■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

笹久保伸 ライヴ・イン・ロゴバ
高橋悠治作品など~多種類の調弦によるギター音楽

 以前に沢井一恵のライヴをレヴューしたコンサート・シリーズ「平河町ミュージックス」の秋季公演第1回は若き「ペルー音楽の伝承者」笹久保伸を迎えての一夜。プログラムは次の通り。

1.メタテーシスⅡ(作曲:高橋悠治)
2.重ね書き(作曲:高橋悠治)
3.しばられた手の祈り(作曲:高橋悠治) ゲスト:金庸太(ギター)
4.ジョン・ダウランド還る(作曲:高橋悠治) ゲスト:高橋悠治(朗読)
~休憩~
5.3つのペルー伝承音楽(音源採集・編曲:笹久保伸)
6.プリペアドギタ-の為の3つ(作曲:笹久保伸)
  時間とプロセス/蜘蛛の糸/人魚への捧げ物

 「平河町ミュージックス」の会場である輸入家具店ロゴバのショールームは、吹き抜け同様の高い天井を持つ、開放感にあふれた居心地のよいスペースである。そして演奏中も客電は落とされない。スポットライトやフットライトもない。演奏者と聴衆は同じ照明による同じ明るさ、同じ高さの床の上で共に同じ空気と温度を呼吸し、同じ時間を過ごすことになる。穴倉のようなライヴハウスの暗闇に身を忍び込ませるのとは、明らかに異なる感覚がそこにはある。言うなれば、ライヴハウスの暗闇(それはステージのまぶしさからの切断/隔離と対面型の同一方向を向いた客席により構成されている)が一種の共犯幻想(ここにいる皆はいま私と同じ夢想を対象に投影している)を生むのに対し、柔らかな明るさに満たされ、かげのないロゴバがもたらすのは「白昼感覚」とでも呼ぶべきものである。
 前回、沢井が「六段」の演奏を始めたスペースに、今回は横長のベンチが設置され、ギターが横たえられている。様々なかたちや色の椅子やソファーが、それを半円状に(端では後ろ側にやや回り込むように)取り囲むように設置されている。椅子やソファーのかたちや色が様々であるのは、ショールームの展示品を利用しているからなのだが、そこにこれまた様々な年齢、容貌、服装、立ち居振る舞いの男女が腰を落ち着ける姿が見えることにより、この空間が複数の異なる視線によって刺し貫かれていることを、聴衆はあらかじめ知ることになる。少なくとも人数分だけの異なる視点(それは必ずしも空間的な差異だけを意味しない)からの、異なる聴取と観察、投影と構成、把握と夢想、経験と理解が生じることを。
 前回は1曲ごとに沢井が演奏の場を移し、空間をあちらこちらと経巡るごとに、私との位置関係もその都度変化し、むしろそのことに気を取られていたが、今回、笹久保が場所を変えずに演奏したことで(まあ、それが普通なのだろうが)、改めてロゴバのコンサートの特異性に気が付かされることとなった。主催者は「演奏者と聴衆の眼が合うコンサート」であることを強調するが、実はそうした幻想はライトアップされたステージと客席の暗闇の対比により強調されるものであって(たとえドーム球場におけるコンサートでも、お目当てのミュージシャンと眼が合ったと語るファンの群れ)、ロゴバの空間は、むしろそうした幻想を解体するものとしてあるのではないだろうか。ある意味残酷な「白昼の空間」として。

 そうした空間に、感情移入を排する構造の剄さを持った高橋悠治の作曲作品はふさわしいものだと言えるかもしれない。「メタテーシスⅡ」で弾くそばから別々の方向にはじけ、炒り豆のように空間に散らばっていく音。切り詰められ張り詰めた高音と、ミュートされ空中に滲みを広げながら重なりあう低音の対比がもたらすランダムネスは、デレク・ベイリー風のフレーム・アウトへと至ることなく、たおやかに風にそよぎ、ゆらゆらと水底に揺れる。ひらがなの散し書きにも似たゆるやかな統御。操作される単音や音群は、数学的変換により音空間を転移するが、ひるがえる旗が刻々とかたちの「見え」を変化させながら、同じ旗だとわかるように、どこかいつも懐かしい手触りを残している。
 ギターを持ち替えると音が変わる。それは調弦が異なるせいもあるだろう。「重ね書き」ではより太くはっきりとした声音による単音が、空間に浮かび上がっては、尾を引いて消えていく。ハンマリングやハーモニクスが透き通った香りをたちのぼらせる。ギターらしい音の慈しみ方。
 ギターは2台しかないので3曲目の前に調弦を変更する。空間の色合いや匂いが移り変わり、やがてだんだんピントが合ってくる。これは今回とても貴重な時間だった。「しばられた手の祈り」の絶唱(と言いながら、すっくと立ったゆるぎなさは失われてはいない)のビブラートから、「ジョン・ダウランド還る」の嘆息への距離は、その間の調弦の変更で、あたりの空気が次第に暗く肌寒い鈍色に移り行く中でたどられる。高橋悠治のゆらゆらとした語りと雲の垂れ込めた明け切らぬ寒空のようにくぐもった弦の響き。

 後半は、2004年からの3年間、単身ペルーで暮らした笹久保が、ひとり育んできた世界。英国の重い外套を脱ぎ捨てて、音が軽やかに跳躍する。草の葉にたまった朝露がすっと流れ落ちるように、清新な音がほとばしる。こちらが彼の本領なのだろう。弾くそばから音は背後へと飛びすさり、まるで甲高い笛の音のように、たちまち空気に溶けてしまう。空間をかがる金糸銀糸の刺繍にも似た一瞬のきらめきを残して。あるいはギターの胴を叩き、弦を掌ではたくリズミックなダンス。ラテン・フュージョン風の能天気なポップさに接近してしまうことを、彼は全く恐れていないようだ。それは紙や綿棒、ペルーで民族舞踊に用いるというはさみを2つに分解した祭具等によるプリペアドにおける、ほとんどリズミックな対比だけによる演奏にも見ることができる。
 この日の演奏を聴く限り、「ペルー音楽の伝承者」といったしかつめらしい権威主義的な呼び方は、彼には似合わないだろう。まずは、この軽やかさを寿ぐこととしたい。そして、この軽やかさが音楽や時間の「重さ」に耐え、あるいは逃れ続けられるかを見守ることとしよう。

日時:2010年10月22日(金) 19時から
会場:ROGOBA DESIGN ON LIFE_Tokyo(ロゴバ)


今回の公演のポスター

平河町ミュージックス
http://sites.google.com/site/hirakawachomusics/
スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント・レヴュー | 23:56:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad