■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

月光茶房併設ECMライブラリーいよいよ開館!
 表参道のカフェ月光茶房の店主にして、おそらく日本唯一のECMレーベル作品のコンプリート・コレクターである原田正夫さんによる、私設ECMライブラリーが、いよいよ開館の運びとなりました。正式には明日の「ECM Catalog」出版記念祝賀会(於:青山 月見ル君想フ)にて発表されます。
※「ECM Catalog」出版記念祝賀会は一般参加が可能です。豪華メンバーによるECM座談会やECMアーティストによるシークレット・ライヴなど魅力的な企画が盛りだくさん。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.moonromantic.com/?p=3402

 さて、このECMライブラリー、原田さんが手持ちの資料を公開し、ECMの全作品に加え、関連書籍塔が並ぶ音楽ファン垂涎のスペースですが、な・なんと名称がビブリオテカ・ムタツミンダ。この聖なる呪文のような名称は、書物を集めた場所を示すラテン語 Bibliothecaと、グルジアはトビリシにある聖なる山 Mtatsmindaを組み合わせたものです。先日の「純喫茶ECM」で終曲に予定していた「ムタツミンダの月」から採っています。ライブラリーの詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://timbre-and-tache.blogspot.com/

 多田雅範さんによる記事「月光茶房併設ECMライブラリー、ビブリオテカ・ムタツミンダと確定!」もあわせてご覧ください。リンク先にある多田さんによるガルバレク論は必読モノです。
http://www.enpitu.ne.jp/usr/7590/diary.html

 さて、若干補足しておきますと、「Bibliotheca Mtatsminda」と私が命名したというのは正確ではありません。「ECM Library」以外にどんな名前があるだろうか? という原田さんからのオファーを受けた関係者があれこれアイデアを出した中で、たまたま私の案が採用になったということです。偉大な指揮者ヤンスク・カヒーゼが、彼自身が心臓疾患から生還したという極めて私的な生の喜びを、初々しい含羞を込めて歌う「ムタツミンダの月」は、そのなだらかな情感に満ちた旋律や柔らかな月光にも似たオーケストレーションによって、「現世に生きること」のかけがえのない素晴らしさを、切々と私たちに語りかけます。暗く冷たい「Oceanus」の深淵から「この世」へと還りつき、皆様を我が家へと無事送り届けるために、先日の「純喫茶ECM」で、この曲を最後に用意させていただいたことは、以前にお話した通りです。逆に言えば、ムタツミンダの月の光に照らされている限り、遠い無限の彼方に遊び、切り立った死の淵をのぞきこむことだって可能だ‥。そんな思いから、言わば音楽に魅せられることの危うさに対する「守護神」になってほしいとの願いを込めて、この名前を選んだ次第です。思いついた最初は、「いい名前だ」とひとりコーフンしていたのですが、少し冷静になると「言いにくい」、「覚えにくい」、「略せない」、「意味わからない」との四重苦で、「これはダメかも‥」と他の案の間に忍ばせて提出したら、原田大人のお気に召してしまったというわけです。
 「ビブリオテカ・ムタツミンダ」と唱えると何か出てきそうですが、別に召喚の呪文ではありません(でも、ちょっと「クトゥルー神話」ぽいかも)。北方の響きと東方の香りを両方兼ね備えているところがいいかなー‥とか。自分の案が採用になるとうれしいものです。えへへ。
 また、このスペースを活用して、ラウンドテーブル型の打ち解けたレクチャー(というよりは音盤茶話会?)など、今後、様々な活動が展開されていく予定です。テーマも必ずしもECM限定ではないとのこと。これは眼が離せませんよ。



ビブリオテカ・ムタツミンダ開館宣言チラシ
水面下に渦巻く力動のざわめきが、形象を結ばんと立ち上がってくる、
その禍々しい瞬間が見る者の視線へと手を伸ばす‥。
photo:Hiroko Saitoh
art direction:Masao Harada

スポンサーサイト


音楽情報 | 23:37:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad