■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

細海魚について
 とりあえず、以前に某誌(「ユリシーズ」じゃないよ)に書いた「Open Silence」のディスク・レヴューを再録しておきます。参考になれば‥ということで。

 みずにゆれるうすいひふ
 陰影を持たずまぶしさもない不思議な明るさで満たされた、永遠に続くかと思われるたゆたいのなかで目覚める‥。ホソミサカナ(細海魚)を聴くことは、いつだってそうやって始まる。ほの暗く暖かな深みへと引き込まれながら、はるか高みで甘やかなきらめきが織り成す文様がかたちを変えながら遠ざかるのを見詰めていると、更なる深奥へとダイヴ・インしていく意識と、鋭敏さを増していく皮膚感覚の間で、身体が音もなく引き裂かれていくのがわかる。深度を増すにつれ、まるで顕微鏡が倍率を上げていくように現れては消える構造/形象。引き延ばされますます希薄になっていく身体。さらさらとしたさざめきへと解体され、マリン・スノーのように降り積もる音響。未生以前の記憶にも似た、どこか懐かしいこの温もりは、この世界を遍く満たし、存在の足元を洗い続ける「サイレンス」の本来の姿にほかならない(それは決して聴覚を遮断して得られる閉塞状態などではない。『オープン・サイレンス』とはよく言ったものだ)。彼が以前から主宰する音響ユニット「繭」の、本作品とほぼ同時にリリースされた新作『Maju-5』において、音響が陰影/輪郭に縁取られ、重さと硬度・密度を有し、色彩の対比をかたちづくる様を聴けば、ホソミを含め両作品の参加者がほぼ同じにもかかわらず、なぜ本作品が彼のソロ名義の第一作とされたかがわかるだろう。SAROや新居昭乃など彼の参加作品にも注目のこと。



「Open Silence」
カヴァーのペインティングも
また彼の作品。

スポンサーサイト


ディスク・レヴュー | 22:44:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad