■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

チューバ奏者の震える右足  Shaking Right Leg of the Tuba Player
 外山明のドラミングの凄さ/怖さは、タイムラインの維持をあっさりと放棄してしまうことにあるように思う。世に変拍子ドラマーと呼ばれるミュージシャンは数多いが、基本的にタイムラインを維持しつつ、拍の割り方を変えたり、反対に一拍の長さを保って拍子を変えたりしながら、リズムを組み立てている。もちろん、フリーな場面では通常のテンポ感覚が失われたりもするのだが、その場合には、グルーヴする循環的な時間ではなく、絶対的な時間とも言うべきものが露呈して、演奏の場を支えることになる。フリー・インプロヴィゼーションによる演奏において、管も弦も何もかも断片化して、ただただ音の破片をまき散らし、かき混ぜるだけになるのは、(もういい加減見飽きた)典型的場面だが、まさにこうした「絶対的な時間」が露呈して、各演奏者をア・テンポの呪いに縛り付ける。
 だが、外山は違う。巧みにギアを切り替え、急な加減速を繰り返すかと思えば、突然に中断し、また、新たなリズムを異なるテンポで叩き始める。ラテン・ミュージックに見られるリズムのコラージュともまた異なる。コラージュにおいては、貼り合わされる各断片以上に、接続された二つの断片の間の落差/齟齬が重要となる。ここでリズムを生み出すのは個々のシークェンスではなく、カッティングの方なのだ。ジョン・ゾーンによるネイキッド・シティの楽曲群を参照のこと。ただし、そこでもタイムラインを担っているのはもっぱらドラマーにほかならない。
 メロディやフレーズを担う管弦楽器が、タイムラインをわざと外して演奏することがある。その間もたいていはドラマーが、あるいはベース奏者を含む他の奏者がリフ等を奏でてラインをキープしている。しかし、外山はそうした支えのない場面で、するりと持ち場を放棄する。「タイムラインなんて、各演奏者が頭の片隅でキープしてれば、それでいいんだよ」と言わんばかりに。だから、演奏の場からタイムラインが消えるわけではない。不可視となるだけだ。
 もう20年以上前のことになるだろうか、あるセッション演奏において、外山がふとドラムのテンポを速めたことがあった。その時のメンバーは強者揃いだったし、他の演奏者の奏するリフ等で何重にもタイムラインがキープされていたから、みんな何事もなく演奏を続けた。しかし、一人のヴァイオリン奏者が引きずられた。彼女はドラムのテンポに基づいて演奏していたのだろう。外山はそれを見逃さず、「こりゃあ面白れえや」とばかりにテンポを揺さぶった。アンサンブルの中で、彼女のヴァイオリンだけが、リタルダンドとアチェレランドを繰り返しながら崩れていく。満面に笑みをたたえてテンポを揺り動かす外山を見て、「何て性格の悪い奴だろう」と思ったのを、今でもはっきりと覚えている。


 ブリュッセルからやって来たサックス奏者グレゴワール・ティルシュウ(Gregoire Tirtiaux)は2mを超す長身で、シートのたるんだ池袋バレルハウスの天井に、これは誇張ではなく頭が着きそうになる。彼が構えると馬鹿でかいバリトンはただのテナーに見紛い、アルトはカーヴド・ソプラノに似たオモチャっぽさをたたえることになる。
 パタパタとバリトンのキーとリードを鳴り、チューバに深く息が吹き入れられて、寸断されたフレーズによる交感が始まる。その傍らで外山がフロアタムをミュートしながら叩いている。いきなり外山が加速して、「探り合いの時間」を一気に後方へと置き去りにする。寸断されたフレーズはロングトーンへ、さらにはゆるやかにうねるフレーズの交差へと音量を増しながら姿を変え、チューバがノンブレスによるロングトーンを保ったまま、サウンドの手触りをざらざらと移り変わらせる上で、バリトンがゆるく引き伸ばされたソロを取る。その時には、すでに外山はドミノ倒し的にリズムをずらしていって、きついシンコペーションと緩急の対比で上物に揺さぶりをかけ、そのまま雪崩落ちるようなロールをぶちかます。

 ティルシュウはフリーク・トーンを吹かない。音を吹きっぱなしにせず、手元でがっちりとグリップしている。フレーズはジャズ的ではなく、フリー・ジャズ的ではなおさらなく、フリー・インプロヴィゼーションほど断片的でも構築的でもない。アブストラクトでありながら、息の生々しさを存分にたたえた音を、リフを織り交ぜながら自在にのたくらせる。バリトンをノンブレスで吹くヴィルトゥオージテを持ちながら、極端な加速をせず、悠揚迫らぬ器の大きさを見せるし。そんな彼に対し外山が上目遣いに睨みつけながら、急加速して間合いを詰め、大きくテンポを揺らがせる。そんな時の外山は伊藤晴雨描くところの責め絵に登場する責め師のようだ。「そりゃ、これはどうだ。うん、痛いか。それじゃこれは。そうかそうか、そんなにつらいか‥」と相手の反応を楽しみながら、執拗に手を替え品を替えいたぶり続ける(ように見える)。

 終演後に「あの意地悪な感じがスゴイですよね」と外山に話しかけると、「いや意地悪なんてしてる気はなくて、ホント、やさしくしてるんですよ」との答が返って来る。実際、その答に嘘はなく、彼はいまここで進んでいる演奏/音楽に揺さぶりをかけ、常に新たな可能性を指差し続けているのだ。だから、突破口が開いた時の突撃ぶりは凄まじい。ふらふらとそぞろ歩く外山に振り回されることなく、自らのタイムで演奏を繰り広げていたティルシュウが、ロングトーンから珍しくリズミックなリフに切り替えた瞬間を外山は見逃すことなく、一気に加速してティルシュウに肉薄し、エッジを高速連打して煽りまくる。張り詰めた音の壁が押し寄せ、ティルシュウはノンブレスを保ったまま、追い立てられて急坂を転げ落ちるように、さらにリフを加速させていく。

 一方、外山とは何度も共演してきたと語る高岡は、小刻みに右足を踏み込んでテンポを取りながら、間断なくギアを切り替える変則ビートを乗りこなそうと試みる。対して外山はテンポを振り回し、リズムの雪崩を起こし、高岡を振り落とそうとする。まるでロデオみたいだ。高岡の右足の刻みがだんだんと速くなり、一転して遅くなり、一気に4倍に加速して、宙を蹴る。必死の形相。食い入る視線。チューバ奏者の震える右足。ドラマーの歪んだ口元に浮かぶ不敵な笑み。ドラムがパタリと停止して、チューバを放り出す。
 外山は音を出すのを止めることを恐れない。また再び始めることも。いついかなる場面でも自在に停止し再始動する。「再起動」により、流れ続ける音楽の中の何かがリセットされる。彼はゼロから新たに組み立て直すことを厭わない。しばらく動きを止めていたかと思うと、ドラムの上にセットしてあった木箱様のもの(後で確かめたら、店にたまたま置いてあった小型のカホンなのだという)に触れ、やにわに超高速で叩き出す。目まぐるしいリズムの衝突。

 傍らにあったボンゴをペタペタとミュートしながら叩く。手指にはめた小石を打ち合わせて、瞑想的な匂いを振り撒く。チューバのベルから静かに立ち上る息とチューバ本体を指先で叩く音。ティルシュウがアルトのマウスピースを外し、管に直接息を吹き込んでフルートに似た響きをつくりだす。息のかすれが響きの陰影の濃さを際立たせ、エキゾティシズムをふんだんに香らせる。彼はモロッコにしばらく住み着いて古典的なグナワ演奏を学んだと高岡が言っていた。彼はゲンブリがとてもうまく、高岡は彼の案内で族長の家に泊めてもらい、グナワ名を与えられ、「家族」の一員として、本来なら異教徒は立ち入れない聖なる場所に連れて行ってもらい、あるいは最後に山羊を屠る祭儀にも参列させてもらったとも。チューバが音の輪郭を薄闇に溶かし、管の響きに声音を混じらせる。外山はボンゴのスキンを右肘でたわませ、張力を変えながらスティックで叩き、トーキング・ドラムに似た変化を生み出しつつ、同時に左手にカウベルを携えて揺り動かし、指にはめた小石との衝突を撒き散らす‥。一人ポリリズムの世界。これをきっかけにリズムが走り出し、きついシンコペーションを軋ませながら、煽りまくる。隣席の客(前出のカホンを店に預けていた持ち主だという)が、やにわにテーブルや椅子を叩き始める。気持ちはよくわかる。外山の音には聴き手を巻き込み、身体を揺り動かす力が強烈に宿っている。
 アルトが複雑にこんがらがったフレーズでこれに応じ、高岡はここまで封じていた金属ボウルをチューバに放り込み、フレームドラムをかざして、風圧でスキンをびりびりと震わせる。積み重ねられたシンコペーションが限界に達して崩れ落ち、超高速の連打へと弾ける。だがチューバ奏者の右足はもはや震えてはいない。鬼のような速度で駆け抜けて行くドラムをよそに、アルトのリフがますますゆったりと引き伸ばされ、間歇的に音を出していたチューバとゆるやかに絡み合う。シンコペーションの嵐をホラ貝の音色が吹き払う。
グレゴワール1_convert_20150323001033グレゴワール2_convert_20150323001101
ライヴ当日の写真がないため、翌日のライヴにおけるグレゴワール・ティルシュウの写真を、稲毛キャンディのホームページから転載させていただきました。あまりの長身にバリトンやアルトが何と小さく見えることか。


2015年3月14日(土) 池袋バレルハウス
グレゴワール・ティルシュウ(Gregoire Tirtiaux)baritone saxophone,alto saxophone
高岡大祐 tuba,objects
外山明 drum,percussion


スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 00:16:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad