再度の出演となった。このトリオで高島の作曲作品を演奏し、さらに、ゲストの古池寿浩(トロンボーン)を加えたカルテットで即興演奏をおこなう予定。

 これは彼からの招待であると同時に「挑戦」だと私は受け止めた。「正直、彼のドラミングに感嘆するわけではない」とくさしながら、「ところが、出演者全体で生み出される演奏は素晴らしいのだ」と反転して持ち上げる。続く「個々の音と響きが絡み合って振幅しながら進行する様は、現在の日本の即興シーンではなかなか聴けない類いのものだ」との指摘は、冒頭の「無名に近いだけにお客さんの入りはよくない」へと反響して、「お前らは聴く耳を持っているのか。有名ミュージシャンの『名声』を有り難がっているだけではないのか」とぐさりと突き刺す。私はこの「挑戦」を喜んで受け止めることにした。



 開場時刻を過ぎて店内に入ると、まだ、サウンドチェックをしている。叩かれたヴィブラフォンの鍵盤から強い香りが立ち上る。これはあまりそばに座るとむせてしまうな。決して広くはないライヴ・スペースにドラム・セットが2組入り、ヴィブラフォンが右手前に押し出され、客席側にはみ出しているのだ。録音用のレヴェル調整をしているようで、続いて請われた長沢が調律されたタムをひとしきり叩いてみせる。引き締まった響きが、ふと今は亡き富樫雅彦の記憶を呼び覚ます。結局、CDを並べた置き台を少し下げて、何とか椅子を2列並べられるようにすることになった。「まあ、お客さんが来なければ、このままでもいいんだけどね」と鈴木がつぶやく。

 配置は右手前に影山のヴィブラフォン。その奥に大小の金属ボウルを並べた小テーブル。その奥に高島のドラム・セット。バスドラ、スネア、タム、フロアタム、ハイハット、シンバルが2枚の基本的なセットにエレクトロニクスが少々。その左に長沢のセット。バスドラはなく、スネアのほかに小ぶりのチューンド・タムが6個。シンバルと小シンバルが2枚ずつと足を使わないセッティング。私は影山と長沢から等距離の、左端の席に腰を落ち着けた。店内には名古屋スキヴィアス探訪記で紹介したDavid Michael, Slavek Kwi『Mmabolela』がかかっている。虫やカエルの声の明滅。

 前半は高島によるコンポジションの演奏。両手に持った複数のマレットがヴァイブの鍵盤に押し付けられ、ふわりと和音が立ち上がる。タムへの鋭い一打にスネアへのブラシが続き、バスドラへの一撃にシンバルの余韻が応える。響きが重ならないように、充分な間を置いてかわるがわる現れる音(の連なり)。静かに震えながら空間に滲んでいく響き。余韻をじっと見詰める眼差し。ざらざらとしたブラシの手触りとシンバルの澄んだ響きの対比。ヴァイブへの打撃が強まると、ドラムのスキンがぴりぴりと震え、モジュレーションに似た効果を生み出し、階上から聴こえてくる作業音と混じり合う。
 いつの間にかスキンの震えが高鳴り、持続音で空間を水没させていく。e-bowのようなヴァイブレーターで鳴らしているのか(演奏終了後に高島に確認したところ、振動スピーカーで鳴らしたものを、さらにコンタクト・マイクで拾い、増幅したり、イコライジングして音色を変えたりしていたとのこと。周囲の振動が共振等により混入して、フィードバックを変化させることもあるようだ。彼は子の「楽器=システム」をG.I.T.M.と名付けている)。ざらざらと隙間をはらんだ持続音にヴァイブの滲みが敷き重ねられ、引き締まったタムの一打が刻み目を入れる。ざらつく震えが上ずって高周波的な細さへと転じると、ヴァイブの役割は揺らぎを与えることへと移り変わる。
 高島が指を三本立てて示し、震えがさらに強まって、複数の振動の不安定なせめぎ合い、相互干渉の移ろいへと姿を変える。調律されたタムとヴァイブが速いパッセージを繰り出し合い、「サスペンス劇場」的なクリシェへと傾くとともに、ノイジーな振動と混じり合い、不透明な厚みをもたらす。
 指四本のサイン。振動が止んで開けた見晴らしにヴァイブが閃き、スネアを擦るブラシ、タムやバスドラへの一撃が、間を空けて配置されていく。ゆっくりした歩行の速度。バスドラがことさらに単調に拍を保ち、そこに再び高周波的な振動が襲いかかる。
 「短かったですか」と演奏が終わるや否や高島が鈴木に尋ねる。開始から20分しか経っていない。「20分の曲なんですけど」と高島。20分の曲を20分で演奏して「短かったですか」では意味が通らないが、どうも演奏していて「あっと言う間に終わってしまった」感覚があったようだ。もっとも15分遅れて始まり、20分演奏して20分休憩では間尺が合わない気はするが。

 後半は古池が入ってのインプロヴィゼーション。ヴァイブの鍵盤を掌で叩いたり、前面のパイプをマレットで叩いたり(これは全く効果がなかった)と「いかにも」な場面も散見したが、総じては、むしろこちらの方がコンポジション演奏ではないかと思うほど、無駄なくすっきりと「個々の音と響きが絡み合って振幅しながら進行する」演奏を聴くことができた。決して先を急がず、ドライヴしないリズムは、ゆるゆるとした歩行を思わせ、ゆるやかに開けていく音風景の中で、各人の響きはゆったりとした佇まいの点景に収まる。
 ここで誤解のないようにしておかねばなるまいが、決して演奏は木賃アパートの薄い壁を気遣い、個々人に割り当てられた輪郭線をはみ出さぬよう、ただそれだけに注意しながら、結果としてひとりごとや誰にも聞こえぬひそひそ話に終始する「盆栽即興」や「風鈴インプロヴィゼーション」のようなものでは決してなかった。各人の演奏は他者の空間へと恐れることなくはみ出しながら、しかし特定の相手へと語りかけるというより、各人の間に広がる空間に沁み込ませ滲ませるように、そこで音は放たれていた。自らの手を離れた音が、誰のものでもない空間にクロマトグラフィのように滲み溶け合って、新たな色合いを生み出すのをじっと見詰める眼差し。音風景の移り変わりに応じて、すっと立ち位置を変えながら、新たなスペースに音を滲ませていく歩み。さっきまでいた空間に響きの残り香を漂わせたままに。
 集団での即興演奏は、通常、差異を競い合うことに傾いてしまいがちなのだが、ここには不思議な「同質化」があった。単に響きが似通っていると言うのではない。それは言うなれば、木立の中に水の流れがあったとして、葉擦れとせせらぎがひとつに溶け合い、木洩れ陽と川面のきらめきが互いに互いを照らし出すようなあり方だ。樹々と水の流れは、特に似たところがあるわけでもない、全く別の存在でありながら、そこにはさざめくような「息」の通い合う、共振/共鳴の次元が開かれている。
 高島・長沢による摩擦音と古池の息音が時に混じり合い、照応し合う様はとても美しかった。それは先に述べたように、響きが似通っているからではない。その証拠に、そこから音が、タムの打撃やミュートを用いたワウワウに変化し、ヴァイブの素早くちらつくような動きと交錯しても、切断や転換と言うより、むしろひと続きの滑らかな視点の移り変わりと感じられる。それこそが高島のコンポジションが演奏者に求めるプレイヤーシップのあり方なのだろう。高島は自身のコンポジションについて「何しろ手探りなので‥」と不安を漏らしていたが、今回の演奏を聴く限り、まだまだ伸び代はあり、この先に豊かな可能性を期待できるように思われた。

 だからこそ、何点か注文を付けることとしたい。終演後に「高島さんのお知り合いですか」と尋ねられたが、私は鈴木の「挑戦」を手がかりとして、個人的な交遊とは一切関係なく、あなたたちの音楽に興味があって聴きに来たのだ。自分たちの音楽をそのようにしてわざわざ聴きに来る者がいることを知ってほしいし、自分たちの音楽にはそれだけの価値があるという誇りと自信を持ってほしい。そうであればこそ、公開リハーサルのような感じを与えないステージング、プレゼンテーションの仕方に気を配ってもらいたい。演奏が終わって、まずは録音が出来ているかどうかが一番の関心事というのでは困る。それから、今回の前半・後半を対比させて聴いた限りでは、編成上、今回はトロンボーンがそれに当たるわけだが、やはり持続音を確保した方がいいように思われた。それも音階を駆け回るというよりは、今回の古池のように、平坦さの中に豊かな変化を醸し出せる演奏者が望ましかろう。その点、笙というのは一方の究極の選択だろうし、フィールドレコーディングがもう一方の極端ということになろうか。

2015年3月12日(木) Ftarri水道橋店
高島正志 (ドラムス、G.I.T.M.)、影山朋子 (ヴィブラフォン、パーカッション)、長沢哲 (ドラムス、パーカッション)
ゲスト:古池寿浩 (トロンボーン)

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:24:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad