■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Satomimagae@圓能寺 − 『Koko』リリース・パーティ  Satomimagae Live in Ennouji − "Koko" Release Party
 演奏が終わるたび、閉ざされていた引き戸が開けられ、外の光とともに、少しだけ涼しい風が入ってくる。寺の本堂に設えられた会場は、奥行き方向の3分の1以上を居並ぶご本尊に取られ、横長の畳敷きのスペースとなっている。また、間抜けなBGMが流れ出す(きっと「間抜けであること」はこうした幕間の、あるいは開演前のBGMが備えるべき大事な要件なのだろう)。外で開場を待っていた時に鳴り響いていた落ち葉掃除のブロワーの音も竹箒の音ももう聞こえない。おそらくはライヴ開始前に作業を終える手はずになっていたのだろう。池上通りから奥まっているので、交通騒音は外でも気にならなかった。だから、しばらく降り止んでいた雨がまたぽつぽつと降り出して、足下のコンクリートに無数の点を打っていくのをじっと眺めていられた。小雨ながら、雨はまだ降り続いているようだ。しかし音は聞こえない。屋根や軒を打つ音も。境内の大イチョウの枝や葉々を揺らす音も。

 向かって左に位置するSatomimagaeは濃い飴色のアコースティック・ギターを抱え、足下に幾つもエフェクターを並べている。右側の男性(桜井智広)はエレクトリック・ギターのチューニングをしている。足下のエフェクターの数はSatomimagaeより少ない。再び引き戸が閉められ、演奏が始まる。
 CDにもまして虚ろに響く声。エレクトリック・ギターのファズ風のざらざらしたノイズが耳の視界に傷をつける。最後、歌が終わり、そのノイズを保ったまま、ICレコーダーから街頭音のフィールドレコーディングが流れ出し、改めて声がかぶさって、次の曲が始まる。声を出せれば、歌を歌えればいいというのではなく、サウンドへの強いこだわりが感じられる。誤解のないよう急いで付け加えれば、それは彼女の声がか細く、弱く、素の魅力を欠いたものであることを意味しない。彼女の声は、幾重にも敷き重ねられたサウンドのレイヤーを貫き通す強靭な浸透力と、多くの方向から錯綜する音の力線の交錯を踏み越えて歩み出す、滾々と湧き出してくるような声の推進力を持っている。
 「虚ろ」とすら感じられる声が、何故そのような浸透力/推進力を秘めているのか。実のところ、今でもよくわからない。彼女の第1作『Awa』を初めて聴いた時、増幅されたアコースティック・ギターの爪弾きとフィールドレコーディングされた環境音がつくりだす、ざらざらと粒子の粗いモノクロームでハイ・コントラストな画面に、体温が低く、ぶっきらぼうで、感情を露わにしない(それゆえ「不機嫌」に聞こえる)声が、斜めに突っかかってくる瞬間に一遍で魅せられてしまった。そこで何に惹き付けられたのか。考えれば考えるほど、よくわからなくなってくる。ひとつ思い浮かぶのは「アレ・ブレ・ボケ」的な音空間が提示される時、それは物語を差し出していないということだ。歌詞は吹きすさぶ風にちぎれ飛ぶように、切れ切れにしか耳に入ってこない。そのような空間に立たされた身体を演じている/提示しているというのでもない。そこに演劇的な身体性や生な肉の手触りはない。もっと乾いている。ここで私は、物語の一杯詰まった点景を拾い集める森山大道の視線ではなく、そうした収集家が保つべき「距離」の感覚を欠いて、対象へとつんのめり、斜めに崩れ落ちていく初期の中平卓馬の眼差しを思い浮かべている。

 ふうわりと漂いながら透き通っていくエレクトリック・ギターに、雪の中を歩むようなガサゴソしたフィールドレコーディング音が重ねられ、スリー・フィンガーによるもつれた網目が浮き沈みする。Satomimagaeの声は、これらの与えられた足場を踏みしめようとしない。あらかじめ膝を屈めて沈み込むような動きを一切せず、喉を切り裂く剃刀のように抵抗なく、すっと立ち上がり、その一瞬に深々と切り込んで、そのまま流れ星のように尾を引いて飛び去り、あるいはすうっと溶けて、跡形もなく消え失せてしまう。ギター・カッティングによるリズムの刻み、腰を回すようなグルーヴとは無縁な声。スリー・フィンガーによるタイム感覚はより微視的できめ細かいが、それすら意に介さず、繊細な網の目をするりと通り過ぎていく声の在り様。外の物音のように。パンソリの練習に滝の響きに「声を通す」というのがあって、滝の音は水が塊になって落ちる音だから連続音ではなく必ず隙間があって、そこに声を通すのだという。そんなことをふと思い出した。

 彼女は頻繁にギターを調弦し直す。音高が下がっていったりするので、狂いを直しているのではなく、別のチューニングに設定し直しているのだろう(同様に曲ごとにエフェクターの設定もよく踏み替えている。細い素足を伸ばして)。その際に必ず先にICレコーダーのスイッチを入れフィールドレコーディング音を流しておいて、その中でチューニングし、そのまま演奏を始める。ここでは明らかにチューニングもまた演奏の一部にほかならない。だから曲間も客席の緊張が続き、しんとしている。もちろん中には話している馬鹿もいるが(こうした手合いはいつでもどこでも必ずいる)。

 サイケデリックに歪んだエレクトリック・ギターは、取りつく島のないほど揺るぎなくまっすぐな彼女の声に、ブルージーな屈折を投影する。かすれた息遣いがまた別の魅力を帯びる。これは新たな発見だった。
 発見と言えば、第2作『Koko』の楽曲の魅力を、改めて思い知らされたことが大きい。musicircus掲載の「2014年に聴いた50枚」にも書いたように、私は昨年『Koko』とすれ違ってしまっていた。ざらざらと粒子の粗い世界の中で、声がかけがえのない確かな手触りを与えてくれた第1作『Awa』に比べ、『Koko』のがらんとした明るさに満ちた世界は、掌をすり抜け、指の間からこぼれ落ちてしまうように感じられた。今回、アコースティックとエレクトリック、2本のギターによる編成で演奏されると、Satomimagaeの声は思いもよらぬ深さで私に突き刺さった。彼女の声の、この「生な」強さもまた新たな発見だった。マイクロフォンを通すことにより、サウンドとしての確固たる輪郭を獲得する声、すなわち録音の中で完結し得る声とこれまでとらえていたことを白状しよう。この日のライヴでもマイクロフォンは使用していた(さして広い会場ではなかったが。しかも私はかなり近い距離で聴いていた)。しかし、ライヴ特有の演奏の揺らぎ(それはソロによる弾き語りではなく、デュオ編成によることで、当然いつもより増大していたことだろう)にもかかわらず、いやそうしたミクロな不測の事態に溢れていればこそ、彼女の声はそれらを乗り越え貫き通す、「まっすぐな」力を遺憾なく発揮していた。アンコール(とは言え、彼女が舞台から退くことはなかったが)に応え、ソロ弾き語りで歌った際の6弦ストロークのばらけた響きが、まだ耳に残っている。

 Satomimagaeの第1作『Awa』を知ったのは、奈良pastel recordsを通じてだった。同じく彼女による映画のサウンドトラック『耳をかく女』も、そして第2作『Koko』もpastel recordsで手に入れた。そして今回のライヴのことを、本当に開催直前になって知ったのもpastel records(寺田兼之)のツイートを通じてだった。人の結ぶ縁というか、出会いというのはあるものだ。以前にも書いたが(※)、私がpastel recordsを通じて、いや寺田兼之の耳を通じて初めて知ったアーティストや作品は、Richard Skelton / A Broken Consort, Tomoko Sauvage, Annelies Monsere, Federico Durand, Aspidistrafly, Julianna Barwick, Kath Bloom & Loren Conners, Mark Fly(活動再開後の), Squares on Both Sides, Movietone, Balmorhea, Efterklang, Masayoshi Fujita / El Fog, Talons', Tia Blake, Susanna, Lisa O Piu, Cuushe『Red Rocket Telepathy』等、枚挙に暇がない。Satomimagaeという素晴らしいアーティストを教えてくれたpastel records 寺田兼之に改めて感謝したい。
※http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/blog-entry-254.html
 なお、上記ブログ記事で閉店を伝えたpastel recordsは現在も小規模ながら営業中。
 http://www.pastelrecords.com あるいはストアページ http://pastelrecords-store.jp
 を参照のこと。
 ちなみに寺田は自身のブログでSatomimagae『Awa』を紹介している。
 http://blog.livedoor.jp/marth853/archives/51973810.html

 
        『Awa』                 『Koko』

Satomimagaeホームページ http://satomimagae.jp
※youtubeやsoundcloud上の音源へのリンクも張られている。


Satomimagae『Koko』 Release Party
2015年7月4日(土)
大森 成田山圓能寺
加藤りま
34423
Satomimagae
Opitope(伊達伯欣+畠山地平)+ 智聲
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:36:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad