■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年に聴いた50枚  My Favorite 50 CDs in 2014
 音楽サイトmusicircus恒例の「XXXX年に聴いた10枚」に今年も参加させていただいた。2014年は諸般の事情から何と50枚をリストアップさせていただいた。私なりの2014年の総括や各盤のディスク・レヴューは、下記のURLをご参照いただくとして、ここには50枚のリストを転載しておきたい。なお、40までは元となるレヴューを本ブログに掲載しているが、41以降は書下ろしとなっている。
http://homepage3.nifty.com/musicircus/main/2014_10/tx_3.htm


1.stilllife / 夜のカタログ
2.stilllife / Color of Winter
3.hofli / 12ヶ月のフラジャイル
4.歌女 / 盲声
5.藤巻鉄郎 / 奏像
6.高岡大祐 / 女木島
7.ライブラリ / ライト
8.Rhodri Davies / Pedwar
9.The Recedents / Wish You Were Here
10.John Edwards, Mark Sanders, John Tilbury / A Field Perpetually at the Edge of Disorder
11.Great Waitress / Flock
12.Hugh Vincent, Yasumune Morishige / Fragment
13.Arne Deforce , Mika Vainio / Hephaestus
14.Michel Doneda / Everybody Digs Michel Doneda
15.Hassler-Ullmann-Kupke-Follmi / Hassler
16.Fred Frith, Michel Doneda / Fred Frith/Michel Doneda
17.Derek Bailey, Simon H.Fell / The Complete 15th August 2001
18.Harry Partch / Plectra and Percussion Dances
19.Arnold Dreyblatt / Arnold Dreyblatt, Choice
20.Populista Presents Ralf Meintz, Karolina Ossowska, Mikolaj Palosz play Giuseppe Tartini La Sonata in Sol Minore Al Terzo Suono
21.Anne Guthrie / Codiaeum Variegatum
22.Partial / LL
23.Rhodri Davies, John Butcher / Routing Lynn
24.Antoine Beuger / Tschirner Tunings for Twelve
25.Ilia Belorukov, Pedro Chambel, Bruno Duplant, Kurt Liedwart / Quiet Place Recomposed
26.Chris Strickland / Animal Expert
27.David Michael, Slavek Kwi / Mmabolela
28.Gilles Aubry / The Amplification of Souls
29.Frederic Nogray / Merua
30.Phillip Sulidae / History of Violence
31.Banks Bailey / A Listening of Stones
32.Edu Comelles / A Country Falling Apart
33.Arturas Bumsteinas / Different Trains
34.Carrie Olivia Adams, Joseph Clayton Mills, Deanna Varagona / Huntress
35.Gianluca Becuzzi / (b)haunted
36.Human Greed / World Fair
37.Nawa / Ancient Sufi Invocations and Forgotten Songs from Aleppo
38.Various Artists / Seven Skeletons Found in the Yard Trinidad Calypsos 1928 - 1947
39.Washington Phillips / What Are They Doing in Heaven Today ?
40.Benedicte Maurseth, Asne Valland Nordli / Over Tones
41.Marta Valdes / En La Imaginacion
42.Reet / Eesti Rahvalaule
43.Itasca / Unmoored by the Wind
44.Rachael Dadd / We Resonate
45.Zitten / Diaspora
46.Lutine / White Flowers
47.Damien Rice / My Favourite Faded Fantasy
48.Minha Dolores / Nina Becker Canta Dolores Duran
49.Yann Fanch Kemener, Aldo Ripoche, Damien Cotty / Les Chants De La Passion
50.Jürg Frey / 24 Worter


 リストを眺めるだけで、いろいろなことがよみがえってくる。CDの内容だけでなく、連動したライヴでの体験、あるいはそれらについて考えたり、友人たちと話したりしたことなど。リスニング・イヴェント『松籟夜話』を始めた今年は、そうした部分でさらに厚みが増すかもしれない。
 2014年作品であること、アーティストの重複を許さない等の制約を厳格に適用して、この50枚を無理やり10枚に絞り込むとすれば、1,3,4,10,11,12,21,27,28,37というところだろうか。その中からさらに1枚だけを選ぶとなると、どうしてもライヴも体験した1,3,4あたりがまず浮かび、次いで2014年の器楽的インプロヴィゼーションの充実を伝える10,11,12ということになるのだが、ここはあえて37を選ぶことにしたい。特に冒頭曲。人の声の魔術的とも言えるしなやかな勁さに圧倒される。シリアの古都アレッポからの便りという点でも貴重。声つながりで次点には28を。カイロ市街の雑踏が視覚的に像を結ぶことなしに、毛穴から浸透してくるような前作とは全く異なる、言わばサウンド・ルポルタージュだが、やはりいま/ここを生きる音響の生々しさに打たれる。





スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 22:42:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad