■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『松籟夜話』第九夜へのお誘い  Invitation to Listening Event "Syorai Yawa" the Ninth Night
松籟夜話第九夜原田写真縮小
撮影:原田正夫


 今週末、6月11日(日)開催の『松籟夜話』第九夜について、もう直前になってしまったが、簡単にご案内しておきたい。

 今回は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第二回。 「音響都市の生成」と題し、「子どもの路地遊びや路傍の芸の街頭録音を入り口に、都市のざわめきそのものに深々と身を沈め、異なる時間/空間の交錯を透視する耳のパースペクティブを描き出す」ことを狙いとしている。

 今回のシリーズは、第七夜でAMEPHONEを特集したことを踏まえ、『松籟夜話』の背骨とも言うべき「現地録音」に、真正面から向き合いフォーカスしたシリーズをやろう‥というところから生まれた。「それなら是非コレをかけたい」という音源を津田と私が持ち寄り、『イザイホー』を核とした民俗学的深さと、Christina KubischやGilles Aubryらがつくりだす都市空間的広がりが対比的に浮かび上がった。シンボリックに言えば、前者は異質な「声」がぶつかりあいながら澄み渡っていく閉ざされた世界であり、後者は人工物を含め、ありとあらゆる音響が、かつ消えかつ結びつつ無際限に増殖していく空間である。
 歌声にとどまらぬ声の位相は、かねてからぜひ採りあげたいと思っていた主題だったし、ともすれば「自然讃歌」に傾きやすいフィールドレコーディングを扱う以上、「都市的なるもの」は避けては通れない論点だった。そのようにして第八夜・第九夜の企画方針はすんなりと決まった。
東京都渋谷区神南縮小
東京都渋谷区神南 撮影:原田正夫


 実際には、明確なイメージを描けていたはずの第八夜の企画は、その後、「南島文化」の多様性、民俗学の奥深さ、沖縄を巡る思考の広がりと驚くべき鋭いエッジ等との格闘となり、ずぶずぶと深みへと引き込まれていくことになる。もちろん、その分、得たものもまた大きかったのだが。第九夜の企画もまた、検討段階で大きく揺さぶられることとなった。
 都市のフィールドレコーディングを主題とすることから、先に挙げたChristina KubischやGilles Aubryの音源を聴き込む。一つひとつは断片に過ぎないスナップショットの集積が、モザイク画状に浮かび上がらせる都市イメージと、茫漠とした混沌が揺らぎ渦巻く暗闇を凝視するうち、いつの間にか街中に佇む自分自身を発見する瞬間。両者は対照的なアプローチのように見えるが、実のところ、一望では全体像をとらえることのできない「見えない都市」という認識を、共通の基盤としている。これらを第九夜の二つの極としてとらえることとしよう。
 これに対し、同じ「見えなさ」は、都市の巨大さ・複雑さ、多様な時間・空間が折り重なる多層性等によってだけではなく、突発的事態、例えば革命や内戦がもたらす「超」流動化によっても生じ得る。これをイントロダクションに置こう。
 さらに様々な音源を聴き進めるうちに、先の「スナップショット」と「凝視」がどちらも通常の目線の高さや周囲の物音(アフォーダンスを提唱したJ.J.ギブソンが創造した概念「包囲光」にならって「包囲音」と呼びたいところだ)に対する身体感覚を前提にしているのに対し、俯瞰的・鳥瞰的な視点から全貌をとらえようとしたり(実際には全体像は決して耳の視角には収まりきらないのだが)、あるいは「その場」に聴き手の身体を瞬間移動させるようなヴァーチャル・リアリティ的音響空間を構築したりする作品の一群が浮上してきた。これらを先の両極の間に置くこととしよう。

 当初から、都市の音響のもうひとつ欠かせない、重要な要素として、大道芸人やストリート・ミュージシャンの存在が挙げられていた。都市の日常に祝祭に彩りを与える路傍の芸。これを新たな視点として追加しよう。‥‥と、ここで大きな問題が生じた。先に触れた各パートの作品に拮抗し得る大道芸人やストリート・ミュージシャンの「現地録音」が意外とないのだ。これは決して、彼らの演奏の水準が低いことを意味しない。むしろ逆で、「ストリートにもステージで演奏するアーティストに比肩し得る、あるいはそれを上回る優れたミュージシャンが存在する」といった対抗的視点が災いして、彼らの演奏を彼らが活動する都市の空間ごと、まるごととらえた録音が少ないのだ。さもなくば都市の一風物として「音の絵葉書」化されてしまうか、アウトサイダーの一生として「人生哀歌」がフィーチャーされてしまうか‥‥。のっぺりとした一枚絵に平面化してしまうのではなく、都市は背景たる書き割りに過ぎないと片付けてしまうのでもなく、演奏者と場所の関係性にフォーカスし、そののっぴきならぬ必然性を明らかにする録音‥‥。ようやく選定の視点が定まり、狭義の街頭演奏/録音の範疇にこだわらずに、素晴らしい演奏を聴いていただくことができるようになった。
 ここでの葛藤の副産物は、改めて宮里千里の「耳力」(眼力の聴覚版)の確かさに打たれることを通じて、都市とは言い難い久高島を舞台に演じられるイザイホーの録音を、都市のフィールドレコーディングを聴く耳で聴いてみたらどうだろうかと思いついたことだった。前回の『松籟夜話』第八夜に対すると私と津田の一番の反省点は、披露した音源中、最も豊かで深い『イザイホー』をプログラムの最初に置いてしまったがゆえに、参加者にその強度をじゅうぶんに感じ取っていただけなかったのではないか‥‥ということなのだ。多層の積み重なりがその場で生成するもの、演奏者と場所との関係性への注視、時間・空間を濾過せずまるごととらえるといった特徴は、両者に共通している。今回、『イザイホー』を新たな耳で聴き直すことにより、南島文化、民俗学といった枠組みから解き放たれた、学術的/文化遺産的などではない、生々しい力を体験していただけることと思う。それはまた、都市へと向かう耳の視線を、大いに励起してくれることだろう。
沖縄久高島縮小
沖縄久高島海岸 撮影:津田貴司


 あまりネタバレになるのもどうかと思い、いささか抽象的な話を書き連ねてしまったが、当日、体験していただければ、「なるほど、そういうことか」と納得していただけるのではないかと思う。もちろん、『松籟夜話』はリスニング・イヴェントであり、こうした企画者側の用意した「プロット」は、所詮は下絵の線、あるいは単なる口実(プレテクスト)に過ぎない。ここでの聴覚、視覚、さらにはそれをはみ出す身体感覚の体験は、そうしたあらかじめ書かれた「プロット」を簡単に上回り、裏切ることになるだろう。いや、そうでなければならない。
 映画作品をプロットの整合性や社会現実との照応性(正しいとか正しくないとか)で評価したがる輩がいる。とんでもないことだ。映画とは次々に身体を襲う視覚・聴覚体験の連続であり、プロットやテーマはそれを射出するためのカタパルトに過ぎない。先日、國村準が特別俳優賞を受賞したことで話題の韓国映画『哭声(コクソン)』を観る機会があったが、ここでもプロットの整合性や顛末の解決は思い切りよく「二の次」になっている。ストーリーなどショットと音響の連鎖のうちに切れ切れに浮かび上がり、束の間の持続を確保すればよいのであって、ストーリーをなぞるために映像や音響を、ましてや俳優の演技やセリフを配するのではない。そんなに文字で綴られた物語が大事なら、原作やシナリオのページをキャメラで撮ればいいのだ。

 閑話休題。案内と言いながら、主催者自ら参加のためのハードルを上げてしまってはしょうがない(苦笑)。改めて準備運動を続けよう。今回の『松籟夜話』第九夜が都市のフィールドレコーディングを特集しながら、どのようなアプローチを採らないでいるかを説明すれば、意外とイメージが伝わるのではないかと思う。
 都市を近/現代、モダニズムのシンボルととらえ、その表象を音/音楽に見ようとするアプローチは採らない。例えばルイジ・ルッソロらイタリア未来主義が、機械の騒音と都市の速度/喧噪を顕彰して制作に勤しんだ音響詩やイントナルモーリによる騒音音楽。ヴァルター・ルットマンによる実験映画『伯林大都会交響楽』もまた、都市の音響に対する美術史的視点からは欠かせない達成だろう。だが、機械の規則正しい高速運動やこれと同期したきびきびしたカット割りが生み出す「都市のリズム」も、今回は同様に採りあげない(付された音楽は言わずもがな)。
  「見えない都市」、すなわち都市の一望性の喪失/崩壊を前提として、そこから浮かび上がる(視覚ではなく)聴覚による都市の把握、都市像の生成をモチーフとしているので、まさに一望性の産物である「地図」的なアプローチは採らない。この結果として、教会や学校の鐘、灯台の霧笛、より現代的場面ならば録音や合成音響がつくりだす音響サイン等への注視は行わない。マリー・シェーファーによる「サウンドスケープ」の視点も今回は採らない。
 金子智太郎から以前に教えてもらったトニー・シュヴァルツ(Tony Schwaltz)が進めた「都市の音響図鑑」的なアプローチも採らない。これは図鑑が掲載するのは「その場」から切り離した標本/オブジェに過ぎず、対してスナップショットには「避けがたく背景も写ってしまう」全体的なものであるとの理解からである。もっともムーンドッグ(Moondog)の路上演奏の街頭録音のように、彼にはそれだけにはとどまらない達成があることは強調しておきたい。

 どの程度、表題にふさわしい「お誘い」たり得ているか、はなはだ心もとないのだが、いつもと同様、ハードコアかつディープであることは保証する。今回もまた音源だけの紹介ではなく、テクスト(参考文集)の配布や映像からのアプローチを絡めたいと考えている。「横断的」であることにより「入口」を多数設けるという配慮もさることながら、音響と映像とテクストが交錯/衝突することによって、初めて「都市」という対象に迫り得るという思いがある。蛇足ながら、制作側の意図の詮索や歌詞の解釈等、結局のところ、テクストの内部に閉じこもって音楽批評のあり方への反発も。
 『あなたの知らない世界』的な「怖いもの見たさ(レア音源聴きたさ?)」で、どうぞ気軽に参加していただければと思う。ただし、事前のご予約をお忘れなく。
松籟夜話第九夜ちらし縮小
デザイン:川本要



『松籟夜話』第九夜

◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第九夜は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第二回。 「音響都市の生成」と題し、子どもの路地遊びや路傍の芸の街頭録音を入り口に、都市のざわめきそのものに深々と身を沈め、異なる時間/空間の交錯を透視する耳のパースペクティブを描き出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2017年6月11日(日)18:00~(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
お席を用意する都合上、予約制とします。開催日前日までに、お名前・人数・当日連絡先を明記の上、下記までお申し込みください。
gekko_sabou@me.com(月光茶房)

会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
03-3402-7537
http://gekkosaboh.com/


スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 02:11:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad