■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ジョン・ブッチャー来日!  John Butcher Live in Japan 2015

 ジョン・ブッチャーが来日する。前回の2013年のツアーは体験できなかった。予定が空かなかったこともあるが、何しろ当時はまだ高岡大祐を知らなかった。もしすでに知っていたならば、彼とジョン・ブッチャーの邂逅を目撃すべく、万障繰り合わせて大阪まで駆けつけただろうに。二人の共演の記録は残されていないが、二人の深い交感の軌跡は、高岡がレコーディング・エンジニアを務めたブッチャーのソロ『Nigemizu』に確かに結実している。

 いささか極端な物言いをすれば、そこでは音高の上下はほとんど意味をなさない。また同様に、ジョン・ブッチャーの演奏に彼のヴォイスを聴き取ろうとすることも。
 サキソフォンはもちろん管楽器であり、基本的に単音しか出せないのだから、音の高低によりフレーズをかたちづくり、それを紡ぐことにより演奏を進めていくのが、通常の演奏の仕方である。フレーズは時にリズミックなリフとなり、あるいは感情の高まりに引き裂かれて、泣きわめき、怒りを迸らせるフリークトーンへと姿を変える。それでもそれは一本の線の軌跡であることは変わりない。音色もまた深々と底の見えない河のようなたゆたいから、鋭い囀りまで千変万化し得る。それでもその背後には、「肉声」の手触りを感じさせる「ただひとつの」かけがえのないヴォイスがある。
 ジョン・ブッチャーの演奏の真髄は、結果としての線の軌跡ではなく、刻一刻と生み出されていく現在のうちにある。書にたとえるならば、黒々と描きあげられた文字の中にではなく、筆の運びの遅速、筆先の乱れ、筆触の抵抗、墨の粘りや泡立ち、筆の先端が紙に触れた瞬間から始まる水分の浸透と墨の粒子の運動、それらが生み出す滲みの広がりのうちにこそ存在している。
 わずかに震えながらとぐろを巻く低音。きりきりと囀る高音。ぶおっと吹き鳴らされる「ひとつの音」の中から弾け出る幾つもの音(何人も集まって同時に吹き鳴らしているとしか思えない)。引き伸ばされるうちに希薄さを増し、薄闇に溶け込んで、あるいは静寂に沁み込んで、もはや見分けのつかなくなる響き。同じところを繰り返しぐるぐると巡るようでいて、同じ高さの音がまったく違うかたち、顔つきをしている(やはり何人も集まってアンサンブルしているとしか‥‥)。

 線でなく、声でない。それが最も典型的に現れるのは、やはり彼のサウンドが希薄さに傾く時だろう。薄衣のようにひらひらと風に吹かれ、宙に舞い、それを通して向こう側が透けて見える。輪郭を失い解け広がる響き。体内の血流が透けて見えるプランクトン。暗闇でざわざわと色めく気配。暗闇に眼を凝らし照らし出す息遣い。
 子どもの頃よくやったことだが、うちわや下敷きを手に持って振り回すと、空気の抵抗で時折ひらりと翻る。眼に見えぬ空気の流れ、層や固まりがふっと浮かび上がる。ジョン・ブッチャーの演奏は、ちょうど同じようにして、空気に触れる感覚を伝えてくれる。最近のインプロヴァイズド・ミュージックでは、息音の使用、あるいは重音や極小音量を用いることにより、演奏者のコントロールの届かない、演奏者の手を離れてしまった音の移ろいを聴かせる演奏がまま見られるが、ジョン・ブッチャーの演奏はそうした「ブラウン運動」任せの不確定性、あるいは確率的/統計的演奏とは一線を画しているように感じられる。サウンドを形成する「分子」の一個一個を、マックスウェルの悪魔のように一つ漏らさず完璧に操作していると。

 サキソフォン演奏の最前衛、最先端と言えば確かにそうなのだが、彼にはそうした称号はふさわしくないように思われる。たとえばジョン・コルトレーンによるシーツ・オヴ・サウンドを絶え間ない複数化への欲望ととらえ直したエヴァン・パーカーが、循環呼吸によるノンブレスとマルチフォニックスを組み合わせて、ヴァーチャルなポリフォニーを織り上げるに至る道筋は、確かにエクステンデッド・テクニックの開発によるサキソフォンの表現領域の拡大ととらえられよう。この「サキソフォン帝国の領土拡大」は、同時にエヴァン・パーカー独自のヴォイスの商標登録でもある。同じノンブレス・マルチフォニックスをドローン化し、滔々たるたゆたいに棹差しながら内面を深く覗き込むカン・テーファンや、他のエクステンデッド・テクニックを含めモジュール化して、コンポジションに用いたネッド・ローゼンバーグ等が、その後に続くことになる。そこには「前衛」とか「先端」と呼ぶにふさわしい、ある地理的な広がりの中での特定エリアという、場所というか、「領土」感覚があった。
 しかし、ジョン・ブッチャーによって獲得/体現されている境位は、そうした確固たる地理的広がりに属していないように感じられる。それ自体が希薄かつ脆弱で移ろいやすく、言わば満潮時には水没してしまう砂州とか、度重なる洪水に見舞われ、大きく蛇行する河がいつも流路を変えている、三日月湖だらけの湿地帯とか、そうした流動的な地形のように。それはもっとミクロな生成により、束の間浮かび上がり、またすぐに溶解し、沁み込み、霧散し、気化してしまうような、不安定で移ろいやすいものなのだ。

 そう考えると、ジョン・ブッチャーの演奏が、なかなか音盤に定着されないのもわかるような気がする。決まったかたちを当て込んで、それを頼りに探そうとすると捕まらないのだ。高岡大祐はミュージシャンであると同時に、釣り師でもあるのだが、自身の釣りを評して「あらかじめ何を釣るかを決めず、その場所に行って、その場所に何をいるかを探ること、その時に持って行った仕掛けで何が出来るかを探ること」としている。まさにそうした「不定形」の釣りの極意が、ジョン・ブッチャーの音をとらえ得た秘密なのだろう。


 今回のツアー・スケジュールは次の通り。ぜひ演奏の現場に駆けつけて、彼の音を各自つかまえていただきたい。

///////////////////////////////////////////////////////
11月19日(木) 神戸・塩屋 旧グッゲンハイム邸
ジョン・ブッチャー(tenor & soprano saxophone)SOLO
開場 19:30/開演 20:00
予約 3,000円/当日 3,500円
神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17 ● JR塩屋駅および山陽塩屋駅より 徒歩5分
ご予約・お問い合わせ:TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
           E-mail : guggenheim2007@gmail.com
///////////////////////////////////////////////////////
11月20日(金) 大阪 島之内教会
ジョン・ブッチャー(tenor & soprano saxophone)- 鈴木昭男(self build instruments)DUO
開場 19:00/開演 19:30
予約 3,500円/当日 3,800円
大阪市中央区東心斎橋1-6-7 TEL: 06-6271-8202(コンサート当日のみ)
 ● 地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 心斎橋筋出口(大丸側)より徒歩7分
 ● 地下鉄堺筋線 長堀橋駅 7番出口より 徒歩3分
ご予約・お問い合わせ:音波舎 E-mail: ompasha.otononami@gmail.com
///////////////////////////////////////////////////////
関西公演 詳細(音波舎)
http://ompasha.blog.shinobi.jp/Entry/276/
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
11月21日(土) 東京・西麻布 スーパー・デラックス FTARRI FESTIVAL 2015 参加
ジョン・ブッチャー(tenor & soprano saxophone)- 鈴木昭男(self build instruments)DUO 
開場 14:30、開演 15:30、終了21:30予定
///////////////////////////////////////////////////////
11月22日(日) 東京・西麻布 スーパー・デラックス FTARRI FESTIVAL 2015 参加 
ジョン・ブッチャー(tenor & soprano saxophone)- ロードリ・デイヴィス(electric harp) DUO
開場 14:00、開演 15:00、終了21:00予定
///////////////////////////////////////////////////////
FTARRI FESTIVAL 2015
2日間通し券:予約 7,500円 + 各日 1 drink、当日 8,000円 + 各日 1 drink
1日券(各日):予約 4,000円 + 1 drink、当日 4,500円 + 1 drink
東京都港区西麻布 3 -1-25 B1F ● 日比谷線 / 都営大江戸線六本木駅 3番出口より徒歩5分
ご予約方法、他のプログラムにつきましては、FTARRI FESTIVAL 2015特設サイトをご覧ください。
http://www.ftarri.com/festival/2015/index.html
お問い合わせ : FTARRI 電話:03 -6240 -0884 (午後4時~8時。休業日やライヴ時間中はつながりません) E-mail: info@ftarri.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////
11月23日(月・祝) 埼玉・深谷 ホールエッグ・ファーム
ジョン・ブッチャー(tenor & soprano saxophone)SOLO,  ジョン・ブッチャー - 高橋悠治(piano)DUO
開場 17:30/開演 18:00/カフェ 17:00 ~
予約 4,000円/当日 4500円(1ドリンク付)
埼玉県深谷市櫛引140-1 ● JR深谷駅から送迎あります(予約制)
          ● 関越自動車道「花園インター」から約15分
チケット申込:TEL: 090-5584-3104(サイトウ) FAX: 048-585-6687
お問い合わせ:TEL: 048-585-6685(サイトウ)
       E-mail: spacewho@hall-eggfarm.com
http://hall-eggfarm.com
///////////////////////////////////////////////////////
11月24日(火) 千葉・稲毛 キャンディ
ジョン・ブッチャー(tenor & soprano saxophone)SOLO
開場 19:30/開演 20:00
予約 4,000円/当日 4500円(1ドリンク付)
千葉市稲毛区稲毛東3-10-12 ● JR稲毛駅西口より 徒歩2分
ご予約・お問い合わせ:TEL/FAX: 043-246-7726  
           E-mail: jazz_candy-lj@infoseek.jp



 予習用音源としては、比較的最近の作品から3点を挙げておこう。『Nigemizu』は前述の通り、彼のソロ演奏のこわれやすい響きを初めて音盤に定着した‥と言いたくなる傑作。『Resonant Spaces』は同じくソロ・インプロヴィゼーションながら、様々な特異な音響環境を経巡り、空間と深く交感した記録。音が空間を探査し、照らし出す様が生々しくとらえられている。『Exta』はトリオによる演奏。かつてPhil Durrant, John Russellと繰り広げた『Concert Moves』(Random Acoustics)における、3人がフラットの各室でそれぞれ気ままに練習しているのを廊下で立ち聴きしているような、ほどけてはもつれていくこわれやすい移ろいこそが、ジョン・ブッチャー自身の言う「雲が落ちてこないように支える」演奏の具体化であり、到達点と思われたが、それをあっさり塗り替える幽玄極まりない逸品。

John Butcher / Nigemizu
http://www.ftarri.com/cdshop/goods/uchimizu/uchimizu-01.html





John Butcher / Resonant Spaces
https://www.youtube.com/watch?v=gSfVL_YfONg
http://www.johnbutcher.org.uk/wire_resonant.html





John Butcher, Thomas Lehn , John Tilbury / Exta
http://recordings.fataka.net/products/517214-exta-john-butcher-thomas-lehn-john-tilbury-fataka-7

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 00:36:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad