■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

オルークの耳を借りる 『松籟夜話』第五夜に向けて  Borrow O'Rourke's Ear Toward the Fifth Night of "Syorai Yawa"
 今週末、2月7日(日)開催のリスニング・イヴェント『松籟夜話』第五夜について少々。今回はジム・オルークを光源にして音と響きのあいだを探る‥‥という企画です。これまでそうやって採りあげてきたミッシェル・ドネダ、デヴィッド・トゥープ、フランシスコ・ロペス、スティルライフに比べて、オルークは知名度があるし、最近、新作『シンプル・ソングズ』がリリースされて、その関係でメディア露出も多いし‥‥ということで、これまでみたいに(怖いもの見たさで?)「知らないものを聴きに行く」感じとは、ちょっと皆さんの受け止め方が違うだろうなーって思っていました。

 たとえば「オルークなら知ってるよ」とか、「オルークって昔は実験的なことしてたんでしょ。その話?」とか、「ああ、インプロとかドローンとか‥」とか。でも「情報として知ってる」ということと「聴いてる」ってことはずいぶん違うわけで、まさにその違いに出会うことが、『松籟夜話』の役割のひとつだって、主催者のひとりとしては思っています。
 これまでの『松籟夜話』でも、たとえばドネダを以前から知ってた人が「初めてドネダを聴いた」って思えるとか、オコラ・レーベルとか集めて民族音楽をいっぱい持ってる人が「え、民族音楽ってこんなんだっけ」って感じるとか、フィールドレコーディングのマニアが、今まで自分はフィールドレコーディングの何を聴いてきたんだろう‥‥ってわからなくなるとか、そんなことを目指してきました。
 それって知識の多い側が少ない側に分けてあげる‥とか、そんなことじゃない。大事なのは、フツーはひとりで(こっそり?)聴きそうな音源を複数で聴くことじゃないかと。しかもひとりひとりが自分の世界に閉じこもってバラバラに聴くのでもなく、「みんなが同じひとつのものを聴いている」って幻想に浸るのでもなく、他人の肩越しに「あれ、オレと違うな」みたいな差異を感じながら聴くこと。そこから何かが見えてくる。たぶんだけど。

 今回は私がメインの選盤をし、そこに相方の津田貴司が「だったらこれはどう?」と補助線を引くかたちで構成しています。だからまずは私の耳と津田の耳の違いが浮かび上がってくるでしょう。でも、それが照らし出しているのは、結局、オルークの耳の在処(ありか)なんだよね。つまり参加者は私や津田の肩越しにオルークを見ているつもりで、知らず知らずのうちにオルークの肩越しに世界を眺めている。あるいはオルークの耳を通して世界を聴くことで、世界がいつもと変わって見えてくる。そこが今回のキモですね。だから「オルークを聴く」ではなくて、「オルークの耳を借りる」って感じかな。それがつまりは「ジム・オルークを光源にして音と響きのあいだを探る」っていう触れ込みの内実。
 でもそれじゃ「ジム・オルークを光源にして‥探る」は何となくわかったけど、「音と響きのあいだ」って何?‥‥って声が聞こえてきそうですね。それは当日のお楽しみ。

 それともうひとつ、今回のキーワードとして「クロス・リファレンス」ってことを意識しています。オルークは少年時代に近所の図書館のレコード・ライブラリーを漁って、いろいろな音楽を発見していくんだけど、その時に導きの糸になったのが、クロス・リファレンスなんだよね。フランク・ザッパのレコードを聴いて感動して、ライナーに名前の挙がっていたエドガー・ヴァレーズを聴いてみる‥‥っていうように。こうして少年オルークは、ストラヴィンスキーやモートン・フェルドマンやセシル・テイラーや70年代のエレクトリック・マイルスやリュック・フェラーリやデレク・ベイリーやAMMを次々に発見していった‥‥。海図なしに荒海に漕ぎ出す耳の冒険の成果として。
 今はガイド本も多いし、ネットで検索すればたちどころに情報が手に入るけれど、それってホントに「クロス・リファレンス」足り得ているかな。むしろ同じソースの情報のコピペが増殖してるだけなんじゃないの。みんな同じソースにアクセスして、情報の同質性を互いに確認しあって一安心‥みたいな。そこには境界を横断して、フツーなら結びつかない異質なもの同士を結びつけてしまう「クロス・リファレンス」の力は宿ってないんじゃないかな。
 というわけで、『松籟夜話』はクロス・リファレンス的な力を発揮できるでしょうか。これは自分への宿題。

 なお、Facebook上ではご案内しましたが、『松籟夜話』第一夜~第三夜で、その特異にして卓抜な能力を遺憾なく発揮した歸山幸輔オリジナル・スピーカーが、次回第五夜で再び登場します。第二夜でのニューギニアの聖なる笛の空間を揺すぶるような響き、第三夜で熱帯雨林を特集した際に聴くことのできた、虫の音の闇に身を沈めるような鳴り(他のスピーカーではうるさく感じられたのに)が思い出されます。このスピーカーがオルークの照らし出す音源やビブリオテカ・ムタツミンダの空間とどのような邂逅を果たすのか、とても楽しみです。
 それではご来場をお待ちしています。


◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。◎第五夜となる今回は、ジム・オルークを灯台として、音と響きのあいだを照らしていきます。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2016年2月7日(日)18:00〜(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
電話番号:03-3402-7537
http://gekkosaboh.com/

逋ス邱夲シウ・ー_convert_20160202230442
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 23:10:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad