■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『松籟夜話』番外篇2015/09/27プレイリスト  Playlist of Listening Event "Syorai Yawa" Extra Chapter on 27th Sep. 2015
 いつもの阿佐ヶ谷ギャラリー白線を離れ、青山は月光茶房併設のビブリオテカ・ムタツミンダに場所を移して開催した『松籟夜話』番外篇。初めてのゲストを招き、いつも司会進行役の津田がゲストのひとりのため、福島が司会進行/聞き役/コメンテーターに専念し、選盤に関わらない‥‥と異例尽くめの今回。大勢の方においでいただき、ありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか。
ゲストのスティルライフのお二人のおかげで、今回はいつもより話題も選盤も幅広く、いつも通りのコアでディープな感覚もありながら、より多くの方にお楽しみいただける内容になったのではないかと自負しております。
というわけで、当日のプレイリストをご紹介します。なお、リンクは参考情報へのもので、必ずしも当日かけたトラックの試聴音源とはなっていないことをお断りしておきます。


0.開演前
tomoko sauvage
ombrophilia
https://tomokosauvage.bandcamp.com/
陶製の器に水を張ってそっと叩き、かき回し、水を注ぎ、コンタクト・マイクロフォンで拡大する。たったそれだけのことで、空気が塊となって涼やかに揺れ動く。【福島】


1.stilllife『夜のカタログ』
stilllife
夜のカタログ
https://naturebliss.bandcamp.com/album/--4
2枚の「先行シングル」発表後、満を持してリリースされたスティルライフのファースト・フルレングスCD。すべて夜に録音された作品群。見通せないはずの暗闇にくっきりと浮かぶ音風景は、耳の眼差しによる。【福島】


2.素材の質感
kassel jaeger
lignes d'erre & randons
http://www.kasseljaeger.com/projects/lignes-derre--randons/
特定の場所やその場の記憶にフォーカスするというレーベルのコンセプト
複数のロケーションで記録された環境音や物音を断片化し質感のみを削り出したマテリアルを音響的に再構築することで架空の場所や記憶を作り出す【笹島】

jez riley french
four objects
http://engravedglass.bandcamp.com/album/four-objects
自作のコンタクトマイクによるオブジェクトの微弱な振動を捉えた作品
環境が奏でる素材をマクロなアプローチから聴き取る【笹島】



津田貴司
12ヶ月のフラジャイル
http://hoflisound.exblog.jp/20886716
ラジオノイズと風音のサウンドスケープによるコンポジション。「空気の粒」の質感を捉えようとする試み。【津田】

tamaru
basso continuo
http://www.sahoux.net/
ベースギターによる即興演奏。「ドローン」という説明では言い表せない靄や湿度のような、あるいは抽象的な夢のような質感。【津田】



松田文
hnt.
曲名不明。津田の「游音」時代の仲間の未発表音源。パソコンを一切使用しない作業環境でつくられた音響。虫の音のような音の粒が漂う。【津田】

hiroki sasajima - eisuke yanagisawa
Jogashima
cargo boat dock
https://veryquietrecords.bandcamp.com/album/j-gashima
城ヶ島で記録した接岸しているタグボートが波に揺られる音
環境の演奏、響きと質感を捉える【笹島】


3.場所性、場所を演奏する
VIETNAM musique des montagnards
http://www.allmusic.com/album/vietnam-music-of-montagnards-mw0000030959
ベトナム山岳民族の現地録音集。葦を束ねたものを直接口を付けずに吹く楽器、またトーキングモジュレーターのように口腔内で共鳴させる擦弦楽器の音色に、その土地特有の土着性を聴く。【津田】

津田貴司
風の輪郭
http://starnet-muzik.com/itemlist/2011/07/07/kazenorinkaku/
石垣島にてフィールドレコーディングした音風景の特定の周波数をEQで持ち上げることによって、光や湿度、空気感などを抽出しようとする試み。淡いドローンのように聴こえるが元の素材の音の特徴が聴こえる。シンセなどをかぶせたものではない。仕上がりはまったく違うが手法としては先のkassel jaeger作品と同様のものと言える。【津田】

ラジオゾンデ
sanctuary
http://starnet-muzik.com/itemlist/2009/06/30/sanctuary/
益子STARNETにて即興演奏されたギターデュオ。残響の長いスペースの窓を開け放ち、バックの蝉時雨ごと録音。オーバーダブなどは一切行っていない。【津田】


michel doneda / ninh le quan
montagne noire
http://www.discogs.com/Laurent-Sassi-Michel-Doneda-Marc-Pichelin-L%C3%AA-Quan-Ninh-Montagne-Noire/release/1384997
上記二作品が「静的」であるのに対して、ドネダは積極的に環境に介入し音を出す。それをマイクロフォンが追いかけ、環境音とのダイナミックな交歓を動的に捉える。【津田】

davide mosconi
la musica dell anno Zero
http://www.discogs.com/Davide-Mosconi-La-Musica-DellAnno-Zero/release/1238283

スコットランドの灯台に備えられた霧笛のフィールドレコーディング。視覚的なイメージを全く結ぶことのない震える音の柱。【福島】

francois jouffa
native americans music and songs
http://www.meditations.jp/index.php?main_page=product_music_info&products_id=4169
現地録音物、土着文化から発生した音楽をその場の環境ごと捉える
その場の空気感や混沌とした感じが楽器の音と入りまじって聴こえてくる【笹島】

yannick dauby - john grzinich - muemer
lind, raud, astaajad
http://invisiblebirds.org/catalogue/ib005.html
使われなくなった給水塔?を弓や石を使って演奏している
コンタクトマイクで拡大された音が鉄の重厚な質感を浮き立たせている【笹島】

hiroki sasajima
wire and stone
http://www.discogs.com/Various-Mandorla-Autumn-Soundscapes-II/release/5483289
鍾乳洞内部の残響を利用し石を転がした音を記録したものと野外で針金に枝をぶつけ、その残響音をコンタクトマイクで記録しそれらをミックスした作品【笹島】


4.想像的サウンドスケープ
さかな sakana
水 d'eau
http://www.h6.dion.ne.jp/~sacana/
initial work collection] SARE-031~061として入手可能。
唄とギターのシンプルな楽曲だが、パーカッショニストが即興的に物音を演奏しており楽曲に奇妙な奥行きと質感を与えている。それも背景に効果音を加えたというものではなくアンサンブルとして成り立っている。【津田】

鈴木昭男 akio suzuki
奇集 odds and ends
https://www.youtube.com/watch?v=SklWF1Q9wMs
ギャラリーでのパフォーマンスはおそらく床を何かで擦るようなものだったのだろう。もう一曲、金属的なドローンに聴こえるエオリアンハープは風によって鳴らすという点で演奏者の手を離れた即興と言える。さかなで聴いた物音ともつながる。【津田】

rolf julius
music for ears
http://www.newtone-records.com/item/n_t0045247.html
電子音響の揺らぎの中に環境のテクスチャとレイヤーを感じとれる
音の捉え方や深く聴くことの姿勢のありかたを思わせる作品【笹島】



5.混じりけなしのフィールドレコーディング
kiyoshi mizutani
scenery of the border environment and folklore of the tanzawa mountains
http://www.and-oar.org/pop_and_22.html
丹沢山渓で記録されたサウンドマップ
里山の素朴な自然の環境録音でありながら人の生活音などを排除していないありのままの録音作品【笹島】


6.stilllife『archiperago』
stilllife
archiperago
http://www.ftarri.com/cdshop/goods/ftarri/ftarri-989.html
彼らの待望されたセカンド・フルレングスCD。「アーキペラゴ」とは群島あるいは多島海を意味する。それは周囲を取り囲む海によって切り離された島々でもあれば、山々に切り離された陸地を入り組んだ海がつなぎ結ぶ世界でもある。【福島】



スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 00:12:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad