■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

交わらない視線、融けあう響き 大上流一・森重靖宗デュオ ライヴ・レヴュー  They Don't Meet Their Eyes But Their Sounds Melt into One  Live Review for Ryuichi Daijo and Yasumune Morishige Duo @ Ftarri
 彼らは視線を交わらせるということがない。大上はたいていの場合、ギターの指板の上に置かれた、あるいは背後に設置した旧式の「ラヂオ」のつまみに伸ばされた左手の指先を見詰めており、時に足元に視線を落とす。対して森重は眼を瞑り、両手指先の触覚をフル・ヴォリュームに高めながら、チェロの弓や胴から伝わる振動に深く糸を垂らしている。

 まだ歩み続ける左手をよそに、大上の右手がふと立ち止まり、弦を離れ、そのわずか上空をあてもなくさまよい始める。やがてそれも止まり、彼はギターを抱えると、森重の方を眺めやる。先ほどまで聴こえるか聴こえないか、ぎりぎりのフラジオを奏でていた森重の弓は、もはや弦を離れ、それでも動きを止めることなく、ゆるやかな往復を繰り返している。沸き立ち中空に舞い上がった沈黙が、再びその場に降り積もる気配を察し、ようやく彼は動きを止める。息を止め、肌をそばだてて確かめてから、彼はようやく眼を開け、大上と視線を合わせる。この日、前半と後半、1回ずつの演奏の最後にいずれも見られた、しめやかな儀式。

 視線を交わらせないということは、互いに聴きあわないということではもちろんない。事実は真逆である。彼らは相手の弦に直接触れているのではないかと思うほど、鋭敏な反応を見せる。そこに距離はない。それゆえにこそ、相手の身体の運動に対して、鏡像と向かい合う猿のように我を忘れて性急に、またせせこましくヒステリックに、自らの身体の動きを投げ返すことがない。彼らは距離によって分離された視覚像にとらわれることなく、同じひとつの空間の中で、響きを通じてひとつに融けあうよりない音の流れに、深々と身体を沈めている。水中で水の流れを感じるように、彼らは多方向からの力動の交錯として、音の流れを感じ取っていよう。自らの弦の振動も、相手の弦の振動も、たちまちのうちに波紋を広げ、変わりなく肌を打つ。私たち聴き手もまた、そうした音の深みへと誘われ、めくるめくように重層化し、ひとつに融けあい、また幾つにも分岐していく豊かな音の流れに、打たれ揺すぶられていたように思う。それは耳が清清と洗われ、また心地よく押し広げられる体験だった。

大上・森重1縮小
  撮影:原田正夫


 すっと弾かれたギター弦の振動が、幾重にも甘皮を剥がした清冽な、だがまぶしさのない響きへと立ち上がり、弓を傾けて当てられたチェロ弦の、少し曇りのある音色と混じり合う。さらに深く弾き込まれたチェロ弦が響きを増し、軽やかにかき混ぜられたギター弦のざわめきを含んで、さらに滋味を豊かにする。

 二人の演奏はここで所謂「特殊奏法」(エクステンデッド・テクニック)へとほとんど向かうことなく、また、ことさらに一音一音を切り離す切断の素振りも見せないにもかかわらず、自ら閉域をかたちづくって単独で線を描くことがない。線描/輪郭と色彩へと二分化していくこともない。二人は互いに音を差し挟みあい、重層化させ、ミクロに絡み合う。ブリの切り身や身欠きニシンと大根のように、あるいはヤンニョムと白菜の葉のように、交互に敷き重ねられ、浸透し、発酵して変容の果てに分ち難くひとつのものとなって、複雑極まりない豊かな香りと味わいを獲得する。時にそれはアルゼンチン・タンゴの濃密な情感すら醸し出す。


 ふつふつと滾り、高揚して急加速し、激しく打ち鳴らされ、あるいは彫り刻まれる弦の響きの充満。どこまでも細く長く引き伸ばされて、次第に遅くなり、ほとんど停止してしまうかに見えて、自らの重さでかろうじて中空に浮き漂っている音の軌跡。互いに互いを細かく差し挟みながら、ただただ厚く重ね描きあうだけでなく、すっと身をかわし、いちど引いたうえで、またふっと別のところに姿を現す身振りの優雅さに二人とも長けている。音の、響きの、細く薄く儚く滲んで消え入る様の見事なこと。


 この日、アコースティック・ギターを演奏した大上が、まるでSP盤の音が聴こえてきそうな骨董品的な「ラヂオ」を、時折「ギター・アンプ」として使用していたことにも触れておかねばなるまい。足元のヴォリューム・ペダルでオン/オフするのだが、さらにトランスミッターを噛ませて、ラジオとして拾った電波が予測不能な干渉をするようにセッティングしてあるらしい。単に「ギター・アンプ」として音をすべて通してしまうと、何重にも紗をかけたようなモコモコとした解像度の低い、音色の上でもダイナミクスの点でも抑揚のつきにくい、いささか単調な音となってしまうのだが、一連の演奏の途中でオン/オフをすることにより舞台の照明が切り替わるような印象をもたらし、あるいはうっすらと音色を曇り濁らせ、紙面が毛羽立つような感じを与え、さらにはこれから演奏する音が旅立ち、演奏された音が滲み消えていくべき静寂に、一様ではない、手触りのあるムラを陽炎のように波立たせて、空間の奥行きを変容させるなど、何とも不思議な効果を挙げていた。


 もうひとつ言及しておかなければならないのは、ほぼ2ヶ月前、5月22日に行われた大上・森重デュオの前回の演奏(やはり素晴らしいものだった)との対比である。この時、森重は通常の奏法ではほとんど弦を弾かなかった。チェロの駒や胴、あるいは駒よりも下の部分を弓で弾いたり、弓の背で弾いたり、円を描くように弓を動かしながら押し付けたりと。これにより音は楽器本来の深々とした響きを奪われ、剥き出しの乾ききった物音や、あるいは極端に圧縮されたノイジーな音響と化す。もちろんそこには聴取を触発して止まない別様の「豊かさ」が開けているのだが、少なくとも耳の風景はまるで違ったものとなる。これは(少なくとも近年の)森重の本来の語法の主要な一部であるのだが、ソロやダンス等との共演以外では、「双子」的な結びつきを有するチェロ奏者ユーグ・ヴァンサンをおそらく除いて、その「物音」がもたらす、具体的な物質性の極としてのアブストラクトさが目立つことが多かったように思う。

 だが、大上との共演において、そうした「物音」の具体的な物質性やアブストラクトさが異物として浮かび上がることはなかった。それは決して大上が「物音」を多用したからではない。大上は確かにデレク・ベイリーが開いた扉の向こうで演奏しているのだが、数多のベイリー・コピイストたちが飽きることなく繰り返す、あたかも弾き損ねたかのように弦を歪に振動させる不定形のサウンドを、極めて限定的にしか用いない。そのような音を素材として選択/採用することで、自分がいま始めようとしている(行いつつある)行為が「即興演奏」であることが、すでにして保証されている‥‥などという愚かな考えを、彼はいささかも持ち合わせていないのだ。彼は弦を正確に振動させることにより、研ぎ澄まされた響きそのものを取り出し、それを寸分の狂いなく精妙に配置する。響きの充満に陶酔することも、身体動作の加速に耽溺することもなく、弦への一打一打を、先に放たれた音に追いすがるのではなく、その後に否応なく口を開ける新たな沈黙/空間へと正面から向かい合わせる。この揺るぎない音への姿勢、沈黙/空間との覚醒した対峙の仕方こそが、彼と森重を結ぶ共通の地平と言えるだろう。

 前回はアコースティックだけ、今回は一部で「ラヂオ」を使用という違いがありながらも、弦自体へのアプローチとしてはほぼ変わることのなかった大上、それとは対照的に、全く弦に触れなかった前回に対し、弓弾きのみの第1セット、ピチカートで始め弓弾きへ移行した第2セットと、今回はアプローチをがらりと切り替えて弦だけにアクセスした森重。そうした極端な対比が私の感覚に浮かび上がらせたのは、むしろ先に述べた「共通の地平」の確かな手触りだった。


 もちろんこれは後付けの理屈であって、聴いている時はそんなものを探り当てようと目指していたわけではない。二人が相手を見やることなく視線すら交わさずに放ちあう音の粒子/波動が、ぶつかりあい反発し邪魔しあって響きを濁らせてしまうことなく、砂に水がすーっと浸透するように、重なり合って揺れる木の葉がそれでも確かに木洩れ陽を地表へ届けるように、互いにすれ違い沁み込み融けあう様に、ただただ眼を見開き、見とれていた。

 最初から周到に準備して、注意深く相手を観察し巧妙に似姿を演じ合っているのではない。躊躇と逡巡を分かち合いながらおずおずと手を伸ばし、「共犯関係」を確認しあってから、そっと手を触れ合っているのでもない。ましてや力任せに向こう側へと突き抜けようとするのではまるでない。きっと彼らには自らと相手の放つ音の、あるいは演奏空間にあらかじめ存在する音の隙間がよく見えているのだろう。パンソリの修行を描いた韓国映画『西風便(ソピョンジェ)』に、どうどうと流れ落ちる滝に向かって、主人公の少女が繰り返し声を放つ場面がある。滝は落下する水滴の集まりで、だからその音は連続しているのではなく隙間に満ちており、その隙間に声を通すのだと、師匠がこの過酷な修行の意味を説明する。生まれてはすぐに消えてしまう音と音の間に開けた、広大な時間的/空間的隙間に向かって、つまりは虚空に対峙して新たな音を放つこと。だから一つひとつの音は、屹立する強度を最初からはらんでいなくてはならない。


 ロングに引いた固定フレームでとらえるならば、二人の男が向かい合い、ギターとチェロが並んで音を出している光景は、最初から最後まで変わることがない。そこには聴き手の予測や期待を裏切ろう、裏をかいて驚かそうなどというさもしい根性はかけらもない。けれど二人の周囲の空間に放たれた音は、目まぐるしく移り変わる景色を、文様を、濃淡の勾配を変幻自在に映し出す。くっきりと細密な面相の筆致と薄墨の滲んだ広がりの水墨画的対比と見えたものが、和紙の繊維の毛羽立ちやバレンの刷りむらがつくりだす触覚のリズムの次元へとミクロ化したかと思えば、当ての無い口笛や金属質の鈍い輝きとなってふと闇から浮かび上がり、そのままヴィブラートを効かせて太く深く空間を彫り刻み、熱く胸に迫る。

 両方の壁から投げかけられた照明が、二人の間にそれぞれの影を落とし、それがひとつになって輪郭を不断に変えながら鼓動し震えていた。

大上・森重2縮小
  撮影:原田正夫


 大上は同じ組合せのライヴを3回ずつ行っている。次回、森重とのデュオの3回目は9月10日(土)にFtarri水道橋店で開催とのこと。9月18日(日)に予定している『松籟夜話』第七夜と重ならなくてよかった。また、聴きに行くことができる。


2016年7月17日(日)
Ftarri水道橋店
大上流一(guitar,radio)、森重靖宗(cello)



スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 19:21:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad