■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日の予定
本日はまず午後早くから東京藝術大学へ、「アンビエント・リサーチ」主催者である金子智太郎さんの学会発表を聞きに。


平成22年度第4回美学会東部会例会
研究発表
金子智太郎 (東京芸術大学)
エントレインメントとしての作曲: デヴィッド・ダンの初期作品分析


続いて6時からは、もう一人の「アンビエント・リサーチ」主催者である虹釜太郎さんプロデュースのイヴェント「5H」へ。今回がなんと「5H」最終回です。


虹釜さんのブログからの案内をどうぞ。

記念すべき最後の5Hは、松村正人さんです。
5H 松村正人編   5H最終回
日時: 2010年12月4日(土)  open/start 18:00ー23:00
会場: 円盤   JR高円寺駅徒歩2分
    http://enban.web.fc2.com/
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F 
料金: 1,000円 ワンドリンク込み料金 

『STUDIO VOICE』最後の編集長を務められた松村正人さん5時間
松村正人
編集と執筆。72年、奄美生まれ。1999年より月刊誌
『STUDIO VOICE』に在籍。2007年に雑誌
『Tokion』編集長を、2009年から休刊した同年9月号まで
『STUDIO VOICE』の編集長をつとめた。オンデマンド・パブ
リッシング〈天然文庫〉編集者。湯浅学氏のバンド、湯浅湾のベース奏者でもある。共著に『ゼロ年代の音楽』(河出書房)

これで自分もイベント主催は終わりに。


David Dunn

スポンサーサイト


ライヴ/イヴェント告知 | 11:10:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad