■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『松籟夜話』第七夜へのお誘い  Invitation to "Syorai Yawa", the Listening Event "Night Stories As Pine Tree Leaves Rustling in the Wind", the Seventh Night
 『松籟夜話』第七夜、いよいよ明日9月18日(日)に迫りました。今回は前回に引き続き360°records周辺特集ということで、AMEPHONEの作品を光源として、世界を照らし出していきます。ここでは参考に舞台裏について、少々お話しします。

 企画に当たっては、軸となるアーティストや世界観を、まず定めます。『松籟夜話』を実際に始める前は、いわゆる企画会議っぽい感じで、あれはどうか、これはどうかと、いろいろアタリを着けて、複数のテーマをストックしたのですが、実際に始まってみると、そんなハナシはどこかへ行ってしまって、初回のMichel Doneda以降、毎回やるたびに、次のテーマが自分の方から、我々の前面に立ちはだかるように姿を現してくることに驚きました。それゆえ、いつも次回のテーマは「次はコレをやらざるを得ない」というように、「必然的」というか、ある種「宿命的」に逃れ難く出くわすかたちで決まってきています。そうした遭遇の軌跡を振り返ると、それが決してミュージシャン人脈やジャンルのつながりといった、既成の道筋をなぞったものではなく、音響の感触や匂いの類似性・関連性を手掛かりに切り開いた「けもの道」となっている点が、とても『松籟夜話』らしいと、少々誇らしく感じています。
前回採りあげたtamaruから今回のAMEPHONEへと伸ばされた線は、レーベルや当時の国内シーンの動向に関連するものであり、これまでの選択とはいささか異質と感じられるかもしれません。もともと『松籟夜話』初めての2回連続企画として発想した時点で、それは明らかだろうと言えばそうなのですが、ここにまた、発想した時点では思いもつかなかかった新たな聴取の可能性が潜んでいました。

 準備段階でAMEPHONE関連作品の音源を聴き込み、前回のtamaruのように、各作品の内包する視点や音響構築の特徴を切り分け、これらに一見類似する音源や、逆に外見上は大きく異なるが深いところで通底している音源等を補助線として提示し、極端に切り詰められたtamaru作品の豊かさを明らかにしつつ、同時にあたりを照らし出していく‥というやり方は、今回は難しいと考えました。AMEPHONEは演奏者である以上に、サウンド・プロデューサーであり、レコーディング・エンジニアであり、絵画や個人映画の単独の作家であるよりも、複数のスタッフを差配する「監督」に近いことが、改めて見えてきたからです。そこで、彼の作品に共通し、そこにAMEPHONEならではの強度を、一種の「謎」(©多田雅範)として加えている点を掲げ、それぞれの方向からやはり強度の高い作品をぶつけていく‥という構成を採ることにしました。つまりは次の3部構成です。
 1.民俗音楽の捏造
 2.映画的な空間構成
 3.空間による音の変容への眼差し

 思い浮かぶ音源をあれこれと渉猟しながら、さらに思考を深めるうち、参照したCANやKink Gong 、ゴダールやタルコフスキー、パラジャーノフ、あるいはBridgette FontaineやSteve Lacy等を通じて(この中には当日プレイされないものも含まれています)、AMEPHONEが鋭敏な耳によってつくり出そうとしている世界がどのようなものなのか、改めて明瞭になってきました。それとともに、初期SaravahやBYGを支えたDaniel Vallancienをはじめ、Jean-Marc Foussat, Daniel Deshays, Francois Musy, Pierre-Olivier Boulant, Laurent Sassi, Marc Pichelin, Laurent Jeanneau等、一連の特異なサウンド・エンジニアの系譜が浮かび上がってくることとなりました(目聡い読者はこの固有名詞の羅列の中に、幾つもの方向から交錯する複数の線を看て取ることでしょう)。耳による世界の構築(捏造?)と絶えざる変容へと持続的に向けられる耳の眼差し。特にDaniel Vallancienはその象徴的な存在であり、言わばAMEPHONEの先駆ととらえることにより、その耳の横断性がよりわかりやすく示されることになると考えています。

 『松籟夜話』の準備とは、こうして当初の当てが外れ、坂道を転げ落ち、泥沼にはまり込むようにして、聴取の深みへと潜航していくプロセスであり、すでに聴き知っているはずの音源に、自らを取り巻く世界に、新たな発見をもたらす耳の旅路にほかなりません。こうして準備を重ねてなお、当日にはまた予想外の事態が出来し、新たな発見が、新鮮な思考が促されます。明日9月18日(日)、『松籟夜話』第七夜にご参加の来場者を、そうした豊かな体験にお連れすべく努めてまいりたいと思います。

 どうぞおいでください。

 なお、当日は混雑が予想されます。当日の急にご参加いただいた方にも対応すべく努力いたしますが、今からでも予約していただくことをお勧めします。また、当日はぜひ18時のスタート前においでください。お手間をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

『松籟夜話』第七夜原田縮小


『松籟夜話』第七夜

◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第七夜は、360°records関連アーティスト、主にAMEPHONEの音源を灯台として、映画的な音像構成や民俗学的な現地録音、さらには空間に浸透していく響きの行方を見つめる眼差しへと至る、聴取の可能性を照らし出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2016年9月18日(日)18:00〜(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円...



スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 16:26:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad