■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

眼に見えない深層の持続 − スティルライフ@Ftarri ライヴ・レヴュー  Invisible Duration in the Depth − Live Review for Stilllife @ Ftarri
 ふと見ると、ステージ側のスペースはきれいに片付けられ、視界を遮るものが何もなくなっている。小津安二郎の映画で、一人娘が嫁ぎ家を出た後に残された空っぽの部屋のように、がらん‥とした広がり。そそり立つスピーカーが二本の柱のように見える、その間に黒々と広がる壁面と向き合い、まるで初めてであるかのように、その大きさに驚かされる。その手前の床には生成りの布が敷かれ、蝋燭が点され、音具がきちんと並べられている。以前よりも少し数が減った印象。開演前にJoseph Clayton Millsらによる『Huntress』(Suppedaneum)がかかっていて、ぽつりぽつりと弾かれるピアノの隙間から、すすり泣きが漏れてくる。
 津田による開演の口上に続き、空調が止められ、照明が落とされる。目蓋に残る壁面の広がりと向かい合う耳に、「非常口」の照明が覆われて(※)暗がりになったドアの方から、金属質の打撃音が現れる。長く尾を引いて宙に浮かび、残像のように漂い、次第に減衰しながらも、いつまでもいつまでも鳴り終わらない響き。ポータブル・ラジオのホワイト・ノイズらしき潮騒が床を浸し、背後でゆっくりと左右に動くと、階上の足音がコツコツと響き渡る。かすれた息漏れ、金属弦の揺らめき、クッキーの缶(?)を叩く音、雨垂れが手すりを打つ金属質の響き、メタルのスティックが弓で弾かれ豊かな倍音が香り立つ‥‥背後から放たれた音が次々に空間を渡ってくる。線を描かず、かたちもない、気配の音楽。その順序や連なりは定かではなく、おそらくは重要でもない。むしろ音は時間軸上の前後関係を解かれて空間に象眼され、そこかしこにちりばめられて、それを耳の眼差しの移ろいとともに、聴覚によりランダムにスキャンされていくかのようだ。ザッザッと掃く音、金属の摩擦音、トコトコと天井裏を走るかすかな足音、不定形のざわめき。次々と湧き出しては、たちまちのうちに溢れ出して床を伝い、どこかへと流れ出していく音響。潮騒が改めて動き回る。
※客席後方の別の照明が代わりに非常用として点灯されていた。

 いつの間にか笹島が位置について、カンテレの弦にe-bowを当てている。ゆっくりと浮き沈みする弦の震えの傍らを、どこかから聴こえるせかせかとせわしない摩擦音が、くっきりとした対比をかたちづくりながら通り過ぎる。津田が位置について、右手前に置かれた白い木の枯れ枝を取り上げて振るう。風切り音と枝同士が触れ合うカタカタと乾いた響き。長い竹笛に吹き込まれた息漏れ、束の間結んではほどける息のもつれ、あるいは試験管に吹き込まれ、陽炎のようにぼっと鳴る息。
 遅れて来た客がドアを開け、開閉音に遅れて外の風がふわりと届いて、その涼しさに、室内の熱気に改めて気づかされる。試験管の消え入りそうな鳴り。カンテレの音はもう止んでいる。か細い息がそれでも像を結び、辛うじて息の柱を立てる。鈴の音が微かに響き、闇の底をうっすらと照らし出す。握りしめられた試験管同士がこすれるガラスの軋みが、耳元で手触れるようにはっきりと鳴り響く。
 眠れずに眼が冴えるようにきりきりと覚醒した聴覚は、ハーモニウムの響きを拡大し、リードの鳴りと「ふいご」の軋み、空気の流れが衝突し合う音を聴き取る。呼び子のぴんと張られた響きが、その前を横切る。枯れ枝を叩く乾いた音。沸騰するヤカンのような倍音の揺らめき。割竹のミシミシという軋みが時折パリッと爆ぜる。
 太い試験管の口を叩く音、枯れ枝のかさかさした響き、ざらざらと金属を指先で探る手触り。遠く記憶を探るような深淵が口を開ける。コンセプトとして音の種類を減らし、音数を少なくするのではなく、小津映画の老夫婦の会話のように、住み込む空間や棹差す時間の流れが共有されることによって、自然と口数が減り、あえて説明しなければならないことがなくなって、アブストラクトな記号の投げ渡しと見える中から、具体的なものが姿を現す。
 ハーモニウムの「ふいご」の立てる、古い古い木の床のような、ずっと放っておかれた安楽椅子のような軋みが、蓋を閉じる。前半の終了。およそ35分の演奏。


 レジの後ろのキチネットの水道の蛇口をいじり、水の「しずく」が間を置いて滴る状態をあらかじめセッティングする。リズミックな響きは空調を消すと思いのほか大きく響き渡る。水を入れた巻貝の貝殻をゆっくりと巡らせ、こぽこぽと水音を立てる。石を摺り合わせ、あるいは打ち合わせる。ガラス瓶の水音。中に水と細かいガラス粒を入れた壜を振る。長い木の棒を振る風の唸り‥‥。様々な音が現れてはすぐに移り変わり消えていく。意外に強力で動かし難い水滴の音の壁を崩し、空間を柔らかく広げるべく、トライ&エラーを繰り返している印象。
 笛を伝うランダムな息の流れのうちから、幾つもの息の乱流が走り出て交錯し、繊細の息のドローンを形成する。それをラジオから漏れ出るシーッという希薄なノイズがさっと裏打ちする。それらの折り重なる響きが足下から満ちてくると、もう水滴の音は気にならない。
 暗闇を見詰める眼差しに、幾つもの不思議な形象が現れるように、ドローンに柔らかく浸された耳を様々な不定形の響きが襲う。滝壺を思わせる低いどよめき。息の倍音のむらが影となって浮かび上がる。カンテレの眼の覚める一撃がもたらす暗がり。小型の鐘とカウベルの響き、壜と貝殻の水音が重ねられ、付かず離れず、時に結びあいながら漂う。気がつけば呼び子のかすれた鳴りだけが残り、再び水道の水滴が姿を現す。水滴の間隔が長くなったようにも感じられる。あるいは時の流れが遅くなっているのか。スティルライフの二人もそれにじっと耳を澄ましている。後半の終了。時計を見ると始まってから25分しか経っていなかった。

今回のライヴのセッティング。撮影:笹島裕樹


 フルレングスCD第二作『archipelago』の制作を終えたスティルライフの二人の演奏には、やはり以前とは一線を画した変化が感じられた。当初、野外での演奏/録音を重ね、ライヴにしても周囲の環境音の豊かな立川セプティマをホームグラウンドとしていた彼らにとって、そうした環境の生み出す豊かな響きの伴わない(周囲の物音の入ってこない)都会の「密室」である喫茶茶会記やFtarri水道橋店は、言わば「アウェー」の空間であり、なかなか出口の見つからない閉塞感と息詰まる緊張が、聴衆にもひしひしと感じられた。もちろんそれはそれで得難い耳の冒険であり、当ブログでもレヴューしてきたように素晴らしい演奏が繰り広げられたのだが。
 それに比較して、今回の彼らは実に揺るぎなく堂々と音を出していた。誤解のないよう、すぐさま付け加えるならば、それは彼らが傲慢になったということでは全くない。『松籟夜話』番外篇でも述べたように、彼らは周囲を俯瞰の視線で眺め下ろし、環境音を一枚のペラリとした書割りによる「背景」へと平坦化してしまうことがない。そうではなく、目線の高さを周囲に合わせて下げていって、草叢に埋もれるように、自らの身体を環境に深く埋め込んで、虫の音や鳥の声、せせらぎや葉擦れの傍らで音を放つ。そうした姿勢はいささかも変わるところがない。
 では何が変わったかと言えば、端的に言って、泰然と揺るぎなく、先を急がない落ち着きが増したように感じられる。環境を感じ取る経験を積み重ね、自信を深めたということなのだろう。
 深い森に遊ぶ時、人は知らず知らずのうちに幾つもの目印を見つけ心に刻んでいる。だが、それが意識の表面に浮上することはあまりない。ところが、「道に迷った」との不安がいったん立ち騒ぐと、それらは一気に顕在化し、意識の表層に沸騰するように立ち騒ぐこととなる。深刻なパニックとして。
 今回の津田と笹島の振る舞いを見ていると、彼らはもう「道に迷う」ことを恐れなくなったのだなと思う。慌ただしく耳の視線を巡らせ、見覚えのある徴候を探し求めるのではなく、自然と進むべき道筋が浮かんでくるまで、そこにじっとして、辺りに耳を澄まし、あるいは引き続き音を紡ぎ続けていればよいのだ。彼らは自分の/周囲の音に耳を澄ますことを、元から厭わなかった。だが、そこには進むべき方向を見出そうという目的意識が明確にあった。いまやそれは薄らいで、より一つひとつの音を愉しむことを深めているように感じられる。特に今回の演奏で言えば、笹島によるハーモニウムの「ふいご」の開閉や、津田による枯れ枝の使用に。
 レヴュー本文でも描写したように、笹島は「ふいご」を操作しながら、コントロールを超えたところで偶発的に生じてしまう音響に対する発見の悦びに浸っている。一方、津田はこの枯れ枝がもたらす風切り音や唸り、枝同士がぶつかり合うかちかちと固く乾いた打撃音の強力な存在感、否応なく孕んでしまう濃密なシンボリズムを楽しんでいる。すなわち、前後の脈絡を断ち切ってしまうようなアクシデントや極端な強度が、いまや受け入れられているのだ。

今回活躍した音具2点。枯れ枝と北京鍋を改造した「フライポン」。撮影:津田貴司


 いま指摘した幾つかの変化は、ひとつの大きな変容の異なる側面、個別の現象化と感じられる。音響の表層の自由連想的な連続性の水準に認めていた演奏の流れが、より深い持続の感覚の中に見出せるようになったことで、表層の連続性を切断しかねない事態が受け入れられ、演奏の与える印象も「各種音響の直列的な接続」からゆるやかに遠ざかる。使用される音具や音響の種類は絞り込まれながら、一つひとつの音具や音響の在りようはより豊かに掘り下げられ、これまで先立つ音から切り替えるように新たな音を放っていた演奏は、いま鳴っている響きがそれまで鳴っていた(いまはもうすでにない)響きを照らし出し映し出すように、新たに付け加えられた音が、いま鳴っている音を改めて香らせるように、まるで思い出が立ち騒ぐが如くに進められることとなる。
 そのようにして増した演奏の包容力は、冒頭、ステージを離れ背後から放たれた音響や、水道の蛇口から滴り続ける「しずく」といった仕掛けを、演奏に付け加えられた余計な「ギミック」や「演出」と感じさせない。
 実は演奏終了後の津田による説明で明らかになったのだが、今回のライヴの前半の演奏ではアルコールランプの炎にビーカーをかけ、湯を沸かす仕掛けが用いられたとのことだった。後からそう言われても、聴き手としては、どの音がそうだったのか見分けがつかない。「ああ」と思い当たる響きもない。今年の4月29日に行われた高円寺「円盤」でのライヴで、同じ仕掛けが初めて用いられた時は火力が弱くて沸騰には至らず、試みとしては失敗に終わったのだが、それでも演奏自体は何とか無事終了し、この試みがまだ重要なものとはなり得ていないことを証明することになった。さらには湯がいつ沸騰し始めるのか、演奏者が気にしている様子が聴き手にもひしひしと伝わってきていたことを思い出す。わずか5か月前のことながら、今の彼らと引き比べると何やら隔世の感があり、しみじみと感慨深い。


2015年10月3日(土)
Ftarri水道橋店
スティルライフ(笹島裕樹+津田貴司)

月光茶房店内に掲示された原田正夫撮影による写真。
上の作品がstilllife『archipelago』のジャケットの「原画」だが、原田によれば下の作品も候補だったとのこと。
対照的なイメージがstilllifeの表層と深層を二つながら明らかにしているようで興味深い。
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 22:35:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad