■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ECMは音がナナメ(+o+)③ 音楽には演奏者がいるという神話
 多田雅範がブログで「音楽には演奏者がいるという神話」について書いている①。「Nan Madol」,「Solstice」,「This Earth !」,「Northern Song」‥ジャズ耳でもインプロ耳でも救うことのできない音を、彼は「ECMのハードコア」と名づけ、それらが「耳の枠はずし」で探求した「フリー・ミュージックのハードコア」と陸続きであることを発見する。響きが生み出す空間の広がり。空間を希薄に染め上げる音のたゆたい。大陸移動説を思いついたヴェーゲナーのように。思わず膝を叩く一撃が増幅し、タンタンタタンと講釈師よろしく畳み掛け、思考のリズムが論理を飛躍させる。彼はこともなげに言い放つ。「ECMもインプロも『誰かが演奏している』というふうには聴いていなかったのだな。極論すれば」と。
 それは決して瞬間の幻ではない。彼によるヤン・ガルバレク論「ガルバレクは二度死んでいた」②を見よ。彼の語りは、ほとんど自虐的な諧謔と突然の断定、手放しの絶賛とお気に入りの玩具をポイと放り捨てるような不機嫌さ、キートンばりに加速して止まない形容と冷ややかで醒めた視線を飛び移りながら続けられる(1つのセンテンスの中にすら、複雑骨折しそうな複雑なステップが仕込まれている)。それはそのまま彼のガルバレクへの偏愛の紆余曲折ぶりを、運動の軌跡として示している。この辺は私には逆立ちしても真似の出来ない芸当だ。
 表題が示すところの、象徴的な「死」へと向かう物語よりも、乳白色にけぶるアルプスの山腹から広尾のマンションへ、ギリシャ神話から「イヤハヤ南友」へと駆け抜ける、この思考の足取りの疲れを知らぬ目まぐるしさ(それは「純喫茶ECM」で配布した彼の「The Sea」評にもくっきりと現れている)を味わうことの方が、よほど彼の独自世界を体験したことになるだろう。
 ガルバレクのただ管が揺らめいているような響き、輪郭をにじませ、自ら生み出した響きに溶け込み、身体の重さや気配を薄れさせていく音の道行きを眺めていると、確かに「演奏者」の姿はおぼろに薄れていく。暗い水の中でぬらりと身を翻す黒い魚。口中で慌しく動き回り、自在に伸び縮みしながら、輪郭どころか位置やヴォリュームすら明らかでない舌の運動。
 「ECMのハードコア」と「フリー・ミュージックのハードコア」に通底するキーワードは、やはり「空間」ということになるだろうか。アイヒャーがECM初期30枚でアンソロジー化したポスト・フリー探求の試みが、すべて空間の可能性探求のヴァリエーション(=変奏曲)にほかならないことに、改めて気付かされる。

①http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20100927
②http://homepage3.nifty.com/musicircus/ecm/rarum/r_02.htm



Jan Garbarek Group / Wayfarer(ECM 1259)

スポンサーサイト


音楽情報 | 23:13:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad