■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

失われるものあれば、新たに見出されるものもあり − 川内倫子展『Let's sing a song our bodies know』レヴュー  Some Are Lost, Some Are Newly Found − Review for Rinko Kawauchi Exhibition " Let's sing a song our bodies know "
 津田貴司が音楽を担当した川内倫子展『Let's sing a song our bodies know』に行ってきた。
 GUCCI店内に入るのに気後れして、表である通り側ではなく、地下街からの出口に近い裏側から高野ビルに入り、店の外にあるエレベーターでギャラリーのある3階に上がると、エレベーター・ホールからのドアに鍵がかかっている。仕方なく戻り、GUCCIの店員にギャラリーに行きたい旨を告げると、笑顔でポストカードを渡され、店内のエスカレーターを案内される。どう見てもGUCCIなんて買いそうもない私でも親切に案内してもらえたので、勇気を出してぜひ。

 さて、一番伝えなければならないことは今書いたので、後は印象を少々。


 会場内に入ると、暗がりの中に幾つもの矩形の明るみが浮かんでいる。インターネット上の案内記事を見て、てっきり写真展とばっかり思っていたので、この空間の設えにまず驚かされた。ホワイト・キューブではなく、ブラック・キューブにバック・ライトで視覚イメージを展示するのかと。床に箱を置くように展示された作品があり、壁に掛けられた作品があり、壁面に投影された不思議な色合いの照明の移ろいが、風が通うような動きをもたらしている。
川内倫子1_convert_20151201233514
https://www.wwdjapan.com/fashion/2015/11/20/00018774.htmlより転載

 近くにあった作品のひとつに近づいて、初めてそれが写真=静止映像ではなく、動画であることに気づく。風に揺らぐ蜘蛛の巣の繊細な光。風に散るタンポポの綿毛。雲に横切られる満月。一定の持続でループされているのだろう、永遠に繰り返されるあえかな運動、動き、震え。ここには音は存在しない。
 たとえ水面を打つ雨粒がつくりだす文様の重なり/広がりや、平らかに広く開けた火口からたちのぼる噴煙、流れ移りかたちを変え続ける鳥の群れといったように、何らかの「鳴り」や「響き」が想定され得るシークェンスであっても、それは変わらない。さりげない運動が一瞥の下に明々と浮かび上がり、その視覚の鮮明さゆえに聴覚は遠のく。滔々とうねり渦巻く潮目。夜空に凍りついたように炸裂する花火。まだ臍の緒を付けたままの新生児。ショベルカーがもぎ取ろうと揺するコンクリートの壁。

 だが、これらの映像は、写真作品が求めている「凝視」を、その前で立ち止まり、映された世界の奥底まで覗き込む視線を待ち望んでいないように思われる。揺れる枝の向こうから射し込む木洩れ陽の震え。木の芽型に尖ったシャボン玉の先端から滑り落ちる微細な泡の滴り。果てしなく広がる雲海のうごめき。薄暗がりに明滅する赤い斑紋。巻き上げられ、きらきらと舞踊る光の砕片。スケールも様々で、時に輪郭すら定かでなく、何が写っているのかもわからない映像の散らばりは、ふっふっと移ろいゆく眼差しがその一瞬をとらえ、次々に重ね合わせ、動きの響き合いを意識下で感じ取るべきものではないのか。

 キャメラの視線は、どの光景にも入れ込まず、しかるべき距離を保ち、なおかつ視界を対象化し固定してしまうことのない微妙な間合いに佇んでいる。それは各映像をゆるやかに結びつけながら、同時にきっぱりと切り離している。だからそこには「物語」が生まれない。蟻の群れをとらえた映像が「世界からこぼれ落ち乾き切った無名の視線」というような「物語」にはまり込む手前で、和紙を紐で綴じる針作業の手さばきへと切り替わる。薄暗がりに沈む赤ん坊の寝顔は、雪の結晶が貼り付いたガラス窓の接写と入れ替わる。蜘蛛の巣の幾何学文様が、下方から浮かび上がる無数の泡に切り替わり、やがてそれも車窓に映る田畑の風景に移り変わっていく。この展覧会を案内するポストカードに掲載されている、少女の掌が包み込む人形の頭部の写真は、今回の展示作品の中で最も物語喚起力の強い作品だと思うが、その映像(少女の掌は人形の頭部をあやすように慈しむ)も次々と押し寄せ渦を巻く波の映像に洗い流されてしまう。
 この少女と同一人物らしき姿は、草原の道をひとり歩き、あるいは渓流に遊びと、幾つかの映像に共通して現れるのだが、そこに線を成して浮かび上がるものはない。むしろ、各映像は固有の繰り返しの中にとどまって、束の間結び合いながら、すぐにさらさらと解けていくようだ。壁面に投影されているのが、全作品の中で最も抽象的な、薄暗がりに明滅する赤い斑紋と、巻き上げられきらきらと舞踊る光の砕片の映像であるのは、この部屋を満たしている物語的/感情的湿度の低さを物語っていよう。
川内倫子2_convert_20151201233858 川内倫子4_convert_20151201234008
http://www.fashionsnap.com/news/2015-11-16/rinkokawauchi-gucci/より転載
https://www.facebook.com/gucci.jp/photos/a.964396970295421.1073742025.123789177689542/964397020295416/より転載

 むしろ、このようにそれぞれの映像が独立したアトムであり、それゆえ解けていくしかない作品世界をゆるやかに包んでいるのは、津田貴司による音であるだろう。虫の声や波の音、鳥の囀りのゆるゆるとした持続が、天井に設置された反射板型の無指向性スピーカーから散布されて切り離された映像の間に広がり、さらにギターの響きがゆったりと浮上し、ゴトンゴトンと低く鳴り続けるエスカレーターの動作音と交錯する。
 ここで誤解のないようにあらかじめ断っておくならば、ここで体験できると映像と音響の組合せは、川内の映像作品が自然の風景をちりばめたものだから、そこに自然音を合わせた‥‥というような安易な物ではない。先に述べたように川内の映像は音を感じさせない。この展示空間に津田がもたらした音響は、個々の作品に説明的な「背景」として、曖昧な「イメージ」として、何ともわかりやすい「物語」として結びつくことなく、あくまでその間に響いている。映像と音響は明らかに別の層を動いており、だからこそ、映像が開いたある想像空間にそれとは全く別の音色が鳴り響き、ある音響がふとつくりだした時間のエアポケットに異なる視角イメージが転がり込んで、不可思議なマリアージュをもたらすことが起こり得るのだ。

 ここでひとつ白状しておけば、私は津田の作品を結構聴き込んでおり、特にhofli名義の最新作『十二ヶ月のフラジャイル』は、一線をきっぱりと突き抜けた快作と高く評価していたのだが、そこから抜粋された曲が会場でかけられていたことに全く気がつかなかった。もともとhofli名義の作品は物語的な想像力/映像喚起力の高さを特徴としているのだが、『十二ヶ月のフラジャイル』はさらにそうした聴き手に対する触発の力が高まって、まるですぐれた映画作品のように、映像それ自体よりも、映像と映像の間に働く切断や衝突、召喚や想起の力を強く感じさせるところがあったのだが、この会場ではそうした力の作動は感じられなかった。曲順をばらばらにし、他の作品の曲とも合わせて並べ替えたために、シークェンスの持つ力が全く変わってしまったためもあろう。しかし一番大きな違いは、やはりここ、川内倫子展ではあらかじめ川内による映像が視覚イメージとして与えられていたことではなかったか。視覚を強力に喚起する音響と、聴覚を遠ざける映像が切り結び、互いにこれまで持っていたある部分を致命的に失い、代わりにこれまで持つことのなかった別の特性、新たな力能を手に入れる。コラボレーションとは本来、既知の要素の単なる足し算ではなく、こうした結果の読めない冒険ではなかったか。それにしても、誰から紹介されたわけでもなく、ただ音盤を聴いただけで、共同作業者に津田を選んだ川内の直感の冴えと、これまでの自分をあえて打ち壊すことを辞さない勇気に拍手を送りたい。この冒険は両者にとって確実に新たな一歩を生んだと言えるだろう。


会場:グッチ新宿 3階イベントスペース
   新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル
会期:2015年11月21日(土)〜12月13日(日) 会期中無休
   11:00〜20:00(最終入場19:30) 入場無料



スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:48:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad