■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

聖なる場所に集う声 - 『松籟夜話』第八夜へのお誘い  Gathering Voices in Sacred Sites - Invitations to the Listening Event "Syorai Yawa" the Eighth Night
 ご好評をいただいているリスニング・イヴェント『松籟夜話』は、来年2月5日(日)開催予定の次回第八夜より、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』へと突入する。これまで『松籟夜話』では、自然の、あるいは都市の音風景を記録したサウンドスケープも、日々の営みとして、あるいは祭儀として演じられる民族音楽を生活の場に立ち入って収めたサウンド・ドキュメンタリーも、さらには音響的/器楽的を問わず即興的に演奏/発音されたフリー・インプロヴィゼーションのレコーディングも、音響の生成する現場を、それを取り巻く環境ごととらえた「現地録音」(広義のフィールドレコーディング)として聴き続けてきた。しかし、これまでの旅程は常に、ミッシェル・ドネダMichel Doneda、デヴィッド・トゥープDavid Toop、フランシスコ・ロペスFrancisco Lopez、スティルライフstilllife、ジム・オルークJim O'Rourke、タマルTAMARU、アメフォンAMEPHONEらを、行く手を照らし出す灯台としてきた。今回からは違う。名もなき市井の人々、その集合性、多声性が導き手となるだろう。それは聴くことの深淵への沈潜であると同時に、輪郭の溶けた不定形がざわざわと渦巻く「原初」への遡行となるだろう。

 その点で、柳田国男、折口信夫、ニコライ・ネフスキー、島尾敏雄、谷川健一、岡本太郎、吉本隆明らが、やはり「原初」として眼差した「南島」を出発点とすることは、必然的なのかもしれない。しかし、それはあくまで偶然の帰結に過ぎない。
 前回、第七夜でアメフォンを灯台とした一夜を編むにあたり、Kink GongことLaurent Jeanneauの録音作品をはじめ、アジアを中心にSublime FrequenciesやDust to Digitalといった諸レーベルの作品を聴いていて、こうした現地録音作品を聴いていく企画をぜひやりたいと津田貴司と話し合っていた。その後、珈琲を飲みながらダベりつつ、企画のアタリをつけようという茶話会@ビブリオテカ・ムタツミンダ(月光茶房隣接のスペース)の際に、二人ともが最近リリースされた沖縄久高島イザイホーの音源を持ち寄り、そこからの話の展開(幾度もの「話は変わりますが」という飛躍を含みながら)が、居並ぶ原田正夫や川本要の賛同も得られたところから、今回の三回シリーズの青写真が固まっていったのだった。SP盤の復刻を含め、膨大なサウンド・アーカイヴの大海に、何の目印もなく飛び込んでいくのは無謀に過ぎるし、ただ優れた音源を観光ガイドよろしく紹介したり、あるいは背景となる文化を「お勉強」したりするのでは、およそ『松籟夜話』らしくない‥‥と危惧していたので、こうした方向性を得られたのは幸運だった。

 もとより、そこは『松籟夜話』のこと、民族音楽学、民俗学、文化人類学、言語学、精神医学等の知見を借用するにしても、そのままおとなしくアカデミックな正統に沿って旅するわけではない。「沖縄」を採りあげるにしても島唄や三線、琉球音階等といった「定型」ではなく、言わば想像的な「祖型」を、音楽や芸能以前の生活の匂いの立ち込める空間が、ひとりの卓越したアーティスト、芸能者に集約されることなく、複数にばらけたまま、原初へと遡り、聖なるものへと通底する瞬間を見詰めたい。その視線はさらに宮古や八重山へと琉球弧をたどり、台湾から東南アジアへと水平に線を伸ばす一方で、聴覚のアナロジー(それこそはネフスキーの方法論にほかならなかった)を頼りに、思いがけない方位から射し込む光を得て、一気に垂直に潜航し、場所と交感する耳の、いや身体の在処を照らし出していくだろう。そこはもはや国境や文化圏すらはるかにはみ出した「異界」にほかなるまい。それゆえ、可能ならば今回はそのことを明らかにするために、第三夜で熱帯雨林の視覚/言語表象を採りあげたように、音響だけでなく、映像や文章を通じても、ことの核心へと迫りたいと考えている。

 いずれにしても、これまで以上に聴くことの深淵へとずぶずぶと沈んでいくことは必定。歸山幸輔特製スピーカーも、常に予想を上回るその潜在能力をさらに発揮してくれることだろう。現世へと回帰するためのサルヴェージ音源を慎重に選ばないと、本当に帰還不能になりそう(笑)。乞うご期待。

松籟夜話第八夜縮小
デザイン:川本要  今回は冬の星座をあしらって


◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第八夜は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第一回。 「聖なる場所に集う声」と題し、沖縄久高島から琉球弧を背骨に、さらに思いがけない方位から射し込む光を得て、場所と交感する耳の在処を照らし出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2017年2月5日(日)18:00~(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
予約:お名前・人数・当日連絡先を明記の上,下記までお申し込みください。
gekko_sabou@me.com(月光茶房)
会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
http://gekkosaboh.com/
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 22:44:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad